なわばりが、かぶる!? 

August 02 [Tue], 2005, 15:06
さて・・・
パジェは、長いこと一匹きりで大事に可愛がられてゆったりと毎日を過ごしてきたところに、
急に気の強そうな銀色のチビネコが現れたので、
なんとなく、気ぜわしい毎日を送っていました。
この家の人たちは、相変わらず可愛がってはくれるのですが、
自分のご飯が半分、あっちの銀色チビに食べられてしまっているような気がしてなりません。
実際は、ちゃんといつもと同じ量を貰っていたのに、
目障りだ〜と思い始めると、些細なことまで疑ってかかるものです。

パジェは、ご飯の時間、それぞれの器にご飯を入れてもらうと、
もちろん、まずは自分のお茶碗で美味しくご飯をいただきました。
チラッと横目で銀色ネコのモモを見ますと、ネコにありがちな、
「ちょっと食べて食休み。(また残りはあとで・・・)」をやっているのがわかりました。
しばらくは横目で見ながら自分のお茶碗のご飯をもくもくと食べていましたが、
モモが一旦自分のお茶碗から遠く離れて、食休み中の毛づくろいをはじめると、
とっとと食べかけのお茶碗から離れ、モモの食べかけを、
むしゃむしゃと食べ始めるではありませんか!
ニンゲン達はこれにはビックリしましたが、
いくら言い聞かせても、パジェのこの奇妙な独り占め作戦は、未だに治る兆しがありません。
相変わらず、一旦食べやめて、モモがお茶碗から離れると、
自分の食べかけを置いて、モモの分を平らげに行くのです。
なんとも、意地汚いというべきか、奇妙なことをするものです。

一方、モモも自分のお茶碗を勝手に荒らされて、勿論あまりいい気はしません。
だんだんとパジェが疎ましくなってきました。
なにしろ、自分よりがっしり大きくて、愚鈍そうで、たぶん10才くらいも年上のおじいちゃんネコなんです。
食い意地だけ張ってるそんな猫のことを好きになれるわけありません。

モモは、トイレに入っているとき、水を飲んでいるとき・・など、
無防備状態のときばかりを狙って、パジェにちょっかいを出してケンカをふっかけるのでした。
だって、まともに立ち向かったら、手も届かないうちに、逆にやられてしまいますもの。

追いかけっこになると、いつもいつもパジェの圧勝ですが、
先に手を出すのはいつもいつも、モモの方なのでした。

よくばりネコ 

August 02 [Tue], 2005, 14:28
さて、パジェは随分と長いこと、この家に住んでいます。
かれこれ15年くらいでしょうか、子猫の頃からです。
この家の人たちは、まだパジェが柔らかい食べ物と一緒に
ミルクも欲しがる時分から家に連れてきて育てましたので、
パジェのお父さんとお母さん、兄弟姉妹のことを知っておりました。
パジェが生まれた家も、生まれた日もちゃんと知っていました。

一方、モモは、
ある時死にそうに腹をすかせてこの家の前を通りかかり、かすれ声で鳴いてみたところ、
人のよさそうな家の人たちから親切に食べ物を与えられ、
しっかりした箱にクッションや毛布まで入れて歓待してもらったので、
ふむぅ、ここなら結構住み心地がよさそうだと思い、ついに居ついてしまったのでした。
なので、モモがどこで生まれたのか、お父さんとお母さんがどんなネコだったのか、
兄弟姉妹がいたのか、
綺麗な銀色の模様は誰ゆずりなのか、
この家の人たちには、ちっともわからないのでした。
モモにもわからなかったのかもしれません。

モモは、お腹一杯食べられて、好きなだけ安心して眠れて、遊べる空間に生活できることが、
なんて幸せなんだろうと考えてゴロゴロと喉を鳴らし、
すっかり無防備にお腹を出してくぅくぅ寝たりしておりました。

金色 銀色 

August 01 [Mon], 2005, 23:06
さてさてさて、

あるところに、2匹のネコが住んでおりました。

金色のシマの大きなネコ、「パジェと、

銀色のシマの小さなネコ「モモです。

2匹はニンゲン達にかしづかれて、たいそう快適な暮らしをしておりました。

2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みんなのプロフィール

» なわばりが、かぶる!? (2005年08月18日)
アイコン画像管理人M
» よくばりネコ (2005年08月03日)
アイコン画像tama
» よくばりネコ (2005年08月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mcpjmm
読者になる
Yapme!一覧
読者になる