松平勝男の中国語 参考書のおすすめは?

December 11 [Wed], 2013, 4:02


中国語の単語や文法に関してはそこそこ覚えたつもりだけれど、会話になると知識をまるで活用できず、耳も口もフリーズを起こしていたとしても、
まるで物理的に頭が柔らかくなったように中国語の知識がつながり始め、聞いたことも言いたいことも中国語のままでパッと扱えるようになる学習法がこちら




あなたも、↓の中に思い当たることがあるんじゃないでしょうか??



自分のレベルにあった勉強のやり方が分からない

いくら真剣に耳を傾けてもイントネーションが聞き取れない

■勉強したことをすぐに忘れてしまう

■中国語会話を習いたいけれど、時間を作るのが厳しい


中国語を覚えようと、中国人講師のいる中国語スクールに通って勉強を始める人もいますが、この方法は必ずしも効果的というわけではありません。


講師の力量によって上達のスピードが大きく左右されてしまうもので、たとえば、大学留学などの理由で中国からやってきた人が、

日本での生活費を稼ぐために中国語を教えているケースがあるのですが、彼らは「日本人に中国語を教える」ためのスキルや専門的な教育を受けているわけではありません。


それに、中国人にしてみれば、確かに発音は流暢で言葉の細かいニュアンスなんかも心得ているものですが、

「日本人はどんな風に勉強をすれば中国語をスムーズに習得できるのか?」といったことを知っているはずはなく、

ただ、自分が今まで話してきた経験をもとに、「こうやったらよいんじゃないか?」とその場しのぎのやり方になってしまいがちです。


中国を身に着けるためには、実は中国人に直接教わるよりも「同じ日本人で中国語をゼロから身に着けた人」に教わるほうが、実は効果的に勉強していけるノウハウを身に着けているもので、

中国語マスターの極意を考案した松平勝男さんは特に、覚えるべき単語や文法の量を最小限に抑えたうえで、手っ取り早く中国語が話せるようにあなたを導いてくれます。



松平勝男さんとはちなみに、中国語はもちろん英語も国連英検A級ほど流暢に操るスキルを身に着けている人で、

彼のすごいところは、語学を身に着けるあたって、膨大な量の単語を覚えたり、難しい文法をいくつも理解して覚えているわけではない点です。


必要最小限の知識だけを使い、あとはそれらを駆使して会話を成立させるノウハウに精通していて、

実際に、中国語マスターの極意では1日15分という短時間の勉強でも、わずか3か月で中国語で思う通りのコミュニケーションが取れるようになります。


ちなみに、日本人の多くが語学習得に挫折してしまう原因の一つとして、「完璧を目指してしまう」ことがあげられます。



というのも、あなたが普段使っている日本語を思い出すとピン!と来るんじゃないかと思いますが、

話し言葉には書き言葉と違って、文法的な誤りがたくさんあるものなのに、文法を杓子定規に当てはめようとしても、うまく相手の言うことを理解できるわけがありません。


それと同時に、自分の言いたいことをまとめるにしても、文法は正しいか?単語の使い方は間違っていないか?といったことを意識していたら、会話のリズムが乱れてしまうのは当然ですよね。


中国語を話せるようになるためには、「必ずしも教科書に載っている文法通りなわけじゃない。」ということを踏まえて、

単語一つひとつに注目するのではなく、フレーズごとに意味をとらえていくといったアプローチが重要になります。



中国語に対する見方がひっくり返る松平勝男さんの中国語マスターの極意で「聞き取った情報を整理するコツ」についてこちらでも詳しく紹介しています。



e-FLAGS 楠山高広 サブリミナルブレイン
発音大学 スコットペリー 評判レビュー
中国語講座 ファンキー末吉の口コミ評判