骨で乱心 

2005年05月05日(木) 22時59分
朝の10時に図書館に行き、夕方の5時過ぎに家に帰りまして。
その間ずっと解剖学の勉強をしていました。
なのに全く終わる気配が無いのは何故。

軽く絶望して友人に乱心メールを送ったら、負けじと躁鬱状態のメールが帰ってきて正直嬉しかったです。心の友よー!(そういやまだ声の変わった後のドラえもんを見てないです)
ちょっと気を良くして自由上肢体まで終わらせました。

そういや骨学を勉強していると、突起だの関節だのをつい触りながらやってしまうのですが、傍目からみればちょっと挙動不審ですね。
今日も楽しげに肩鎖関節だの胸骨角と第二肋骨だの思いっきり触って確認しながらお勉強してました。挙動不審。まあよし!

骨、骨、骨ー!! 

2005年05月03日(火) 20時52分
試験もなにげに近いので、新宿の某ファミレスで勉強会です。
ずーっと解剖学をやってたのに、遅々として進まないと言うのはどういうことだ。
1日中やってまだ下肢の骨に手をつけてないとはどういうことだ。
組織学なぞ完璧にうっちゃられてます。

そしてテストはもうすぐ。

何だろうこのスリル感。

ハリウッド版「Shall we dance?」とか 

2005年05月01日(日) 22時34分
今日は映画サービスデーですよ!一律1000円つうことで、ギア様とオペラ座の怪人をハシゴしてきました。
ちなみにギア様は初見でオペラ座はなにげに3回目です。いえね、春休みの間に高校の時の友人にたくさん劇に連れて行ってもらったので、何だかミュージカル熱がぶあーっとなりまして。

で、ギア様(いちいちシャルウィー書くのめんどいので)ですが。
…間違いなく好みは分かれるでしょうね。特に奥さんの書き方とかは、本当に「アメリカナイズ!」な感じですが、これはこれで面白かったです。
最後に主人公がばっちり正装してバラ一輪持ちながら奥さんの仕事場にシャランラと登場!の所は、まあアリですよ。ギア様だし。わはは。

オペラ座はやはり映像が凄いですなあ。最初にシャンデリアが上がって劇場がぶあーと変貌する所、あれだけで1000円の価値があると思います。あと、ますかれーど♪の場面もいいっすねえ!

見渡す限り過去問の山 

2005年04月25日(月) 22時08分
過去問をコピー屋に取りに行ったら、総重量数キロはある紙の束を渡されました。
うん、まあ「1万5千円分のコピー」のあたりから薄々気が付いてはいたけど、何なんだこの紙の山は!しかもこれだけの量で1年分って何だー!!

来年はさらに増えそうな悪寒。お…おっかねー!

義経16話「試練の時」 

2005年04月24日(日) 22時42分
先週からずっと首を長ーくして待っていました、今日という「政子さま祭り」を!!
今週の素敵ポイント↓

・頼朝とお亀がいちゃついてる現場を目撃する政子の鬼の形相
・その時の草の握りしめ具合(草が妙な方向にひん曲がってましたよ!)
・それをうっかり見てしまったタッキー義経の気まずーい表情!
・義経に花をもらった時の泣き出しそうな政子…!!
・『お亀をどうした!?』 『…存じませぬ(冷たく吐き捨てつつ)』
・時政・政子の北条親子による黒幕コンビネーション
・最後の政子さまのニヤリ笑い

友人と一緒にきゃーきゃー盛り上がりながら見てました。いいなあ財前直見。いい役者さんだよ。
今まで私は源平ではどちらかというと平家よりだったのですが(癒し系・小松の兄上が好きなもので)、今では源氏方を熱烈に応援している新たな自分を発見ですよ!まあ源氏つうか北条一族ですが。北条いいよ北条!!

「阿修羅城の瞳」 

2005年04月23日(土) 21時06分
朝一で「阿修羅城の瞳」を見てきました。
結局劇団☆新感線の舞台のほうは行けなかったので、ウキウキと見てました。

色々な所のレビューなんか見てるとあまり評判がよくないですが(舞台が凄かっただけに)、細かいところは色々ツッコミ所があったものの(宮沢りえの合成はめ込み阿修羅王とか/笑)、私は好きです。つうかコヒさんが超いい味だしてたので、それだけで満足さ!
あと、名前がメルヘンちっくでいいですね。病葉出門(わくらばいずも)とか。邪空とか。

一緒に見ていた友人も言ってたのですが、よく考えるとあまりハッピーエンドじゃないのにやたらスカッとした終わり方でした。まあ、それぞれ自分のやりたいようにやって死んだんなら悔いは無いだろうさってなもんで。

その後しばらく「さかしま、さかしま」と言って遊んでました。何か使いたくなりますな。さかしまのケチャップ!!とか。

「ライトニング・イン・ア・ボトル」 

2005年04月20日(水) 23時20分
学校帰りに渋谷で「ライトニング・イン・ア・ボトル」見てきました。

ブルース生誕100年を記念してニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催されたコンサート"サルート・トゥ・ザ・ブルース”の様子を映した音楽ドキュメンタリーです。製作総指揮はマーティン・スコセッシてなもんで。

総じて女性陣が印象に残りました。アンジェリーク・キジョーのあの歌声といったら!!ボニー・レイットも貫禄たっぷり。
トリのB.B.キングが何ともいい表情で歌っていたので、それだけで涙が滲みましたとも!

もうすぐ公開終了のこの時期に見に来る人々は、やはりブルースなりこの映画なりに思い入れがあるのか、ノリの良いお客さんが多かったです。一曲終わるごとに拍手が沸き起こったりしてたので、こちらまでつられて拍手してしまいました。なかなか貴重な体験でした。

帰りに連れがCDを買ってたから、貸してもらおっと。

反日デモ 

2005年04月14日(木) 23時02分
いま中国でいちばんホットな話題・反日デモについてのなるほどなあ的メモ。

・アジテーターに付和雷同的に同調する群集の構図と言うのは中国の特質か
・歴史認識というのは多分に現在の鏡
・周辺国の力学的事情から、「ドイツに比べて日本は」という議論は成り立たない?
・不買運動に対する経済のグローバリゼーションの影響

まあ、個人的には「やでやでー」(川原泉的に)くらいにしか思っとらんのですが。

「モリー先生との火曜日」 

2005年04月12日(火) 22時36分
学校が始まり、ぎょええと叫びだしたくなるような目まぐるしさです。この休みの間に如何に頭が錆付いていたのかが実感できます。せつない。

目を回しながらも、ミッチ・アルボム著「モリー先生との火曜日」を読みまして。
いいお話でした。キーワードはやはり「愛」ですか。最後のほうで、ミッチが長年連絡の取れなかった弟に向かって『愛してるよ』と言う所にひどく感動しました。でもそれを見習って私が父や母に同じようなことを言ってもただの不審人物だよななどと考えてしまいました。せつない。
取りあえず、人の話はきちんと聞こうと思います。何て感想だ。

全身是筋肉痛 

2005年04月09日(土) 23時25分
昨日はものすごーく久々に運動したので、今日は目が覚めたときから予想通りにあちこちの筋肉が絶叫しています。
くしゃみをするたびに腹筋が断末魔の叫びを上げております。そして私は花粉症持ちです。100万回ならぬ、あと10回ほどくしゃみをしたら死ぬべさってなもんで。ぬおお・・・!

そうこうしつつも「アビエイター」を見てきました。ケイト・ブランシェット目当てです。もうキレイで優雅で素敵すぎ。
そういえばハワード・ヒューズって結構悲惨な状況で死んでいくんですよね。数年前「知ってるつもり」で見た覚えがあるような。んで、てっきり全く救いの無いドロドロのラストを想像していたら、そうでもありませんでした。よかったよかった。
プロフィール
名前:松吉(まつきち)
年齢:20代
傾向:むしろ変化球
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mat_kichi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる