マスターカードについて

マスターカードについての情報を提供していきます。マスターカードの特徴、年会費、限度額などについても紹介していきます。

海外旅行に行く場合、クレジットカードが安全で便利だと思いますが、スキミングや決済額の書き換えなど事故は怖いですよね。自動引き落としの場合はやっぱり怖いので、海外では「捨てカード」というカードを利用してもいいですよね。引き落とし口座はメイン口座以外の口座にしてそれ以上引き落としがかからないようにしておく。

クレジットカードは支払い能力以上に使用しないようにしましょう。クレジットカードを利用したときはお金は必要なくても、必ずお金を請求される日がきます。よく注意しましょう。これがクレジットカードの利用上の心構えのひとつです。

ビザクレジットクレジットカードをお持ちの方にお得な情報を少しご紹介します。「Vpassギャザ」という、参加人数が多くなるごとに商品がプライスダウンしていく共同購入方式のインターネットショッピングがあり、「Vpassギャザ」でお買物をするとなんとワールドプレゼント(ビザクレジットカードのご利用金額に応じてもらえるポイント)のポイントが5倍となるのです。

即日発行のクレジットカード会社には、クレジットカードの審査を素早く行うシステムがあります。即日であれ審査はきちんとされており、発行されない場合もけっこうあります。過去に自己破産したなどの情報が信用調査会社に残っていれば、まずクレジットカードの即日発行はムリだとあきらめた思ったほうがいいかもしれません。

クレジットカードにはポイントがつくものがたくさんあり、買い物すればするだけポイントが貯まります。ポイントは現金や商品、他のポイントサービスへの振り替えがなどが可能です。また、商品を購入するとき、現金ではなく、クレジットカードなら実質的に後払いで商品を買うことが可能です。以上からもわかるように、クレジットカードは非常に便利なカードといえます。

クレジットカードの使用者は、クレジットカードをお店に提示するだけで、代金後払いで商品を入手することができます。クレジットカード会社が代わりに代金を支払っているからだ。クレジットカード会社はその後クレジットカード使用者から商品の代金を受け取ります。

「クレジット」とは信用のことで、クレジットカードのサービスは信用販売のことをいいます。クレジットカードの審査の基準クレジットカード会社によって異なります。たとえ無職でも不動産収入や相続などで暮らしている資産家で金融機関と取引があれば、取引のある金融機関系列のクレジットカードは発行される場合もあります。

クレジットカードの問題点の1つにクレジットカードの不正使用があります。とはいえ、クレジットカードが不正に使用されたら、クレジット会社もただ指をくわえてみているだけではありません。ですが、さまざまな対策をしても、不正使用の犯罪者集団はさらにその上をいきます。

クレジットカードの限度額は、使用する人の性質(職業や年収、信用情報等)に応じて定められており、通常日本では一般カードで5〜50万円、実際利用した実績等が考慮されて50万円超〜100万円位、一般カードより上のゴールドカードの場合では50万〜300万円位と、性質や利用実績などによって差が出ています。

クレジットカードの支払方法にはいったいどんな方法があるのでしょうか。あるとき払い(フレックス払い)は途中まではリボルビング払いと変わらないのですが、お金が手元にある場合に支払い金額を増額したり、コンビニなどで臨時払いをしたりすることが出来ます。