【 更新情報 】

スポンサードリンク

眉毛の整え方

眉毛の整え方は人それぞれ違っていますね。男性か女性かによってもだいぶ違いますが。
眉毛を整える際、眉毛をはさみでカットするという人と眉毛用の剃刀で剃るという人もいますね。
剃り方一つで印象が変わってしまうので、はさみでカットする方が
やわらかく眉毛を手入することができるようです。
とはいえ、眉毛用の小さなはさみを使って眉毛の形を整えると言うのは結構大変です。
実際、剃刀で剃り方に注意しながら整えている人の方が多いようですね。
毛抜きで余分な毛を抜いた方が少しずつ出来て失敗もなく、
生えてこなくなったりするのでいい方法かもしれません。
ただ、少し痛いですけど、慣れるものですよ。
眉毛のカットの方法はその形みもよりますが、眉毛に対して平行にはさみの歯をむけて
眉毛をカットして行く方法が一般的です。
縦に使うと眉毛がシマシマになってしまう恐れがあるので要注意です!
いっぺんに眉毛の形を作って切ろうとするのもダメです。
めんどくさがらず少しずつ動かしてカットしていく方が失敗がすくないです。
自分で眉毛を整えていると左右のバランスを取ろうとして
どんどん眉毛が薄くなるという失敗談もよく耳にしますので気を付けましょう。

眉毛の理想の形とは?

眉毛を整える時一番気にするのは形ですよね。眉毛の形で優しい表情にクールな表情にも見えます。
男の眉毛であればそれほど手入れし過ぎて細くなると女性にいい印象を与えることは
出来ないのでほどほどにナチュラルに仕上げるのが良いでしょう。
眉毛の形ですが、女性の場合、日本人に理想的な形の定義があるので紹介します。
眉の始まり、眉頭は小鼻のわきと目頭を結んだ線の延長から始まります。
眉の一番高い部分を眉山といいますが、
眉山は黒目を真ん中に位置したら黒目の外側と目尻の間にします。
眉尻は目の形に沿って平行に下げて生き、眉頭より低くならないように注意します。
眉毛の形はこのような感じで、少し細くシャープに眉尻を下げすぎないようにするとクールな印象に、
少し太めにして曲線をなだらかにすると穏やかな印象になりますね。
男性の場合も基本はおなじですが、細くなり過ぎないように。
眉頭の左右の間を少し狭く保つとりりしい印象になり、逆に広くすると優しい穏やかな感じになります。
男性の場合、理容院を利用される方も多いかと思いますが、
その場合はプロにお願いするのもいいかもしれません。
眉毛の切り方もそうですが、眉毛を書き方も少しずつ丁寧にが基本です。
眉毛の書き方はまずは、眉頭から、眉山を決めたらそこまで優しくアーチを描いて自然に眉尻を書きます。
最後にブラシで毛並みを整えつつ、濃すぎる線をぼかして修正します。

眉毛を脱色するなら

眉毛の色を髪の毛の色に合わせるのは基本ですね。
最近では髪の毛を染めていない人も少なくなってきているほどです。
美容院などで染めてもらう人もいますが、ドラックストアなどで売られているカラーやブリーチを使っている人も多いでしょう。髪の毛を脱色するついでに眉毛も脱色しているひとはよく見かけますが。
目に染みて危険ですよね。自分で塗るのだから目を開けていないといけないので当たり前ですが。
眉毛のブリーチはサロンでやってもらうのが無難かもしれませんよ。
髪の毛に比べて染まりにくいようなので、痛い思いをするだけ損なんてこともあります。
眉毛を染めるのも同様です。でも、まずブリーチをしてカラーを入れるくらいの発色でなければ、
黒い髪の毛にほんのり赤いカラーに染める程度のようであれば、
アイブロウの色を変えるだけで自然になったりするので、
眉毛を染めるということにこだわる事はないのかもしれません。

眉毛を染める際に気を付けなくてはならないことは目の保護ですね。
なんといっても、ブリーチ剤が目にしみるのどうようにカラー剤も染みてきます。
なにより、カラーがおでこなど皮膚についてしまうと色が付いてしまうので
落とすのも一苦労でやっかいです。
やっぱり、自分でなく人にやってもらう方がよいでしょう。

眉毛の刺青

眉毛を毎日書くのが面倒!!という人に人気なのが眉毛の刺青。眉毛アートですね。
他に、眉毛が少なくて育毛剤で頑張って育毛したけど生えなかった。という人も
眉毛アートにしている人が多いようです。眉毛刺青はボディアートを行っているサロンをはじめ、
眉毛アート専用のサロンもあるようなので、探して見てください。
ホントに毎日の手入れが楽なようですよ。
ただ、まゆげアートもタトゥーとおなじようにニードルで皮膚に傷をつけで
着色していくというやり方は同じなので、痛みは伴います。
この、痛みは個人差はありますが。眉毛を抜く痛さだとか、ゴムではじかれてる感じなどで
耐えがたいほどの痛みではないようです。
眉毛という位置がそこまで痛みに敏感とは言えないので心配はないのかもしれません。
眉毛の刺青の形はメイクのプロがどのように仕上げるかこちらの要望も聞きながら
ベストな形にしてくれるので、自分で毎日書くよりも綺麗に出来るのは間違いないと思います。
毎日眉毛書くのが苦手で、いつも形が違うとかいう人は
眉毛アートという選択肢も考えられてはいかがですか?

おまけに・・・
手軽にプロの眉毛の技術を手にしたい時は眉毛テンプレートなるものを売っています。
眉毛テンプレートはそのまま、眉毛の形がプレートに型抜かれているもので
それを使えばどんな人でも上手くかけてしまうという優れものです。