プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mbtnxikbxxliof
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
シンガポールの StarHub が Huawei のスマートフォンシグナリングソリューションを導入 / 2010年07月31日(土)
中国最大の通信機器メーカー、華為技術(Huawei:ファーウェイ)は2010年7月26日(シンガポール時間)、シンガポールの通信事業者 StarHub が Huawei のスマートフォンシグナリングソリューションの採用を決定した、と発表した。

StarHub が展開する HSPA(High-Speed Packet Access)+3G ネットワークでの、一連の実証試験が成功した結果を受けたもの。

実証試験では、Huawei のソリューションによって StarHub のスマートフォンモバイルデータサービスのシグナリングプロセスが最適化され、シグナリングによる余剰負荷が56%低減、また、スマートフォンの通信パフォーマンスやモバイルブロードバンドの接続品質が大幅に向上したという。

iPhone や Blackberry など 3G スマートフォンの普及で、モバイルネットワークではデータカードの選択肢が増加し、データトラフィックとシグナリングによる負荷増大が問題になっている。

3G スマートフォンとデータカードには、大きな特徴が2つある。1つは「ハートビート」と呼ばれるもので、サイズの小さいデータパケットを頻繁に送信するアプリケーション。2つ目は、「プレファストドーマンシー」(pre fast dormancy)と呼ばれるもので、アクティブ状態からアイドル状態への迅速な遷移。

これらの特徴はシグナリングトラフィックを大量に発生させ、モバイルネットワークに対する負荷を増大させる。結果としてネットワークの通信速度を大幅に低下させる要因となる。

【7月30日18時2分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100730-00000014-inet-mobi
 
   
Posted at 17:41/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!