菅原峰子&千葉理恵子 〜ひびけ、うた声!〜

June 26 [Sun], 2016, 6:33
菅原峰子&千葉理恵子 〜ひびけ、うた声!〜
6月26日(日) 14:30〜 
三星本店「ハスカップホール」

 ▶苫小牧を拠点に活動するピアニスト・千葉理恵子さんの第4回「音の花束」シリーズとして開催。千葉さんは道教育大特設音楽課程卒。ピアニストとしてNHK交響楽団、札幌交響楽団などの各メンバーやプロソリストたちと室内楽など多数共演。▶菅原峰子さんは室蘭出身のソプラノ歌手。上野学園大声楽学科卒。東京や道内各地でリサイタルを開き、札響などとも共演。当日のプログラムはロッシーニの「約束」やヘンデルのオペラ・リナルドより「泣かせたまえ」などを予定。

★入場料:一般1,500円、学生500円
★チケット取扱:市民会館、文化会館、アイビープラザ、ヤマハミュージック

■三星ホール:苫小牧市糸井141 三星本店2階。(☎0144-74-5221)

SATURDAY NIGHT FEVER

June 18 [Sat], 2016, 11:31
SATURDAY NIGHT FEVER
6月18日(土)18:00
HOTEL WING苫小牧
 
 70年代を代表する米国映画で日本も席巻。今も人気高いSATURDAY NIGHT FEVERがチャリティーDISCOイベントとして開催される。主催は苫小牧DISCO愛好会。以前、FRIDAY NIGHT FEVERとして開いたのを土曜日開催で復活させる。DJsはTONY(釈迦曼荼羅)、YUJI-SOGA(釈迦曼荼羅)、KENPE(苫小牧DISCO愛好会)が務める。

★入場料:前売2,500円(当日3,500円)
★チケット販売:HOTEL WING苫小牧 0144-33-0333

■HOTEL WING苫小牧:苫小牧市表町5-7-1 0144-33-0333

傾聴市民公開講演会

June 05 [Sun], 2016, 7:30
傾聴市民公開講演会
6月5日(日)13:00〜
苫小牧市民会館206号室

主催は苫小牧傾聴ボランティア・アガペーの会。
演題は「家族の『心』に近づくために〜傾聴を通して〜」。
講師はNPO法人・北海道総合福祉研究センターの五十嵐教行理事長。

★参加料:無料

■苫小牧市民会館:苫小牧市旭町3丁目2番2号 Tel.0144-33-7191

茶の湯文化にふれる 第1回市民講座と市民茶会

June 05 [Sun], 2016, 6:28
茶の湯文化にふれる 第1回市民講座と市民茶会
6月5日(日) 11:00 
グランドホテルニュー王子

 ▶表千家同門会道南支部の主催。市民講座の演題は「世界文化遺産『和食と懐石』」。講師は国立民族学博物館名誉教授で表千家常任顧問の熊倉功夫氏。熊倉氏は東京教育大文学部史学科卒。日本文化史専攻で文学博士。京大人文科学研究所講師や筑波大教授、国立民族学博物館教授を経て現職。茶道史や日本の料理史など幅広く研究。▶当日は11:00より受付。12:30迄市民茶会(呈茶)が開かれ、13:00から市民講座の開催となる。

★入場券・500円(呈茶付)・学生無料

苫小牧市民文芸第58号の作品募集中

May 29 [Sun], 2016, 7:39
苫小牧市民文芸第58号の作品募集中
締切は6月30日(木)

 ▶苫小牧市民文化祭の一環として発行の苫小牧市民文芸の作品を募集中。長文型と短詩型に分けた各市民文芸賞と奨励賞への応募も可能。市民文芸賞は、応募作品として投稿した作品が選考対象。選考を希望しない人は一般作品としての投稿受付となる。応募資格は苫小牧市内に在住しているか、通勤、通学している方、または市内の関係サークルに所属し、実際に苫小牧を拠点に活動している方。自作の未発表作品で、一般投稿は同人誌発表作品は可能だが、文芸賞応募作品は不可。異なる区分で一人2作品まで応募できる。投稿料が必要。区分分けは長文型が@創作A劇作B評論C童話DノンフィクションE随筆F紀行文、の7区分。短詩型は@詩A短歌B俳句C川柳、の4区分。詳細は市生涯学習課迄。

■詳細:苫小牧市民文化祭実行委事務局(市教育委員会生涯学習課内) ☎32-6752

MDPサミット2016 in Tomakomai

May 29 [Sun], 2016, 6:05
MDPサミット2016 in Tomakomai
5月29日(日)15:00 
苫小牧市民会館大ホール

 「〜駒大苫小牧×旭川永嶺×札幌国際情報吹奏楽ジョイントコンサート〜」として開催。

駒大苫小牧高校吹奏楽局
旭川永嶺高校吹奏楽局
札幌国際情報高校吹奏楽部


の三校による、マーチングとダンプレ(Dance&Playing)のジョイントステージ。たっぷりと吹奏楽とマーチング、ダンプレを楽しめる。タイトルのMDPはマーチングのMとダンプレのDP。

道内ではマーチングの駒大苫小牧、ダンプレの新星旭川永嶺(旭川凌雲など今年4月に合併高に)、元祖ダンプレの札幌国際情報が知られた存在。


★入場料:前売1,000円(当日1,300円)全席自由(乳幼児でも座席が必要の場合は入場券が必要)
★チケット取扱い:名鉄観光苫小牧支店、さいとう楽器、チケットぴあ(セブンイレブン、サンクス端末など)

■苫小牧市民会館:苫小牧市旭町3-2-2(☎0144-33-7191)

ストーリーテリング 大人のおはなし会

May 25 [Wed], 2016, 6:29
ストーリーテリング 大人のおはなし会
5月25日(水)10:30
苫小牧市中央図書館 2階講堂

 ▶主催は「おはなしオルゴール」。語りかけるような朗読の世界を、子供たちの心に届ける活動をしているが、今回は大人向けのおはなし会として開催する。▶当日のプログラムは世界各地の昔話から「明かりをくれ!」(スペインの昔話)、「まぬけなトッケビ」(韓国の昔話)、「だんまりくらべ」(日本の昔話)、「金の髪」(コルシカの昔話)などを予定している。

★入場無料

■中央図書館 苫小牧市末広町3-1-15 ☎(0144)35-0511

高文連 春の演劇フェスティバル

May 23 [Mon], 2016, 6:23
高文連 春の演劇フェスティバル
5月23日(月)・24日(火) 
苫小牧市文化会館

 高文連苫小牧地区の春の演劇フェスティバル。各高校演劇部が出演する。今回の担当校は苫小牧総合経済高校。ステージに広がる高校生の熱演が見どころ。

■苫小牧市文化会館:苫小牧市旭町2-8-19(☎0144-36-7823)

賢治ウォーク2016

May 22 [Sun], 2016, 5:17
賢治ウォーク2016
5月22日(日)9:30〜14:30頃
JR苫小牧駅南口〜山線機関車見学〜ふるさと海岸他

 宮澤賢治が1924年(大正13年)5月21日に苫小牧を訪れた時に、歩いたと思われる足跡を辿るウォークイベント。2004年から毎年開催している。主催はNPO法人ゆうべあまちづくりネットワーク。

 賢治は花巻農学校の教師時代に、修学旅行生を引率して苫小牧にやって来た。その日が5月21日。夜に到着し、1泊2日の日程で、翌日は王子製紙苫小牧工場を見学し、次の訪問地、白老町へ向かった。この時、賢治は苫小牧の前浜で「海鳴り」と「牛」の詩を詠んでいる。その時の原稿が花巻の宮澤賢治記念館が保存している。

 賢治ウォークでは、苫小牧での足取りを推理しながら、JR苫小牧駅から前浜のふるさと海岸などを中心に、漁港区やぷらっとみなと市場などを含めた独自の周遊コース約5.5qを歩く。午後から駅通りに戻り、賢治アート展開催中のファッションメールプラザ・ギャラリーで詩人・斉藤征義、版画家・こだまみわこ両氏のトークイベントに参加し解散となる。

★参加費300円
★小雨決行

■宮澤賢治の世界をアートする・アーカイブ展
2016年5月1日(日)〜17日(火)
ファッションメールプラザ・ギャラリー
 苫小牧市表町3-2-13 王子不動産第2ビル(駅通り・1階)
<出品者>
加藤 広貴 「猫の事務所」獅子と短剣 「金色」
栗井 典子 「雲の信号」より 「原体剣舞連」より
こだまみわこ 「タネリはたしかにいちにち噛んでゐたやうだった」
佐藤 公毅 「牛」 「注文の多い料理店」
菅原美穂子 「岸を離れる日」
中田たかし 「銀河鉄道の夜」 「注文の多い料理店」
仲田 美紀 「雪原を渡って」 「朝の出発」
ヒ ロ 「めくらぶどうと虹」 「星めぐりの歌」
三浦恵美子 「宮沢賢治ニアウ」 「霜光のかげらう走る月の沢」
室谷 孝枝 「宮澤賢治の高砂町サイロ」
山口 一子 「よだかの星」
やまだ乃理子 「雨ニモ負ケズ」 「風の又三郎」

■宮澤賢治の世界をアートする2016
2016年5月20日(金)〜6月26日(日)
ファッションメールプラザ・ギャラリー(駅通り・1階)
 苫小牧市表町3-2-13 王子不動産第2ビル(駅通り・1階)
<出品者>
柿崎 勝彦 「銀河鉄道」
加藤 広貴 「キラキラ」
菊地 章子 「野花」
栗井 典子 「春と修羅」第1集『休息』より
こだまみわこ 詩ノートより[今日は1日あかるくにぎやかな雪降りです]
佐藤 公毅 「賢治考」
中田たかし 「よだかの星」
仲田 美紀 「空を見る人」
ヒロ 「ガドルフの百合」
三浦恵美子 「フランドン農学校のブタ」
室谷 孝枝 「山線鉄橋から銀河へ」
山口 一子 「ねこの事務所」
やまだ乃理子 「水仙月の四日」

宮澤賢治生誕120周年記念展示会

May 21 [Sat], 2016, 8:43
宮澤賢治生誕120周年記念展示会
開催中〜5月26日(木)迄 
苫小牧市中央図書館2階

 宮澤賢治生誕120周年を記念した特別展示会。図書館所蔵の賢治に関する図書、資料を40点ほどを2台のガラスケースで展示中。絵本や詩集、雑誌、また銀河鉄道のモデルになったとも言われる軽便鉄道(山線)の写真や資料も展示。修学旅行復命書の苫小牧部分も紹介。

★入場無料
■中央図書館 苫小牧市末広町3-1-15 ☎(0144)35-0511

2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:苫小牧文化応援 mati-x
読者になる
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ