ネットTV中継

June 13 [Mon], 2011, 23:37
昨日、「自然エネルギーに関する総理・有識者オープン懇談会」をリアルタイムで見る事ができなかったけれど、ここで観れました。

すばらしい!

June 11 [Sat], 2011, 10:43

子供の日

May 06 [Fri], 2011, 23:55

(4月30日撮影。安曇野で泳ぐこいのぼり)
昨日は子供の日。
5月5日は実家の地域のお祭りでした。
お昼ご飯(バーベキュー)を済ませた頃、実家の前の県道を、神輿や小学生による鼓笛隊など賑やかに通過。
(私も小学1年から6年生までの6年間、鼓笛隊で参加していました)
この日の為に練習してきた子供達に声援を送りながら、被災した子供達も早く普通の生活ができるように!と・・・
また、子供の日を迎える事ができなかった子達の事も・・・ご冥福をお祈りした。

「浜岡原発停止」
今日の夜、官内閣総理大臣の記者会見があったようだ。
リアルタイムでは見損ねましたが、22時のTVニュースを観ました。
専門的な事は当然解りませんが、東海地震の直撃を受けたら大変な事になると恐れていましたから。
「良しっ!」と思った。

以前、図書館で「夜の神話」を借りて読みました(児童文学)
(ファンタジーもので読みやすかった)
たつみや章さんの本、「ぼくの稲荷山戦記」「夜の神話」「水の伝説」は環境問題の三部作になっていて、
「夜の神話」は反原発の内容でした。
あとがきに、「原発被爆労働者救援センターの平井憲夫」の紹介があったので、ネットで検索してお気に入り登録してありました。(平井氏はお亡くなりになられています)
地震国の日本で原子力発電はあり得ないです。
核のゴミの管理を未来の子供達に押しつけてはダメです。
そう思いながらも何も行動できない私・・・。
せめて、国民の命、生活を守るために清く行動できる政治家さんを応援したい。

あれから1カ月・・・

April 11 [Mon], 2011, 23:15
3月11日に起きた大震災以来、日記を書く気になれませんでした。

大震災の時、私は浴衣を縫っていました。
その時は、目眩がしたのかと錯覚。
針仕事を中断して、ふと蛍光灯の紐を見ると揺れてた・・
すぐに、聴いていたCDをラジオに切り替え、地震だったんだと知りました。
TVをつけ被災地の映像を見た。とんでもない事が起きたんだ・・・。
命からがら助かった方のお話を聞いて、胸が押し潰される思いでした。
お見舞いの言葉を書こうにも、どう書いてよいのか言葉が見つかりません。

大地震以来、急に不安感に襲われたり、夜中に目が覚めたりと、普段には無いことが続いていました。
いつもと変わらない日常が過ぎ、徐々に地震前の日常に戻りつつあります。
被災された方々は、もっともっともっと長い年数がかかるのでしょう・・・
1日も早く安心して暮らせる日を送れる事を心より祈っています。
そして、私も、微力ながら支援募金等続けます。

空白の間にしていた事・・・

March 07 [Mon], 2011, 23:55
今年は無精をしない・・・・と誓ったではないか?
嗚呼、ここもさぼり倒していますねぇ。
(ここもって、あとは何処よ? 最低限の家事はしていますよ
(食事だけは、しっかり作っていますとも ← エライぞ!)

相変わらずの日常です。はい、ササササーッと過ぎていきます。
ま、自分の愉しみの時間を増やしたので、バタバタも苦になりませんが。
それに、毎日チクチク針仕事ばかりしていたわけではありません。
先月も週末は近場をウォーキングをしたり、月末には安曇野へ行ったり、昨日は京都にも行って歩いてきました。
また追々アップするつもりではいますが・・・・
一応、書きとめたという事で(お〜い)

あと、
和裁教室では、浴衣を、同時進行で2枚縫っています。
2枚とも娘の浴衣でけどね〜(1枚は私も着れる柄かも・・・イヒ)
(夏までに縫えるのか?不安だわ〜)
母の着物を自分のサイズに直すには、もっともっと、いろんな事を習わないと無理ですねぇ。
和裁教室へ通うのも長期戦になると思われます。

浴衣の後は何を習ったらいいのか聞いていませんが、とある呉服屋のセールで、正絹の反物を2反と、長襦袢用の正絹の反物を2反、未仕立ての帯地を買ってきました。
その反物を見た母が、「ずいぶんと地味な物を買ったんだねぇ〜」ですと・・・・
着物地の「地味」「派手」って、大まかには解りますが、微妙なところの柄や色になると難しいです。
着物と帯のコーディネイトも難しい。
聞く人によって、回答もマチマチですしね〜。
結局は、自分の好みで良いのでは?と思うのですが。
あと、格式がどうとかこうとか・・・。これは苦手な分野ですが、一応気にもなるので、ネットで検索したり、和装関係の本を数冊買ったり、図書館で借りて読み漁っていました(ingです)

それからそれから、着付け教室も継続中。
こちらは、先生と私の都合がなかなか合わず、休みがちですが、
先生が、風呂敷を利用した「作り帯」の作り方を教えて下さるそうで、これも楽しみです。

母はといえば、その後普通にデイサービス先に通っています。
編み物をしたり、習字もしてきたようで、自分の書いたものを持ち帰ってきました。
「雛祭り」には、デイサービスの方で用意して下さった着物を着て記念写真を撮ったそうです。
その写真を見るのも楽しみです。
デイサービスへ行っていない日は、我が家へ連れて来てます。
お買い物して昼食後、早々と晩御飯を作り、その後で、手持ちの着物を広げたり、図書館で借りた和装の本を一緒に見ていたり・・・と、学習の手助けをして貰ってます(笑)DVDを一緒に観る事も。

と、まぁ〜、しばらくは、こんな日常が続きそうです(笑)
ではでは、また来月にお会いしましょう〜(お〜い)

連絡ノートに挟んであったもの

February 17 [Thu], 2011, 20:55
デイサービスへ通う時には、いつも専用の連絡ノートを持って行きます。
連絡ノートには、その日の体温、血圧、脈拍、お昼ご飯やおやつをどれだけ食べたか、何をして過ごしたか、など記入して下さって、またそれを持って帰ります。
(送迎をしているので、スタッフさんからも母の様子は聞いていますが)

先月の後半は、デイサービスへ行く日の朝 「家にいた方がいいわ」と電話があって慌てました。
実家のカレンダーには、通う日に○印を付けてます。
母は、新聞で今日の日付を確認して、カレンダーのメモを見ます。
和裁教室へ行く日だったので、その時は、取りあえず電話を切って実家へ行った。
電話をした記憶は無く、出かける準備をしていた(苦笑)
「電話では、行かないと言ってたじゃない?」と聞けば、
「え?電話した?してないよ」と・・・・。
ここで、深追いしてはダメ。さらりと、「あ、そう?」と流す(笑)

そんな事が数回続いていたので、スタッフさんと相談。
デイサービスへ行っている間は、皆さんと楽しげにしてるとのこと。
まだ慣れなくて、疲れたのかな?(すぐに忘れてしまうのに?)
母との会話で困ったら、母の故郷の「安曇野」の話題を振ってください。と頼んでみた。
後日、安曇野を知ってるスタッフさんと、お話が弾んだようだ。
故郷自慢や身内の話を、繰り返し聞かされるスタッフさんには大変申し訳ないが、スタッフさんや、他の方とも慣れてくれるといいなぁという思いもあっての事。
その後も、一度電話があったけれど、今のところは大丈夫のようです。
前回は、通っている皆さんとトランプ遊びをしたそうです(ババ抜き)
母は、大笑いしながら楽しんでいたようです。
先日は、連絡ノートにぬり絵が挟んであった。

着物の写真の時もそうでしたが、そのままの色に写せませんねぇ) パソコンの環境によっても、色が違ってみえるかもしれませんが、母は紫色に塗っています。
葉の所はちゃんと緑で塗れていますね〜。
それにしても、私が着た着物をイメージして塗っていたのかしらん?
ちょいと泣けた。

JR東海 さわやかウォーキング

February 06 [Sun], 2011, 21:58
5日(土)は、「桶狭間の戦いゆかりの史跡を巡る」新春ウォークに参加してきました。
(織田信長と今川義元が争った桶狭間の戦い)
コース中の所々にガイドさんがいた。

スタート駅は東海道線 大高駅。
コース距離 約11.2Km
所要時間  約3時間の所、写真を撮りながらだったので4時間強かかった。

マップ
桶狭間

大高駅→鳴海八幡宮→鳴海宿高礼場(復元)・鳴海城跡(天神社)→善照寺砦跡(砦公園)→中島砦跡→平部町常夜灯→有松の町並み→大将ケ根→武路釜ケ谷→桶狭間古戦場公園→長福字→桶狭間神明社→南大高駅。

09:10 出発。
09:37 JR木曽川駅から大高駅へ。
10:20 大高駅。駅でマップを貰ってウォーキング スタート。

鳴海八幡宮へ向かいます。ここには平安時代に芽吹いた、幹回り8mの大きな楠の木がありました。
無病息災、延命長寿、開運の神木として崇められているそうです。
こういった御神木を見ているとパワーを貰った気になるのから不思議。
お参りしてから先に進む。


11:30 有松には江戸時代からの絞りが今も伝統産業として根付いています。

11:50 旧街道沿いには、古い町並みが残されていて、有松絞の反物、のれんなどを売っているお店がありました。
お店には、有松絞ののれんがかかっていた。
その内の1軒で、有松絞の手ぬぐいを買いました。
有松山車会館に展示されていた山車など見て、先に進みました。

12:50 桶狭間古戦場公園
愛知県豊明市にも桶狭間古戦場跡があり、いろいろと、まだ疑問があるようだ。
静岡大学教授の小和田哲男は、「桶狭間山」の場所を豊明市の古戦場の南方にある標高64.7mの地点と特定し(この場所は周辺では最高点で、晴れの日には遠く鳴海城や善照寺砦付近まで見渡せるという。また、この場所からだと豊明市の古戦場跡は北の麓、名古屋市の古戦場跡は西の麓になる)、織田軍2000と今川軍5000がぶつかったのであるから、「桶狭間山」の麓一帯は全て戦場になったとみて間違いないとし、どちらの古戦場跡も本物であるとしている。小和田によれば、「おけはざま山」から沓掛城に逃げた今川軍が討たれたのが豊明市の古戦場で、大高城に逃げた今川軍が討たれたのが名古屋市の古戦場であり、さらに義元の戦死地に関しては『続明良洪範』という資料に義元は大高城に逃げようとしたとあることから、名古屋市のほうで戦死したのではないかとしている。


14:10 南大高駅。ゴール。
お昼ごはんを食べ損ねています。南大高駅近くのイオンショッピングセンターで遅いランチを食べてから帰ってきました。
今日もいっぱい歩いたな〜。疲れて夕方寝てしまった。

知多半島の海の幸&半田市 A

February 05 [Sat], 2011, 0:05
続き

半田市は、散策コースがいくつかある。
名鉄ハイキングなどで知っていたので、一度行きたいと思っていました。
今回は蔵のある風景を見てきました。
江戸時代、海運で栄えた半田から江戸へと、特産の酒や酢が運ばれたそうだ。

16:00 國盛 酒の文化館(下の2枚)
この建物は、東南海地震や伊勢湾台風の時にも被害が軽く、当時のままの建物だそうです。
この辺りは、甘酸っぱい香りがしました。



16:10 小栗家住宅(国登録有形文化財)
明治3年の建築らしい。豪商だったお宅で、現在も14代?の方がお住まいだそうで、お宅拝見は一部のみ。
道路に面した1階の一部が、観光案内所になっていました。
写真には写っていませんが、ものすごく大きなお屋敷です。
小栗家の、万三(まんさん)商店の屋号の印の付いた、黒板囲いの蔵もたくさん建ち並んでいました。




16:20 ミツカンの本社
ミツカンの創業者は、中埜又佐衛門さん。

レトロなミツカン本社の後ろにも、立派なビルが建っていました。


運河沿いを少し遠回りしながらショッピングセンターに戻り、帰る前に、もう一か所寄りました。

17:00 「ごんぎつね」「手袋を買いに」「おじいさんのランプ」などの童話で有名な、新美南吉の生家
通りから見ると平屋のようですが、中を覗くと、土間の奥には、下へ降りる階段があった。
斜面に建てられているので、1階は階段を下りた所になる。炊事場も1階にあった。
玄関の右側には父親の畳屋があり、左側には、継母の下駄屋がある。
当時の間取りを復元してあるそうです。

生家前にある常夜灯は、幼いころの南吉の遊び場のひとつ。
石段がくぼんでいたが、子供達が「草つき」をして遊んだのだとか。
童話の「花を埋める」「音ちゃんは豆を煮ていた」に登場するそうです。




この辺りにはいくつかの散歩コースがあります。
パンフを見ると、童話の中の題材になっているスポットがいっぱいありますし、
春には菜の花、秋は彼岸花も綺麗ですし(矢勝川の堤に200万本を超す)コスモスも綺麗だとか。
またいつか、1日かけて見て回りたいな〜。


知多半島の海の幸&半田市 @

February 04 [Fri], 2011, 18:59
1月29日(土)は、愛知県知多半島へ行ってきました。
名古屋高速道路の一宮・清州線が開通してからは、知多半島も近くなりました。
今回は、半田市の半田運河沿いにある蔵のある風景を見るのが目的。
でも、せっかくなので、半島の先端まで行って、海の幸も食べたいねって事で、師崎港まで行ってから半田市へ。

10:30 朝の用事があり遅い出発。途中PAで1回休憩。

11:50 師崎港。お天気も良く、冬の海も穏やかでした。港まわりを少しだけ歩いた。


12:40 師崎港からすぐのところにあった「朝日屋」でランチ。
最初メニューを見てお値段が高かったので「しまった!」と慌てましたが、メニューの裏に平日ランチ(土曜)もあり安堵
私達が食べたのは「朝日屋定食」¥1480でした。量も多くて満腹でした。
隣の席の女性3名(1名はおばあちゃん)は、それぞれに定食を注文して、さらに、刺し盛りなど次々に注文されていた。
アジのぶつ切りを何やら真っ赤なタレにつけて食べているのを横目で見てた。
旨い旨いと言っているのを聞いて、私の胃袋が騒ぎ出す。
(旦那にアイコンタクトしたけど却下(嗚呼)。旦那は夜は人の倍食べるのに、昼は並なんですよね〜。
次回、師崎へ行ったら、絶対食べます。)
その後も、タコのお刺身が運ばれてきて、切り身が動いているので盛り上がっていた。
「吸盤が口にくっ付いてる〜」とか言ってるし(怖っ)
私はタコも大好きですが、動いているものは絶対に食べれません。
これも覚えておこう ( ..)φメモメモ
家に帰ってからネットで「朝日屋」のHPを見つけた。
真っ赤なタレはコチュジャンでした。唐辛子系の辛みは大大大好き。旨そぉ〜!


13:45 師崎港からR247で半田市へ向かう途中、「魚太郎」に寄った。こちらも美味しそうな食材がいっぱい並んでた。食品のまとめ買いをした後なので、買い物はパスしたけれど、ちょっと後悔。とってもお値打だった「あん肝」買ってこればよかったなぁ。



14:30 半田市のとあるショッピングセンターでコーヒーブレイク。で、車を停めさせて頂き、そこから歩いて半田運河沿いを見学した。

続く

床上だけ浸水・・・その後

February 03 [Thu], 2011, 22:00
母が疲れていないかと心配していたけれど、ケロッとしてた。
やっぱり一昨日の惨事は覚えていなかった。
水道の元栓の修理代は¥0でしたが、トイレの方の工事代は¥37400だったそうだ。痛いね〜。
床の水を拭き取るにも、何度も滑って転びそうになったけれど、ケガも無く、風邪もひかなかったから、良しとしないとね〜。

今日は旧正月。年も変わり、また良い事もいっぱいあるさ〜。
そしてもう一つのイベント、節分でねした〜。もう豆まきはしないですが、
恵方巻(一人太巻き1本)とイワシ(1匹)と炒った大豆(年の数)食べました♪
カボチャ煮とキャベツのサラダ、ワカメスープ(中華味にしてしまった)あと、みかん1個。
チト食べすぎました。

明日は立春。春ですよハル。早〜〜〜っ。
今日の尾張は、青空が広がり小春日和でした。
我が家の庭の水仙もグングンと伸びてきています。
ハクモクレンは、今年もたくさんの花が咲いてくれそうです♪

早く咲いて〜と思っているのは私だけではないようだ・・・・
(ーー゛) また花を食べるつもりなのね〜。
P R
2011年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Yapme!一覧
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:may
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月12日
  • アイコン画像 現住所:愛知県
読者になる
http://yaplog.jp/may-dekigoto/index1_0.rdf