テツキョジン 

2007年06月14日(木) 23時02分


久々に遭遇しました!
12カイヒットはさすが!
おたから:げんじのこて

日本の花は、美しい! 

2007年05月09日(水) 18時30分



鳥海山の近くにある、湿原にあった花の写真です。
芭蕉なんて始めて実物みたよ
今度は白神山地を目指します。でもとりあえず、ヘルニア直ってからだな。。。

遅れて花見 

2007年04月30日(月) 19時15分
ようやく桜が咲きました!



第2回 

2007年04月28日(土) 12時19分
端折りすぎて重要なところまでなくなってしまった気が、、、Table, Figureは原文を参照してください。

Hyponatremia in the Neurosurgical patient Epidemiology, Pathophysiology, Diagnosis, and Management (Neurosurgery volume 59, Number 2, August 2006)

EPIDEMIOLOGY AND PRESENTATIONP
低Na血症は脳神経外科の患者において罹患率・死亡率ともに重要な原因となっている。症状としては頭痛、食欲不振、嘔気・嘔吐、錯乱、傾眠などがある。低Naの進行のサインとしては刺激に対する反応性の低下、羽ばたき振戦、失調性呼吸、徐脈、瞳孔散大、血行動態の不安定などがある。この状態で治療が行われないと痙攣や脳浮腫、呼吸停止、昏睡、そして死亡となりうる。SAH後またはvasospasmによる脳梗塞の発症率は低Na血症の患者で増加する傾向にあった。
PATHOPHYSIOLOSY
Naの調節に関わるホルモンの中で(Fig-2)、AVPとして知られているADHは最もよく研究されている。ADHは血漿浸透圧が上昇したときや、細胞外液が減少した際に視交叉上核や傍脳室視床下核にて産生される。約285mOsm/kgの正常血漿浸透圧の際には血漿ADH濃度は2pg/mlの濃度であるのに対し、血漿浸透圧が294mOsm/kgの際には血漿ADH濃度は5pg/ml以上にも上昇する。ADHは遠位尿細管さ集合管に作用し、V2 receptorを介して自由水の透過性を増し、自由水の再吸収を促進する。またADHはV1 receptorを介して血管平滑筋に作用し、血管収縮を促進させる。結果的にADHは生理学的にNaバランスに寄与することとなる。
Naバランスに関わるホルモンの中でADHが最もよく研究されているが、NPのグループも同様に重要な役割を果たす。ANPは主に血管内液の増加や収縮性心不全などによる心房の伸展による機械的刺激によって心房から分泌される。NPは血管拡張を促し、血管内から細胞外へ水分を移動させ、その結果血圧を低下させる。ANPは遠位細動脈を拡張させ、近位細動脈を収縮させることでGFRを増加させるとともに、直接ネフロンに作用する。ANPは近位尿細管におけるNaと水分の輸送を妨げ、集合管でADHに拮抗し、髄内集合管におけるNaの再吸収を阻害する。これらのシグナルを介してNPはNa利尿を促進し、血漿Na濃度を減少させる。
脳外科患者において一般的に最も重要な問題はSIADHとCSWを鑑別することである。これらの鑑別はSAHの患者において研究されており、SAHの患者では急性低Na血症の発症率が高い。SIADHとCSWでは治療法が異なるため、鑑別は非常に重要である。CSWの病態生理は十分には理解させていない。、低Na血症に加えて、BNPレベルの上昇は直接、症候性vasospasmに関連を示した(Odd’s ratio 1.28:95% confidence interval 1.1〜1.6)。
病態生理を生化学の面で理解することによりSIADHとCSWの鑑別を行うことが可能となる。Table-3(←これがこの論文キーです!)には両者の比較を示した。両者の違いで重要なことはSIADHはeuvolemic or hypervolemicであるのに対し、CSWではhypovolemicであるということである。
TREATMENT
低Na血症は原因によって治療法が異なるため正確な診断が必要である。SIADHの患者においては水分制限することによって低Na血症は改善するが、CSWの患者に対して水分制限をすると状態を悪化させる(ある研究ではSAHの患者にSIADHの治療である水分制限を行ったところ、脳梗塞を発症したとの報告もある)。
CSWに対する治療法についてはまだ議論されているが、適切な水分を補うことが根本的治療である。生理食塩水のような等張液で効果は得られるが、最近の研究では高張液の効果も期待させている。2〜3%高張食塩水を使用する際には6時間ごとに血液検査が必要であり、補正も0.5mEq/ℓ/hrを目標とする。このように厳密にモニタリングすることにより過度の補正を予防することができる。
体外からmineralcorticoidを投与するとCSWに続発する低Na血症を治療することができることが示されている。FludrocortisoneはNa利尿を減少させ、その結果Naのプラスバランスを促進する。ある研究者らによるとSAHの患者にfludrocortisoneを投与すると腎からのNa排泄を減少させ、その結果NaのマイナスバランスやCSWを抑制すると仮定している。Mineralcorticoidsの投与や等張液の投与、高張食塩水の投与など全ては血管内脱水を予防し、塩分のマイナスバランスを抑制し、かつNa利尿を減少させる。
SIADHのまず最初の治療は水分制限である。治療の目的は自由水の貯留により生じた細胞外液を減少させることにある。SIADHの患者には等張食塩水の投与は決して行ってはならない。腎での水分排泄の障害により腎からのNa排泄は正常であるのに自由水の再吸収は亢進する。その結果、水分を補うことは血漿Na濃度を低下させる。SIADHの患者において水分制限を行うことは適切であるが、一定の割合の患者では反応に乏しく、重度の症候性低Na血症の患者においては積極的な補正を行う必要がある。さらに重度のstrokeや外傷性脳損傷のような脳血流のautoregulationが障害されてしまっているような患者においては水分制限は好ましくない。また時にはSIADHに対しても高浸透圧液による補正が必要であり、その際には急激な補正やcentral pontine myelinolysisを予防するためにを持続的にモニタリングすることが重要である。
CONCLUSION
低Na血症は脳外科患者において重要な合併症の一つである。病態生理を把握することは治療方法を決定する上で必要不可欠のものである。このことは特にCSWとSIADHの2疾患において重要である。CSWでは水分を補うことが主たる治療であるが、高張食塩水やmineralcorticoidも治療方法として検討されつつある。一方SIADHでは水分制限と高張食塩水が治療に有効であるが、AVP receptor antagonistに代表される新たな治療方法も研究されつつある。

第1回 

2007年04月23日(月) 21時09分
くも膜下出血に関する論文の要約です。今後はできれば週1回ペースで更新したいと思っています。もちろん、これらの論文に書かれていることが全てではなく、あくまで一つの意見です。参考までに。

Trends in the incidence of subarachnoid hemorrhage in Akita Prefecture, Japan (Journal of Neurosurgery, February 2007, Volume 106, Number 2)
目的
日本は世界の中で最もくも膜下出血の頻度が高い。この研究は日本の秋田県での発症頻度とその傾向を解析したものである。
方法
1989年1月1日から1998年12月31日までのSAHの発生率について、秋田脳卒中登録を使って調査した。
結果
くも膜下出血が疑われる全例で頭部CTが施行、studyの期間中3257人のくも膜下出血患者が登録された。解析の結果、くも膜下出血の年間発生率は男性10万人中20、女性10万人中33、全体で10万人中27で女性で有意に高かった。しかし年齢調整発生頻度(ESP and/or WSP)では差はなかった。男性では55歳以降はプラトーに達したが、女性では80歳でピークに達した。好発時期として午前7時と午後5時の2つにピークがあった。また性別を問わず発生頻度は夏に低く、春に高い傾向にあった。
結論
秋田県でのくも膜下出血の発症頻度は他の日本人の報告と類似しており、年齢調整発症頻度は安定している。女性での高い発症頻度は日本人口の高齢化によるものであろう。

my car、来る! 

2007年04月22日(日) 18時52分
今日、ついに車がきました!

引っ越してから、およそ20日間、雨の日も、風の日も自転車通勤をしてきましたが、

それも今日でおさらばです。

早速100kmくらいドライブしてしまいました

いつも通勤する道のりを車で走ったら、速い、速いよ、あんた。。。

なんと3分で着いてしまいました。

通勤だけ考えれば、全く彼の必要はない、、、

ええ、もちろんそんな野暮なことは、まったく考えてませんよ。

初めての運転でヘビらしきものを轢いてしまいました。

でも、彼を汚い、酷いとは思ってません。

そんな自分は明日も自転車通勤します。。。

残念ながら、幻想でした。。。 

2007年04月17日(火) 19時58分
昔から短足と言われ、しょっちゅう落ちこんでいた自分も、
つ、ついに足が長くなりました!



・・・今日という日、ありがとう。
短足ということ、仕事終わりにしたい、という虚しい現実逃避を一瞬でもかなえてくれて。。。

↑意外と暇だな。。。
この時間を仕事に費やしていればもっと早く帰れたのに、、、と考えさらに落ち込む。。。

東京の桜 

2007年04月15日(日) 13時08分
そういえば今年はろくにお花見しませんでした。
東京から引っ越す前に前の職場の近くで取った写真です。
毎年綺麗なんです、これが



あぁ、早く秋田にも暖かさとともに桜前線があがってきてほしいものです。
暖かさとともに桜前線、暖かさとともに桜前線、、、
あったかくなってくれればそれでいいんです!

自分は昔、ゲームボーイのSAGAがはやったときに、「ロボ」というあだ名をつけられていました。。。
「ロボ」はこんなに寒さに弱くなかったって、、、

あっ、はぐれメタルの経験値、解決しました。ドラクエIIでは1,050でIIIでは10,000ちょっとみたいです。要するにどちらも正しかったのです(←エミュで確認済み)。

引越し 

2007年04月14日(土) 16時27分
4月から秋田に引越しました。

東京でるときは桜が満開だったのに、秋田はまだ寒いです。もちろん桜は咲いていません。

秋田に来て最初にびっくりしたことはローソンの店員さんに、

「秋田のコンビニではATMは置いてありません」って言われたことです。。。

都市銀行のカードしかもってなかったので一瞬凍りつきました

秋田は雨が多いです。でも東京にいたときよりランニングしてます。

コースは秋田駅から西へ走り、県庁・体育館を過ぎ、マックスデンコードー付近で南下。

そしてドジャースで東へ走り、マジカルママを過ぎ、長崎屋のところで北上、トヨタの交差点でまた東へ走り

もと来た道を戻って自宅へ。

しめて30分。東京のランニングコースとちょうど同じ時間。でも高田馬場や目白台の坂がない分、こっちの

ほうが走りやすいかな。

東京はもう桜も散っていることでしょう。秋田はこれから暖かくなりそうです。

これはいいものだ、、、 

2007年03月03日(土) 21時43分
久々のカキコミ、、、新年の目標も3ヶ月目にしてようやく達成。
3日ならぬ、3ヶ月坊主、、、

最近、大手コンビニエンスストア、ファ○リー○ートにてガンダムの景品が当たるくじ引きが行われております。マグカップ、名刺入れ、ファイルなど多数あったものの、そもそもガンダムのくじなるものがあることに感動した自分は迷わず500円を払い引いたのだった。
その結果、GETした景品は、、、コレダッ!! one,two thre!



・・・・・・ヒートホーキ
ガンダムを知らなければ全く笑えないこの商品、そのGoing my wayっぷりに脱帽。
しかも突っ込みどころ満載。
まず「全1種」。ヒートホークをパクっているのであれば1種しかないのは当たり前だっ!
しかもカタカナでヒートホーキなのに、Englishでは「HEAT BRUSH」・・・
要するに日本でしか通用しないのね、このネタ。。。
次にマ・クベ。あんが乗っているMSは「ギャン」だろうがっ!ザクの武器は関係ないだろっ!
それに掃除をするのにノーマルスーツなんぞ着なくても大丈夫じゃない?あんたの部屋はどんだけ汚れてんですか!

本当はマグカップが欲しかった・・・
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ロンド
» 遅れて花見 (2007年05月02日)
アイコン画像ピカ
» 遅れて花見 (2007年05月02日)
アイコン画像ロンド
» これはいいものだ、、、 (2007年03月08日)
アイコン画像ピカ
» これはいいものだ、、、 (2007年03月04日)
アイコン画像ククルス
» DF.その2 (2006年12月07日)
アイコン画像ピカ
» DF.その2 (2006年12月06日)
アイコン画像ロンド
» 悲しい出来事・・・ (2006年08月23日)
アイコン画像ピカ
» 悲しい出来事・・・ (2006年08月22日)
アイコン画像ロンド
» 自分の価値って、、、 (2006年07月25日)
アイコン画像ロンド
» ジョジョビジョバ〜 (2006年07月25日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mayonakakumei
読者になる
Yapme!一覧
読者になる