愛情は多めに塩分は控えめに

May 07 [Wed], 2014, 23:05

母が股関節を骨折してしまって入院したのですが その時に初めて重度の糖尿病

であることが手術前の検査で発覚しました。

入院中は糖尿病用のお食事といってももとが整形外科なので

ゆでただけのキャベツにポン酢とか みるも気の毒な食事でした。ちなみに

健常者?の入院患者さんと食事代は一緒なので「なんともったいない!」とイライラしたものです。

入院中の母の気の毒な食事を見るにつけ退院したら糖尿病といえど美味しいものを食べさせたい!

と思ったものです。退院するまでに塩分50%の塩とか塩分カットのふりかけ、つくだ煮梅干しなど

見つけるたびに買っていましたが、そうした糖尿病の食事は不味いです。

そういった既成のものをうまく取り入れないと長く続けていけないと

思ったのでいろいろレシピ本もありますが どうしても計量が面倒なので既製品使用は絶対必要です。

あと ある程度同じ食材を使うようなレシピで何日分か計量してしまい冷凍…

とかとにかく自分に優しくしないと難しいと思います。

甘味は逆に低血糖になってしまうと大変なのでそれほどおおげさに控えず 

私は基本塩分に気をつけました。最初は物足りないのですが

慣れれば薄味もなんとかおいしくいただけます。さすがに病院ででるような徹底的な

塩分控えはできませんが・・。

長く続けるのですから無理はせず おいしくをモットーにが大事かと思います。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sukiru
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる