若いころから鍼灸でメンテナンス

September 01 [Thu], 2016, 19:26
年を取ると体ももちろん衰えてくるのだかけれども、一番衰えてくるのは足だと言う。

確かに街中を歩いているお年寄りを見ているとおぼつかない足取りで歩いているお年寄りも多いし、
押し車を押しながら歩いている人もよく見かける。

若いころから池袋の鍼灸でトータルケアしてる人は賢いね。

足が衰えてくるのは筋肉が落ちてくるから。

若いころは柔軟だった筋肉が年を取ると動きが鈍くなってくるのだ。

その結果、普通に歩いていても足が上がっていないような歩き方になってしまうのだ。

足が上がらないってことはつまずきやすいってこと・・。

こけやすくなるってことだ。

お年寄りはこけると、そこから一気に人生が変わってしまう可能性があるから怖いのだ・・。

こうしたことを防止するには筋肉の衰えを防ぐように努力をしないといけない。

それも早いうちから・・。

40代や50代の頃からでも良いので運動をするっていうこと、筋肉を落とさない努力をするってことがとても大切なのだ・・・。

そこで頑張っておけば年をとっても安泰ってことなのだ・・。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かおり
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mayotidoki/index1_0.rdf