下腹 筋トレエクササイズ・トレーニングなど

April 15 [Fri], 2011, 8:10
腹筋を鍛える 一人 健康器具

温泉などでは裸を見られるのが恥ずかしいと感じるような体型だった私でも、
今では腹筋や腕の太さを人に見てもらうことが快感に感じるようになった方法がこちら







あなたも↓のような悩みに経験があるかもしれませんが、




■見るも無残な体になっている

■昔の体の面影が全くない

■引き締まっていない体がコンプレックス

■疲れて家に帰ってきているので、筋トレをやる気力がない

■運動をするモチベーションが保てない






大変な努力を長い時間をかけて続けることなく、

↓のような結果を手に入れることができます。




■お腹がぽっこりすることがなくなる

■ボクサーのように引き締まった体になる

■筋肉を誰かに触ってもらいたくなる

■ごつごつの男らしい体が手に入る

■海に行って女性たちの熱い視線を浴びるようになる



9000人以上に肉体改造の指導を行ってきた松下兄弟(松下直輝さん、剛士さん)によれば、

ジムに通ってどんどん負荷を上げていくようなトレーニングをしても、確かに筋肉量はあがるもの、、

やめるとすぐに衰える筋肉(アウターマッスル)しか鍛えることができないため、非常に非効率です。




しかし、重心を維持する深層の補助筋群である体幹と呼ばれるインナーマッスルを鍛えると、

驚くほど簡単に見た目の筋肉(アウターマッスル)も発達していき、細マッチョな体になっていきます。






特殊な意識付けを行ってインナーマッスルを鍛える松下式トレーニングは、

一流アスリートを指導する一流トレーナーたちから絶賛の推薦文をもらっているほどの筋トレマニュアルで、

峰竜太さんやアンジャッシュさんのテレビ番組で特集されるなど、評判を集めています。
その他のメディア取材歴や実績などはこちら







同様のインナーマッスルを鍛えるトレーニングを浅田真央さんや松坂投手、イチロー選手なども実践していることで、

プロアスリート選手の間でも、話題となっているトレーニング法です。







インナーマッスルは体の内側にある筋肉なので、通常では鍛えることの難しい筋肉です。


しかし、松下式トレーニングは、


1.意識の使い方を変える
2.鍛える筋肉の部位を変える

という二つのポイントを抑えることで、インナーマッスルを効率よく鍛える方法を確立しており、

さらに筋肉の超回復を最大限に利用するため、1週間に1回、30分程度の筋トレがベストのトレーニング量となっています。









具体的にどんな内容を実践していくのかというのは、こちらに詳細なりますので、

ここではポイントをいくつか紹介していくと、




■ボクサー並みの腹筋を手に入れる「勝つため」のトレーニング方法

■神経ネットワークがより強固になる簡単なトレーニング

■体幹のバランスを整えるトレーニング法

■女性にもてる体型を短期間で手に入れる方法

■メタボが解消できる栄養補給法



こうした内容となっていて、

基礎代謝もグングンとあがっていくので、メタボ解消にも期待以上の効果を発揮します。








松下直輝さんたちのホームページには、

松下式トレーニングを実践したひとたちから寄せられたさまざまな感想や体験談が紹介されています。




何と!2週間も経ってないのに、お腹回りがすっきりしてきた様な気がします。

カッコイイ体になってきました

今では仕事でも独立をし、トレーニングは本当に楽しくいいストレス解消です!

やはり結果を最短で出したいなら、知識を知って実践するのが一番ですね。





彼らの声にあるように、筋トレに対するイメージは180度ひっくり返り、

肉を増やしてたるんだお腹をキュッと引き締めるためには、辛いトレーニングなんて一切必要ありません。



あなたも、週1回のトレーニングを12週間くらい続けていけば、

メタボとは程遠い、理想的な肉体改造に成功しています。








体のあちこちに脂肪がついて白豚のような見た目を解消し、プールで男性からも注目されるような肉体を手に入れるにはこちら





石切山聡偲高校受験
岡田尚也
岡田尚也
P R
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング
看護士の勉強

  • reachWORD

ブログランキング
インナーマッスル トレーニング 松下兄弟 口コミの評価レビュー
松下式トレーニング法 松下直揮 口コミ評価や評判など