迷子犬探しています
2008.04.05 [Sat] 21:57


犬種:ミニチュアダックスフンド
毛の長さ:スムース(短毛)
毛色:ブラックタン(黒×茶)
性別:オス(去勢済み)
体長:約50cm
年齢:2歳(失踪時8ヶ月)


特徴:
・目の上のタン(茶色)が小さく、頬にもタンが入っている
・目が大きく、ドングリ型をしている
・顔が大きく、マズル(顔の鼻と口の部分)が長く太い
・短毛だが毛質は柔らかい
・飛び跳ねるように歩く
・足を上げずにトイレをする
・他の犬と仲良くできない(隠れる・逃げる・吠える・噛みつく)
・留守番ができない(分離不安ぎみ、留守番中はずっと吠える)


迷子になってから既に時間が経過しており、警察・保健所・清掃局にも届け出がないため、どこかのお宅に保護されていると考えられています。

似ている犬を見た方、保護宅のお心当たりのある方は、までご連絡ください。
発見に繋がる情報をご提供くださった方には、謝礼金三万円をお支払いします。

迷子になった経緯:

2008年4月4日金曜日午前10時半頃、横浜市磯子区久木町の路地裏で、見知らぬ年配の女性に話しかけられ、吠えたところ袋で叩かれ、飼い主がリードを離してしまったところ、首輪とリードを付けたまま逃走してしまいました。
飼い主はリードを踏もうとして転倒し、「マテ」をかけるのが遅れました。
バス停「磯子警察署前」の辺りで止まり、飼い主が近づこうとすると、自転車に乗った見知らぬ中年男性が捕まえようとして追いかけ、また逃げました。
そのまま、猛スピードの自転車に追われ、猛スピードで逃げていきました。
飼い主は、走って追いかけましたが、自転車と犬のスピードには追いつけず、置いて行かれました。
約1kmほど離れた丸山2丁目まで、自転車の男性と一緒に猛スピードで走っていったという目撃情報がありました。

その後、国道16号線の天神橋周辺を走っていた、橋を渡って馬場町方面に行ったという目撃情報があります。

近隣警察署、近隣保健所(磯子区、南区、中区、港南区、金沢区、横須賀市)、横浜市畜犬センター、川崎市動物愛護センター、東京都動物愛護相談センターには連絡済みです。


連絡済み動物病院


迷子になる一ヶ月前にうちに里子に来たばかりで、あまり土地勘がありません。
前は茅ヶ崎に住んでいました。
失踪前日は、根岸森林公園に遊びに行きました。(公園管理事務所にビラを渡してあります)
 

マウのこと
2008.04.06 [Sun] 14:29

マウくんは、2008年3月1日、もうすぐ生後7ヶ月というところで、我が家にやってきました。
前の飼い主さんは、事情があって飼えなくなってしまった人でした。

留守番が多く、どうしてもな時は、犬の飼育経験がない、飼い主のご両親が見ていたそうです。
そのためか、うちに来てすぐに、見て解るくらいの、分離不安でした。

来た当日は、人間が立ち上がるだけで、吠えまくりました。
「トイレに行くだけだよ」「キッチンに行くだけだよ」「向こうの部屋に行くだけだよ」
等、話しかけることで、次の日には、吠えなくなりました。

それでも、飼い主2人のどちらかが外出すると、狂ったように暴れ、鳴き、吠え、出て行った後も、しばらくその状態は続きます。
それでも、2週間ほどしたら、出て行った直後には大人しくなるようになりました。

先住犬はリビングでフリーに、マウはリビングの屋根にネットが付いているハウスに入れ、犬だけで1時間ほど留守番させたところ、マウはハウスの屋根のネットを外して、ハウスから脱出していました。

次の機会に、屋根のネットの上にタオルを置いて、「上に何かある」と思うことで、脱出しないのではないかと考え、留守番させてみたら、今度はネットを噛みちぎって、脱出していました。

それ以降、マウのハウスの屋根には、サークルと同じフェンスを付け、留守番の際はクレートに入れました。
そうすると、少しきゅんきゅん鳴きますが、大人しく寝ててくれるようになりました。

お散歩も、最初は全く行きたがらず、先住犬がすたすた行くのに対して、ふんばったり違う方向に歩いたり、大変でした。
そのくせ、家に帰る時は、うきうきで歩いて行きました。
それでも、3週間ほどすると、「ヨコ」(ツケ)を覚えて、ちゃんと歩けるようになりました。

他の犬とは、ほとんど仲良くできませんが、先住犬のことは好きらしく、なにかとくっついていました。
先住犬のともだちわんこに、かみつこうとして怒られることも度々でした。
前の飼い主から、「社会化ができていない」と聞いてましたが、他の犬と触れ合う機会がなかったのだと思います。
それも、何度か会っているうちに、「会ったことある犬」には吠えなくなりました。
同時に、何度も会っている犬の飼い主さんには、懐くようになり、彼らと別れる時には、きゃんきゃん吠えて暴れました。

散歩途中の拾い食いがひどく、口に入れてしまってから、口を開けさせようとすると、唸り、噛みつきます。
一旦口に入れたものを、取られそうになると、吠えたり噛みついたり唸ったりします。
食事の前に待てをすること、くつろいでいる時に「あーん」の練習をすることで、少しずつ改善されてきましたが、完全には直っていません。

人にはあまり懐きませんが、散歩途中で「走っている人」「スーツ姿の人」(前の飼い主風?)の人を見ると、付いていこうとします。

また、鳥、猫も追いかけます。

犬に対しては、飼い主の足もとに隠れるか、後ずさりしながら吠えるかです。
ただ、反撃されると、噛みつこうとします。
臆病だからだと思うのですが、近寄られると撃退したいようです。

先住犬に対しては、吠えたりしません。
逆に、勝手に先住犬の場所を取り、先住犬に吠えられても、無視しているか、噛む振りをして威嚇するか、です。
飼い主が見ている場合は、マウをどけます。先住犬を優先しています。
そうすると、大人しく他の場所に移ります。
ただ、初日は、先住犬のハウスにマーキングしたり、ソファーに背中をこすりつけたりしていました。
我が強いのかな?独占欲が強いのかな?と思っています。

臆病ですが、たくましく、肝が据わっているところがあります。
また、人間がいなくなることが、本当に不安で怖くてしかたがないように見えます。
毎日毎日、大丈夫だよ、ずっと一緒だよ、と語りかけていました。

今、1人で、どうしているのかと思うと、心配でなりません。

また、誰かが飼おうとしているとしたら、上記のことから、簡単には飼える犬ではないと思っています。

一日も早く、うちに帰ってきてほしいと願っています。
 

マウの捜索状況・1日目
2008.04.06 [Sun] 17:32

マウを見失ってから、しばらく自転車の男性が戻ってくるのを待っていたが、一向に戻ってこない。

先住犬も連れていたこと、携帯電話を持っていなかったこともあり、一旦家に帰ることに。

帰宅後、飼い主2人で、見失った地点まで来て、周辺の人に聞き込みをする。

しかし、最後の情報の先にあるガソリンスタンドのスタッフさんは、見ていないと言う。

そのまままっすぐ行くと突き当たり、右に行くと大きな幹線道路、左に行くと住宅街。

住宅街の方を回り、一旦帰宅。

マウ父もう一度歩いて捜索。滝頭から中村橋方面、岡村方面を探す。

前日一緒に遊んだ友人に連絡をすると、バイクで探してくれるとのこと。

マウ母は近隣保健所に連絡。畜犬センターは15時以降じゃないと連絡が取れないと聞き、保留する。

警察署に行き、届け出を出す。その時点で14時。磯子署・南署には届け出はないとのこと。

簡単な探し犬の名刺を作る。

マウ父帰宅、名刺を持って今度は自転車で捜索。犬連れの人に名刺を配りつつ蒔田まで行く。

友人はバイクで蒔田〜岡村を捜索してくれた。

マウ母は先住犬を連れて、滝頭から先住犬の行く方へ歩いていく。

幹線道路沿いから少し入った住宅街を回る。

18時帰宅、畜犬センターに連絡し忘れたことに気付く。土日はやってないとのこと。

ネットの迷子犬サーチに登録。岡村のDogCafeにメール。

22時、2人と1匹で捜索。先住犬の行く方に行く方に歩いていく。

自宅近辺〜滝頭〜中村橋と歩き、怪しいところで名前を呼ぶも、見つからず。

すっかり暗くなり、事故に遭っていなければ、どこかで休んでいるはずだと信じ、自宅に戻る。

自宅にいても、犬の鳴き声がすると、出て探す。
 

マウの捜索状況・2日目
2008.04.06 [Sun] 17:59

4月5日土曜日(失踪2日目)
朝、2人と1匹で捜索。滝頭周辺の住宅街を呼びかけながら探す。

先住犬が疲れてきたので帰宅。

岡村のDogCafeに連絡。この日、イベントに参加する予定だったので、キャンセルする。

事情を話すと、お客さんにも呼びかけてくれるとのこと。また、チラシがあったら貼るとのこと。

チラシを作る。このブログの準備もする。

ネット上に「警察署や保健所には何度も連絡した方がいい」とあったので、連絡する。
警察署の場合、届け出を出すと、県下の警察に通達が行くと聞く。
保健所は土日はやっていなかった。

万が一のことを考え、区の清掃局に連絡。マウに該当する件はないと聞き、少し安心する。

14時、チラシを持って、車で滝頭まで行く。
途中、お散歩仲間に会えたので、名刺を渡す。
FUJIスーパーがチラシを貼ってくれた。
近辺を探した後、岡村のDogCafeに向かう。

すごく心配してくださって、チラシも貼るし、配ると言ってくださった。
この後、いそうなところを回るとも言ってくださった。
そして、倒れたらもう探せなくなるから、ちゃんと食べて寝なさい、と言ってくださった。

蒔田に住む友人の所に行き、チラシを渡す。

帰宅して、先住犬にご飯を食べさせる。昨日はそうでもなかったが、今日はすごく不安そうだ。

夜、マウ父1人で、おやつ入れを持って探しに行く。

深夜、犬の鳴き声がしたので、先住犬を連れて外に出るが、誰も何もいなかった。
 

マウ捜索3日目
2008.04.06 [Sun] 21:00

マウ父は自転車で、マウ母は先住犬を連れて、捜索。

マウ父はおやつ入れを持って、時々かしゃかしゃ鳴らしながら、見て回る。

マウ母は、マウのおしっこがついたシートをビニール袋に入れて、お散歩バッグにくくりつけ、マウが気に入っていたぴょこぴょこ鳴るおもちゃを手に持って、時々鳴らしながら、自宅〜滝頭1丁目の山の方〜岡村小〜蒔田〜堀ノ内〜滝頭と歩く。

途中、お散歩ともだちのママさんに会う。これから、かかりつけ病院に行き、チラシを貼ってくださるとのこと。
「保護されてるとは思うのよ」と言っていただく。

途中、ダックスを4匹連れた人に会ったので、マウのことを話したのだけど、名刺もチラシも忘れてしまい、もし見つけたら磯子警察署に連絡してください、と伝えた。

先住犬が疲れてきたので、お昼頃帰宅。

お散歩友達がバイクで探してくれるとのメッセージが届く。

3時頃、近所のお世話になっているペットショップ兼トリミングサロンに行き、チラシを貼ってもらう。
マウは一度、ここで爪を切ってもらっている。
そこでも、「保護されていると思う」と言われるが、「最近の犬は帰巣本能がないから家には戻ってこない」と言われる。

その後、うちのかかりつけ動物病院に行き、チラシを渡す。

そのまま、失踪前日に行った根岸森林公園の方を歩く。
そこから滝頭に出て、まだ行ってない道を歩き、岡村中学校を周り、自宅に戻る。

帰宅後、ブログの記事をまとめて書き、mixiのいくつかのコミュに、情報提供を呼びかけた。

明日は天気が悪いと聞き、すごく不安でもある。

ただ、明日は月曜日で、ゴミの収集がある地域があるので、食べ物目当てで、マウが出てくるのではないか、と思っています。
なので、早朝に近辺を探してみようと思う。

また、保護されているものの、保健所がやってないから連絡できずにいるのかもしれないと考え、明日になったら連絡がくるのではないかという期待もしています。

また、明日は、近辺の町内会に連絡し、掲示板にチラシを貼ってもらえないか問い合わせようと思います。