もの云わぬ花 

November 25 [Sun], 2007, 23:39


ものいわぬ花・・・

それはただただ揺れ続けている

大きな雫がたくさん降ってきても

ただただ 絶え続けている

何度も何度も つぼみを開くけど

またすぐに閉じてしまう・・・・・

赤 青 黄 紫 ・・・・ 赤

鮮やかに色を変えるが 必ず赤に戻ってしまう

いつも いつも つぼみを閉じて
              真っ蒼な空を見上げている

その眩しさに勇気がわいてくる 

花 開く今・・・    大きな陰が迫ってくる・・・

ものいわぬ花は 一度も開く事なく

一枚・・・ また一枚と  散ってゆく・・・

 青 紫 ・・・ 赤に戻る事なく

悲しみ 後悔 虚しさ ・・・・

どんどん黒ずんでゆく 

花一つないソレは どんどん枯れゆくだけ・・・

ごめんね・・・

ごめんねワタシ

呟く頃には 跡形もなく消え去っていた.........

キチガイ 

November 25 [Sun], 2007, 23:38


アナタが大好きだから

愛シているカラ 失いたくナイ

ダレにも渡すつもりなンかナイ

だから・・・・

私はアナタを私だけのモノにするノ

アナタのその美しい髪を 毟りちぎって

私の髪に結びつけるの・・・

そうしたらいつでもアナタの髪に触れていラレる

アナタのその腕をひねりとって

私の真赤ナ寝室に置いておくの

私が眠れないトキに手を繋げるように

アナタのその白イ足を溶かしてしまって

真っ白ナミルクに混ぜて 飲んでシまうノ

そうしたら きっと私もアナタのように 

真っ白ニなれるような気がスルから・・・

アナタのその輝いた瞳を スプーンで 
                      エグリ抜いて

ガラスの箱ニ入れて 飾ッテおくノ

そうしたら いつマデも見ツメ合えルから

アナタは泣いて怯エルだろう 
                 逃げ出そうとスルだろう

でも・・・

私はソレにすら興奮してしまう

軽蔑すレばイイ・・・

だケど 逃がさない

アナタを私はいつまでも

アイシテルカラ・・・・


魔の取引 

November 25 [Sun], 2007, 23:37


さあ,その美しい瞳で私を見つめなさい

真赤な瞳を 
     ビンに詰めて 私に差し出しなさい

瞳のない顔で 真赤な涙を流しなさい


スカイブルーの瞳を 
     串刺しにして 私へ捧げなさい

瞳のない顔で あの海を見つめなさい


真っ黒な瞳を 
     指輪にして 私の指に嵌めなさい 

瞳のない顔で 真っ黒な闇に消え去りなさい


あなたが願いを求めるのなら 
             取り引きしましょう

でも,もし瞳を返して欲しいと願う日がくるならば

迷わずに返してあげましょう


あなたのその 心臓と引き換えに・・・・

紙ひこうき 

November 25 [Sun], 2007, 23:34
  

真っ白な紙ひこうき

力いっぱい飛ばしてみた

どこまで飛べるかな

どこまでも遠く どこまでも高く

ゆっくりと飛んでいく


キミにしか見れない夢

これはキミだけの旅

いろんな物をみておいで

落下しても

また飛ばしてあげる

まだまだ続くキミの物語


じぶん 

November 25 [Sun], 2007, 23:32


こんな風に生きていきたいと想える生き様を

自分はしているだろうか


鏡にうつった自分自身に

つばを吐かずにすんでいるだろうか


こんな風にありたいと想った生き様に

近づいているだろうか


自分の足で立ち上がることは酷く難しく

例えば時折崩れそうになるけれど


自分自身を見つめ返す


そんな視線を持っているだろうか

ボクの僕ノツクリカタ 

November 11 [Sun], 2007, 10:02

君が不器用な人だってコト
わかっていた・・・ 僕が一番理解してははずなのに・・・

人からみれば小さなコト
どうでもいいコト

でも僕にしてみれば大きなコト
どうにもできないコト

僕が君から距離を置いたトキ
君はきっと僕を追いかけないこともわっていた

でも我慢ができなかった

耐えきれなかった

君が僕以外の人と楽しそうに話すのが

だから僕は 少しの希望を胸に抱き
君から少離れて見た

だけどやっぱり僕の後ろには 君はいない

こんな悲しいコトはない

でもこれでいいと自分に云いきかせる
そうすれば自分でいられる。

そうやって僕はいつも僕を潰し
また自分を組み立てて僕を作っていく。

たとえその組み立て方が間違っていたとしても・・・
僕は気付くことはない



ネコ 

November 11 [Sun], 2007, 9:46

主はこう云う・・・

おまえはいいと

呑気で気軽な俺がいいと

よく云うよ・・・

大きな箱に閉じ込められて

そこでは寝る事しかできない

でもお前には感謝している

飯はくれるし かまってもくれる たまにウザいけどな・・・

そんなお前が俺は好きだ

でもな俺も楽じゃねぇんだよ?

毎日飯食って 寝て たまにお前をかまってやって 

することはいつも同じだ・・・

つまんなくて 生きているのか不安になる

外にもでてみたいし いろんなものも見て見たい

俺が脱走するならば お前は涙を流して悲しむだろう

だから俺はお前のためにココにいてやってるんだ

お前を癒してやれるのは俺だけだ だから変わってなんかやらない。





 

November 11 [Sun], 2007, 9:18

おまえはいいなあ・・・

寝て 起きて 飯食って また寝る

毎日それの繰り返し

働かなくとも飯は食えるし 寝床も与えられている

いつもツンツンしてて 気まぐれに甘えて見せて

俺の機嫌さえ取っていれば オヤツだっていくらでももらえる

そんな呑気で気軽なお前が羨ましい

猫になりたい

激痛 

November 11 [Sun], 2007, 9:18
たまにだけれど この心 流れる 血が

見えたらいいと 願い続ける


吹き上がった瞬間、 あまりの熱さに

すべてが終わるほど

貴方への怒りも 私の中の絶叫も

そこで終わるほど 見えればいいのに




体よりも 痛みやすいのに

ひとの心が見えないのは

何故ですか


体よりも 痛みやすいのに

ひとの心が見えないのは

それを 乗り越えられるからですか



この血潮が 見えるなら

いま 見えるなら 教えてあげる

痛みも 傷つけられることも 流した涙も 怨みも

這い上がることに 比べるなら

ささいだ。

うぬぼれんな 

November 11 [Sun], 2007, 9:12
うぬぼれるな

いいたいことがあるなら 言えって

あんたに 言いたいことなんか ひとつもない


掠めもしない 他人の人生

ただわかった気になって 

口出ししてたね 

それでアンタは 何が言いたかったの


自分通りに 人 動かしたかったの



うぬぼれるな

どれだけあんたが 他人に依存して

どれだけあんたが 他人をおとしめて

どれだけあんたが 他人をいためつけて



それでまだ 好かれたいって 笑わせる



うぬぼれんな てめぇの人生、ひとりだろうが

てめぇがてめぇに依存しながら

ヒトが聞いてくれないって

そんな人間か

うぬぼれてんじゃねぇ

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:matatabicats
読者になる
2007年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» もの云わぬ花 (2008年10月18日)
アイコン画像真那斗
» もの云わぬ花 (2008年10月18日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» もの云わぬ花 (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» もの云わぬ花 (2008年10月06日)
アイコン画像RAOSU
» もの云わぬ花 (2008年10月02日)
アイコン画像チャーリー
» もの云わぬ花 (2008年10月02日)
アイコン画像ゆりり
» もの云わぬ花 (2008年09月24日)
アイコン画像南雲
» もの云わぬ花 (2008年09月22日)
アイコン画像ぽこたん
» もの云わぬ花 (2008年03月11日)
アイコン画像774
» もの云わぬ花 (2008年02月05日)
Yapme!一覧
読者になる