ピッチャー トレーニング 家

August 28 [Fri], 2015, 6:02

毎日欠かさず一生懸命にピッチング練習に励んでいるものの、球威が上がることはなく、伸び悩んでいたとしても、
ピッチャーとして知っておきたい配球が身につき、対戦相手からは戦いたくないと恐れられるピッチングができる練習法がこちら



あなたも↓のような悩みに足を引っ張られるのはさっさと終わりにして、試合に勝たせてもらえる投手を育てたいと思いませんか?


■すぐに打たれてしまう

■速いボールが投げられない

■自分に合う投げ方がわからない

■全力で投げても、平気で打たれてしまう


野球は9人でプレーするスポーツですが、結局、勝敗をもっとも左右するのはピッチャーですよね。投手力によって試合が決まると言っても過言ではありません。
強いピッチャーがそろっていればいるほど、それだけ試合を有利に運べるようになります。打線が弱くても少ない点数で勝ち試合を拾うことが出来ます。

逆に言うと、投手があまり強くはなくて、強打者が数人いる程度だと、結局は得点よりも失点が上回ってしまい思う用に勝つことはできません。
投手力を養うことが手っ取り早く試合での勝率を高める近道ではあるものの、投手を育てるのは口で言うほど簡単ではないのはあなたもご存知の通りです。


他のポジションに比べて、ピッチャーを教えるには繊細なフォームの調整が求められます。微妙な体の使い方まで丁寧に教えなければいけません。
けれども現役時代に良い指導者に教えてもらい、実際に投手として活躍した経験がなければ、ピッチャーに求められるスキルをスムーズに教えるのは相当難しくなります。

場合によっては下手な練習をさせた結果、肩や背中に余計な負担をかけてしまい、思わぬけがを招いてしまう危険もあります。
投手を指導する場合には、とにかく正しいやり方をすることが非常に重要。余計な動作は一切排除して適切な体の動かし方だけを集中的に教えてあげる必要があります。



松沼兄弟の投球フォーム別パーフェクトバイブルではオーバースローに比べてずっと習得しやすいアンダースローを学ぶことが出来ます。
オーバースローで身に着けたいくつかの動作をベースにして、下半身を中心に正しい動作を覚えていけば、意外にスムーズにフォーム改造することが出来ます。

選手にとっては確かにアンダースローを身につけろなんて言われても「自分にできるのか?」「本当にアンダースローなんかでレベルアップできるのか?」と不安や疑問を感じるものです。
アンダースローに転向した結果、フォームが大崩れしないか?と恐怖を感じる可能性あるものの、正しいステップで練習をしていくだけで正しいアンダースローの動作なんて簡単に身に着けることが出来ます


プロとして通用するほどフォームを完璧に仕上げなくたって、アンダースローはオーバースローに比べて球速を上げやすいしコントロールだって維持しやすくなります
今までと同じようにボールを投げているつもりでも、結果として下半身のパワーをよりスムーズにボールへ伝えることが出来るため、ギュンと速く思い玉を投げられるようになります。



敵チームにとってもアンダースローの投手なんてそんなにお目にかかるものではありません。つまり根本的に不慣れな相手と対戦することになります。
投げ方がアンダースローになるだけで、試合に勝てるメリットはいくつもあるうえに、松沼兄弟の投球フォーム別パーフェクトバイブルを見ればどのように練習をすればよいのか?すでに体系化されています。

それに配球のコツまで触れられているので、マニュアルに忠実に練習・実践で応用させるだけで、勝率がずいぶんと上がっていきますよ。

→きわどいコースにズバッと重いボールを投げられるようになる松沼博久・松沼雅之の投球フォーム別パーフェクトバイブルでランナーがいない場合の配球のポイントとは??



網野式動詞フォーカス中国語入門 網野智世子
人に好かれる会話術 木多崇将

投手 トレーニング インナーマッスル

August 28 [Fri], 2015, 5:59

ピッチングの難しいところといえば、間違いなく正しい練習をしなければ、間違ったフォームが身についてしまい、パフォーマンスが落ちてしまうこと。
練習量をある程度、確保することももちろん大切なことではあるけれど、練習内容の質が悪ければ、思ったように上達することはありません。

悪い癖が身についてしまうと、その癖を直すためにさらに練習が必要になり、練習の効率がドンドン悪くなる一方です。
さらに悪いことに、間違ったフォームのまま投げ方が安定してしまうと、そのうち肩や背中にダメージが蓄積してしまい、思わぬ怪我に結び付く危険があります。


ピッチングを効率よくスキルアップさせるには、とにかく正しい練習をさせることが重要。ピッチングに求められる基本スキルを丁寧に教えていく必要があります。
基本スキルをわかりやすく指導することができれば、現在の実力差とかピッチングセンスなどに左右されず、誰だってスムーズに能力を高めていくことができます。

選手の立場にたって、彼らの目線で指導することができればそれだけ、正しい投球フォームでボールをコントロールできます。腕の使い方も見違えるようにうまくなっていきます。
正しい体の動かしたでボールを投げるようにしていけば、もちろん、体の負担だってほとんどなくなりますので、何歳になっても野球を楽しく続けられるようにだってできますよ。




松沼兄弟の投球フォーム別パーフェクトバイブルでは、正しいアンダースローのフォームをてっとり早く身に着けられるようになっています。
アンダースローはオーバースローに比べて下半身のパワーを引き出しやすいので、同じように投げているつもりでも自然とボールが重くなります。

その代わり最初のうちは下半身が疲れやすかったり、筋肉痛になりやすいので、その点は気を付けておいてくださいね。
見た目ではそれほど下半身の動作に変化はないように見えますが、実際には体幹から生まれるパワーをしっかり引き出せるようになります。

あなたも、松沼兄弟の投球フォーム別パーフェクトバイブルに沿ってアンダースローのフォームを正しい方向へと調整していけば、下のような結果を手に入れることが出来ますよ。


■まっすぐ重い球を投げられるようになる

■メンタルで負けることがなくなる

■何をどう改善すればよいか把握できる

■たいていの打者なら打ち取る自信が持てる


行き当たりばったりの練習で、貴重な練習時間を無駄にするだけじゃなくて、肩に思わぬダメージを負わせてしまう前に、
打者の予想を裏切る配球をマスターして、ライバルをごぼう抜きにしてレギュラーを獲得させてあげませんか?

ピントのずれた指導の仕方はさっさと終わりにして、ピンチになっても頼れるピッチャーとして活躍できるように導いてあげるにはこちら




http://www.mackinacbands.com/
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット

ブログランキング

PVランキング