自分らしさ2 

2012年12月09日(日) 21時01分
随分長い間、ブログを書けないで(書かないで)いた。
11月末、師走を前に気忙しくなり。
師走に入り、仕事も忙しくなり、気持ちの焦りも少し落ち着いた。

仕事が忙しくなって気持ちが落ち着くというの
変だと感じる人もいるかも知れないけど、経営者ってそんなものです。
仕事が暇だと、身体は楽だけど精神的にきつい。
逆に仕事が忙しいと、身体はきついけど、精神的には楽だ。
あれこれ考えなくてもいいから。仕事に没頭していれば済むから。

経営者って因果な商売だと、我ながら思う。


さて。
仕事が忙しくなって気持ちが落ち着いた、というのもあるけど。
ここのとこ、一頃の気持ちの落ち込みから、少し上向いている気がする。

開き直り、というのもあるかも知れないし。
自分なりに気づいた事もあったり。
同じ立場の人たちと、同じような悩みを話し合う機会もあったりで。
少し救われた面もある。
自分は一人で戦ってないなと感じる機会があった。


僕は、上手に立ち回ることができない。
おべっかを言って上役に取り入ったり、そういうのは苦手だ。
苦手というのか、無理だ。

たとえ 『そうした方がいい』 というシチュエーションに出会っても、無理だ。
第一、自然に振舞えない。不自然だし、相手も警戒するだけだと思う。
下心を見透かされて、逆にマイナスになるんじゃないだろうか。

昔、まだ中学、高校の頃だったと思うけど、仲良しの先輩に
『お前、もう少し可愛く振舞えないか』 と言われたことを、今でも覚えてる。
先輩が言いたかったことは、年下のくせに可愛げの無いヤツだ。ってこと。
可愛く振舞ったほうが得だぞ、と教えてくれたんだと思う。
けど、その時の僕にはどうすることもできなかった。
そして、それは46歳になった今でも、やはりどうすることもできないと。
そういうことなんだ。

自分は自分でしかない、って。
自分でしか生きられない、って、その事に最近、少し気づけた気がする。

上手に振舞って。
可愛げに振舞って、上役に気に入られて、持ち上げてもらえる。
そんな人間には、僕はどうしてもなれない。

人間には、異性にモテるヤツ、そうでないヤツがいる。それと一緒だと思う。
同じことをしても、叱られるヤツ、スルーしてもらえるヤツ。そういうのもある。

生まれ持っての徳だと、そういう言い方もできるだろう。

自分に備わってないものは、もう仕方ない。

自分は、自分らしく生きていくしかないんだろう。

そのために、失うものもあるだろうし、手に入らないものもあるんだろう。

それも全て、自分の徳、自分の人生と受け入れて、生きていくしかない。

そうやって生きていけばいいじゃんと。

少し開き直れている。
だから最近、少しだけ心が軽くなっている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 





一瞬で恐怖を消す技術 

2012年11月19日(月) 18時55分
ビジネス書を読む、というコーナーです。
今回はこれです。



一瞬で恐怖を消す技術

拒絶される恐怖を力に変える7つのステップ…
だそうです。

実はもう既に読み始めているんですが。
なかなか参考になる本ですね。

拒絶される恐怖。
これは人間にとって、一番の恐怖なんじゃないかなと思います。
僕も、人間恐怖症というほどではないですが
拒絶されるのが怖くて行動に移せない、ということも多々あります。

誰しも少なからずあるのかも知れない。
無い人は全く無いのかも知れない、拒絶されることに対する恐怖感。

僕は人見知り、という程では無いし
初対面の人でも、話しかけられさえすれば、いくらでも話せるんだけど。
自分から話かけたことは、46年の人生を振り返っても、一度も無いです。
断言できるくらい、本当に一度も無い。

それほどまでに、引っ込みじあん。
それほどまでに、消極的で、そして受動的。

そんな僕です。

だけど、会社の代表、経営者としての立場上、そうも言っていられない。

まったく、身の程に合わない道を、自ら選んでしまった。
全ては自分の責任だし、言い訳は通用しない。

頑張るしかない。
この本を読んで、何がしか手にすることができたらいいなと、そう思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

気忙しい・・・ 

2012年11月18日(日) 21時30分
11月も半分を切って、師走が迫ってきた。
特に何も予定があるわけではないけど、気忙しい。
気忙しいというのか、気忙しい気分になってきた、というのか。
毎年この頃になると、気持ちも落ち着かなくなる。

年の瀬ともなると、忘年会に始まって、○○納め、的な。
要するに 『一年の締めくくり』 的なイベントも増えるし。
計画が無いなら無いなりに
『無くていいのか』 とか、『やり残したことは無いのか』 とか、色々考える。

だから、気忙しい。
だから、なんだか落ち着かない。
気分も浮かないというか。妙にブルー。虚脱感に包まれている。

本当は、何もすることが無いのなら、何もしなくてもそれでいいじゃないか。
そう思えてしまえば楽になるんだけど。
それができないでいる。


ほんの数年前まではそれができたのに。
何もしないでいる自分を許せたし、軽く開き直ることもできた。

けど。
会社を背負う立場になり、ある程度の収入も得て、暮らしぶりも上向いた。
今は、それを失いたくないと、そういう危機感を抱くようになってしまった。
だから、何もしないでいることが、なんだか恐ろしく感じるし、焦るんだ。


金の無い頃は、もっと気楽だった。
失うものが無いというのは楽だったと、今になってそれを理解している。

人間は、金を手にすると、守りに入る。
一度上向いた暮らしを、下げるのは辛い。
かつての自分に出来ていたことだから、出来ないわけではないのに…
それでも、やっぱり、一度手にしたものを失うのは、怖い。


年末に向かって、することはたくさんある… そんな気がしている。
まずは頭の中を整理しなきゃ。ノートにでも書き出すか。
そして一つ一つクリアしていけば、安心できて、心も落ち着くんじゃないだろうか。

エヴァQが公開された。
破から3年、ずっと楽しみにしていたのに、このままじゃ観に行けない。

ほんと、なんだか楽しくない… 辛いな〜…


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

仕事を趣味に 

2012年11月11日(日) 19時24分
今日は日曜日。
お休みだったけど、別段することも無かったので
会社に仕事をしに行きました。

シンプルライフ。
あまりお金を使わずに。
お金を使うことに価値を見出さずに生きる。

お金を使わなくても、楽しめることはいくらでもあるし。
商業主義に流されるのは、いい加減バカバカしくなってきたし。
物欲まみれの【昭和の価値観】みたいなのは捨てて、身軽に生きようと。
この歳になって気付いたことです。

この歳になって、なのか。
この社会情勢になって、なのか。それは判らないけど。

遊びに出かけて、不必要にお金を使うとかせずに
会社に行って仕事でもしよう。今日はそんな気分でした。
おかげで、割と有意義な一日だった気がします。



仕事を趣味にすると
きっと人生は最高に楽しくなるんだと思います。

人は皆、一生の、多くの時間を仕事に費やしていますから。
その多くの時間が楽しめて。
尚且つ、それ以外のささやかな趣味も楽しめて。
それって最高だと。そう思います。

なかなか、そこまで悟れはしないけど。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 



自分らしさ 

2012年11月04日(日) 17時39分
 
一日だけ幸せでいたいならば、床屋に行け。
一週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。
一ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚しろ。
一年だけ幸せでいたいなら、家を買え。
一生幸せでいたいなら、正直でいることだ。


西洋のことわざで、こういうのがあります。

初めてこれを知ったとき。
確かに、クルマを買ってルンルンなのは最初の一週間だよな〜
とかって、妙に納得しました(笑)

本当に、真理だと思えることわざですが。

正直でいること。
これで一生幸せになれるのか。本当に?って思うんです。

なれる気はします。

正直に生きる。
自分に正直に生きる。
自分らしく生きる。

これは、本当に幸せを感じるための根本だなって、そう思えます。

けど、これが出来る人は限られている、とも思うんです。

床屋には誰でも行けるし、クルマだって誰でも買える。
家だってお金さえあれば建てられるし、結婚だって・・・頑張ればできるはず。

けど、【正直に生きる】 って。
これはかなり、難しい気がします。


そもそも、何がどう正直なのか。

自分に正直って、自分の中のどれなのか。

自分らしさって何なのか。


長い間、我慢したり、自分を殺したりして生きてきた僕の人生。

振り返ってみて
何が本当の【自分らしさ】なのか、それさえ判らなくなっています。


まず、【自分らしさを見つける】 ことから始めなきゃ。

自分らしさが見つからなきゃ、自分に正直に生きることなんか無理です。



正直でいる。

正直に生きる。


これほど難しいことは無いと思います。

それほどに
一生幸せでいるということは、誰にとっても難しいことなのかもしれませんが。





自分らしさ、早く見つけなきゃ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ