よっしゃぁぁぁ! 

March 27 [Thu], 2008, 12:53
入荷の電話を頂いたので今から行ってきます!
すごいよ…電話かかってきてから15分しない内に準備を終わらせてバス停に立っています…昨日は節約とか言って歩いたくせに今日は迷いもせずバス使用です…

薄紫の小さな花に 

May 11 [Fri], 2007, 13:28

金星人はエロなんだよ!エロなしでは生きられないんだよ!という話が隣のブースから聞こえてきて居たたまれない金星人の私………
orz

(無題) 

February 27 [Tue], 2007, 20:42
別れが悲しいとか今まで悪かったとかこれから不安だねとかそんな感情も確かにあるのだけれどそれよりも私がこの一年、六年をなんて幸せに過ごしてこれたのだろうとただひたすら感謝しているのよ。

冬の日差しはどこか泣きそうな、 

February 24 [Sat], 2007, 9:29
本音なんて要らない、正直は幸せには結びつかない、それが適応能力の正体、
そんな世界なら要らないと、駄々をこねられたら、どんなにか幸せでしょう。

終わるその日に。 

February 17 [Sat], 2007, 14:42



痛い痛い痛い痛い痛い痛いこわいこわいこわいこわいの。例え輪廻転生があったってこの絶対的孤独は無くならないのでしょう。

あなたが、はやく死にたいと言った理由がわかる気がする。

私は今日もまた誰かの世界に逃げる。

わかってるこんな逃避行はすぐに終わることは私はただ誤魔化しているだけで一瞬の快楽で一生の痛みを打ち消すことなんて出来るわけ無いのに


対峙したのは奇しくもまた空の青く、澄んだ日で、君は同じ様に澄んだ瞳で僕を睨む。


吐いた言葉はただの羨望、悪いのは僕なんだ。


さよなら、さよなら。

ライラック、世界、明日から 

February 07 [Wed], 2007, 21:14


別に恋に溺れているのではない、私はきっとこの行為に溺れているのだ。彼はいつだって優しいし、その肌もその声もひどく暖かく、まるで外の世界と違う。だから


この青く遠く普遍の空をただのからっぽな空間だと言った人間は一体何を想っていたのか。


苦しみはほんの一瞬で終わる。だから怖がらないで。

私を此処に留めるのはその痛みだけであって世界の全てがそれを忘れる頃には私は溶けて消えてしまうの。

きっと私は此処に居てはいけないのでしょう。はやく、はやく、消えなければ。

全て失ったあの日 

January 13 [Sat], 2007, 17:38

自習中です。
集中力が切れました。

[untitled] 

January 12 [Fri], 2007, 21:39

え、!?

[untitled] 

January 09 [Tue], 2007, 23:08

っ、ちょ、!
今日ものすごい派手にこけたらひどいなストッキング、!

また見え透いたほんとで 

January 09 [Tue], 2007, 15:13
今から受験料の振り込みに行ってきます。
P R
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる