アレンとドラン1巻発売!

March 14 [Tue], 2017, 10:00
昨日発売です!
遅くなって面目無い!

とりあえず恒例のTwitterカウントダウン絵など。




1枚目を描いてこっち、「Dirty Work」がずっと頭を巡っています。
困っています。

読んだことない方にざっくり説明しますと、
サブカル好きで自尊心低い系女子の林田(リンダ)さんが、
現世のサブカルの生きづらさに泣きながら
幸せをつかみ取るんだかつかみ取れないんだか
って話です。
習いに行ってる靴工房の先生には
「モラトリアムがわちゃわちゃする話」
って言ってます。
好きなんです。「わちゃわちゃ」。

描いてると己の黒歴史が呼び起こされて
イーーーーーーーー!ってなりますが、
そんなモゾモゾ感を楽しんでいただければ!
担当さんにめっちゃ褒められたおまけ漫画も付いてます。
あらまあ奥さんお買い得!


リンダさんの成長をゼヒ見守ってあげてください!


恒例の犬に宣伝協力してもらうシリーズ。

ふわむふー。

愛しくなって寄りで撮っちゃうバカ。

パリ3日目AM

March 04 [Sat], 2017, 19:16
この日も朝から出かけてパン買いに。
7時くらいから空いてるカフェとかブーランジュリーがあって嬉しい〜。
日本のパン屋さんももっと朝から開けてくれればいいのにと思ったけど、
コンビニがあるからあんま需要ないか。
開いてる最寄りのパン屋さんに入ってクロワッサン買って
部屋でお店の袋見直したら、店名がエリック・カイザー…?
日本でもおなじみメゾン・カイザーの本家でした。ラッキー!
前日にスーパーで買った500円くらいの白ワイン少々と
前日のランチの残りのシュリンプとアボカドのサラダと
前日のワインバーでテイクアウェイしてきたリエットとテリーヌと
エリック・カイザーのパンが朝ごはん。

うっま!さいこう!
食べながら何回「うま!」って言ったことか。

そしてこの日の観光はヴェルサイユ。
宮殿に行く前にノートルダム広場のマルシェへ。


「ヴェルサイユ」って地名なんですねー。ヴェルサイユ市。
つまりヴェルサイユにお住いの方々がいるわけで…
「文句があったらヴェルサイユへいらっしゃい!」
って堂々と言える選ばれし民が…。
(実際高級住宅地らしい)


あんまり好きでないのにどうしてチーズって
こうトキメく見た目をしてるんでしょう。

果物の発色もきれいー。ときめくー。

フランス人と日本人のご夫妻のテントで
伝統的手法で作られるゲランドの塩を売ってて、
ハーブ塩とか塩キャラメルとかはちみつとか買い漁りました。
そこの作りたてバタークレープもめっちゃうまい!

おみやげにピッタリ!

そして数日後のTGVの車中のおやつに
みんなでチーズとかサラミとかでっかい箱入りいちごとか買い込んで


行く行くベルサイユ!


めっちゃ並んでる!(そりゃそう)

暇すぎて狩りをするなど。

結局小一時間並びました。
行かれる方は先にチケットを入手しておくことをお勧めします。

そうしてようやく入殿!(でいいのかしら)

この像がお出迎え。誰かはわかんない。


王室の礼拝堂。金ぴか。


時間が押してたので謂れとか確認する暇なく進む進む。
誰か教えて。


ガラスが気泡入りですよ。手吹き円筒法ですよ(地味な萌えポイント)。


クライマックスの鏡の間。金ぴかぴか。

とにかく広いわ豪華だわ!
これが、一家族のお宅とは!

結果、ため息まじりに漏れた感想。

「そりゃ革命起こるわー…」

つづく

パリ2日目PM

February 26 [Sun], 2017, 23:00
こんな細かく書いて面白いのかな?と思いつつ
己の備忘録として。

一旦ホテル戻ってデパートで買ったサンドイッチ食べて
次の観光、マレ地区へ。


趣のある石畳の路地を抜けると

歴史的建物に(たくさんありすぎてどれが何やら)

歴史的壁。
フィリップ・オーギュストの城壁だそうな。
リセの校舎の一部になってるので高校生たちがふつうに前でボールで遊んでた。

パリはとにかく古い建物が残ってる!
立ち並ぶオスマン様式のクラシックな外観の建物も、
内装をリフォームしてあるアパルトマンだそうで、
この街は己の価値を解っているとつくづく。
地震のせいで耐久年数も短いのでしょうが、
スクラップアンドビルドを繰り返す日本の都市は
ホントにもったいないと思うよ…。
原宿駅保存しようよ…。

ヴォージュ広場はパリ最古の広場で、端正に整備された公園。

周りを取り囲む回廊にはギャラリーやオフィスが軒を連ねていて、
散策しているとイッセイミヤケのオフィスが!
三宅パイセン!

マレ地区は小さなギャラリーや路面店がたくさん並んでて
掘り返し甲斐がありそうな街でした。

その後希望者はオペラ・バスティーユでオペラ鑑賞、
飲んだくれチーム2人はバロンルージュという老舗のワインバーに。


もう一人の飲んだくれ先生が
知り合いの編集さんに勧めてもらったお店だそうで、
グラスワインが1.5ユーロ〜。
やっす!


リエットとテリーヌとサラミ2種類で18ユーロ(たぶん)。
うっま!

みるみる地元の人で埋まっていく中、
どうオーダーしていいか分からずまごまごする我々を
急かさず放ったらかしてくれるし、
オーダーしに行ったら邪険にせずに聞いてくれるし、
それでも通じなければお客さんが助けてくれるし、

居心地いい!
このお店近所に欲しい!

今度はもっとフランス語勉強して行きます。
ごちそうさまでした!

※お値段に関しては変わる可能性もあるので責任持てません

つづく

パリ2日目AM

February 26 [Sun], 2017, 6:12
前述の通り、総勢7人。
ツイン3部屋シングル1部屋で部屋割りが、
「しっかり者チーム」「飲んだくれチーム」「破天荒チーム」「優雅一人部屋」
という形にきれいに分かれて、
おかげで大変ストレスの少ないホテル滞在となりました。
て言うか、ウッカリしっかり者さんと同室だと
私がストレス要因になりかねないので…!

そんなわけで飲んだくれチーム(あたりまえに)で朝っぱらからホテルの近隣を散策。
カフェの朝ごはん、クロワッサンおいしい!オムレットふつう!

モンパルナスはいいカンジのカフェだらけでした。



観光はまずオペラ座ガルニエ宮へ。


オペラ座の怪人の舞台ですよ!

豪華絢爛、どこもかしこも大理石。

あまりの壮大さに怪人の2、3人ふつうにこっそり棲めそうな。


眺めていてふと漏らした漫画家たち共通の感想。
「描けと言われたら死ぬ」


天井画がシャガール!わかりやすい!
好きだけど、取り付け当時賛否両論だったのもわかる。
愛らしくて軽やかで華やかで重厚さ皆無。

そんな中、あまりの広さにチームの1人が迷子になるハプニング発生!
他全員は外で待機していたチナツさんと合流できたものの、
その迷子先生(破天荒チーム)は出口がわからず中に取り残される事態に。
そこでチナツさんが迷子先生に電話して、
近くにいる職員の人と代わるように言ったところ、
迷子先生が携帯をスタッフさんに差し出して言ったのが

「トーク シルブプレ」

この人はどこでも生きていける…と思いました。

その後ギャラリーラファイエット(デパート)でお買い物。


吹き抜けのステンドグラスの天井クーポール。ぽかーん。

懇切丁寧に免税処理の説明をしてくれるチナツさんを尻目に
服飾ブランドのソルドにほぼほぼ興味を示さない女7人。
そういや今回、正しい少女漫画畑の人が皆無だった…!
 ※正しい少女漫画畑の認識は若干偏ってるかも知れません。
いやいやマルニ見たかったよ!
かっこいいマダムな店員さんしかいなくて尻込みしただけで!
モンクレールのダウンも欲しかったけど、
試着とか込み込み30分で10万の買い物を決断する自信がなかった…!

そんなわけでとりあえずグルメ館でおみやげ買いました。
ここまででまだ昼過ぎ。

つづく

フランスに行ってきました

February 25 [Sat], 2017, 12:37
丸1ヶ月前に。
とろい!
忘れないようにブログを書こうと思っていたのに
もうだいぶ忘れてしまいました。
これ以上忘れないように遅まきながら記しておこうと思います。

そもそもの発端は、年1開催されるアングレーム国際漫画祭で、
アングレームにあるヒューマンアカデミーさんの日本マンガ専門学校が
漫画作画の公開実演をやるってことで招待された漫画家さんがいて、
ご縁があってそれについて行かせてもらったっていう。
こう書くとただの冷やかしみたいですが、
いちおう私も漫画家としてその実演スペースに原画を展示して頂いたりして、
漫画祭にゆるーく参加させてもらってきたのです。


シャルル・ド・ゴール空港のチューブのエスカレーター。レトロフューチャー!

ゆるめ参加チームは総勢7名、全員漫画家、
ついでのパリ観光4日間。
フランス語喋れる人皆無!ってことで、
藤田里奈さんのエッセイコミック
「フランスはとにっき」
に登場するチナツさんにガイドをお願いしました。
ガイドさんの存在のありがたみたるや…!
ついでに大昔、友達とイスタンブールに行った時も
高橋由佳利さんのエッセイコミック
「トルコで私も考えた」
をガイド本代わりに携帯したことを思い出す。
高橋先生のパートナーさんのご実家でキリム買ったよ…!
どちらも面白いのでご旅行のお供にゼヒゼヒ!(他人の宣伝)


モンパルナスのホテルの窓から。モンパルナスってだけでときめく…。

そんなこんなできちんと行程の詰まった
大層充実した旅になりました。
行き当たりばったりで生きてる私だけではこうはいくまいよ。


クレープリーサンマロで初日の夜ごはん。
辛めのシードルと
卵とサルシッチャとチーズのガレット。だったかな。
美味しかった!

つづく
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:麻生みこと
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:9月23日
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
職業:ヘタレ漫画家

●コミックス
花とゆめコミックス
「オゾン」全1巻
「ことのは」全1巻
「GO!ヒロミGO!」全8巻
白泉社文庫
「天然素材でいこう。」全5巻
花とゆめコミックススペシャル
「そこをなんとか」1〜12巻 以下続刊
アフタヌーンKC
「路地恋花」全4巻
「海月と私」全4巻
「小路花唄」1巻 以下続刊
●イラスト・挿絵
実業之日本社
「ありえない恋」小手鞠るい:著
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/mat_ryo_shka/index1_0.rdf
P R