マスクをして寝るのはニキビが増えるので良くない!

July 20 [Wed], 2016, 13:49
乾燥肌の場合には確かに、マスクをして肌の水分が余計に蒸発しないようにするとニキビが悪化するのを防ぐことが出来そうです。

ただ、脂性肌の場合には、マスクをして寝るのはニキビには逆効果だと思ったほうが良いです。ニキビが急に大量に増える危険が高いです。



まず、マスクをするということは、口の周りで湿度がひどく高くなることを意味しています。ということは雑菌にとって繁殖しやすい環境になるわけです。

雑菌は過剰な皮脂などをエサにして繁殖してしまいますから、毛穴の中で雑菌が増殖しやすく、赤ニキビができる可能性があります。



それに、口から出る息にも様々な物質が含まれています。消化の過程で生まれた老廃物も息から吐き出され、そういった成分も雑菌にとっては格好のえさになります。

マスクの内側で老廃物がたまることでますます雑菌が繁殖しやすくなり、結果的に口の周りでニキビを増やすことになりかねません。



ニキビを治そうと思ったら、最低でも過剰な皮脂や汚れから肌を遠ざけるようにします。新陳代謝が正常に機能しやすい状況を作り出すんです。

マスクで仮にニキビが和らいだとしても、一時的な効果に過ぎないですから、新陳代謝を改善するためのケアが絶対に必要になります。



ニキビを早く治す方法 ニキビ跡になる前に!

July 20 [Wed], 2016, 13:36
ニキビが出来たら1日でも早く消して治したいと思うものですが、慌て潰したりするのは禁物。手でいくら触ってもニキビは治るどころか悪化するだけです。

ニキビをできるだけ早く治すには、とにかく新陳代謝にかかっています。ニキビによって邪魔されている新陳代謝を正常に機能させることがニキビ解消のカギを握っています。




■ニキビケアのポイント

ニキビを治すには肌の生まれ変わりのサイクル(新陳代謝)を正常化させることが絶対条件です。肌の内側で生まれた皮膚が肌表面へとどんどん押し出されていくリズムを正常に機能させるんです。

新陳代謝は通常、約1ヶ月サイクルとなっているんですが、ニキビができている場所では、新陳代謝がニキビに邪魔されているので、もっと時間がかかります。



鈍っている新陳代謝のスピードを速めてニキビを追い出すとともに、新陳代謝が活発に機能する状態を維持することがニキビ対策では重要になるんです。




■従来の美容液の欠点

新陳代謝を促すには美容液に含まれる美容成分の力を使って、肌を元気にしないといけません。けれども、従来の美容液には重大な欠点があるんです。それが浸透力です。

肌の奥まで浸みこんでいかないため、ニキビができている表側にしみ込むのがやっと、という美容液がほとんどで、ニキビの裏側まで回り込めないんです。



ニキビを肌から追い出すには、ニキビの裏側の皮膚を活性化させて、ニキビを押し出すように新陳代謝を促さないとダメなんです。




■浸透力で選ぶなら

浸透力が強くて、なおかつ肌の新陳代謝を活発にするために有効な美容成分が含まれているのは、ビーグレンしかありません。

ビーグレンはがん治療にも使われている浸透技術で、新陳代謝を促す効果のあるビタミンCを肌の奥まで浸透させてくれるんです。


トライアルセットが用意されていたので、試しに取り寄せてみたところ、ビーグレンの美容液を手に取った瞬間、美容液が肌にじんわりとしみ込むのがわかりました。

トライアルセットは1週間分だったんですが、すべてを使い切るころには、炎症ニキビが明らかに小さくなっていました。



本製品には返金保証もついていたので、その後も使い続けていたんですが、順調にニキビは小さく目立たなくなっていき、3か月後には、ニキビ跡もすっかりなくなりました。

私の肌からニキビをきれいに消してくれたビーグレンがこれです。今ならまだトライアルセットも返金保証も続いているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マスクをして寝るとニキビ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/masukuneruniki/index1_0.rdf