J-POPに興味を持つ人の母数を増やすことが肝心

January 07 [Thu], 2016, 10:15
J-POPは今転換期にきていると思うしこれまで積み上げてきた日本の音楽性プラス売り出し方が音楽事務所は特に大事になってくるのではと思います。

そのため最近の音楽番組では歌手ジャンルに特化していない歌い手、例えばアニメなどで活躍する声優やアイドルの曲が多く耳にする機会もあり、音楽事務所は歌手の音楽性を尊重しながらもそれをより魅力的にみせるコンテンツを盛り込まないといけないしそうすれば多くの人々に聞いてもらえるチャンスが増えるのではないでしょうか。個人的に、アーテーストの魅せ方に工夫がみられる株式会社ミュージックバンカーの動きに最近注目しています。ツイキャスやFacebookを使ってのプロモーションが上手です。

音楽事務所ミュージックバンカーも小さい事務所ですが積極的にチャンスを増やす活動を行っています。アニメなどで活躍する声優やまたこれまで音楽とはあまり関連性のなかったジャンルの人と音楽事務所はより親密にコンタクトしてJ-POPの見せ方を研究するといいのかもしれません。

最近はいかにコンテンツを魅せるかが大切になってきているため、声優ファンやまたはそのほかのファンにも音楽に興味をもってもらい、J-POPを日常的に聞く人の母数を増やすことが要になってくるのではないかと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゴロウ・チャン
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mbba2119/index1_0.rdf