PS版よりスーファミ版かなぁ。 

April 21 [Fri], 2017, 0:56
今回はコチラ、
僕はプロテクトボットにふさわしくない?

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』より


サイバトロン 救助員

『ファーストエイド』



を紹介。



<ファーストエイド>

 救急車にトランスフォームするプロテクトボットのメンバー。ユニクロン戦争で命を落としたホイルジャックやラチェットに代わりサイバトロンのエンジニアとして活躍。メカ修理の腕はピカ一で、メトロフレックスの機能を最も適格に把握している。

 武器は光子銃と金属の結晶構造を崩壊させるデクリスタライザー・カノンを装備。

 元々戦闘に向かない優しい性格で、デストロンの襲撃でメトロフレックスのコグを奪われた際は、戦士ではない自分の不甲斐なさでコグを奪われたと考え、一度はサイバロンを去るが、ホットスポットの説得により再びサイバトロンとして戦う決意をした。



  つづいてはプロテクトボットの中でも数少ないまともなエピソードがあるファーストエイド。ファーストエイド?その名前を聴くとテイルズの呪文を思い出すんだけど。しかもプレステ版じゃなく音割れするスーファミ版なんだけど。
 設定通りと言いますか、みるからに戦闘向きじゃない脇役っぽい顔をしてらっしゃるなぁ・・・嫌いじゃないけど。



 でもプロポーションはユナイテッド版だからか戦闘向きのスリムだけど腕ハムキムキなボデイで好印象。個人的には”レスキュー”と書かれた肩がお気に入りかな?



  トランスフォーム形態は救急車。アニメ版はハイエース風の日本の救急車でしたが、コチラはアメリカチックなワゴン車風のデザインになってカッコよくなってますね(日本の救急車好きな人には申し訳ないですが)。 なんか救急車っていうより装甲車っぽいから、とても戦闘向きじゃないなんて思えないんですけど。

(つづく)

フォロースポット 

April 19 [Wed], 2017, 0:52
今回はコチラ、
励ましの天才

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』より

タカラトミー
サイバトロン 防衛指揮官

『ホットスポット』



を紹介。



<ホットスポット>

 水色の消防車にトランスフォームするプロテクトボットのリーダー。ガーディアン時は胴体・頭部を担う。戦闘よりも救助を優先と考え、分の悪い戦いにも奮い立つ勇敢さも持つ。

 武器は2丁の火炎砲。この武器でメガトロンやサウンドウェーブ、プロウルをやっつけた事もある。
 
 メンバーのファーストエイドが自信をなくして戦いから逃げ出した際は『戦士はたくさんいるがファーストエイドは一人しかいない』と仲間を励ます一面を見せた。



 って事で、最初はホットスポット。コレを買ったばっかりに他のメンバーも・・・(でも後悔はしていないゾ)。コレ単体でもプロポーションもよくて十分カッコよかったからね、『別に手足がなくてもいいかな?』という印象。それにしても、このホットスポット・・・・見れば見るほど顔がコンボイ顔まんまなんですけど・・・。まぁ、その編は今更か。
 


 ガーディアン時にも使われる二丁拳銃なので、ホットスポット時になると少々大き目になりますが、それがむしろ強力な武器に見えていい感じ。とても説得が得意なレスキューロボに見えないよ(でもソコが良いです)。
 背中のハシゴ部分もカッコよさを醸し出しますが、いい手文句を言えばファイヤーコンボイとか佐々木小次郎の物干しざおのように斜めに背負えたら(そしてそこに剣を収納できたら)よかったんだけど。



 トランスフォーム形態は青い消防車。
 トランスフォームの仕方は前後こそ違いますが、以前に紹介したオンスロートと同じもの。でもトランスフォームとして面白いのはこのハシゴ部分。伸縮こそできないですが、本来の消防車のように回転、傾斜させる事が出来ます。やっていないけど、ヘッドマスターがあればハシゴの荷台に乗せられるんじゃないかな?そしてその荷台部分がガーディアン時に頭部になるとは・・・買った時思いもしなかったもんなぁ。

(つづく)

たまに”オ”と間違えます。 

April 17 [Mon], 2017, 0:17
今回はコチラ、
・・・え、設定!?

『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』より

タカラトミー
サイバトロン プロテクトボット

『ガーディアン』



を紹介。



<ガーディアン>

 サイバトロンのレスキュー部隊、プロテクトボットの5体が合体した巨大ロボット。戦闘用ではないが、ブルーティカスを拳一撃でバラバラに出来るほどの強大な力を持つ。武器は二丁の火炎砲。自身の周囲にフォースフィールドを張る事も可能で、戦闘に巻き込まれた人間を
 
 他の合体戦士のように本編で誕生エピソードはないが、元々彼らは全滅した植民アーコンの生き残りで、オメガスプリームに救われた彼らはエアボットにエネルゴン輸血を受けた事で合体戦士になれるようになった・・・という説がある。



って事でユナイテッドウォーリア・・・・ではなく海外版のヤツです。最初は買うつもりなかったんですけどねぇ〜・・・中古ショップで胴体部だけ格安で売っていたのが運の尽き。それからダラダラと腕を脚よと、気が付けばまとめて買った時より高い金額に。我ながらおバカ。



さて、そんな訳でガーディアン。
 当時の玩具の時から思っていたけど、ガーディアンって顔が弱そうなんだよなぁ。だから今回スルーするつもりだったんだけど。コチラのユナイテッド版もそれに漏れる事なくイマイチ強そうに見えない。ツノとかないからかな?その反面、このガーディオンは変形機構は面白くて気に入りましたね。スペリオンやメナゾールもわるくわなかったんですが、変形機構に関しては断然ガーディオンが一番。


  合体状態にしてまず思ったのは日本版よりも関節がかたいような気がするんだけど・・・個体差かな?スペリオンやメナゾールの時不満に思っていた手足パーツも足になったらしっかり地面について外れにくし、関節もそこそこの硬さだし。合体機構については他のユナイテッドシリーズと同じものなのでコレと言って言う事も。逆に言えば、互換性があるので他のユナイテッドの手足を交換する事が可能という事(写真撮ってないけど)。



 以前に紹介したパワーグライドをガンモードにして装備。パワーグライドのサイズ的にこれくらいがぴったりだね。


分離状態。アレ?なんかおかしいところが・・・


(つづく)

仮面割れるまでの付き合い 

April 13 [Thu], 2017, 0:39
今回はコチラ、


『新機動戦記ガンダムW』より

バンダイ
1/144スケール
OZ-00MS

『トールギス』



を紹介。




トールギスについてはコチラを参照。

 って事で当時モノプラモのトールギスです。最近中古ショップに行ってもプラモで欲しい商品ってなかなかみつからなかった(見つけても恐ろしいお値段)だったんだけど、最近はこの辺のプラモを探して見つけるのが楽しいです。コチラのトールギスもその一つ。HCMでは持ってたけど、過去にプラモでは・・・あ、旧HGのトールギスVは作った事あったなぁ。差し替えでトールギスUに出来るって代物だったけど、もちろん私はトールギスUにしてましたw






 今回ノトールギスはあんまり塗装が必要なところがなくていいね。トサカと脚、あとはシールド位だろうか?それだけ塗っちゃえばこれと言った改造も必要なし?色に関しちゃ元々白と黒だけだからね。
 関係ないけどパッケージのトールギスのイラストがアニメに比べてムキムキ筋肉質に見えてしまうのは私だけ?なんか違くね?




 さて、そんな訳でトールギス。
 改造なしでかなりカッコいい良作キットです。両肩に付いたドーバーガンとシールドも、そして背中のバックパックの開閉も見事再現出来てます。しいて残念に思うところはHGやHCMで出来ていたヘルメットを外してブラウン管顔にできない事だろうか?それが出来たら、塗装次第でリーオーにも出来たのに。またはアニメには出てこなかった妹蘭が乗ったトールギスにできたかも。ドーバーガンは手に持たせるのがナイス。逆に肩に付けてると位置が悪くて微妙に思ってしまうなぁ。

 トールギスも決して悪くないんだけど、やっぱり個人的にはトールギスUかなぁ。コッチもキットにはなっているのでそのうち手に入るならゲットしたいもんです。

そろもんよ、ボクチンはかえってきまちた。 

April 11 [Tue], 2017, 0:16
今回はコチラ、
私は帰ってきた!!

『機動戦士ガンダム0083
  STARDUST MEMORY』より

バンダイ
SD GUNDAM ACTION FIGURE
RX-78GP02A

『ガンダム試作2号機(サイサリス)



を紹介。



<RX-78GP02A ガンダム試作2号機>

 一年戦争後、連邦とアナハイムエレクトロニクス社が共同で進めていたガンダム開発計画により誕生したガンダムの1体(ちなみサイサリスはナス科の植物ホウズキから付けれている。花言葉は『偽り』)。旧ジオン系の技術者を中心に開発されたその機体は、初期はプラズマリーダーや炸裂弾などを射出する拠点強襲用に開発されていたが、途中から南極条約で禁止されている戦術核兵器の搭載、運用を目的に開発された重MSに変更された。走行などはMS-06ドムで使用されていた熱核ジェットエンジンによるホバーリングが可能となっている。

 武装は核弾頭射出用のアトミックバズーカと核使用時に機体を保護する為のラジエータシールド。それ以外の武装は60oバルカンとビームサーベルと最低限のものとなっている(核弾頭使用後の運用を想定したビームバズーカが存在したらしいがアニメでは登場していない)。

 大気圏内でのテストの為、ペガサス級戦艦アルビオンでGP01と共に地球のトリントン基地で戦術核が装填された直後、ジオンの残党デラーズ・フリートのエースパイロット アナベル・ガトーによって強奪。コンペイトウ(旧ソロモン)で行われていた連邦の観艦式の最中に核弾頭を使用。連邦艦隊に大損害を与えた。

 

 って事で、SDサイズのガンダムGP02サイサリスです。以前に紹介したSDガンダムフォースと同じシリーズ・・・なんだよね?よく知らないけど、とりあえず同じ大きさ。中古ショップで結構安く売られていたのでゲット。見た目何にも問題ないよなぁ・・・と思ってたらビームサーベルが付属せず。いかんなぁ、ガンダムGP02と言ったらアトミックバズーカよりビームサーベルなのに(そうか?)。都営会えずこの間買ったコンティオのビームサーベルを持たせてみた。ダメだ・・・細くて小さいからGP02の強さが際立っていない・・・

 可動に関しては申し分なし。あ、シールドが重くて肘関節が支え切れないのが気になるなぁ。っていうか両肩のギミックがリアル頭身のGP02よりよいんじゃないかい?GP02はこの状態にならないと。アニメ1巻(F91チケット同梱版)見た時はこの肩のギミックのシーンが出てこなかったからスゲーカッコ悪いと思ってたもんだよ。



 シールド裏にはもちろんアトミックバズーカの砲身部分を同梱(これもなかったらホント目も当てられない)。肩の弾頭収納側と合体させて『ソロモンよ、私は帰ってきた!』のシーンを再現できます。



 ビームサーベルこそなかったですが、GP02のカッコいいシーンを再現できるものは揃っていたのでとりあえずヨシ。

僕が新たなニューリーダーなんだなぁ。 

April 08 [Sat], 2017, 0:33
今回はコチラ、
ボクが新たなニューリーダーなんダナァ

『トランスフォーマー ビーストウォーズ・リターンズ』

タカラトミー
トランスフォーマーレジェンズ
ビーコンジェネラル

『タンカー』


を紹介。



<タンカー>

 戦車形態にトランスフォームする、メガトロンが支配するセイバートロン星を防衛するドローン部隊のリーダー。その正体は、洗脳され別の肉体にスパークを植え付けられた、かつてコンボイと共に戦ったサイバトロン戦士ライノックス

 洗脳されながらもわずかに記憶は残っていたようで、間接的ではあるがコンボイたちを見守り、ラットルによって記憶を取り戻すが、コンボイたちのやり方には納得できないとメガトロンに賛同。しかし、『戦いを生むのは自然』という考えから、ビーストモードへのトランスフォームを捨てきれないメガトロンもリーダーである資格はないとして、自らデストロンの新たなリーダーになろうと、コンボイとメガトロンを相打ちさせようと画策する。しかし、結局メガトロンに下剋上を見破られ、プラズマエネルギーの波動砲に巻き込まれ消滅。消える直前に自らの過ちに気付き、精神世界で消えようとしていたコンボイのスパークを導いた。



 って事で、レジェンズシリーズからタンカーです。このタンカーはレジェンズシリーズでも初期の頃に出たヤツで、当時はロードマスターホワール が出た時期で3体揃ってヴァリアブルマシン・・・と言いたかったんだろうけど、タンカーはどう考えても違うだろ?・・・って事でその時は買う気なかったんだけどね。
 
 イベントに行くって事でビーストウォーズを見て出ている事を知ってからは完全にヴァリアブルマシンって考えは捨てて純粋にライノックスのなれの果て・・・・と思い、お店で見かけたものをゲットした次第。



さて、そんな訳でゲットしたタンカーさん。
 正直そんなにカッコよくないんだけどね。ホントにビーストウォーズ見て中身がライノックスだって事で・・・
 
 でも2本指のマニピュレーターは個人的に箱のみかな?ところで腕にあるギザギザ部分って何のためにあるんだろ?肩にあるキャノンも以前のヘンケイヘンケイシリーズを思うと飛び出しそうに見えたんですが、残念ながらコチラは飛び出しません。ロードマスターにはあったんだけどなぁ。


 トランスフォーム戦車形態。あぁ、何でコレだけがドルバックじゃないんだ。
 

 取説には書かれてなかったですがマンガの方で紹介されていた、いわゆる一つのガン○ンク形態。よくわかんないんだけど、なんで頭部を後ろに向けるんだろ?確かにコッチも顔に見えなくもないけど。

黄色いホワイト・・・いえいえ。 

April 06 [Thu], 2017, 0:18
今回はこちら、
ミーティアじゃありません。

『伝説巨神イデオン』より

アオシマ
1/2600スケール
M-024

『ガタマン・ザン』

を紹介。


<ガタマン・ザン>

 アバデデ・グリバテを代表とするバッフクランの高位武人が乗る探索用の小規模艦隊の旗艦となる中型戦艦。船体の色は黄色。左右に伸びた艦首にはドグ・マック、ギランドウといった重機動メカ、その他戦闘機を多数搭載可能。センターブロックは分離して大気圏突入ブロックとなる。
 
 武装は2連装か粒子砲、対空ビーム砲を多数。

 既にガドモア・ザンの登場で旧式と化しているが、量産により終盤には多数の同型艦が登場した。


 って事で、アオシマから出たバッフクラン側の戦艦、ガタマン・ザンです。コレは大阪に行った際にゲットしたもの。まぁ、安かったからね(他の戦艦になぜか重機動メカより高いんだよ)。
 それにしても敵戦艦なのになんとも奇抜な形状だよなぁ。コレを塗装前にネットでアップして見せたら真っ白だった事もあってホワイトベースだとかミーティアとか言われたからね(個人的にはアダムス基地にみえなくもないんだが)。アオシマ様も元が黄色なのに成形色白一色ってどうよ?



 さて、そんなガタ・・・何だっけ? よく出来ていますがなんかブリッジ部分がイラストと違うような・・・宇宙戦艦って事で、大気圏内着陸を想定してないからか機体の重量なんてまず支えられそうもない翼のせいで台座を下に付けないと置く事が出来ません。台座の形状のせいもあってかなんかお神輿みたいな。
 アニメではカタパルトから重機動メカが出てきたり大気圏突入艇が出てきたりとかギミックがありましたがそんなもの全く再現されず。元々そういう戦艦なんだから仕方ないんだけど、マゼランのようなわかりやすい砲塔とかほしかった。



 同スケールのソロシップと一緒に。こうやって見るとイデオンがどれだけデカいか分かるね。それにしても、ソロシップに比べてコッチは色が明るすぎてなんかバランスが取れてないっていうか・・・まぁ、イラストの色の塗料が見つけられなかったから・・・なんだけど。




『ロゴダウの巨神めぇ〜!!』

実弾兵器にビーム兵器をスパイス。 

April 03 [Mon], 2017, 0:15
今回はコチラ、
天国なんて・・・あるのかな?

『機動新世紀ガンダムX』より

バンダイ
1/144スケール
GT-9600-D

『ガンダムレオパルドデストロイ』



を紹介。



<GT-9600-D ガンダムレオパルドデストロイ>

 対ガブル戦で中破したガンダムレオパルドにフリーデンのメカニックであるキッドの改造案を取り入れた改修機。装甲の大幅な強化とジェネレーター出力の向上によりビーム兵器の使用が可能になった上に実弾兵器も搭載数も増加。ローラーダッシュによる走行も健在で、これだけの兵器を装備しながらも高い機動性を有している。また、カラーリングが緑から赤に変更されている。

 武装は両腕に装備されたツインビームシリンダー。ビームシリンダーを外すとリストビーム砲とビームナイフが使用可能に。肩にはショルダーランチャーをはじめ左右にビームキャノンと11連ミサイルポッドをそれぞれ装備。胸部はカバーを開くとブレストガトリングを内臓。両膝には自動追尾が出来るホーネットミサイルと、全身武器と言っても過言ではない。

 パイロットはフリーの雇われバルチャー、ロアビィ・ロイ
 

って事でレオパルドデストロイです。元が簡単なキットなので、最近紹介したキットはほとんどまとめて組立てています。

 う〜ん、正直レオパルドは無印の方が好きなんだよね。色もそうだけど、胸部に内臓されていたミサイルの数々や片腕に装備した長いガトリングガンがよかったなぁ。

 そういえば、一時期全ガンダムHG化計画とかなんとかあったような気がしたんだけど、エマスターを最後に止まったよなぁ。何でレオパルドまでやってくれなかったんだろ?(ダヴィンチは出てたけど)。トライファイターやレコンギスタが始まってそれどころじゃなくなった…ってのも分からないでもないけど、まだまだ出すべきガンダムがあったんじゃないだろうか?



 わぁ〜い、武器がおっぱい! いっぱい!さすがはパワーアップMSだけあってヘビーアームズより武装が多くてウハウハ。両肩に装備したミサイルポッドとビーム砲は簡単にですが塗装したせいで未塗装時の安っぽさがなくなって好印象。腕のリストビーム砲もただついてるわけじゃなく前後に伸縮させるギミック付き。胸部のガトリングガンは正直アニメで見た時から物足りなさを感じてたなぁ。レオパルドの時にミサイルの方が好みだったもんで。



 腕に装備するビームシリンダーは本来なら腕パーツを外して付け直さないといけないんですが、それじゃあなんか物足りなかったので、プラ板で可動ギミック、ツインビームシリンダー後部にはレオパルドの腕が入るよう空洞にしたことで、F91のヴェズバーのように前面に展開、腕に装備できるようにしました。コレに関しては我ながらよくやったと思う。



 全武器展開状態。ヘビーアームズとは違い、コチラは全武器の発射状態を再現可能(写真には撮ってませんでしたが両足のホーミングミサイルも ビームナイフも再現できます)。

あなたがいるから歩き出せる明日へ 

March 31 [Fri], 2017, 0:48
今回はコチラ、
15年目の亡霊

『機動新世紀ガンダムX』より

バンダイ
1/144スケール
GX-9901-DX

『ガンダムダブルエックス』



を紹介。



<GX-9901-DX ガンダムダブルエックス>

 新地球連邦軍がゾンダーエプタで開発したガンダムXの強化発展型。フラッシュシステムを起動させるのに必要なニュータイプを確保出来なかった事から、かつてジャミル・ニートが使用していた中破したガンダムXのシステムを移植する事でオールドタイプでもサテライトシステムが使えるようになっている。奪取防止として起動には専用のGコンが必要だが、ガンダムXのGコンでも起動させる事が出来る。

 武装はダブルエックス専用のバスターライフルとディフェンスプレート。腰には従来のものより高出力に改良したハイパービームソード。そして背中にはサテライトシステムの容量アップとリフレクターの大型化で砲身がツインタイプとなったツインサテライトキャノン。

 パイロットはガロード・ラン

  って事で機動新世紀ガンダムXの後期主人公MS、ガンダムダブルエックスです。コレも中古ショップめぐりをした際にゲット。探せばまだまだあるもんだねぇ、こういうプラモ。まぁ、バンダイ様のプラモは何だかんだでバンバン再販してるから当然って言えば当然だけど。

 ダブルエックスと言えば、放送当時旧HGは組立てた事があるんだけど、アニメには出なかったよくわかんない武器持ってたなぁガンダムX風ガンダムハンマー?みたいなやつ。

 今回のダブルエックスもコレと言った改造はせず簡単に塗装のみ。今更ですが、バスターライフルって黒一色じゃないんだ。箱のイラストを見直して気づいたよ。
 


 ダブルエックスの好きな部分は肩が大きくなった事。ガンダムXの時はディバイダーの時は気にしなくなってたけど、サテライトキャノン時は肩が小さくて物足りなさを感じてたもんなぁ。それ以外にもガンダムXのときより手足が太くなって筋肉質っぽくなってるのもダブルエックスの好きなところ。
 でもその反面、サテライトキャノン以外の武装が物足りないというか・・・シールドと兼用のビームライフルじゃないだけまだマシだけど、シールドなんかディバイダーまでとは言わないけどもう少しカッコよくならんかったんだろうか?



 そしてダブルエックス必殺のツインサテライトキャノン展開状態。コチラは見事差し替えナシで再現。背中をはじめ、手や脚についていた放熱板展開状態がいい感じだね(金色カラーで塗ったけどちょっと地味になった?)。

空の覇者 

March 29 [Wed], 2017, 0:03
今回はコチラ、
マヨネーズが足りないんだけど〜

『機動新世紀ガンダムX』より

バンダイ
1/144スケール
GW-9800

『ガンダムエアマスター』



を紹介。



<GX-9800 ガンダムエアマスター>
 
 旧地球連邦軍がガンダムエックス開発に先駆けて超高度域での戦闘を目的に開発したMS(モビルスーツ)。MSモードから飛行形態であるファイターモードに変形する機構が備わっており、その機動性で敵を圧倒する。また、単機で大気圏内での飛行が可能な事から空を飛べないMSが少ない大戦後の世界ではかなりの優位性を持つ。

 武装は2丁あるバスターライフル。内臓武器として頭部のヘッドバルカン、ファイター時の機首部分つくノーズバルカン。一時、肩にミサイルを装備して出撃した事もあるが、飛行時の機動性を得る事から軽量化が考えられ武器は多く装備されていないが、それでもレオパルドを背に乗せて飛行する事も出来る。大戦時はフラッシュシステム対応でエアマスタータイプのGビットと共に戦闘を繰り広げた。

 パイロットはフリーデンとの契約で乗艦していたフリーのバルチャー、ウィッツ・スー


って事でガンダムXからガンダムエアマスターです。ガンダムXのプラモってそんなに作った事ないんだよなぁ。旧HGのダブルエックスとエアマスターバーストは作った記憶はあるんだけどそこまでかなぁ。やっぱりアシュタロンがHG化しなかったのがなぁ・・・・

 コチラのエアマスターは中古ショップで普通にゲット。値段も定価ではないが決して安くない・・・という程度のお値段でした。個人的にエアマスターって武装的な意味で物足りないんだよなぁ。元々ビームライフルが2丁あるだけで、アニメ本編でもマジでビームサーベル持ってないんだよなぁ。G-Centuryでエアマスター使った際にビームサーベルがなかったせいで攻撃が届かず撃墜された思い出はいまではトラウマもの。


さて、そんな訳でエアマスター。
 今回も素組で可能なところだけを塗装。あ、今になって気付いたけど、胸の部分、白く塗ってないや。ぶっちゃけ、このシリーズって脚の部分さえ白く塗れたら大抵見栄えが良く見えるよ。
 武器はウィングガンダムとは別のバスターライフルが2丁。手に持たせるだけでなく、腰にマウントさせる事も可能です。両手もちさせておくのもいいですが、腰にマウントしているのもいいね。でもそれなら他の武器を持たせてあげたいなぁ。設定上、ビームサーベルすら持ってないし。



 頭部ははずさないとだけど、ファイターモードへの変形が可能。ウィングガンダム同様下半身は回転させないといけないのね。

 放送当時はそんなに好きなMSじゃなかったんだけど、今回こうやって組立てるといろいろ気付いた事もあって気に入った部分も出てきました。
 
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エビス3
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:岐阜県
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-ボンボン 少女マンガ 
    ・コレクション-魔神コレクション ガンプラ 超合金
    ・ゲーム-ガンパレード・オーケストラ ダンボール戦機
読者になる
Twitterはじめました。
最新コメント
アイコン画像 杜若
» それぞれの思惑と共に。 (2017年04月27日)
アイコン画像エビス3
» 最初のゲッター。 (2017年04月02日)
アイコン画像風吹けバナナ氏
» 最初のゲッター。 (2017年03月23日)
アイコン画像ネオニート速報
» え、もう終わり? (2017年01月29日)
アイコン画像エビス3
» コロコロ読者の夢を乗せて。 (2016年11月27日)
Yapme!一覧
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE