ペガサスの章

January 05 [Sun], 2014, 21:56
空翔る天馬 ペガサスの章

この章では、ペガサスについて解説していく。
ペガサスは有名な翼を持った馬である。
白馬と言われているが、それはボクも見たことがあるから事実だ。
ボクがペガサスと会ったのは…それはまた、後にしよう。

ペガサスはポセイドンとメデューサ(今後解説する。)の間に生まれた生き物で、クリュサオル(今後解説する。)という双子の兄弟がいる。

悲しいことに、ペガサスやクリュサオルが生まれたとき、メデューサはペルセウスに首を落とされたあとだった。
その後、ペガサスはベレロポーンという人物と強力してキマイラ(今後解説する。)を倒し、ソリュモイ人、女性だけの戦士アマゾンを倒した。

だがベレロポーンは調子に乗って、ペガサスにまたがり天にのぼろうとしたため、ゼウスという神がアブを放ちペガサスを刺させてしまったのだ。
ペガサスは驚き、ベレロポーンを振り落とした。
彼はそのまま足が不自由となり、そして盲目となり荒野をさまよった。

そしてペガサスは自由の身になったのだ。

ボクはそんなペガサスに会うのを試みたが、会うのにはかなり根気がいったな。
毎日森という森の泉をまわった。そしてついに会うことができた。
ペガサスはボクにこう語る。
アブに刺された怪我がまだ痛む…いや、人間は何か偉業を成し遂げると、自分が一人で全て行ったと勘違いし、うぬぼれ、まわりに感謝をしなくなる。
そして、うぬぼれが原因で破滅するのだ。と。

まさにベレロポーンがその例である。
ま、ボクは天才だからうぬぼれても大丈夫だがね。
…コホン。話がそれた。

とにかく、君たち魔法使いを志す者は、うぬぼれは最低限にするように。
以上。次の章に続く。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マティアス
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
魔法学校の教授であり天才…のはず。
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mateliasu/index1_0.rdf