キャリアゴールとWhyMBA 

May 12 [Mon], 2008, 18:12
とはいっても、同じようなバックグラウンドの人が居たら、弾かれる可能性もありますので、最後は縁という部分もあるかもしれません。 各企業が寄付金を学校に出している場合、その企業からの派遣の生徒の枠は必ずあるといえます。 GMAT KINGと呼ばれる コンピューター画面を見ながらの本番テストに近い環境で勉強出来のを使ったりして、練習してました。 どの学校でもキャリアゴールとWhyMBAは必ず聞いてくるので、きちんと練っておきましょう。 どうしても苦しめられるのが、GMATです。望みどおりの点数が出ているならよいのですが、そうでない場合は非常にツライ。 GMATの問題で判らないところは、予備校の講師などにすべてを一つ一つ丁寧に質問しましょうね。 学校側のアドミッションのテーブルに載る目安の大きな要素の一つには確実になるわけなので、GMATと共にエッセイも頑張りましょう。 いづれにしても、スコアメイクはタイムマネジメントを如何に上手くできるかに掛かっているといえるでしょう。日本国内MBAランキング

試験一週間前ごろからは新しい問題を時間を決めて 

May 12 [Mon], 2008, 18:11
GMATではオフィシャルガイドなどの問題数が限られているため、中国問題集なんていうのもありますよね。 700点でよければ700点。650点で十分なら650点で受験をやめて、エッセイに全力でかかる勇気が求められることもあります。 試験一週間前ごろからは新しい問題を時間を決めて、模試形式でやるとよいということが多いようです。 聞かれることは基本的にエッセイの中にあることばかり。志望動機、今まで何をしてきたの?と聞かれてしまいます。 GMATの選考のクライテリアの一つですから、高いに越したことはありません。 ビジネススクールが企業枠を設けているのも、企業から寄付金などを得るビジネスが存在するからです。 最近の試験でもオフィシャルガイドには出てこないような問題も出題されるようになってきているようです。 プッシュレターなど、プラスになるかどうかはわかりませんが、マイナスにならない限りは何でもやってみるべきでしょうね。日本国内MBAランキング

GMATを教えてくれる予備校は 

May 12 [Mon], 2008, 18:06
大体GMATの勉強よりエッセイのほうが楽しいし、一番今日あたりの集中力も、時間も使うものですよね。 とにかくリーディングは7分で一問。それを超えないように解くと決めて、飛ばすものは飛ばしましょう。 試験一週間前ごろからは新しい問題を時間を決めて、模試形式でやるとよいということが多いようです。 聞かれることは基本的にエッセイの中にあることばかり。志望動機、今まで何をしてきたの?と聞かれてしまいます。 学校の内容と自分の志望動機を刷り合わせて、いかにクラスコントリビューションができるかをアピールしましょうね。 実際に、日本の受験者でいうと、社費留学の方が圧倒的に入学には有利です。 GMATを教えてくれる予備校は東京以外には数が多くないのが、難点ですね。GMATの勉強にあたり、最近はネット上であらゆる情報が収集できます。 合否の結果はあくまでも総合力とアドミッションの方針にかかっています。日本国内MBAランキング

自分のバックグラウンドやキャラクター 

December 04 [Tue], 2007, 10:17
大体GMATの勉強よりエッセイのほうが楽しいし、一番今日あたりの集中力も、時間も使うものですよね。
とにかくGMAT時間の管理、つまりタイムマネジメントが命です。
GMATの点数が高ければ合格の可能性は高まることは事実ですから、何れにしてもGMATは大事です。
案外侮らないほうがいいのがこの面接。これは逆転合格を掴む上でも重要。。

自分のバックグラウンドやキャラクターならな、この学校にこれだけ貢献できるということに尽きるかもしれません。
夏を過ぎてくると、どうしても志望校をどうするか気になってきますよね。
私が受験をしているときには、International Math Academy通称「マスアカ」と呼ばれる教材がオークションで高値で取引されたりしてました。
卒業生にアドミッションの紹介をしてもらうときには、学校の特徴なり、教授の研究内容なりをきちんと調べておくことも礼儀です。日本国内MBAランキング

スコアメイクはタイムマネジメント 

November 14 [Wed], 2007, 16:50
私が思うには9月の半ばくらいにはもう、たとえGMATが悪くとも手をつけ始めたほうがいいと思うんですよ。
GMATでは、点数を取ることだけが目的にならないようにしましょう。
もちろん、点数があまりに低ければ出せる学校も限られてしまうので、滑り止めも含めて検討しましょう。
いづれにしても、スコアメイクはタイムマネジメントを如何に上手くできるかに掛かっているといえるでしょう。

アドミッションも忙しいわけですから、単にキャンパスビジットで押しかけたというよりも、何か理由を付けておいた方が好印象でしょうね。
MBAもそうですが、社費の留学生が多いEMBAでは、会社とスクールの関係性がものをいうようですね。
確かに、市販教材やネット情報を利用して独学でGMATの点数を高めることも可能ですが、時間をお金で買うと割り切り、予備校に通った方がよいと思います。
つまりは全て、自分のキャリアゴールとWhy MBAがどう結びついているかということですね。ウォールストリートジャーナルのMBAランキング


どうしても苦しめられるのが、GMAT 

November 12 [Mon], 2007, 14:24
どうしても苦しめられるのが、GMATです。望みどおりの点数が出ているならよいのですが、そうでない場合は非常にツライ。
GMATでは、点数を取ることだけが目的にならないようにしましょう。
出願校を絞り込む際の目安として、GMATの点数を活用するのも一つの手です。
外人に面接してもらったほうが英語力の信用はついたりするもの。外国人を恐れずトライしましょう。

GMATの選考のクライテリアの一つですから、高いに越したことはありません。
ビジネススクールとしては、フォーマルな「会社枠」を設けているところもあります。
昨年から問題の難易度の上がってきている傾向ですので、オフィシャルガイド程度の問題では易し過ぎるようです。
受験で戦っている相手は日本ではなくアジア全体と思って、更に頑張りましょう。ウォールストリートジャーナルのMBAランキング

GMATを早めに終わらして 

October 29 [Mon], 2007, 11:26
私が思うには9月の半ばくらいにはもう、たとえGMATが悪くとも手をつけ始めたほうがいいと思うんですよ。
700点でよければ700点。650点で十分なら650点で受験をやめて、エッセイに全力でかかる勇気が求められることもあります。
いづれにしましても、GMATを早めに終わらして、高い点数を取っておくことは早期出願を目指す上で非常に重要です。
日本語ならともかく、英語のインタビューの際には、きちんと声に出して練習しておいた方がいいですね。

どの学校もWhy MBA?と共に、Why this school?という質問に明確に答えられるようにしておく必要があるのでしょうね。
志望校のランキングを下げようかなんて、ちょっと弱気になったりするときもあります。とりあえず、冬にかけては、試験を第一に集中して、頑張っていきましょうね。
少ない勉強時間で効果的にレベルアップするためには、実践例題で練習するのが一番です。
プッシュレターなど、プラスになるかどうかはわかりませんが、マイナスにならない限りは何でもやってみるべきでしょうね。フィナンシャルタイムズのMBAランキングTOP51-100

もし可能ならば、キャンパスビジットを 

October 22 [Mon], 2007, 10:46
毎年秋口ぐらいには、エッセイに取り掛からないといけない時期ですよね。
GMATはあくまでも手段の一つ、アドミッションのクライテリアのたったの一部分であって全体ではありません。
学校側のアドミッションのテーブルに載る目安の大きな要素の一つには確実になるわけなので、GMATと共にエッセイも頑張りましょう。
卒業生のリアクションいまいちな場合には、アドミッションに直接が問い合わせてみましょう。

もし可能ならば、キャンパスビジットをした方が、アドミッションの印象に残ることは確実です。
秋口は、セカンドラウンドをメインに考えればじっくり試験を受けていてよい時期であるといえるでしょうね。
少ない勉強時間で効果的にレベルアップするためには、実践例題で練習するのが一番です。
どの学校でもキャリアゴールとWhyMBAは必ず聞いてくるので、きちんと練っておきましょう。フィナンシャルタイムズのMBAランキング

中途半端に1stラウンドで 

October 19 [Fri], 2007, 10:59
早期出願が有利といわれますが、中途半端に1stラウンドで不完全な点数&エッセイで出願しても意味がありません。
とにかくリーディングは7分で一問。それを超えないように解くと決めて、飛ばすものは飛ばしましょう。
点数が取れたからと言って、難しい学校ばかりを目指すのではなく、自分に本当にふさわしい学校はどこかを考えていくことが必要です。
10月の半ばの1stで出願をする人には、続いて面接が待っていますよね。

在学生などが居ない場合でも、アルムナイのかたに追加の推薦、つまり、プッシュレターを書いてもらうことなど、やれるべきことは全てやっておきましょうね。
他に、一般のアプリカントの方が使える方法としては、卒業生からの推薦です。特に、アドミッションが卒業生と知り合いとかだとよりいいですね。
GMATのライティング・セクションでは、自分のテンプレートを作っておいて、お題に合わせていくのが効率的ですね。
「なぜMBA」を考えている途中で、別の道を居つけて受験をやめる人も多いと聞きますので、頑張っていきましょう。MBAランキングビジネスウィーク準トップ

大体GMATの勉強より 

October 16 [Tue], 2007, 16:14
大体GMATの勉強よりエッセイのほうが楽しいし、一番今日あたりの集中力も、時間も使うものですよね。
アドミッションからの返事が来ないときには、せっついてせっついて返事を貰いましょう。
やはり点数、エッセイ、面接、レジュメの複合力と学校の方針とのフィットが大事ですね。
10月の半ばの1stで出願をする人には、続いて面接が待っていますよね。

自分がビジネススクールに貢献でき、自分も成長することができると実感できたときに、そのスクールは最適な学校になるのでしょうね。
私費の受験生では、ファミリービジネス、つまり家業を持っている人が有利です。というのも、ビジネススクールにお金を齎す可能性が高いからですね。
多くの日本人受験者にとってはGMATのMATHは大きな得点源ですね。
つまりは全て、自分のキャリアゴールとWhy MBAがどう結びついているかということですね。