---an azalea 

April 14 [Mon], 2008, 22:15
---花のつつじを、英語で云うと「an azalea 」というらしい。

へぇ。  今日またひとつ 居場所を休止した。

職場の次は、にんたま。一度復活したのに、前に戻りそうになったから、
自分で、勝手だけど、休止宣告をした。

居場所だと思うと、一気に、前の正確に戻ってしまったらしく、何でも引き受けてしまい、こなしてしまった。


これがいけなかったのかもしれない。

すべてに、目を向けるのは大変で、その隙を見られていて、指摘されてしまうと、こんなにもショックなのかと・・・実感させられた。


「信頼関係」・・・わたしは、こういう関係を作るのは、得意なほうだと思っていた。

でも病人としてみられると、一気に、信頼関係というのは、なくなってしまうものだと、思い出した記憶で、思った。


あまりのショックで、どうして、そうなったのかは、思い出せないでいたが、ぼんやりと思い出すと、そういえば、そんなことを云われたっけという感じ。


「信用してないんだよね〜」。さらっと口から出た言葉は、そのまま、反対の耳を通って抜けていけばIいいのに、心に届いてしまった。

そのときは、軽くかわしたつもりだった。

でも「つもり」だった。TELで聴いた言葉は、TELが終った後も、脳裏を駆け巡る。


これが、その辺お人が行ったコトバなら、何も気にしない。けれど、今まで一緒に、色々やってきた友だちに云われたから、そのショックは、計り知れない。

いつの間にか泣いていた。 どんだけ泣き虫なんだろうというくらいに、道端なのに、かえりみち泣いていた。


泣いているうちに、何故泣いているのか、わからなくなったが、すごくショックで泣いているということだけはわかった。


家に着き、すぐ風呂に入った。それでも、涙は止まらなかった。

「寝逃げ」することにした。 ができなかった。なぜか熱が上がり始めた。

鼻づまりがひどくなり、一気に風邪の症状になった。頭痛に、吐き気。

過呼吸のような、嗚咽のような、泣きすぎの子どものようになった。


・・・で、泣きすぎているうちに、いつの間にか、落ち着いたのか、自然に、寝入っていた。  


今日は、昼間から、にんたま関係のものを、事務所に送る作業をした。

何もかもを送った。 なんか、送りつける形になってしまって、申し訳なかった。

明日は、うたう会なのに、結局、準備もできない。

なにをしているんだろう。

また、昨年に戻ってしまったのか。あうのも、電話も怖い状態に。

また、ふりだしなのか。


唯一の救いは、一件のTEL 心配してくれてかけてくれた人。

たわいもない話が、心を、気持ちを安心させてくれた。


また、逢う約束をした。日にちは未定だけど。それでもいい。

その日が、ずっと先でも、逢いたいといってくれる人がいるというのは、すごくシアワセなことだ。


はじめてTELで、はなしたとおもう。

いつもと変わらず、優しい声だなと、こっちまで、のんびりしたきもちになる。


落ち着いて、話ができる人。

おこってもくれるし、共感もしてくれる、お互い意見が云い合える。

そういう人が、一人いるだけで、今は十分なのかもしれない。

贅沢を云ってはいけないのかも知れない。


贅沢をしたら、そのひとまで、とおくにいってしまうようなきがする。

「何もしない」今、わたしが優先することは、何もしないこと。


たくさんの人と、関わらないこと。

居場所かもしれないけど、そこから離れることも、大事なんだと、先生から云われたと思えば。
・・・というか、そう納得しなければいけない。


なにもしないということを、しないといけないんだから。


でも、その人とは、関わってもいいよね。

自分が、負担と思わないんだから。ね?せんせい?

そういうことで、今日は、ココまで。

今度は、こっちに書こうかな。ノートだと、ページ制限あるし、見られる可能盛大だし。

・・・って、ノートにここのアドかいちゃったけどね。

ミクシーもかけないから、まぁ。いいや。

ではでは(^−^)/”


ふとかいてみる。。。 

January 10 [Thu], 2008, 10:37
昨日も書いたけど、まぁいいや。

休職生活今月末で7ヶ月・・・はぁ。ながいなぁ。

はじめは、2ヶ月でも長いと思ったのに。よくなっているからいいけど。

あの時病院にいかなかったら、私どうなっていたんだろう。

昨日のニュースで、議院の長男が、自殺。
強いうつ病があり病院に入院しに行くところだったようだ。

父親の議員は『神に召されて本人も安心しただろう・・・』みたいなコトを云っていたけど・・・。

なにそれ。

理解していたのかなぁ。
・・・ってそういう私も、イマイチ理解していないところ、自分自身のことだけどないなぁ。

自殺念慮が、うつ病の初期&回復期にあるみたい。

というか、わたしもあった。今思えば。

無意識なんだよね。ム・イ・シ・キ。それが怖いところ。

ふらっと自転車に乗って、いつも通り、買い物や、職場に向かう時、
無意識に、赤信号を突っ切る。

無事通り過ぎると「あ〜あ」と残念な気持ちになる。 あ〜あじゃないよ、ホント。

でもそのときは『さぁ、これから死ぬぞ〜』なんていうのは思わない。
赤信号を渡った後も『何てことしたんだろ』なんていうのもない。

犬の散歩なら、考えるけど、実行はしない。
「ココで私がいなくなったら、たいちゃんはどうなるんだろう」そうかんがえるから。

散歩のときは安心だった。今考えるとね。私にとっては、あまり都合がよくないけどね。

2007.6.20 電車で寝てしまって、それで、
自分がうつ病だと、気づけてよかったのかもしれない。いや、よかったんだ。

「いつも明るくてニコニコのさっちゃん」はそのときはいなかった。

人前では、作っていたのかもしれない。無意識に。

みんなの、そして私の中のイメージどおりのsachiを。

いまはどうだろう・・・。

ニコニコもすれば、怒ったり泣いたりもする。感情の種類が増えた。
それは本当に思った。

人前でもなかった 泣いてはいけないとガマンしすぎて泣けなかった 
「さっちゃん」ではない。

TELでも、泣いて、ドラマでもなく。私はこんなに涙腺の弱い人だったのかと思うくらい。
でもそれは違った。これが本当の感情なんだ。


こんなコトを、ミクシーで書いたら・・・コメントは目に見えている。
私のイメージ、私をそばで見ている人は、コメントは残さず、

うつ病の人からは、絶大なるコメントを受けることになるだろう。
「うつの仲間」と。
「私も一緒。大丈夫」と。

私は、私。
自分で治す。

きょうはここまで。

年明け2008年です。 

January 10 [Thu], 2008, 0:27
うーん、さっき長々と書いたのに、保存したのに、全部消えた。

キー!!

まぁ、いいや。またかこう。

というわけで、前回から、どれくらいたっているのかは、わからないけど、2008年年明けです。

今日は、夕方散歩の後に、車のお兄さんに会いました。

結構久しぶり。

私の切った髪を
「そっちのほうがいいね。似合うね」と、

もと彼と同じことを言ってほめてくれた。まぁ、こうかくと、嫌な言い方だけど、

昨年クリスマスイブに、1年付き合った?彼と、お別れというか、お友だちに戻った。

だけど、未だ吹っ切れず、グズグズ、メソメソしたりする。

お兄さんは、私の愚痴を聞いてくれた。

「わかれてよかったんじゃないの」
「げんきそうでよかった」そのコトバに、私も安心した。

さっきは色々書いたけど、もういいや。この辺で終わりにしちゃえ。

まぁ、お兄さんとは、今度ドライブの約束をした。

「声かけてよ。下に降りていったりしゃべるのは、苦じゃないから」

「車検までの一ヶ月なんてすぐだぞ。元気になって待ってな」

って、コトバで、頭をヨシヨシされている気分だった。

人恋しいこのごろ。

暖かいところについいってしまう。

男性の香水って、いやだけど、お兄さんのシャネルは、気にならなかった。

いつもは、私も香水つけるけどお兄さんと会うときは、香りが混ざるから、つけないようにしようかな。

では。

紅茶花伝 

October 25 [Thu], 2007, 23:40
久しぶりの日記。

偶然車のお兄さんに夕方の散歩前に逢う。

「おぅ。どうよ、調子は」そんな感じの口調。

犬の散歩もあったから、歩きながらおしゃべり。

「なんか飲むか?」って、紅茶花伝をおごってもらう。

あったかい缶に、季節を感じる。

もうすぐ休職して4ヶ月だということ、病院に行っていることなど、結構わたしが一方的に話してた。

「そうか、そうか」ときいてくれる。

心配してくれていること、私のことを理解しようとしてくれているので、嬉しかった。

やっぱり、人恋しいのかな。・・・私。

職場・にんたまメンバー(一番大切な人と場所)とは、逢うこともTELもできないって伝えると、

「そうなんだ・・・」って。怖いときもあるって伝えたら・・・

「俺のことも、怖いとか思ったりする?」って。なんか、寂しそうに、きいてきた。

「前は、そうでした。だから、避けてました。おたがい いやな気分になるのやだし。」って

こたえた。

「そうだったんだ。これから気をつけるよ。そういうこともあるって、わかってれば、俺も安心。」だって。

「俺が声かけたとき、体調とか、つらかったら、無視すればいいから。」って。

「無理すんな。とにかくよくなって」それが、別れの言葉。 

---ありがとう。

ココロがふっと軽くなった、時間でした。

いちごいちえ 

October 15 [Mon], 2007, 23:21
なんやかんやと、やっているうちに、夏が過ぎもうすぐ秋も過ぎようとしています。

寒くなってくると、調子も狂ってくるというか・・・なぜか、全身が痒い。

だいじょうぶか。。。


最近よく聴いている やなわらばー。

いちごいちえという曲がすき。


詞がストレートに入ってくるというのは、なかなか聴いていて、心地よいものです

ホッとひといき 

October 09 [Tue], 2007, 10:31
今までの私には考えられないほど、多くの不安・恐怖・時間を使った、職場へのTEL。

何も・・・怖いことなどないのに、どうしてこんなに、前夜から、不安なんだろう。


今さっきそのTELが終わった。そこまで考える必要がなかったこと・・・行動してから分かる。


ホッとひといき。 

少しゆっくりして雨降りだけど、外の空気を吸いにいこう。

ココロの空気を入れ替えよう。 ココロの換気。

息がつまっていたら、何も新しいものは、入ってこないから。

すてきなプレゼントを探しに行こう。 

明日逢う ちいさなともだちのために。そして、その子どものママのために。

きょうから・・・ 

October 08 [Mon], 2007, 15:07
今日から、新しいブログです。
・・・といっても、ミクシーとは違って、友達に公開とかいうスタイルじゃなくて、自分用の日記帳。

写真も、ハムスターの葵ちゃん。
はじめは後ろ向き。

少ししたら、前向きのかわいい姿が見せられますように。

わたしも葵ちゃんも。

気長に、のんびりいきましょう・・・。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:葵-あおい-
読者になる
気長な、日記です。
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE