価値観の違う人との折り合いの付け方

January 22 [Sat], 2011, 21:49
twitterに書いた文より

今日は価値観の違う人との折り合いの付け方について考えた。
否定すれば否定の連鎖が生まれてしまうから、
とりあえず肯定「そうですね。」
次に「そういう考え方もありますね。」と。
あなたは間違っていない、でもそれが全てじゃないと暗に言う。
必要があれば意見を付け足す。
付け加えるにしても物は言いよう。
「でも、」と言い出したらキリがない。
こういう場合は「〜ですよね?」と同意を得るような言葉がいい。
例えば「○○するやつにロクなやつはいない」と言われたとしたら、
「そうですね、そういう考えもありますね」、と同意、牽制。
その後、「でもそういう人ばかりではないですよね。」と、
可能性論として同意の得られそうな質問をする。
こういうと、頑固な人でも、たいてい同意の返事が返ってくる。
「まあ、そうだな」、「そりゃ、そうでない人もいるよ」と。
可能性論を完全に否定することの方が難しいからだ。

こうなると、お互いに肯定の言葉を交わしていることになる。
人間は不思議なもので相手の言葉の一部を肯定してしまうと、
それ以上溝を開けにくい状態になる。
結果、お互いの意見を変えずとも、折り合いがついたように錯覚する。

あとは変わらずにニコっとしておけばいい。
目上の人と上手く関わっていきたいときには、
これが一番事荒立てず、見縊られずに済む。
ただし可愛げはない。
全てに意見せず、たまには言いくるめられることも大事。
本当に言いたいときだけ使う。

特に私は、いい顔しいでプライドの高い、
でもあんまり脳みそが詰まってないところがあるので、
ものをはっきり言ってくれる頑固なおじさんとか、
頭ごなしに価値観を押し付けてくる人とかが
私の張りぼてを壊してくれると、逆にスッキリする。
ああ、小娘だったんだ、と反省するいい機会になるから。

6か月間の私

January 19 [Wed], 2011, 19:17
お久しぶりです。
なんと6ヶ月ぶりの更新、でしょうか。
新年明けてしまいましたね。
なんという。

とりあえず…
明けましておめでとうございます

(お寺)

一年前の記事を読んでいると
2010年の目標は
・素直になる
・自分の感情に素直に

でした。
これは本当に苦労したこと。

つらかった時期(12月)を乗り越え、年末は寺にこもり(笑)
なんとなくですが、今は安定しているような気がします。

自分は自分、人は人。
これが保てなくなったときは少し距離を置く。

年末はそんな理由もあり、山奥で過ごしたわけです。

上の写真は寺での一枚。


寺での生活はとても楽しかったですよ。
朝5時起きで座禅45分、朝粥、正月の準備、昼ごはん、正月の準備、夜ごはん、
座禅45分×2、お経、晩酌
という流れ。

特に晩酌が(笑

耳の遠いお遍路さんと、お寺に住むお坊さん(ではない?)
と私の三人で過ごしました。

夜は飲んで語って。
主に私の人生相談だったでしょうか。

とにかく素敵な、時間が過ごせました。
私の心のゆとりも回復し、とっても前向きな気持ちで毎日過ごしている現在です。

(お寺のはなちゃん^^)


最近は仙人料理や小水力発電、俳句に座禅や菜園、と
様々な興味に手を伸ばして何かを手繰り寄せるように、
もがくように、大学生を満喫しています。

興味があれば即行動。

現在は「猪突猛進」という言葉がぴったりな私です。

(仙人料理:浜アザミを採って、太陽と海に感謝!)


それにプラスして、もちろん就職活動もしておりますよ!
なんだかんだいって、大学になっていろんなことをやってきたので
ネタはたくさんあります。

これをどう生かすか。


ということで闇雲に走っていた私ですが、
ふと空虚に包まれる?といいますか、
全てのことがツマラナイと感じる夜もありました。

(部屋から見えた夕焼け)



だけど、大学生としていられるのは、あと一年(卒業できればの話ですが)
大学生というだけで、受け入れてもらえたり、
色々教えていただけたりする。
そんな特権を今使わなくていつ使う!

たとえ実になろうとならなかろうと、
いっぱい興味を出して、できるだけ多くに足を突っ込んでみて、
いろんなことを思って、悩んで、笑って、
がむしゃらに進んでいた。
がむしゃらって効率的でない気がして好きじゃなかたんだけど
気づいたらがむしゃらに進んでいる。
先が見えなくても。
意味を見失っても。

というか意味なんてはじめから求めてないじゃないか。
と思ってそれを納得できたら勝ち。

今の私はこれが全てな気がする。



私の中で静かに何かが爆発して
静かに嵐が起こっている。
目が鋭く爛爛としているだろうし、
いつもどっかに力が入っているんだろうな。

すごく落ち着いているようで、ものすごくハングリーな状態な今です。



本当にお腹すいてきた…笑




この場は私にとって本当に必要。
整理をすると、少し先が見えてくる。
街灯がひとつついただけで、前に道があったんだと気がつく。

整理する場所。
吐き出す場所。
反省する場所。
感謝する場所。
幸せを確認する場所。

久しぶりに

June 19 [Sat], 2010, 23:28

松吉です。
とてもひさしぶりに更新します。

この数か月の間、とても充実した日々を過ごしておりました。
いろいろな経験をしたりしましたし、満足しています。

満足しているのですが、
なんだか最近つまらなく感じています。

変な話ですね。

もっとこうドキドキしたりワクワクしたり切なくなったり
そういう思春期みたいな感覚が欲しいと思う今日この頃です。

今まで本気で恋人が欲しいと思ったことがないわりには
ずっと夢を見続けている私は、恋愛に関して何か勘違いしていたようです。
今も勘違いだとわかっていてもどうにもこの考えから抜け出せない。

どうしても面倒な面やマイナス面しか見えなくって、
手を伸ばしかねます。

まだまだ時間はかかりそうです。



母によく言われるのですが、どこか人を拒絶するオーラをまとっているようです。
そんないいものじゃないですね。
裏返せば恥をかきたくないとか嫌われたくないとか傷つきたくないとか、
そういった感情を避けるための予防線のようなものなんでしょうか。

これが抜けない。

以前、読んだ本に
「いつもにこにこ笑ってうなずいているだけの人には自分というものがないようで、
はじめは好感を持って接するが、だんだん興味をなくしていく。」
というような一節がありました。

こんな感じなんですかね。
拒絶といってもツンケンしているわけではなくて、どちらかというと「ステルス機能」みたいな。

そしてこないだ霊感があるという友人に言われたのですが、
「松吉のまわりには寄ってこない」そうです。
たまにこういう人がいるそうで、何か領域みたいなものがあり、
その人のそばには近寄ってこないのだとか。

怖い話は無理なんですが、
人も霊も寄せ付けないバリアがあるのかな。

中和してくる人をいつまでも待っているのはひどく受け身でなんだか嫌ですね。

何か府に落ちないところもありますが、
積極的に取り組もうと思います。

というとまた母や友人に「分かってない!」と言われそうですが。


人を好きになったりするのは頑張るものではないのかもしれませんが
いつまでも殻に閉じこもっているのも成長しないですし、
そこから抜けるということについて頑張る、ということで。

よし。






ああ、きっと頭が堅いってこういうことを言うのですね。
カッチカチで面白みがない!
人生はもっと面白い楽しいワクワクすることで溢れているのに!


どうやらとてもアグレッシブな私と殻に閉じこもっていたい私がいるようで
私を知れば知るほど興味深いです。
私ってこういう人!ということが分からなくなってくる。

型にはまらない人間になりたいな!
Profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:松吉
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
マイペースな大学生、松吉の日記です。
コメント
アイコン画像Hな出会い系
» 価値観の違う人との折り合いの付け方 (2011年10月12日)
アイコン画像ブログでSEX待ち合わせ
» 価値観の違う人との折り合いの付け方 (2011年10月07日)
アイコン画像ageHa
» 価値観の違う人との折り合いの付け方 (2011年10月04日)
アイコン画像羽田あいの秘蔵映像が見れる!
» 価値観の違う人との折り合いの付け方 (2011年09月07日)
アイコン画像2010
» 価値観の違う人との折り合いの付け方 (2011年09月06日)
アイコン画像ハッピーアクアリウム
» 価値観の違う人との折り合いの付け方 (2011年09月02日)
アイコン画像ナナミ
» 6か月間の私 (2011年02月22日)
アイコン画像松吉
» クリスマスに (2009年12月28日)
アイコン画像ナナミ
» クリスマスに (2009年12月27日)
アイコン画像松吉
» matomo ni (2009年12月18日)
P R
http://yaplog.jp/matukiti-isibs/index1_0.rdf
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31