2月6日 WiCKED 

February 07 [Thu], 2008, 18:55
【cast】

 グリンダ        苫田 亜沙子
 エルファバ      濱田 めぐみ
 ネッサローズ    小粥 真由美
 マダム・モリブル  森 以鶴美
 フィエロ        李 涛
 ボック         伊藤 綾祐
 ディラモンド教授  武見 龍磨
 オズの魔法使い  栗原 英雄


今回も大好きな濱田さんのキャスティングで、本当に本当に幸せでした!
昨日の濱田エルファバは今まで観てきた中で一番大好きです。
場面場面一つずつの細かい仕草を思い出すだけで今でも涙がでそうになります。^^;
今回は、小粥さん「ハムレット」からネッサへ戻ってきました!
私は山本ネッサより小粥ネッサのほうが、共感できるので本当に嬉しかったです
そして何より、
今回は大好きな沼尾グリンダが、苫田グリンダへ変わっているということ!
沼尾さんのグリンダが大好きだった分、苫田さんの演じるグリンダがどうなっているのか
などなど。濱田さんとのコンビもたのしみでした♪


No One Mourns The Wicked 

もう上演のアナウンスが終わった瞬間から号泣だった私・・・笑
今日は上手観劇だったのですが、「グッドニュース!」の時まん前に李さんいるじゃないですか!
かなり驚きました。でもあとから見失ってしまった;
なぜかはそりゃあ苫田グリンダの登場だったからです!
第一声をきいた瞬間、沼尾さんより声が低い!と思いました。
でも歌声はとってもきれい
ただ、高音は沼尾さんの方がきれいに伸びていてビブラートもかかっていました;
悪い魔女はもう現れない〜♪」の時沼尾さんは後のことを見通してのすこし悲しげに歌うのですが
苫田さんは少し明るい表情だった気がします。
でも、エルファバの生い立ちのあとの「一人〜♪」や「去り行く〜♪」は本当にきれいな声で
更に泣いてしまいましたあー
周りが魔女の死を喜び歌う中、ただ一人辛そうに歌うグリンダをみると心がつまります。


濱田エルファバ登場 

わかってはいたけど、やっぱり泣かずにはいられないです
濱田さんが目の前に本当にいるんですもの
これからの大学生活に希望をもって笑顔でまっすぐ前をみる濱田エルファバにはいつも胸をうたれます。
今日はもともと濱田さんの表情や仕草を中心にみるつもりだったので、グリンダが話している間も濱田さんから目を離しませんでした。
濱田さん、台詞のあとに【ガハハ】て何回も笑っていましたね。面白かったです
小粥ネッサと濱田エルファバは本当に仲がいいですよね!山本ネッサは常に気が強くて、エルファバにも冷たさばかり感じてしまっていましたが。
モリブル先生とグリンダが話している間もお互い顔を見合わせて笑ったり、濱田さんはもちろん大好きですが、やっぱりネッサは小粥さんです^^


The Wizard And I 

森モリブル、森さんもまた武さんより好きなのです…!
なんていっても凄みがあります。迫力も!
さて、濱田さんの1曲目。可愛すぎるエルフィーに笑顔溢れまくりました。
とくに「彼は言うのよエルファバ〜♪」のところですね!
それでも、エルファバにこのあと起きることも知らずに、希望に満ち溢れて楽しそうに歌う濱田エルファバに胸がしめつけられるばかりです。
濱田さん、やっぱりすごい。最初っからkoされましたー。
今日の歌い方最後のところ、いつも「あたしのゆめぇー♪」だったのが「あたしのゆーめぇー♪」になってて、これは初めてききました♪
決めポーズもいつもながらばっちりですね!インタビューで一番気持ちよく歌える歌っていってましたもんね、やっぱり気持ちいいんだろうなあ・・・


What Is This Feeling? 

上手なもんだから、エルフィー近い!お手紙のシーンは下手を見ることも忘れてました。
苫田さん、ドレスの時はあまり思いませんでしたが、制服になると胸が!笑
衣装がきつそうでした・・・笑
そして苫田さん、すごいアニメ声ですね本当!
とにか〜く普通じゃなくてと〜ても変わっていて〜♪」のところとくに感じました。
もう濱田さんの「おばか」最高すぎます!すごい間がよかったです。しかもまん前ですから、なお。
ただ、二人で歌うところになると濱田さんの声しか聞こえません;
nmtwのときも思いましたが、沼尾さんのほうが声量があります。
でも、「いやなのよー!」の時のような地声になると大きくなったり・・・
その分popularは楽しみになってきましたけどね
そして、噂に聞いていた濱田さんのボインジェスチャー!!
やばいです。面白すぎました。相手なら相手の特徴をとらえて仕草に出すなんてすごいですよね。
最後の高笑いも今日もすごかったです。濱田さんの大笑い、ほんとうにいいです。
そしてこの高笑いのあと、驚いたグリンダを面白そうにまた笑う濱田エルフィー。
指差して笑ってましたよ。笑


授業シーン 


【だいかんばつですか!】の時ディラモンド先生にそうだといわれて、濱田さんすっごい男っぽく小さなガッツポーズしてました「よし」って言ってました笑 本当におもしろいなあ。
ディラモンド先生が話している間、ボックは先生から渡されたプリントをみんなに配るのですが、最後に残ったプリントがエルファバのものであることに気付くと、「げっ」という顔をします。
そして後ろからエルファバの背中をつついて、本っ当に嫌そうな顔してわたしてます。「早く受け取れよ」というような笑 エルファバがかわいそうではあるけれど、ここには笑ってしまいました。
それより、【動物特別雇用枠】・・・。今日の観劇はリピーターが多かったのでしょうか?ここで笑いの起きないことなんてなかったのに。



Something Bad

濱田さん!「ガハハ」笑い連発でした♪このガハハ笑いすきなんです。でも、何か今までみんなから白い目でみられてきて、これまでの「エルファバの辛い人生」があってこその「ガハハ」なんじゃないかなと思うことがあります。そう思うとそばにいって空元気はやめていいんだよと言って抱きしめてあげたくなります。
ディラモンド先生を励ます濱田エルファバ、背中をさすさすしたり先生の服をひっぱって遊んだりして、本当に見るごとに表現が豊かになっていきますよねぇ
【あたしは、落ち込むことがよくありますけど】、と一瞬素のエルファバがあらわれてすごく悲しそうな顔をするんです。すぐに先生を励まして明るいエルファバに戻るんですが。
濱田さんは本当に表現が細かいですよね。舞台を見ているあいだ、濱田さんは≪濱田めぐみ≫ではなく完璧な≪エルファバ≫そのものなんだ。誰でもなくエルファバなんだって本当よく思います。


Dancing Through Life

李フィエロ登場です!かっこいいなあ。
このシーンで一番感じたのは、今の出演キャスト、身長の比率がすごい合っているな!ということです。
李さんは沼尾さんと濱田さんと同じくらいで、金田さんはボックなのに大きいほうなので
マンチキンの小人とフィエロが大して身長の差が感じられなかったのですが、今はなんと
李フィエロ>苫田グリンダ>伊藤ボックでぴったりなんです。まあ身長なんてこだわるべきことじゃあないですが^^;笑
李さんの歌声は本当だいすきですね。ダンスも本当きれがあってかっこいいです。ここでの、苫田グリンダ!沼尾さん同様、フィエロの踊りを一生懸命真似しようとしてましたね!かわいいです。
フィエロと二人でいいところだったのを、ボックに邪魔されたグリンダ。ここで苫田さん、すっごい口膨らませてました。「いいところだったのに〜!」というような笑

帽子をあげたあと「友達のしるしよ〜♪」のとき沼尾さんは後ろ歩きでばいばいしながら帰るんですけど、
苫田さんは受け取ったことをしっかり確認して「ちゃんと受け取ったわね!もう渡しちゃったんだから〜!」って感じで急いでその場からはけるような感じで走って帰ってたと思いきや最後にスキップ!笑やっぱりちょっといたずら心はあるのね。^^全体的にも苫田さんは、お茶目なグリンダをすごい上手く表現していて、すぐに慣れました♪

濱田エルファバの[帽子もらってからの表情]と[グリンダやほかの友達と分かりあえたときの表情]のそれぞれの変化、私本当にだいすきです。警戒心などから解き放たれて、心を開いて次第に笑顔をにじませる濱田さん、涙なしでは見られません。


Poplar

ベッドへの移動時もガハハ連発でしたねさっき[空元気のガハハ]というように書きましたが、
DTL以降のガハハは、もはや空元気ではなく、心からのガハハだと思います。だって本当に楽しそうですもの。

秘密をお互い打ち明ける時、瓶をとられてからその拍子にグリンダに思わず怒鳴ってしまいますが、そんな自分に気づき「いけない、おちつけおちつけ」と心の中で言い聞かせ、一呼吸おいてからグリンダの肩に腕を伸ばし手をかけます。
そして「これはお母様の形見なの。それだけよ」と言います。その時うんうんと頷くような動きを見せますが「今のこと気にしないで、本当それだけだから。ごめん」という気持ちがとても感じられました。
この一連の動き、はじめてみました。
仕草だけで、これだけのエルファバの心情が伝わってくる。濱田さん、本当に演技がすごすぎます。

さて、楽しみにしていた苫田グリンダのpopular
思ったとおりとっても良かったです!!!!!!!
地声に関しては、沼尾さんより気持ちよく歌っているように感じました。
そして表現も豊か!とっても可愛いグリンダでした
そしてもちろん濱田さん!
やってみよーう・・・どうか任せてほしい〜♪」のところですが、めがね外されるときの濱田さんの座り方!ベッドの角っこに大またで座りなおしたと思ったら、腕組み足首組み(?)で座って・・・かっこよかったー。今回色んな所で男らしいエルファバを見るところが一幕ではなんどもありましたねえ・・・めがね外されてから、目をしぱしぱするところもまた可愛い。

きらきら〜」の2回目、苫田さん最後歌い上げましたね。笑 1回目に控えめにやってしまった分、濱田エルフィーも2回目がんばります。でも・・・失敗?その気配を感じ取ったのか、きらきら〜のポーズを取ったまま「やっぱりだめ?」っていうように方をすくめて笑います。この仕草のかわいいことかわいいこと
今までで一番すきな「きらきら〜」のシーンでした!

ちょっと戻ると、グリンダに「エルフィーって呼んでいーい!?」や「イメージチェンジをしてあげる!」といわれた時の濱田さんの反応、ほんっっっっっとうに面白かったです。間合いもばっちりで、最高でした><もう一度みたいよー


ライオンを逃がすシーン
きらきら〜をグリンダから習って、授業前にひそかに練習するエルファバ。そんなエルファバに「君はそのままでいいのに」とフィエロ。エルファバは驚いて、初めて言われたそのような言葉に動揺したんでしょうね。そそくさと頭につけたピンクの花を取って、ゆっくりかばんの中にしまいます。言われたことの意味を考えようとしているんですね。思いがけない台詞だったんだから。
この時からエルファバは、フィエロを気にし始めます。だからフィエロには魔法がかからなかったんでしょうね。よく思うのは、もしここにグリンダがいたら、彼女に魔法はかからないのかな?ということです。これはすっごい気になります。

そしてディラモンド先生を連れて行った男達に、「おはよう諸君!」と言われ、沈黙する生徒たち。マダムモリブルに催促されてしぶしぶみんな挨拶を返すのですが、エルファバは一人挨拶を返しません。
口をぎゅっと閉じているはまだエルフィーをみるとまた涙が・・・

フィエロと二人でライオンを逃がすシーンでは、今度は「あなた全然幸せそうに見えないもの」と逆にエルファバに思いもしなかった台詞をいわれるフィエロ。このときフィエロははっとした顔をみせますが、怒って立ち去ろうとします。僕はもういらないんだねって。でも本当は、本当の自分を見抜いてしまったエルファバに動揺しているんだと思います。
だからお互い、惹かれあってしまうんですよね、この時から。「あなた怪我してる」「僕が?」このあたりの会話のとき、舞台をみているけれど、まるで二人だけの世界があるようです。
でも、触れ合った瞬間「はっ」とお互い我に返り、ギクシャクしてしまいます。
フィエロがライオンの籠をもって、違う方向へ行ってしまったのを、エルフィーが言葉にならない言葉で「▲□◎*%&」と何か教えますが、聞こえませんよー!笑 フィエロが立ち去るのを指差して確認するように自分を落ち着かせ、「フィエロ!」と切なそうに名前を呼ぶ濱田エルファバ。私もせつないです笑



I'm Not That Girl

一幕で唯一静かな歌ですね。というのも、エルフィーの心情の歌ですからね。
痛いくらいに気持ちが伝わってきます。私はwickedで涙を流すのは大体嗚咽まじりなのですが
この歌では、つーと涙が頬をつたうように流れます。
本当にきれいなうたです。聴くたびに好きになっていきます。濱田さんが歌うからなおさらのことなのですが。この歌で一番すきなのは「忘れるのー、この思いーぃぃぃいいいいつも思っていた、憧れてもいた〜♪」というフレーズがありますが、「この思い」は静かにうたい、クレシェンドをつけて「いつも」にもって行くんです。ここは本当にきれいで、涙が頬をつたうのもこの瞬間です。

そして橋の上をフィエロとグリンダが歩いてくると、エルファバは見つからないように急いで橋の下に隠れるんです。その時の濱田エルファバ、胸に手をおいて「ほっ」となでおろすんです。でも上の二人がきになる。ここの境遇はこの歌で「この恋は叶わない」という気持ちをエルファバにより一層強めさせてしまうところですよね。だからこそ「ただ一人、見つめてるー・・・グーリーン・・・ダー」の「ダ」の部分なんて特にきれいに聞こえてしまいます。
濱田さん、なぜあんな低い音を、きれいにビブラートをかけて歌えるんでしょう?



Defying Gravity

オズとの場面では、エルファバのやっと会うことのできたオズへの喜びと裏切りをしったとき悲しみの差をとても感じますね。
濱田エルファバと苫田グリンダが二人はモリブルの昇進に「すごーい!」と二人顔を合わせて驚きます。このとき本当に二人仲良しで、嬉しくなってしまいます!!!!
でも後、自分のしてしまったことで、猿を苦しめている、裏切られた、たくさんの心情で悲しみ、「ああ!」といいながら頭をかかえる濱田エルファバ。胸がくるして、すでに私の涙滂沱です。

オズのもとから逃げてきて、部屋に閉じこもるエルファバとグリンダ。
グリンダはエルファバの勝手な行動に腹を立て「もういやよ!我慢できない!自分が何をやってるのか分かっているの!?」とエルファバにいう(歌う)のですがー・・・
箒をドアに立てかけて、エルファバがまだ戻ってきていないのに苫田さん歌い始めてしまいました
濱田さん急いで戻ってきましたね笑

空飛んでから、
もぅ本当に言葉にはあらわせないほどすごかったです。突風がきたように固まってしまいました^^;
ただ一音裏返ってしまいましたが、そんなの関係ないですね!
濱田さん、本当にすごいです。「邪魔などさせない〜♪」あたりの目、ほんとうに決意の目ですよね。怖いくらいです。
あまりの迫力に圧倒されて、もう大泣きでした
客電がついてもすぐにはたてませんでしたね。
初めてトイレにいきたくなりました笑


2007年 まとめ 

December 28 [Fri], 2007, 19:37
わたしは明日から異国カンボジアに旅立ちますので
一足先に日本の2007年とお別れいたしまーす
ということで、


2007ねん観劇記録

1/13   オペラ座の怪人

2/1    CONTACT

3/20  オペラ座の怪人

4/15  オンディーヌ 石丸さんハンス

6/27  WICKED 濱田沼尾ペア

7/27   WICKED 濱田沼尾ペア

7/28 レ・ミゼラブル 山口さんバルジャン

8/8    夢から醒めた夢

8/15   WICKED 濱田沼尾ペア

10/10   WIST SIDE STORY

12/14   WICKED 濱田沼尾ペア



【2008年予定】
2/6    WICKED


ことしは観劇が沢山できて本当に幸せでした!
たくさんの幸せをありがとう><

来年度は観劇できないのでこの幸せを胸にがんばりますー 

ありがとう2007!!





12月14日のWiCKEDレポ 

December 16 [Sun], 2007, 16:29

【追加】12/16
・something bad
・danthing through life
・for good


細かいところなど思い出したことは
書き加えていくので
みてくださいねー

12月14日 WiCKED 

December 15 [Sat], 2007, 11:39
WICKED

【cast】
グリンダ          沼尾みゆき
エルファバ         濱田めぐみ
ネッサローズ       山本貴永
マダム・モリブル     武 木綿子
フィエロ           李 涛
ボック            金田暢彦
ディラモンド教授     武見龍磨
オズの魔法使い     松下武史

先週まで樋口エルファバだったのが今週になって濱田さんが帰ってきた
のが嬉しくてたまりませんでした。おかえりさない!!><
佐渡グリンダが今週やってくるんではないかと思っていたので、
大好きな2人が出演予想されていたときは
いつも悪い自分の運を疑いましたもう笑
だから、
昨日劇場のキャストボードで2人の名前を確認したときは
本当に嬉しくて涙が出そうになりました(;;)
劇場で1人でそわそわしてたからきっと変な人に見られたでしょうね。
ちゃんとボードも写メとりました★


初めての山本ネッサと武モリブルです!
感想はあとでかきます。
初2階席 1列目の観劇でした!

No One Mourns The Wicked 

今回WICKEDをみるのが久しぶりすぎて、
オープニングが始まりドラゴンが動いた瞬間興奮で泣いてしまいました。
いま自分がWICKEDをまたみることができていることが
嬉しくて、幸せでしかたなかったんです本当に
やっとこの日がきたんだ!って心から実感した瞬間でした。
【沼尾グリンダ登場】でもまた泣いてしまいましたが、
沼尾さん連投のあまり疲れがみられることがあると聞いていたので、
気にしてみてしまっていたのですが、
本当に沼尾さんのソプラノはきれいでした
でも前回より声量が落ちていたような気がしたのはやっぱり
疲れが関係しているのでしょうか;
あと、歌詞が「平和なオズの国を作りましょうともに〜♪」だったところが
素敵なオズの国を作りましょうともに〜♪
に変わっていました。
このフレーズのおわり、ozianに呼ばれて「ともに〜いいぃぃ・・・」って歌をすぼめて(?)
ozianをみるんですが、前回よりも【グリンダ】らしく可愛らしい声ですぼめてました
あと、シャボン玉製造機を下へおろす時の手招きの時も可愛かったです!


Dear Old Shiz

【濱田エルフィ登場】
また泣いてしまいました。濱田さんのエルフィだいすきです本当
っていっても濱田さんしかみたことないけど・・・笑
驚いたのは、濱田エルフィが以前より明るいエルフィになっていたことです!
空元気を思わせるような元気なエルフィでした。
以前は「あたしが何を持っても似合わないから」などの台詞も
悲壮感だたよった中の台詞だった気がするんですが、
昨日は本当に明るかったです!台詞を言った後「あはは」と笑うこともありました。
今回観劇した中で1番印象的だったことでした!
でも濱田エルフィ本当に可愛かったです

武モリブル、初めてでしたがなんだか迫力が感じられませんでした(;;)
森さんはもっと声に厚みがあったので、威厳ある感じだったので、
武さんはちょっと物足りなさを感じてしまいました。
あなたいい人ねえ!」と思いがけず
エルファバとのルームメイトに手をあげてしまったグリンダに言う台詞も
さら〜と流れてしまい、観客の笑いもあまりありませんでした。


The Wizard and I

この曲は、観るたびに好きになります。
今まで誰にも相手にしてもらったことのなかった自分がやっと人に認められた、
しかもあの偉大なオズの魔法使いに会いにいける、
自分は何か変えてもらえるかもしれない!
と希望に胸をふくらます歌。
会いにいってから自分に起こることも知らずに、ただ無邪気に
前を向いてあるこう、自分の夢は叶うんだ、
と信じて歌うエルフィをみると涙でずにはいられません。
そしてまた濱田エルフィが可愛くって顔がにやけちゃうんですが、
彼はいうのよエルファバ〜♪
の部分、以前よりもっとウィザードが言っているようなジェスチャーをいれて
歌っていました、可愛い!!!笑
一見明るいようで、実は切ない歌、濱田さんの歌声は本当にすばらしいです!!



What Is This Feeling?

私はこの曲だいすきです!
なんたって濱田エルファバと沼尾グリンダが可愛すぎるから
これは2人のけんか(?)の歌ですが、「The Wizard〜」が終わってからの
グリンダの登場がちょっと遅くてあれ!?と思いました。
沼尾さん、やっぱり「だいすきなママとパパへ
のところ可愛すぎました。本当に以前より一つ一つがグレードアップしてますね!
私はこの歌の「我慢してもーあ〜あ〜♪」のところの
グリンダの動きとフリが大好きなんですなぜか!すごいヶ所的ですけど。
前あるきー後ろ歩きー止まって手を下からあげてーまわってーおしりふってー後ろからきたエルフィにドンケツされる
本当すきです。しかも濱田さんのドンケツはいつも強い!笑
そのときの沼尾さんもよく声みだれないなーとか思います。
あと、歌っている最中のお二人の演技が細かくなっていて、
とくに嬉しくなってしまったのは、歌終わりの
とにかくだーめーどうしてもだーめあの子がきらいー・・・♪
の2人が後ずさりしているとき、アンサンブル(グリンダの味方としてエルフィーをばかにする)が盛り上がるのですが、その時沼尾グリンダが「もっと言ってやって!」って感じでアンサンブルの声をボリュームアップさせるかのように腕を上下に振ったんです!
もう何か嬉しくなってしまいました♪笑
変わらず濱田エルフィの高笑いは素敵です。
でもこの曲終わるとすぐ、ディラモンド先生が話し始めるのでどうしても拍手ができません;


Something Bad

武見さんの顔ダンディで素敵なんですが、まあ当たり前ながら
ヤギの頭かぶってますので、カテコでしかみられませんね。
まあそうではなくてー。
エルフィが授業中、ディラモンド先生の話からその答えを即座に
大かんばつですか!?」と答えるのですが
前回は濱田エルフィ勢いよく手をあげてから答えていたんですが
昨日は手もあげずにまさに即答といった感じで答えてました。
そのあとに隣にいるネッサと笑顔で「やった」って感じでガッツポーズしていたのが
とても可愛かったです。
そしてその時の沼尾グリンダ、ものすっごいエルフィ睨んでましたね
めっちゃこわかったです。でも可愛い笑


Dancing Through Life

【李フィエロ登場】
李さんは本当かっこいいです><
声も本当たまらない!!!!
DTLはずーっとにまにましっぱなしです。
今回とても驚いたことが・・・!
私今回は原作本も読んで行ったのですが、
フィエロ登場の時、自転車(車)に乗ってくるんです。
そしたらこぎ手の人に「アヴァリック」って呼んだんですよ!!!
アヴァリックとは原作本では、フィエロというよりはボックの親友!
かなり驚きました。友達から運転手に変わってしまったのかアヴァリック!笑

フィエロの登場シーン、車に乗って出てくるんですが(フィエロは寝ている)、
エルファバに車がぶつかってエルフィの大事な本も落としてしまうんです。
エルフィはとっさに大切な本を心配して汚れをおとす素振りをします。
なのに濱田さん、その本を今までになく思いっきり
バン! って車に叩きつけて
おきなさいよ!」と李フィエロに怒鳴ってました。
あれ、本いいの!?笑 でもものすごい迫力があってよかったです

もう李フィエロは仕草、台詞、歌声、何においてもしびれます。
フィエロが踊りながら歌うので、それを一生懸命まねして踊ろうとする
沼尾グリンダも可愛すぎですね。
初めての山本ネッサ、私はやっぱ小粥さんのほうが好きかもしれません。
これは今回みての全体的な感想ですが・・・。
なんだか、すこし大人っぽいんです。ボックに誘われてただ嬉しいっていうのは小粥さんの
ほうが表れていたような気がします。

前回のレポでも書いたような気がするんですが、
グリンダにもらった黒帽子、濱田エルファバ最初は複雑な顔するんですが
舞台はける時は本当に大事そうに帽子を抱いていくんです。
そしてそのあとグリンダは、エルフィが帽子と引き換えにモリブル先生に【グリンダに魔法の杖をわたし】魔法の授業を受けさせてあげてと頼んでいたことがわかると、あのときのエルフィは本当は嬉しくてしかたなかったんだなとわかります。
濱田さんのそんな細かい演技が大好きです。
エルファバが黒帽子をかぶってパーティ会場に現れるとパーティ会場のみんなに大笑いされ、その瞬間「ああ、自分はグリンダにはめられたんだ」と気づきます。
グリンダをキッとにらんで、一人で淋しさにからまれながらも一生懸命ひとりで踊るところ、
やっぱり泣いてしまいます。
和解のダンス、と勝手に呼んでますが(笑)、沼尾さん面白かったです
2人、そしてパーティ会場がみんな和解して歌い踊る時は本当に心あたたまりますね。



Popular

popularとーっても楽しみにしていました!
沼尾グリンダ、更にはじけてましたね!!
そして、今回明るいエルファバ濱田さんも私的にはかなりはっちゃけていたと思います。
お葬式はパーティとは言えないでしょう?」の台詞も
以前は暗かったのが、今回はやはり明るかったです!
慣れていないせいか、そのたび驚いてしまいました。
popular中、困惑したようなエルファバだったのが、笑顔で聞いているエルファバ
だったので、全く違ったpopularで新鮮でした
元気にベッドにジャンプしてとびのったり・・・★
キラキラ〜も2人ともノリノリでしたね。
とっても可愛かったです


I`m Not That Girl & One Short Day

INTGでは、フィエロが気になるけれども、自分はグリンダみたいにキレイじゃないし
と切ないうたなんですが、気づいたのは橋の上をグリンダとフィエロが通る時、
エルファバは驚いてちょっと動くんです。
昨日はそれが、2人に見られたくないから橋の下に隠れているんだ、
ということに気づき、もっとエルフィがかわいそうになりました。
今までは、ただ見られたくないから動いただけだと思っていたので・・・・。

OSDはいつものように、たのしいですね!
オズマニアの時は今回ずっとエルフィグリンダのダンスをみるようにしてました。


Defying Gravity

今回初の2階席だったのでDGがどうなるのか観る前からドキドキしてました。
やっぱり濱田さんはすごいです。1幕終了してもすぐ立てませんでした。
ただ思ったのが、2人のけんかの部分、いつもよりめちゃくちゃ早くなかったですか??
音が追いついていませんでした。
焦っているところだし、まあそれはそれでいいんかなとか勝手に解決しましたが笑
今回の観劇で実は、音とのスピードがあっていないところ何箇所かありました
あと、2人で
できるわ、2人でできるわ2人の力を信じるのグリンダ、勇気だしてあなたとなら負けはしないわ、誰にも止められない~♪
と歌うところがあります。そうは歌っても、グリンダはやっぱりオズやオズの民を敵にはできない、そのためエルフィと一緒に行く事をためらいます。
そのあとの濱田エルフィ
グリンダ、一緒に来てくれないの?
というのですが、今回すごい声を張り上げていました。
なんだかその台詞の下に「裏切り者!」といっているような感じがして・・・笑
そんなことはありませんけどね。
・・・そして、濱田さんの熱唱!!
もういつもいつも迫力がすごくて、本当に舞台から風が吹き付けてくるかのように体全体に
濱田さんの声が響きます。
1人、正しい事のために立ち向かうエルファバの強い決心の歌です。
濱田さん、声も凄く伸びてたし、相変わらず歌はハンパなく上手いし、本当に最高でした!
もう途中から口が開きっぱなしでしたよ...
だいすきです、ほんともう。


一幕終了!












8月15日 WICKED  

August 16 [Thu], 2007, 19:09
今回はちゃんとレポしまあす
一曲一曲感想書いたあとに、細かなことまとめてかきます〜♪


WICKED

<8月15日ソワレ>
グリンダ      沼尾みゆき
エルファバ     濱田めぐみ
ネッサローズ     小粥真由美
マダム・モリブル   森 以鶴美
フィエロ        李 涛
ボック         金田暢彦
ディラモンド教授   武見龍磨
オズの魔法使い   松下武史


一幕

No one mourns the wicked
3回めにして初めて、「ドラゴン」が手動であったことを知りました 笑
席自体が初の下手だったこともあり、スタッフがでてきて動かしてるのを見ることが出来ました

沼尾さんの声は、本当にいつも溶けそうになるくらい心地よいです
ぽわ〜んって感じになってほれぼれ見入っちゃいますね

Dear old shiz
濱田さんが出てきた瞬間もううるっときました
エルフィについてはあとでまとめるのでここでは触れません
でも、まだ何もしらない若いエルファバが笑顔ででてきたのをみるとー
胸にきちゃいますね
沼尾グリンダあいかわらずかわいい!!!!

Wizard and I
濱田さああああああああああああん
何でこんなに惹きつける歌を歌えるんだろう!
「彼はいうのよエルファバ〜♪」
のウィザードの台詞部分のところ、以前よりすっごい演技が凝ってて、
ウィザードがいってるようすをあらわしてて、
それをいった後にうきうきしたように喜ぶエルフィがすっごく可愛かったです
うなずいてみたり、男の人みたいに足開いて座ってみたり!

What is this feeling?
大好きな一曲
沼尾グリンダは相変わらずかわいい笑
本当、アンサンブルとグリンダのあわせる踊りがすきです
沼尾グリンダの睨みは特にエルフィへの嫌悪感をめちゃくちゃ表していて・・・
エルフィの最後の高笑いもだいすきです


something bad
なんかディラモンド先生の「静粛に静粛に!」の時のヤギ足(笑)への観客の笑いが
すくなくて悲しかったです。私はにやけてました笑
「友達なんかいません」っていう、強くいいつつもどこか悲しげな濱田さんの演技に
うるっときてしまいます。

Dancing through life
李さんはもう本当にかっこよすぎです毎回!
小人であるボックとたいして背が変わらないはちょっと「んー。」って感じですが笑
もう季節公演との歌詞の違いに苦笑したりしましたw
でもやっぱり金田ボックの声は素敵です

アンサンブルのおひとりが、教科書を上に投げてキャッチしきれず
落としていそいでひろったのを、まるまる一部始終見届けてしまいました。
劇中のハプニングの対処って気になりますよね!笑
フィエロとグリンダのラブラブしてるところが目の前で
2人で何か喋っているんですよ。でもマイクに音が入らないからめちゃくちゃ気になります。
なんて話しているんでしょうかー気になるー><!!
帽子をもらったエルフィの複雑な表情から、少し嬉しそうな表情にかわるところ、走ってはけるところ
までちゃんとみとどけました★
細かな濱田さんの演技、だいすきです
エルフィとグリンダが一緒におどりだすのもやっぱり素敵!!

Popular
popular
かわいい沼尾さんがいっぱい見られる素敵なところ♪
ここの沼尾さん!今回は、以前に比べ、
演技にすごい変わったところがありました!!!!!
「lar・・・ラーラーラーラー」(終わりじゃなく曲間の)
のとこでいつも、変なおどり(笑)するけど、
そこのじゃんぷのしかたがすごいかわいくて、
客席から初めて笑い声をききました
あと、「キラキラ〜♪」のところ!
濱田さんもかわいくて、前回より女の子!て感じがしました

I`m not that girl
せつなすぎる濱田さんの歌声にただただくぎづけですね 笑

one short day
また大好きな一曲
wizomaniaでのダンスに注目して覚えようと思ったけれど
・・・・だめでした笑

Defying gravity
センチメンタルはとばします
ウィザードはエルフィを苦しめるので嫌いです 
でも歌は好きですよ!!!笑
もうここは、あの濱田さんの歌が聞けるのかと思うとうきうきしてたまりません
演技はやっぱりよくて、ほうきが呪文によって飛んできたときの
濱田エルフィのはしゃぎようはすごかった★
「きゃっほ〜」って聞こえたような・・・・?笑
でもかわいいエルフィ♪
でも曲がすすむにつれて涙腺が反応しはじめー
さいごの濱田さんの歌声にはやっぱり涙なしでは見られません
何てすてきな歌声!!!
エルフィのすべての気持ちが、ぜんぶ伝わってくる感じです
「あぁああ〜!!!」
の時には大きな風が客席にバってくるような迫力で終わるから、
一幕が終わってすぐも、席をたてないくらいです

2幕!

Thank goodness
またもや季節との歌詞の違いに苦笑でした笑
グリンダがかわいそうに思える歌ですよね
自分の理想と違うけど、オズのみんながいるからと
幸せとはいっても自分の自信が少しゆらいでいるように思います・
沼尾さんの高い声は本当きもちよいです


The wicked witch of the east
ここはブロードウェイCDには入ってないところだから
いつも新鮮です
実は一回め見た時、小粥ネッサが音はずしまくっちゃってたんですよ
dancing〜から歌がないからかなって思ってましたが、
2回目以降はすごいよかったからちょっと安心しました★
ここのーエルフィの演技部分すきです
濱田さんだからなおさらすきです
ネッサの足を直せた時の喜び方も、胸にぐっと来てしまいます。
やっと妹を助ける事ができた、そんな気持ちがいっぱいです。
ネッサの靴下には注目しないといけませんね!
オズ〜をみている人なら・・・★


第七弾! 

August 13 [Mon], 2007, 13:30
とりあえずここまで★
no good deedの前あたりでカメラの電池切れたんさ;w
いちばんよく歌えたとこなのに;;
やっくんに「うまかったよ」っていわれたんだぜ
これはすごいことさ★笑
はいついきー

第六弾!! 

August 13 [Mon], 2007, 13:19
ついきー
次から二幕ー
「えがお」の書はきにしないで笑

五段! 

August 13 [Mon], 2007, 13:10
おおいねー
one short day いっぱいはったからなあ
そいやちゃんと顔にどうらん塗ってるんだよ〜♪
手は薄いからあんまみえないけど;;

ではついきにww

第四弾! 

August 13 [Mon], 2007, 12:45
ついきー

第三弾! 

August 13 [Mon], 2007, 12:36
追記ー!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maskman-maskin
読者になる
アイコン画像 いしまるかんじさん*
アイコン画像 はまだめぐみさん*
アイコン画像 ぬまおみゆきさん
アイコン画像 にいづませいこさん
アイコン画像 WiCKED
アイコン画像 劇団四季
アイコン画像 ばすけ
アイコン画像 すまぶら
アイコン画像 でぃずにーらんど
こめこめ
アイコン画像
» 2月6日 WiCKED (2008年02月09日)
アイコン画像きゃし
» 2月6日 WiCKED (2008年02月08日)
アイコン画像かおり
» 2月6日 WiCKED (2008年02月08日)
アイコン画像
» 8月15日 WICKED  (2007年08月20日)
アイコン画像stk
» 5月2・3日 (2007年05月06日)
アイコン画像りなちん
» 5月2・3日 (2007年05月04日)
アイコン画像stk
» 5月2・3日 (2007年05月04日)
アイコン画像rn
» おぴさ (2007年04月30日)
アイコン画像stk
» おぴさ (2007年04月30日)
アイコン画像mrhnstk
» やあ (2007年04月23日)
どーめー
Yapme!一覧
読者になる