ノマタコ 

September 25 [Sun], 2005, 22:55
http://2ch.net/nomatako/

やるなあ、ひろゆき。。。快哉、小気味良い!

猫がすきかも 

September 17 [Sat], 2005, 2:29
「猫」的なモノを、愛して止まないのである。
ここ最近、特にその傾向が日々強くなっているような気がする。

日常の中に「猫」を見つけると、少しうれしい。
熱いお茶をふうふうしながら、飲むときに「猫舌」な自分を発見したり。
あまりに忙しく「猫の手」も借りたいと、切実な希望を秘めたり。
或いは、仕事場にて、事務机の「猫の額」程の狭さにやるせなさを思ったり。

しかしながら、「猫」を日常に見出す作業は、僕にとって何の意味があるのだろうか?
自分の中に猫を見たとしても、急な願いが適う訳もなければ、慢性的な便秘が
解消するなんてこともない。ということは、そんな行為自体僕にとってはまさに
「猫に小判」ということなのであろうか?

そんな自己矛盾を解消するためにも、これからはもっと猫に
触れ合っていく機会を増やしていかなければならない。
簡単に云えば「猫穴に入らずんば、子猫を得ず」である。

本日、キャットシッターを営む友人が、独立して専用のサイトを立ち上げた。
この友人のサイトは、そんな僕の願望を、きっと解決してくれるに違いないと
僕は睨んでいる。
猫との距離を縮めたいのだ。僕は「猫なで声」を待っているのかもしれない。
そしていつの日にか、彼らが僕の首に鈴をつけてくれることを願っている・・・

バカ サバイバー 

November 19 [Fri], 2004, 0:57
明日はライブなのである。
華々しくも「W成人式ライブ」と銘打ち
四谷の「ソケースロック」にて開催する。

練習はしていないが、心構えは出来ている。
20日の夜には僕はキースムーンになっているはずだ。
肌は黄色くて英語も喋れないが、ココロはキースムーンなのだ。
当日お越しになる予定の方々には、そんな僕の後押しをお願いする。
カンタンなことだ。誰もが内包しているロックなココロを開放すれば
キミもアナタも、皆さん一人ひとりが、
ジョンミックジャニスになることだって出来る。

そして、忘れるのだ。宴が終われば切り替えがものをいう。
日々の生活に粛々と戻ろうではないか。

明日はきっとそんなライブになるような予感がする

酩酊 

October 25 [Mon], 2004, 2:05
激しく、酔っ払っている。
でも帰宅しているので、路頭に迷うことはない。
わかりやすく表現すれば、「帰ってきた酔っ払い」ということなのだろうか?

ああしかし、酔っ払って帰ってきて次の日の朝、
頭痛に苛まれながら自己嫌悪に陥りながらも
「ちょっと調子悪いので今日は休ませてください」
と嘘のような本当のような連絡を会社に入れるのは
今まで一体何度あったのであろうか。数えればキリがない。

自分を戒めるためにもそういった行為は必要なのだろう。
ヒトは学習してこそ、成長なのだ。
数えようと記憶を途中まで辿ったが、あまりに朦朧としているので
面倒くさい作業は明日にとっておこう。
明日になって、そんな殊勝な気持ちが持続しているかどうかはさておき。

ダダーン! ボヨヨンボヨヨン 

October 16 [Sat], 2004, 14:57
あのコマーシャルのプロレスラーはいったい今どうしているのか?
なんてことはさておき・・

昨夜は客先にて打ち合わせ中、唐突に音楽談義となり
「あなたがK1の選手だったら入場テーマにどんな曲を選ぶ?」という話になった。

「私はU2がいいなあ」とお客さんA。
「僕は・・そうだなあ?ゴールデンカップスヘイ・ジョーかな?」
お客さんB。へえ・・カップスジミヘンのカバーやってたんだ?
「私は最近流行ってるザ・ミュージック
フリーダムファイターで決まりですよ」
と、これは僕の発言。これ、かっこいいよね!

本題そっちのけで盛り上がって、通りすがりのお客さんCにも意見を仰ぐと
よくぞきいてくれたと云わんばかりの得意満面言い放つ。
「俺はね、ストーンズ
ルビーチューズデーに決めてるんだ!」

その場の全員が固まった。
それってバラードじゃあないすか・・・し、しかも決めてるって・・!

あなたなら、どんな曲をえらびますか?

グレートなインド料理店 その2 

October 12 [Tue], 2004, 2:32
カレー店には様々なジャンルがあるが、ここ「グレート・インディア」は
北インド系の割と本格的なカレーを出す店だ。
どちらかといえば、ライスよりかナンで食べるスタイルが主流だろう。

ナンは、「タンドール」と呼ばれる直火の釜で作られる。
タンドールは、それだけでなかなか大掛かりな代物なのだが、
この店には、前述したような狭さの中にこれがあり、
5・6人も座ればいっぱいのカウンターとほぼ一体化している。

キッチンもカウンターのすぐ目の前にあり、料理人は殆ど移動することなく
客に提供することが可能になる。
料理人は、タンドールで焼き上げたナンを振り返りざま、
まるで「炉端焼き」の勢いで客に出す。これがもう
当然熱い。何しろ釜から出て3秒もたってないのだ。

ナンといえば、その旨さの大半は「アツアツの出来立て」
にある、といっても過言ではない。カレーソースもまた然り。
そんな「超出来立て」を食える訳だがら、不味い訳がないのだ。
こんな芸当が出来るのも、客と厨房が一体化できる狭さ故。

料理人が鮮やかな手並みでタンドールからナンを焼き上げ、
隣りにある深めのフライパンでソースを温め、食材を勢いよく
じゃっじゃっと炒める作業をほぼ同時にこなし、振り向きざま
に客に出す。それはカレーにしては驚異的な速さで、
その手並みはある種のパフォーマンス。カウンターに鈴なりに
なった客達は、旨そうに食う・・・その一連の作業は、
全てオープンに、ガラス窓を通して行われる。
ガラスの向こうには、ギャラリーが集まる。その何人かが
客になってカレーを注文する・・・というシステムだ。

狭さとオープンガラスというメリットを駆使して、
「グレート・インディア」は支店を次々と開店させている。
もちろん、カレーソースも本格的で旨い。
下高井戸本店・池袋西口・北口・新宿アルタ横・・・
この勢いだと、さらに増えそうな予感。

グレート!




グレートなインド料理店 その1 

October 12 [Tue], 2004, 1:45
さてご存知の方も多いだろうが、
相も変わらず、僕はカレーを食い続けている。
やはりブログを始めたからには、カレーについて
触れないわけにはいかないであろう。

最近は池袋西口にある「グレート・インディア」の
かなりへヴィなリピーターである。

店構えは、入り口から前面ガラス張りで入りやすいのだが
間取りがもうこれ以上無いというくらいに、狭い。
こんなに狭い飲食店は、他には露店くらいしかないだろう。
しかし、時には行列が出来るくらい、繁盛している。

この店についつい通ってしまう理由は、この狭さと
見通しの良さにあるのだ。

(以下、次項へ続く)

あたり前田のクラッカー 

October 11 [Mon], 2004, 0:50
自由が丘まで、音楽仲間のライブを見てきた。

とても良いライブだった。感心した。
ピアノ・ドラム・ボーカルだけの変則ユニットで、
ベースとギターは無し。しかし3人とは思えない音圧、迫力。
その中弛みのない運びにも、学ぶべきところは
多々あった。技術的な話はともかく、
僕らがライブイベントを行うにあたっての課題はやっぱり
「どう御客さんを飽きさせず楽しんでもらえるか?」
に尽きるのではないだろうか?

自分だけが満足するなら楽だが、お客さんはお金を払って
見に来てもらっているのだ、ということを今更ながら再認識する。
(まあ、当たり前だよなあ)

11月20日のイベントは、大半が気心知れたいつもの音楽仲間が
集まるのかもしれないが、それでもお客はお客、知り合いの知り合いで
普段僕らを交流のない人たちも多数いらっしゃるのかもしれない。

ここはひとつ、フンドシ締めなおして掛からねばと、
こんな僕でも珍しく殊勝なことを考えたひとときでありました。

ポニーテールは振り向かない 

October 10 [Sun], 2004, 11:59
初投稿である。
記事の投稿のやり方がしばらく判らなかった。
「ダブル成人式ライブ」の告知サイト
自分のページを作ってもらったのだが、喜んでいざ書き込もうとすると・・・
書き込めない
右往左往で、軽くパニック。うあ、機械オンチ。嗚呼寄る年波

なるほど、マイページというのがあって、
そこから投稿したり設定したり出来るのね?
直接書けないの?なんで投稿用のページと
ブログのTOPページが別になってるの?
これって面倒臭くね?まるで、
池袋から丸の内線に乗って新宿に行くみたいな
遠回りをしているような気がしてならない。

だいたい、ブログって何なのさ?ただの日記でしょ?
掲示板でいいんじゃない?個人の日記に固定のURLが
つくなんて、とっても贅沢な自己主張
便利な時代になったものだなあ、と感慨ヒトシオ。寄る年波・・・

こうなったらまあせいぜい活用して、スポーツジムでカラダを鍛えて
どこかの社長みたいに優雅な生活を自己主張したいなあ。
と意思表示をして、本日はこれくらいにしておこう。
でないと、後が続かない。ダラダラ書いていると、義理を欠いた
無神経な発言が多くなってくるし、無責任にもなってくる。

そんなことがあってもどうかお許しください。
差し当たって、とりあえずこのまま振り向かずに行きます。
ステージドラマーは振り向かない
お客様は前にいるものだから



2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像なにわ
» 猫がすきかも (2005年09月20日)
アイコン画像きゃんとく
» バカ サバイバー (2004年11月25日)
アイコン画像piyo
» バカ サバイバー (2004年11月24日)
アイコン画像tomo.
» グレートなインド料理店 その2 (2004年11月17日)
アイコン画像tomo.
» ダダーン! ボヨヨンボヨヨン (2004年11月10日)
アイコン画像かんとく
» ダダーン! ボヨヨンボヨヨン (2004年10月24日)
アイコン画像tomo.
» ダダーン! ボヨヨンボヨヨン (2004年10月23日)
アイコン画像たにー
» ダダーン! ボヨヨンボヨヨン (2004年10月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:massala
読者になる
Yapme!一覧
読者になる