英語を使えることで可能性が広がる 

January 31 [Thu], 2013, 18:43
外資系で働きたい、海外との交渉があるような仕事をしたいなどの場合には当然英語は必須の能力になります。
そのためにTOEICで一定の点数以上を取ることが企業で求める場合もありますし、評価の対象になるということもあります。


英語を使えるといっても、なかなか学校での勉強だけではうまくいかないというのが多くのケースでしょう。読み書きはできても話すことができないという人は少なくありません。


仕事上英語を使える人は多いですが、日本人全体でみればとても少数でしょう。だからこそ、就職や転職などで英語を使える人材というのは有利になります。他の人にはないその人だけの能力です。


ただ単に英語を使えるだけではなく、交渉能力や相手の国の商習慣に合わせられる柔軟性など、実際にはそうした能力が海外と交渉したりやりとりする場合には求められます。


いずれにしても、英語能力が必須であることに違いはありません。