「働く」とは「はたが楽になる」ことだそうです

October 31 [Sun], 2010, 22:14


今、日本は経済を勉強しています。

もともと日本人は農耕民族です。

朝から晩まで働くことが貴いと教えられてきました。


お金の流れを見極めて、
いい知恵を出してお金を儲けよう、
とは教えられてきませんでした。


頭を使って、
お金を儲けることは楽なこと、
楽してお金を儲けることはいけないこと
のように教えられてきたのです。
だから、経済オンチになってしまった。


本当は、
頭を使うより体を動かしているほうが楽なのに……。


働くということは、「はたが楽になること」です。

1人の知恵で、千人が、1万人が楽できることなのです。

アメリカ人が使っている最大の知恵、
それはアメリカンドリームです。

アメリカでは、事業が成功した人は、
スター、英雄です。

みんなが素直に拍手喝さいします。

日本の場合は、
それとはまったく逆で、
みんなで叩き潰そうとする。

あら捜しをして、隙(すき)あらば引きずり下ろそうとします。


こんな国では、
本当のベンチャー企業は出てきません。

いいえ、出てこないのではなく、
出なくしているのです。

その点だけ見ても、
アメリカのほうが経済をよく知っています。


今、日本は経済の勉強をしています。

ただ、まだ骨身に染みていないので、
まだ不況は続いているだけです。

みんなが経済の勉強を終えたとき、そのとき日本は立ち直ります。

みんなが経済を学ぶためには、
少なくとも数年はかかります。


円高、ドル安という話題が、
日常会話で交わされています。

「今は円高だから海外に行くほうが得なのよ」
この話題も、経済についての会話なのです。


経済オンチだから、消費税を上げたりして、
ますますお金が回らなくしているのです。

日本人は能力がないのではありません。

ただ、学びがほかよりもちょっと悪いだけ。


第二次算大戦のときもそうでした。

第二次貰大戦で負ける前は、
日本人はとても好戦的な国民でした。

ですから、あれだけコテンパンにやられても、
原爆が2個落とされるまでは、
「ああ、戦争ってこんなに悪いものなんだ」
とは気がつきませんでした。


不況もそれと同じこと。
噂のメール鑑定未来占星術
不況が長引く理由にはいろいろありますが、
大きい理由はそこにあるのです。

原爆を2個落とされるぐらいの衝撃がないと、
日本人は学べないのです。


学びのいい企業、
学びのいい個人は、
どんどん伸びて、
ほかの人と差をつけています。

でも、全体的な学びはまだまだです。

宇宙の法則を知らない人は、
苦しみながらこのことを学んでいます。

でも、今の苦しみは、神様の愛なんです。

この不況は神様の愛なんです。


今までは、
髪の毛を汚ならしく伸ばした人でも、
飲食店でアルバイトができました。

でも、食べ物屋というものは、
不潔にしていてはいけないのです。

髪の毛を伸ばしていたのでは
お客様に嫌がられるのです。

だから、そういう人が食べ物屋に就職できないのは
当たり前のこと。


学びが終われば、
その時点から状態はどんどんよくなっていきます。

最初からそのことを知っている人は、
勉強する必要はありません。

魂の成長は、
確実に一歩、一歩、進んでいくのです。




無料懸賞ランキング


無料ポイントランキング
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:masp1031
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/masp1031/index1_0.rdf