普段は定期的に使って同係色の靴クリームを拭

August 28 [Wed], 2013, 19:04
グリースの処理

1)製品の洗浄に使用洗剤洗浄油のしみを直接ブラシで、やはり黒、赤などの深いカラー生地使用洗剤軽いブラシ。

2)真っ白生地使用が稀な漂白水(1:10希釈)直接用歯ブラシを油で、すぐ除去。

3)用洗剤に浸し10分(一盆水中加放6滴洗剤、攪拌して)、通常処理して。

4)前にまず蓚酸希釈後で洗浄用歯ブラシを拭く汚染につけ、常規の処理を行う。

円珠筆の除去法

1)色生地の円珠筆跡を使用95%アルコール処理。

2)洗浄の前でアムウェイ直接でブラシ筆跡で、水、5分放置後常規の処理。

生地は色褪せの処理方法を除いて(黒い生地)

1)で濃い塩水1分液体に浸して。

2)は塩水を清水交換、石鹸水均軽くて柔らかいブラシブラシ。

かびが生える現象の処理

40度の熱で石鹸水につかっ10分を通常の処理、白い生地の製品は石けんで水を浸して、かびが生え所を太陽の下で干し10分後、通常処理を行い。

送ら養護専門看護機構

普段は定期的に使って同係色の靴クリームを拭くバッグ、皮を避けて使用料光うるおい、液体靴墨。皮具上鞋膏時に、まず柔らかい布やスポンジに塗って、更に拭擦バッグ。専門のツールがなければ、提案に送らL&C革工房などの専門看護機構の養護。

皮質バッグ

過期恋のかばん、収納前にまずその革張り清潔で、かばんに入れ纸团きれいに砕けやシャツを維持し、バッグの形、さらにかばんを入れて柔らかい綿袋で収蔵戸棚の中のかばんを免れるべき不当に押し出して変形。皮制品の収納棚を保たなければならないが、たとえばルーバー扉のロッカーはわりに良くて、同時に戸棚に物を入れすぎないほうがいい。自分の天然オイル革とともに. 3時間愈久または使用回数が多いではだんだん減って、そのためたとえとても高級皮件も定期的にケアし。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mcarthy1
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mcarthy1/index1_0.rdf