拝啓 ゴマブッ子様 

May 21 [Sat], 2011, 18:40
今日、「しくじり姫」を読み終えました。

私にとって、特に心に残ったのは「綺麗売りの少女」と「彼の贈り物」
です。
どの話も全部よかったけど、今の自分に必要だったのは、上の2つの話だったと思いました。
「綺麗売りの少女」では、恋愛だけじゃなくて人生の話で、私は人一倍幸せになりたい、人生を満喫したいという願望が強いけど、それに見合った努力をしていないと実感しました。
理想が大きすぎるから、理想と現実のギャップにイライラしてて、でもそれを変えられるのは自分自身だし、変えてないのも私だって痛感しました。
まだ、何から始めればいいかもわからない状態だけど、自分が考える幸せと向き合って、それを叶える努力をしようと思いました。
それに、自分はこういう人間なんだとか、自分の限界を決めているのも自分自身だと気付かされました。

「彼の贈り物」は、私と彼氏の状況にそっくりで、“わたしの欲しいものが彼の欲しいものとは限らない。わたしが正しいと思うことが必ずしも彼にとっての正解にはならない。だからこそ、思い合うことが大切”ってことを、ずっと心に留めておきたいと思いました。

他にも、たくさん大事な教訓となるような話が童話になぞらえて語られていて、最後は主人公の涙涙のエンディングありで、全ての女性に読んで欲しい1冊だと思いました。
ただし、男子には読んで欲しくありません!

素敵な本をありがとうございました。

blind 

May 20 [Fri], 2011, 21:54
新越谷駅の改札付近、帰宅ラッシュの真っ只中。
私の前で、おじさんと若い女の人が派手にぶつかった。
社会人になって、満員電車やラッシュ時の駅構内を利用することが多くなったけど、その度に目にする光景と今日は全く違っていた。

白い杖を持ったおじさんは、ぶつかるや否や「大丈夫ですか?怪我はないですか?」と相手のことを本当に心配していた。
そして、「私、見えないから…すみません。」と本当に申し訳なさそうに謝っていた。
それを聞いた若い女の人も「私は大丈夫です!大丈夫ですか?本当にすみませんでした。」と相手を気遣っていた。

私は目の前で起こった、ほんの30秒にも満たない出来事に、そして盲目のおじさんに感動して、目頭が熱くなった。

きっと、このおじさんは目が見えないことで自分が被る不都合よりも、目が見えないことで相手に与えてしまう不都合の方が辛いんだと思った。

私達は、駅で人にぶつかっても相手の心配をするどころか、相手のせいにして怒り出す人もいる。

私は今日のおじさんのことを、いつまでも忘れないようにしようと思った。

ジュリエットからの手紙 

May 16 [Mon], 2011, 8:14
土曜日の午前11時。
病院がちょっと長引いて、バレエの時間に間に合わなかったので、急遽テレビを見ながらジョギングマシンすることに♪( ´▽`)
テレビをつけた瞬間、目に飛び込んできたのは「王様のブランチ、リリコ、イタリア」
初めて知るベローナという街、ジュリエットの秘書、ジュリエットからの手紙という映画!
恋愛話と海外旅行が大好きな私は、すぐにその映画に惹かれ…
そして、さっそく今日のレイトショーで観てきました♡

ハネムーンを兼ねてイタリア旅行にきたソフィーだけれど、肝心のフィアンセは自分の好きなことで頭がいっぱい。だから、ソフィーは1人で行きたかった観光地「ジュリエットの家」へ。そこで、ソフィーはジュリエットの秘書に出会い、自分も秘書の仕事を手伝わせてもらうことになる!
そんなソフィーが出した手紙に触発されて、かつて愛した人を探す旅に出たクレアと孫のチャーリー。
ソフィー、クレア、チャーリーの愛と旅のお話☆

本当にベローナは夢のある街だと思った!
1通1通に返事を書く、ジュリエットの秘書という存在がすごく素敵だと思ったし、人探しをしているときも同姓同名の人達で訝しげな反応をする人は誰一人いない。むしろ、対応がとてもチャーミングだった。
気軽に今、出会ったばかりの旅人に夜ご飯を一緒に家で食べていきなさいと提案し、断ると怒りだすほどだ。
そんなベローナの街に私も行ってみたいと思ったし、ジュリエットの秘書になりたいと思った♣

そして、ソフィーがクレアに宛てた手紙は「what if(もしあの時)」という言葉を言わないようにした方がいい、そう思うなら遅すぎることはないから今すぐ行動した方がいいという内容で心に染みた。
私はもしもあの時ワールドの住人であるから(/ _ ; )
今日から行動を変えていきたい!

そして何と言っても、この映画を観ると、「ロミオとジュリエット」「クレアとロレンツェ」「ソフィーとチャーリー」のように、運命的な恋がしたいと憧れてしまう。
私はいたって普通な友達の延長戦みたいな恋愛しかしたことがないから♦

時計が止まった 

May 05 [Thu], 2011, 19:30
私には大学3年生頃から愛用していた時計がある
去年のクリスマスに新しい時計をもらうまで、ずっと使い続けていて、
これまで一度も時計の針が止まったことはなかった

私は時計を身につけていないと不便に感じるタイプなので、大学生の楽しい時間をいつも一緒に過ごしていた
特に、アルバイトのときは仕事がら、この時計に目をやることが多かった。

そんな時計の針が止まっていることに今日気付いた
楽しかった大学生活の終わりを、改めて告げられたようで、すごく寂しく、悲しかった

じゅりー&じゅりあ 

May 01 [Sun], 2011, 17:39
ジュリアは 社交的でよく笑う可愛い人 ご飯を食べることが好き 特技はおいしそうに食べること やりがいを探して色んなことに挑戦しては挫折した 優しくてrichな夫がいる アメリカ人だけど夫の仕事の都合でパリに住んでた

ジュリーは 騒音の多いピザ屋の上に住んでいる 嫌なことがあった日は料理を作って癒される 優しい夫がいる 気分のむらがある 小説家になりたかった 何事も中途半端な自分が嫌い 今の仕事や環境が好きじゃなかった

時代を超えた、そんな2人の実話に基づく物語

料理を作ることが好きなジュリーは、1960年代に出版されたジュリアのフレンチ料理本に書かれてる500個以上のレシピを1年間で全て制覇するという目標をたて、その様子をブログに投稿していく

そして、その途中途中にジュリアの時代の物語が埋めこめれながら、話は進んでいく・・・

この物語を観て、思ったことは3つある

1つは、登場人物が大好きということ

2人とも優しくて友達みたいに仲良しなパートナーがいて、その関係がすごくいいなって思ったり
ジュリアの可愛い人柄のおかげで、何度も何度も微笑まずにはいられない場面があったり
ジュリーが現実で悩み、もがく姿に自分を重ねて応援したくなったり、勇気づけられたりした!!


2つ目は、好きなことややりがいを追及することの大切さ

ジュリアは周りの駐在員の妻のように、何もしないことは耐えられなかった。
最初は帽子作りから始まり、フランス語を習ったりと見つけたものにはとりあえず挑戦したが、なかなか続くものが見つからなかった。そして、料理に辿りついた
ジュリーも現実に満足していなかった。そして、目標を見つけた。
そこから、2人の女性の物語が始まった

最後は、今の私はジュリーに似てる所がいっぱいあると思った(料理が上手くいかないとイライラしてしまう所とか今の仕事や環境が好きじゃない所とか

だから、私もジュリアに近づけるようにしたいと思った
そして、2人の女性のように、自分の物語を始めたい






sucker punch!! 

April 23 [Sat], 2011, 16:21
sucker punch(邦題:エンジェル・ウォーズ)を見た
アクションとか戦い系には全く興味のない私だが、social networkの予告で少し観て、自由を求めるテーマに惹かれた
観ている間は終始、作品のメッセージの中から、現実世界の私の生活に取り入れられるヒントはないかと探しながら観ていた。かなり必死になって、そのことに1番神経を集中させていたと思う

地図・火・ナイフ・鍵・?(自分の中にあるもの)の5つを集めて、自由への旅を始めるという物語だったが、この5つのアイテムが表す意味はなんだろうとか考えていた

地図は計画とか作戦を立てることかな・・・
火は・・・情熱?
ナイフは武器・・・アピールできる力?
鍵は・・・キーポイントをはずさない!
?・・・・・・・

別に監督はそんなこと全く考えてないかもしれないけど、必死に意図やメッセージを見つけようとしていた

1番印象に残った言葉は、最後にスイートピーがバスに乗っているところでのナレーション。
自由を阻むのは誰?とかいくつかの問いかけがあって、最後にそれはあなたって言うところ

結局、全ての行動と現状の責任は自分自身で、変えられるのもまた自分しかいない。
たとえ、生まれ育った環境や自分ではどうしようもないようなことのせいで、嫌な思いをしていようとも、
それを変えようと努力しないのも、変えられないのも自分自身。

私は何かを求めているけど、それが何かはっきりとわからない
そう、まるで最初にベビードールが自由への道しるべのおじいちゃんに会ったときのように。
小さい欲求は、それぞれバラバラでいっぱいあるけど、最終的に何がしたいのかわからなくなる。
小さい頃はもっと自由に好きなこと・やりたいことが言えたのに
今は、できる・できないとか、その後どうするのとか、自由にしてたら結婚できなくなりそうとか・・・
自由な考えを阻むものがいっぱいある
そして、それでもいいって突き抜けるほどの情熱と勇気を持ちたい!
そして、持てるものを見つけたい!
そして、いずれ結婚をして子供も産みたい

私は、欲しがりすぎでしょうか

sucker punchのレビューを見て、みんなの感想が自分とかけ離れすぎてて、ビックリした
観る人によって、色んな見方ができる映画のようです

100万円と苦虫女 

May 04 [Mon], 2009, 11:00
100万円を貯めたら、転々とするという鈴子の生活スタイルを初めて聞いたとき、とても楽しそう・私もやってみたいと思った
でも映画を観ていくうちに、常に新しい環境に身を置くのはいいけど、同時に孤独だと思った。
私は好奇心旺盛だけど結局はそれを共有できる人々がいないとダメなんだと思った
だから、安定と変化で常に迷うんだとわかった。
1人で何でもできる子は強い子なイメージがあるけど、本当に強い子は大勢の中にいる子だと言ってる気がした
終わり方は次が観た過ぎる終わり方で、思わず画面が暗くなった瞬間にあぁあーーって声を上げてしまった
あれから森山未来が追いかけて、お金の理由を説明して仲直りして欲しい

贈り物と夏の風物詩* 

August 04 [Mon], 2008, 22:32
今日はサークルの練習で、サプライズプレゼントを2回ももらっちゃいました
すごく嬉しかったです!!
特に、後輩からのプレゼントは自分が今までしてきたことを認められたというか、役にたてたんだと実感できて嬉しかった
やっぱりサポートをする中で、去年チームキャプテンをやった経験がすごく生きたと思った。
練習中に私が口出したり、しきりすぎかなって思うこともあったけど、そういうことが瞬時にできる力が知らない間についたんだなって思った!!
本当に私はこのサークルで成長することができたと思う
ビスコをもじったり、手作りキットだったり、熱いメッセージだったりと、みんなのアイディア豊富な愛を感じましたw
こういうメッセージから他己分析になるーと思いました

そのあと、江東区の花火大会に行きました
今までの人生の中で、1番感動した花火でした♪
早くから場所を確保してくれていた友達のお陰で、すごく近くでゆったり座って見ることができました

川にはきれいな屋形船が浮いていて、そこから上がる花火。
次から次へと上がる、大きくて動く花火。
花火の空白の時間が不思議で不思議でなりませんでした。
ドン、ヒュー・・・・・・・バン!!の、・・・・・・の部分ね
雷の空白の時間みたいに似てるかも♪
そういえば、今日の花火は雷と雨とレーザー光線とのコラボだった

あと私はもとから面倒くさがりで、カメラを持ち歩かない人だけど、そのことだけじゃなくて、この景色は生で見るべきだと思いましたでも周りの人々の携帯写メ率が高くてビックリ&がっかりでした
その光景は少し興ざめでした。
でも、この感動を伝えたい特定の人がいるときは、私も写メりたいと思うので、みんなもそんな観点で写メってるんだと思うことにしました!!笑

ディズニーランドのシンデレラ城を連想される花火、かまぼこを連想させる花火、
ポケモンのモンスターボールを連想させる花火、小さな虫を連想させる花火など
面白い花火も満載でした

スポーツ居酒屋w 

August 01 [Fri], 2008, 22:58
ここ最近、私の頭を占めているもの・・・それはサッカーです
この私がサッカーにはまるなんて、夢にも思わなかった

なんせ、2002年日韓W杯、高校中がワールドカップ一色で、放課後の視聴覚室で試合を見たり、授業中にラジオを持ち込む人がいたり、青いタオルが飛び交ったり、ベッカムヘアーの人が続出したり、みんなが色違いのミサンガを身につけたりする中、一人「サッカーつまらん!」と言い続けた人だったから

当時はサッカーの試合展開の遅さに退屈さを感じていて、
一試合に100点超えるときもある程、試合展開の早い、バスケがお気に入りでした

そんな私がサッカーにはまったきっかけは、好きな人の好きなものを好きになりたいと思ったから
私ってつくづく影響されやすい人間だ!!
そして、はまるとトコトン突き詰める性格なので、今頭の中を占有されているって感じですww

そんな私はスポーツ居酒屋でバイトがしたいと思い、お店の雰囲気を調査しに行ってきました

まずはタウンワークで発見した大手町のVerde!

詳しくはこちら

しかし、貸切営業日で不戦敗〜
またの機会に


お次は国立競技場の近くっっ
スポーツカフェ・ディスコパンツ!

詳しくはこちら

ここではポテチについてるサッカーのカードをもらい、ビックアップル1杯でヨーロッパサッカーのDVDを見てました
貸切状態で、マスターもいい人でよかったですw
大きな試合とかない日は人集まらなそうでしたっっ立地的に


そんでもって次はPCで調べた中で1番気になってきたnano!

詳しくはこちら
店内の雰囲気、フード、ドリンクとも大好きになりました
テーブルの下にサッカーの雑誌や本を入れてる所や壁の内装が素敵でしたw
アイラブサッカーって飲み物とアボガドの食べ物を食しました

今日1日付き合ってくれた、相方とはお互いの昔話とか来年からの社会人生活とかについて、たくさん話して楽しい一時を過ごせました

今日行けなかった所とかも、また近々行きたいっす
てか、今日行った所はどこもバイトを募集していませんでした・・・
学生生活、最後のアルバイト。どーーーしよーーーっ

豊洲Day★ 

July 14 [Mon], 2008, 14:20
キッザニアのアルバイトの面接のために豊洲に行きました
少し早めに行って、ららぽーとの中を探索しました
広くて開放感があって、アメリカのモールみたいだなって思いました
映画館もあって、のぞいてみると高級感溢れる作り!色に例えるとゴールド
なんか今まで行ったことない映画館で見てみたいという職業病とも思われる衝動にからた+観たいと思っていた「近距離恋愛」がやっていたので、面接の後みようと思いました

面接では面白いことを3つやったあとにペーパーテストと面談でしたw
固定シフトとチノパン2個購入がネックや
でも、超働きたいぃぃ!!
むーーーー、英会話タダとかいいし
悩むっっ!!

近距離恋愛は意外にもコメディー要素もある感じの映画でした
でも楽しかった
あんな感じで安定感のある2人に憧れる
最初の友達のシーンから私にはラブラブにしか見えませんでしたよっ!!

映画館の会員限定ページの充実や戸田奈津子さんの映画記録のすすめが心に残りました
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mayuco
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:8月13日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行/世界遺産
    ・映画/海外ドラマ鑑賞
    ・英語/韓国語
読者になる
Yapme!一覧
読者になる