ネタバレレポ2<リボコン>

October 13 [Wed], 2010, 11:30
では続きレポですライブビューイングのある日と無しの日の違いライブビューイング無しだと単語が規制されない!日は山獄コンビがディヒバを「成熟」と称し、ハリネズミさんチームは人揃うと「エロさ倍」なんて言われてましたあと観客からですけど隆先生のネイルにえろーい!と本人はセクシーと言ってもらいたいツナ様とバジたんはツナバジと略された後、なぜかだんだん呼び方が長くなっていきましたツナバジツナバジルツナバジル組あれですかね、大きいお友達が興奮しちゃうから日夜以降ルッス姉さんがアリーナと階バルコニーの境目の関係者ゾーンに豪華な椅子付きで登場し、カメラマン兼歌合戦の審査員をしてました!ルッス姉さんのツッコミと評価は的確でデとむっくんによるクフフは「ディーが頑張って点、しかし骸が足を引っ張ってマイナス点!」いにいーだはマイナス点の男という称号を得てしまったあ、でも私情もはさみたい放題ディヒバデュエットとデむっくんのクフフには「イイわね、男同士って!」ハリネズミさんチームはやはり大人向けのようですそんな大人組クフフはデが歌うと契約というより「婚約しませんか」という幻聴が聞こえてしまう罠歌合戦最中に新喜劇のようなずっこけをみんなでした後、デが恭弥をかかえ起こしていた事もありましたρ合唱曲でバルコニー席階ごとに人ずキャストが来るんですが、バルコニー席回中両方ともキャストがくる通路近く、しかも日は隆先生で日はけんぬだった!!半径以内にお二人がいるんですよマジすごすぎた。しかもけんぬのパンチラ拝めたゴム部分が赤地で白の文字か模様が入ったパンツだったけんぬも隆先生もソロはダンサーを従えてました。さすがツートップけんぬダンサーはけんぬと同じようなジャケットできめてましたかっこよす隆ダンサーは風紀委員のように隆先生の手の振りに合わせて次々踊る、風紀委員のような従いっぷりでした学ランリーゼントじゃないけどけんぬが間奏でくるっと回転ジャケットプレイするのは反則。ジャケをピッと正すだけで悲鳴が上がるかっこよさデしかできないぜДしかも歌もうまいから文句なし!隆先生の美声は相変わらずでしたよ今回のリリな恭ちゃんの曲はもちろん、パンフ企画で勝ち取ったソロ権行使ではγの半分以上英語な曲を披露!その曲はとっても正解だと思います隆先生素敵すぎるというか隆先生かけんぬくらいじゃないと歌いこなせない曲じゃなかろうかちなみに二人称が「あなた」だったので余計どっきどきシングル大全集に収録されてる最新合唱曲「未来の大空へ」でディヒバデュエットパートが。しかもただ二人で歌うだけではなく、ディヒバの前に歌うツナバジが手でアーチを作って、それを歌いながらディヒバがくぐって「それぞれ違う無限の力計り知れぬ希望のターゲット」の「ターゲット」で二人背中合わせでバキューンってやるんすよ!!弾貫通どころじゃねーよ心臓パーンだよεだれだそんな演出考えたの出てこい褒めちぎってやるツナバジのアーチのおかげで教会から新郎新婦が出てきてさあ今から花びらぶっかけるぞ、という結婚式な風景が見えましたよ本当にありがとうございます。合唱曲の中で山獄パートもあるけど、そのフリの分ディヒバの方が観客からの叫びがすごいまあでもやはり、先日も書きましたがなんといっても「俺達の約束」を歌う時の生恭弥呼びが、ね!ρ「恭弥。せっかくだから一緒に歌おうぜ」「ーん」ノシバンバンバンバンバンバンバンバン見めあいながら最後の歌詞「ずっと」を二人の美声でハモって、ステージ中央だけ二人の世界ですよそんな状態のままコメントだからそりゃ木内お兄さん強制終了かけるわけだ山獄もかなりいちゃこらしてた!でもとっても夫婦漫才な雰囲気でディヒバのこと「成熟」と言った理由がよくわかる歌合戦でもっさんとバジたんが歌うときはごっきゅんがお留守番なんですが、イヌさんチームというチーム名どおりにわんこのものまねをして周りを威嚇し、もっさんに抱きしめてなだめられてましたρしかもごっきゅんわんこもそれに頭押し付けるもんだから黄色い悲鳴が女性陣もカワユスで明ちゃん優奈ちゃん相変わらず可愛すぎ今回からのバジたん役寺ちゃんは可愛い天然の面白さで新たなお笑い要員になりました順子お姉さんはセクシーさで勝負ラルの歌んときは超かっこよかった!ということで以上、結論ディヒバ最高!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mblwhwplkc
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mblwhwplkc/index1_0.rdf