辻村だけどカワセミ

March 07 [Mon], 2016, 16:39
看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。看護師の人数の不足が問題となっている日本にとっては良いことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率はおよそ90%と非常に高い水準を保っています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超過できれば合格できる国家試験です。看護師の働き先といえば、病院と考えるのが一般的でしょう。でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院以外にも様々あります。保健所において保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の務めです。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。看護師の国家試験に受かることよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年してしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師のことをいいます。看護師といわれると病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室を置く会社もあり、そういう場所に勤務する人もいます。具体的な仕事内容やその役目は働く会社により、様々ですが、従業員の健康を守り、管理することは必ず行う仕事になるでしょう。昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが増してきているのです。また、大手の会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しております。こういった場合には、社員としてその会社や企業に入社することもありえるでしょう。日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生の点も充実しています。準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。看護士の場合、求人はいっぱいありますが、希望に沿う条件での求人がある訳ではありません。看護師の資格を持っている方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない場所で働きたいとほとんどの方が思っています。希望通りの病院などに転職するには、たくさんの情報を収集することが大切です。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較するとかなり特殊であり、その上に職場によっても変わってきます。現場では一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方を求める看護師も多いでしょう。看護師免許を得るには、何通りかの方法が挙げられます。看護師免許を得るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について勉強することが必要だというわけです。看護士になりたい動機は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるとイメージが良くなります。転職の時の理由はこれまでに培った経験を有効活用したいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。これまでの職場に対するマイナスのことは口にしないことが大事です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイゴ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mcdtsc00575ay1/index1_0.rdf