【 更新情報 】

スポンサード リンク

まとめ髪の作り方

まとめ髪のやり方って難しいってイメージがどうしてもあるみたいです。
でもまとめ髪は作り方のコツさえわかってしまえばロングでもショートでもミディアムでも
長さに関係なくつくれてしまいます。

まずは
髪の毛を後ろで束にしてもちあげます。
その髪の毛をねじり上げ、できたくぼみに
髪の毛の先っぽをいれて
スティックを差し込めば完成です。こうすればまとめ髪も簡単ですよね?

もしくはねじ上げた髪の毛をバレッタで止めて
毛先を広げます。

和装(浴衣など)の時にする、まとめ髪なら
前髪を残して残りの髪の毛を後ろ側に集め毛束を三つにします。

その三つに分けた髪の毛の左右の束のどちらかを
後ろに持ってきてから上へ向かってピンを差込、次に
逆も同じようにしてピンを下から上にむかって差込ます。
最後に真ん中の髪の毛を持ち上げてピンを差込
上に向いた髪の毛を散らせば出来上がりです

ヘアアレンジに挑戦する前に

まとめ髪に挑戦してみましょう。
画像や動画をみれば結構簡単に作れるのですが
なかなか文章だと伝わりにくいのも確か。

まずは髪の毛のとかし方から注意しておかないと
髪の毛が枝毛になったりして大変です。

乱暴に髪の毛をとかしてしまうと髪の毛に
ダメージを与えてしまいます。
とくにロングの場合に根元から毛先まで一気にとかすと
もつれが毛先にあつまっちゃいます。

無理にとかしたら髪の毛のキューティクルも剥がれ
それが切れ毛の原因に。

髪の毛のキューティクルがなくなると
まとめ髪をしても綺麗じゃなくなるので注意してください。

とかす場合は毛先からゆっくりと丁寧にとかし
次に真ん中を、そして最後は根元をブラッシングしてください。

注意としては
髪の毛がぬれているときにブラッシングするとすごく
髪の毛が痛んでしまいますのでその場合は荒いブラシでとくように。

綺麗なまとめ髪をしたければブラッシングから注意して
美しい髪の毛になるようにしてくださいね。

簡単にまとめ髪

パーティーや結婚式などに出席するときに
簡単にまとめ髪が作れたらいいのにって思ったことありませんか?
私もずっと苦手でおだんごくらいなら作れたのですが
ドレスや浴衣(和装)のときなど簡単にまとめ髪ができたらいいのにって
すごく苦労していました。

でもちょっとコツを覚えてしまえば以外と簡単だったんですよね。
実は私の友達がすごく簡単にまとめ髪を作っちゃうんです。
女性にとってヘアスタイルって重要です。
化粧がばっちりできたってヘアスタイルがきちんとしていないと
いまいち決まりませんよね。

子供がいるお母さんもお子さんの髪をまとめたいときもあります。
七五三とか入園式、お正月、結婚式など子供の髪の毛をアレンジする機会って
結構あるんですよ。
娘にもやっぱりかわいくしてもらわないと。
親子で同じまとめ髪にしてもいいかもしれません。
そういう場合にも簡単なまとめ髪を紹介したいと思います。