父母帰国 

August 30 [Wed], 2006, 16:41
先週末から3泊5日でドイツに行ってた両親が帰ってきました■

すっごくよかった模様。

おみやげも盛りだくさんです。

いいなぁー・・

来年の夏こそは海外いけるかねー


明日で夏休みが終わります――





『誰も知らない』 

August 30 [Wed], 2006, 1:41


『誰も知らない』――2003年、是枝裕和監督作品。


「生きているのは、おとなだけですか」

おとなの身勝手さに、無責任さに、

怒りと悲しみを感じずにはいられなかった。



しかし、それ以上に、

明(柳楽優弥)の強さと、

4人の兄弟の絆の強さには、心打たれるものがある。



なぜ、そこまで強く生きられるのか―

なぜ、弱音や愚痴を吐くこともなく―

涙を流すこともなく―

映画を見ている間、

ずっと問い続けていた。



明のするどいまなざしと、

時々見せる笑顔に似たはにかみに、

くぎづけになっていた。



生きているのは、おとなだけですか――

障害 ことば 人間 発達  

August 25 [Fri], 2006, 23:39
初任者研修の一貫で社会体験研修というのがあって、

この二日間、知的障害者の方の入所施設に行ってきました。



今まで、養護学校や小学校の障害児学級の子どもたちとふれあう機会はあっても、

成人されている障害者の方とかかわるのは多分はじめてで、

いろいろと考えさせられた二日間でした。



障害という、制約や障壁があるために、

知的発達の面においては、つまり発達年齢は低いんですが、

生活年齢でいうと中年以降の方がほとんどで、

今まで生きてきて、少しずつかもしれないけど、

積み重なるものはあって、

確実に今まで生きてきてるから、

こっちが思ってるよりもしっかりしておられたり、

感心させられることもたくさんで。



その、何というか、

知的には低くても、けっしてもう子どもではなくて、

だから声かけが思った以上にむずかしくて苦労しました。



また、

コミュニケーションをするにあたって、

相手の気持ちを知るにあたって、

言葉ってものの大切さをひしと感じさせられました。

言葉のない方もたくさんおられて、

何か思いがあったり、伝えようとしていることがあったとしても、

こっちはぜんぜん汲み取れなくて、

もうほんとにもどかしかった。

きっと、相手の方ももどかしかったんだと思う。

でも、こっちが言ったことはきちんとわかってはるって

職員さんが言ってはりました。

子どもをまるごとうけとめる 

August 14 [Mon], 2006, 0:20
12・13日と、大学のゼミ合宿にOGながら参加させてもらってきました。

卒業しても帰る場所があるってほんとにうれしくて、

私の教師生活のエピソードや失敗談を聞いてもらったりもして、

ほんとにあったかい雰囲気のゼミに自分がいたことを

あらためて実感しました。



1学期の間は、とにかくもう毎日を必死に乗り切ってるだけで、

学生の頃にゼミで学んだことや、

子どもに対する思い、発達に対する思いとかがあったはずなのに、

もうそれどころじゃないまま過ぎ去っていました。


でも、今回こうやってゼミに参加して、

あらためて「理論」というものに立ち返ることができたと思う。

2学期以降、

この「理論(理想?)」と「実践」をいかに近づけていくか、

そのためには、

その都度自分を振り返ってみて、

問い直す必要があると感じました。



そして、

子どもの内なる願い―それが問題行動という形であらわれることもあるけど―

を汲み取り、

それに応えていかないとなって思ったと同時に、

自分も、

一人一人の子どもたちに対して

『願い』をもつ必要があるとあらためて実感しました。



大切なのはやっぱり、

子どもの目線でとらえること―

子どもをまるごとうけとめること―

もっかいゼロからがんばってみよ。

『ベルナのしっぽ』 

August 13 [Sun], 2006, 23:49
3年生からはじまる総合的な学習の時間。

うちの学校では、3年生全体で『やさしさ』をテーマに、

1学期は一人一人自分で『やさしさ』に関するテーマを決めて、

調べ学習をしました。


このテーマを決めるという作業がほんとにむずかしくて、

わたしもなかなかOKを出せず、苦労しましたが、

いちばん苦労したのは子どもたち。

よくまぁめげずにがんばりました(’ェ`。



その中でも、ダントツで多かったテーマが『盲導犬』。

「もうどう犬は目の見えない人のためにはたらいたりたすけたりしてやさしいから」

というような思いから、

一人一人が盲動犬についてがんばって調べていました。


中には、

「もっともっと盲動犬のことが知りたいから、2学期もまたがんばる!!」

なんてうれしいことを言ってくれる子どもたちもいて、

でも、

私自身、はずかしながら盲動犬について、

ほんとに浅くしか知らなかったために、

手に取ったのがこの本。

『ベルナのしっぽ』(郡司ななえさん)でした。


いつものわるいくせ 

August 12 [Sat], 2006, 1:28
夏休みに入る前から決めてたこと――

クラスの子どもたちに暑中見舞いのはがきを出すこと。



でも、子どもたちがプールに来るから早すぎてもよくないし、とか、

デザインが浮かばない。。。とかで、

けっきょく今あせるはめに・・



そう。

わたしのわるいくせ。

直前にならないと行動にうつせないところ。



夏休みももうそろそろのこり少なくなってきました。

やるべきことは早め早めに!!

と自分に言い聞かせないと


あ、でも。

はがきの出来には大満足!

ぜったいカワイイよ*’∀`* 

窓ぎわのトットちゃん 

August 10 [Thu], 2006, 23:21
きのう今日と、じいちゃんの家に行ってきました。

じいちゃんもその昔、教師をしていて、

最近ではちょっともの忘れもあるけど、

その頃の記憶ってほんとにすごい。

今でも熱く語ってくれます。


じいちゃんは舞鶴に住んでいるので、

京都から約1時間半、特急にゆられて――


その間に、何か本を読もう!!と

何気なく本屋さんにいって買ったのが

『窓ぎわのトットちゃん』。












すごく有名なのは知ってたけど、

ぜんぜん中身は知らなかったから読んでみようって思ったのと、

いわさきちひろさんのイラストにひかれて選びました。


これがもう、読み始めたらどんどんひきこまれてました。

トットちゃん(てつこさん)の愛らしさ、

子どもたちの、ほんとうに子どもらしい姿、

校長先生の子どもたちに対する愛情、

トットちゃんのお母さんのあたたかさ――



子どもたちと、こんなふうに接したい、

こんなことしたい、

校長先生みたいな人になりたい、って思ってました。


子どもたちが、自らの好奇心をおしつぶされることなく、

自分がやりたいことをして、

自分のよさをもっともっと伸ばしていく――


そんな教育が行われていたトモエ学園、

校長先生が、ほんとにすてきです。


それは、きっと、

校長先生がほんとにほんとに

子どもたちのことを愛していたから生まれたもの。


それなら、

わたしにもまねできるはず。


子どもたちのことを一生懸命考え。

子ども目線で。

一人一人大切に――

子どもたちといる時間を自分も大いにたのしむ。



この1冊にめぐりあえたこと。

この夏のすてきな出会いです。。・:**☆・:**。



夏休みも、もうあと半分。

じいちゃん、ありがと!!

もっともっと、がんばるから――


川遊び 

August 05 [Sat], 2006, 23:01
夏といえば、やっぱり、海・川・山――

ということで、行ってきました!!

場所は、奈良・五條の吉野川。

私の住んでいる南大阪から約2時間弱。

JR和歌山線の普通電車にゆらゆらとゆられつつ、

大阪市内からちょっとはなれただけでこんなに自然が待ってるんだなぁってびっくり。

緑のきれいさにうれしくなります。


その吉野川で何をしてきたかというと、

ダッキーという二人乗りのゴムボートに乗って、

川下りをしてきました^^

はじめての体験だったけど、

これがむちゃくちゃたのしい!!

最初は何がなんだかわからないまま、

ボートが後ろ向きになってしまったり

岩にひっかかってしまったりとほんとにむずかしかったけど、

それでも最高に気持ちいい

おんなじ吉野川でも場所によってはけっこう急なところとなだらかなところがあって、

急なところではもうスリル満点!

バッシャーンと水がかかってもおかまいなし。


途中で水鉄砲で遊んだり、

ちがう型のに乗ったり、

いろいろ遊べてかなり満足でしたo’u`o


一日中遊んで、

ちょっと疲れたけど、

気分はもうおなかいっぱぃ★☆


とってもたのしい一日でした。


クラスの子はやっぱりとくべつ 

July 27 [Thu], 2006, 21:32
今日も朝から宿題教室、お昼からは水泳指導でした

夏休み、自分のクラスの子に会えるのってほんとにうれしくてたまらなくて、

見つけるとだいぶテンション上がる*´∀`*

ついついかまいたくなる 笑

ていうか、わたしがかまってほしいんだと思う ^^;



終業式から1週間。

少し久しぶりに見た子は、

なんか急に大きくなったような気がするのは気のせい??

9月にまたみんなに会えるのがたのしみでしかたがない



それまでに、わたしももっとパワーアップしとかないと

何気なく夏休みを過ごしてしまわないようにしないとな。



2学期からのプラン構想中・・・


しまった。 

July 25 [Tue], 2006, 19:18
夏休みの学校にも、

宿題教室や水泳をしに子どもたちが毎日やってきています。

やっぱり自分のクラスの子たちに会えるとすっごくうれしぃ


今日は、わたしは水泳指導の当番。

日焼けなんて去年までラクロスしてたときに比べたら、

ぜんぜん大したことないけど、

今日のはひとあじ違ったのです。


首から下げてる名札のひもの型がくっきり、首に・・・

最低。。。


めげるな私o’ェ`o


それはヨシとして。

水泳指導のマイク担当、きのうは実践、今日は見て学びました。

歯切れよく。

子どもが次に何をしたらいいかすぐわかる声かけを。


まだまだむずかしいけど、

この夏で経験を積みます


ところで、宿題教室にも水泳にも顔を出さない子たち、

ちょっと気になる子が多かったりするのです・・

夏休み、どうしてるのかなぁ。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像maya
» 子どもをまるごとうけとめる (2006年08月27日)
アイコン画像春瑠
» 子どもをまるごとうけとめる (2006年08月18日)
アイコン画像maya
» 発覚 (2006年07月22日)
アイコン画像maya
» 発覚 (2006年07月21日)
アイコン画像GO
» 発覚 (2006年07月16日)
アイコン画像choco
» 発覚 (2006年07月16日)
アイコン画像maya
» 成績 (2006年07月13日)
アイコン画像GO
» 成績 (2006年07月12日)
アイコン画像choco
» 成績 (2006年07月11日)
アイコン画像maya
» 気付けば5月も中旬!! (2006年05月18日)
mail*

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maya1221
読者になる
Yapme!一覧
読者になる