プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mbhlklttladrby
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
初代Macに搭載されたソフトウェア・ソースコードがダウンロード可能に / 2010年07月22日(木)
 「Pascal」コンパイラを久しぶりに起動させてみてはどうだろう。米国カリフォルニア州マウンテンビューにあるコンピュータ歴史博物館が米国Appleの協力を得て、初代Macintoshのソフトウェア・コンポーネント2種のソースコードを一般に提供し、自由に調べられるようにした。

【詳細画像を含む記事】

 今回、ソースコードが解禁された「MacPaint」と「QuickDraw」は、1984年に発売された初代Macとともに世に送り出されたもの。MacPaintはビットマップのペインティング・アプリケーションで、初代Macに標準搭載されていた。

 もう1つのQuickDrawはグラフィックス・ライブラリであり、オペレーティング・システム(OS)の一部としてウィンドウやアイコンといった画面上の画像を処理する、初代Macを動かしていた重要な要素だ。

 MacPaintのソースコードは容量が約68KB、QuickDrawのほうはもう少し大きく180.4KBとなっている(とはいえ、ちょっとした「Word」ファイルよりも小さい!)。

 興味があるなら今すぐコンピュータ歴史博物館のWebサイトにアクセスし、ソースコードのダウンロード・コーナーをチェックしてみよう。プログラマーでなくとも、これらのソフトウェアの開発背景や興味深い逸話などは十分に楽しめる。

(Nick Mediati/PC World米国版)

【7月21日17時34分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100721-00000002-cwj-sci
 
   
Posted at 14:56/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!