松屋の歴史

August 07 [Fri], 2009, 12:37
株式会社松屋フーズ(まつやフーズ、英称:Matsuya Foods Company, Limited)は、牛丼(牛めし)・豚丼(豚めし)・カレー・定食などを販売する「松屋」をチェーン展開している企業。東京証券取引所市場第一部上場、本社は東京都武蔵野市中町一丁目14番5号の代表取締役社長は瓦葺利夫。
創業者の瓦葺利夫が1966年に東京都練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業したのがその始まりである。この店は1969年に閉店した。
この店がなかなか軌道に乗らなかったこと、商店街で試してみたかったこと、専門誌で紹介されていた「何時屋」の「ぶっかけ」という牛めしに衝撃を受けたこと、吉野家の味に感銘を受けたことなどにより、瓦葺が牛丼の研究を重ね独自の味を完成させて、1968年6月に江古田に牛めし・焼肉定食店としての「松屋」をオープンさせた。これは2008年現在の江古田店であり、これが1号店としてカウントされる。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:matuyarekisi
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
Yapme!一覧
読者になる
  • seo