お題

February 16 [Tue], 2016, 22:36
放課後30分の魔法/ふたり/矛盾した愛情
ゼクシイはまだ早い/愛とか恋とか
独占欲/振り回したのはあなたの方/すき/きらい
世の中なんて所詮愛ですよ/セクハラ発言は控えなさい
先生/悪魔の理不尽/疑うことの疚しさ
愛していますと言えたらどれだけ/ツンデレ彼氏ってどうですかね

odai

February 16 [Tue], 2016, 22:28
400 千切れた鎖、逃げられた獣
401 アイアムチキン!
402 キラキラを小さじ一杯
403 糸を繋ぐ人
404 赤子は笑った
405 雨は教えてくれない
406 ヒーローの弱音
407 ロストハート
408 ダンデライオンが揺れた
409 深紅の足跡
410 パレットに生まれた世界
411 逃げ出した王
412 かぎしっぽを追いかけて
413 命散るまであなたを、
414 笑顔に隠された真実
415 運命に嫌われようとも、その道を行く
416 美しい幽霊
417 子猫を拾い上げた汚れた手
418 今が幸せなら、過去はいらない
419 後悔なんて言葉、使いたくない
420 握りしめた花弁
421 記憶の涙
422 憎まれ役は慣れているよ
423 途切れた歌声

odai

February 16 [Tue], 2016, 22:27
201 お決まりの台詞
202 眼鏡を外せば
203 外の世界に目を向けて
204 海へ飛び込もう
205 かき氷の冷たさに
206 おふくろの味
207 今日だけお洒落気分
208 渡り廊下に寝転んで
209 たった一人の親友へ
210 異文化コミュニケーション
211 恋は先手必勝
212 二つに分かれた道
213 静かなる海
214 死へのカウントダウン
215 見届ける者
216 たった一言なのにね
217 どうしてかな
218 戦う理由をください
219 空が泣いている
220 涙は玉葱のせい
221 全てを分かろうと思うな
222 人を信じることの難しさ
223 数年前で止まっている日記
224 アンラッキーデイズ
225 あなたにスペシャルを
226 望むのならそれ相応の覚悟を
227 have a dazzling smile
228 心の弱さ
229 親友じゃなくて心友
230 支えがあること
231 世界の祝福をその身に受けて
232 りんごのようなほっぺ
233 もっと知りたいだなんて我侭かな
234 わがままのボーダーライン
235 カーテンキス
236 未完成の自分
237 いかないで、
238 音を立てて崩れていく
239 私だけを映す瞳
240 欲しいものは、いつも
241 君が流した涙の理由で僕は立ち上がる
242 己の未熟さを思い知ればいい
243 ねえ姫君、なんでそんなに可愛いんだい?
244 投げたのは、さよならの言葉
245 自分の欲に負けてしまいそうだ
246 人肌恋しくなるこの季節
247 カップルマフラーなんていかが?
248 本当、私はお前のそれに弱いね
249 大馬鹿野郎はどっちなの
250 そんな愚かな人間じゃない
251 何も掴めぬ手
252 知らない方がいいことだってある
253 鈴音の波
254 風の贈り物
255 ビッグチャンスを逃すな
256 何に変えても手に入れたいと思うもの
257 誰に入れ知恵されたか教えてごらん
258 ピエロの泣き顔
259 重荷になっていること、知ってるんだ
260 最初で最後の君の笑顔
261 メランコリックカーテン
262 星屑オーロラ
263 あなたのおなまえはなあに
264 涙海に沈む
265 埋葬の夜
266 四葬でもなく、
267 死者の弔い儀式
268 赤の零れたマニキュア
269 嘘をつかない女
270 ホーリーナイトワルツ
271 蝋燭に投げられた水
272 永遠に切れることのない絆
273 祈りが込められたクローバー
274 祈れる神などいない
275 憎むな憎むな憎むな、愛せ
276 沈黙の森
277 ニ度目はないよ
278 だから放っておけないんだよ
279 羽の折れた君
280 舞い降りたのは、悪魔
281 闇に沈んでみないかい
282 裏切り者の止まった足
283 心が崩れ落ちる音
284 甘くない砂糖
285 かじかんだ心をあたためる
286 マフラーがこんなにも長い理由
287 頬にそえられた小さな手
288 二人の王子、二人の姫
289 窓から眺めた黄昏
290 時計の針をなくしてしまえ
291 夢が叶った暁には
292 恋はまだ始まっていない
293 置いてきた過去
294 未来を掴んだ勝者
295 翼を広げる少年 止める少女
296 螺旋階段の見せた夢
297 ずっとここで待っていたんだ
298 あなたが隣にいれば怖くない
299 片恋乗車券
300 フラワーエスケープ

odai

February 16 [Tue], 2016, 22:27
101 一人で抱え込むな、俺に頼れ
102 涙を流しながら銃を構えた
103 鈍く光る剣が血に濡れる
104 己の手に滴る鮮血を見つめた
105 魔法使いの少年
106 テーブルに並べられた紅茶とお菓子
107 リズムに捕われて
108 永久の眠りを君に
109 好きの方程式
110 テディベアを胸に抱いて
111 ネバーランドへの乗車券
112 体育館裏に来てください
113 絶対零度のほほえみ
114 炎天下、額に浮かぶ汗
115 桜の樹の下での伝説
116 心が壊れてしまう
117 キスしちゃだめですか?
118 小動物のような
119 枕に顔を埋めて
120 あそこで雨宿りでもしようか
121 君が風に飛ばされないように
122 プールインサマー
123 草原の真ん中で寝転んで
124 水も滴る…?
125 ラジカセから聞こえる質素な音
126 メリーゴーランドは止まらない
127 勝負下着でがんばってきます
128 一言だけのメール、でもね、
129 生クリームを口元につけながら
130 誰も嘲笑ってはくれないの
131 裸エプロンは男のロマンです
132 馬鹿な子ほどかわいい
133 モノクロの世界に目を塞ぐ
134 僕がなんとかしなければ
135 背負い込むのは自分だけでいい
136 どうして君が傷付くんだ
137 相性占いの結果
138 白のワンピースに白い家
139 押し倒す
140 ツインテールの女の子
141 どうか、叱って
142 君の趣味
143 密室で二人きり
144 この店の看板娘
145 小指を絡ませて、約束の証
146 死なないでなんて言ってやらないよ
147 だーいすきだよ!
148 風でめくれるスカートに
149 遠距離恋愛
150 炎の中で笑ってみせるのは
151 飛行機雲が見えた
152 女の子の季節です
153 肝試しハプニング
154 私だけの王子様
155 白馬に乗った王子様
156 若葉生い茂るころ
157 私の存在理由
158 俺が守ると決めたもの
159 保健室ハプニング
160 音楽室から聞こえた音色
161 抱きしめて、離さないで
162 二人だけのひみつ基地
163 懐かしい風景
164 手作りお菓子
165 夜空に咲く花
166 夏祭りはもちろん君と
167 チラリズム
168 彼女自慢大会
169 彼氏自慢大会
170 休み時間のおかしパーティー
171 あなたに殺されるなら本望
172 震える足、震える声
173 浮気なんて許さない!
174 赤い糸をたどれば
175 運命を信じますか
176 神様ありがとう
177 これ以上、犠牲はいらない
178 たまには攻めてみようか
179 受け身だけじゃダメ
180 その一歩を踏み出せ
181 小さな勇気
182 すれ違いの恋
183 会いたい会いたいどうしても
184 好きなタイプ
185 隣の席の男の子
186 周りはみんなライバル
187 天国への階段
188 ハンバーガーをぱくり
189 携帯を握りしめる
190 真新しい制服に身を包んで
191 今夜は舞踏会
192 ガラスの靴は誰が拾う
193 後悔してからじゃ遅い
194 そんなに私の血が欲しいか
195 私の命と引き換えに、皆が助かるなら
196 アシッドレイン
197 帰国子女の転校生
198 告白の返事
199 空を見上げる君がいるから
200 三角関係

odai

February 16 [Tue], 2016, 22:27
001 僕は誰一人守れやしない
002 自分を犠牲にしてまでも守りたいものがある
003 花舞い散る中で願うことは
004 世界の果てに立つ者
005 頬杖をついて笑うあなた
006 空の青さに怖くなる
007 眠れない夜
008 死に急ぐ君を止める理由
009 臆病者の自分を変えたくて
010 雨上がりの湿気を含んだ小道
011 真っ赤な雨が降り注ぐ
012 怯えるように笑うしかない
013 眩しい光の中に飛び込んで
014 迷路のような世界
015 行き場のない想いをどうすればいい?
016 万華鏡のように
017 あなたのために涙すること
018 愛する者の為ならば
019 時計の針が逆回り
020 指先に灯る淡い光
021 二人で逃避行でもしようか
022 一握りの幸せ
023 こんなにも好きなのにね
024 思い出が頭の中を駆け巡る
025 耳を塞いで瞳を閉じて、世界を拒絶する
026 君と見上げたあの星空
027 生まれ変わったら、また君と、
028 花に囲まれて眠るのは
029 お姫様を守るナイト
030 雪のような、真白な肌
031 眠り姫を起こすには
032 夕焼けを川辺に座って見たあの日
033 グーで殴るか、パーで叩くか
034 一年ぶりだね、と笑って
035 空は繋がっているから
036 部屋で光る携帯電話
037 あの日から歯車は狂い出した
038 降り続く雪に手を広げて喜ぶ君
049 煙草の匂いに顔をしかめた
050 あたたかい手に涙が出る
051 無理して笑わないで
052 醜い嫉妬
053 分かっているんだ
054 強い腕に攫われて
055 君に捕まってみようかな
056 好きと気付くのにどれくらい時間がかかったか
057 愛することに理由なんていらない
058 もう一つの世界
059 ふわふわな綿毛に触れて
060 さよならの時間まであと……
061 私はこんなにも求めていたのに
062 泣くよりも、笑って
063 心の中にいるどこまでも醜い自分
064 不器用な笑顔
065 犬を思わせる、その、
066 曇り空の灰色が好き
067 壊れていくなにもかも
068 私が死んだら、あなたは
069 甘酸っぱい恋
070 初めてのキスは何味だっただろう
071 時間よ止まれ
072 「大丈夫だから」そう言ったじゃない
073 君の大丈夫だよは信用ならないな
074 音を奏でるのは他でもない君だから
075 哀しみの歌を紡ぐその口を塞いだ
076 雨の中、崩れ落ちる
077 機械のように感情なんて、
078 嫌いになれたらどんなに良かったか
079 ずっと抱きしめていてください
080 会えないと分かっていても会いたいんです
081 得体の知れない化け物
082 宝石の輝きのようだ
083 さようならじゃなくてまたね、だよ
084 どうすればいい
085 わたあめのような雲
086 クールな男と熱血な男、どちらがお好み?
087 俺の女宣言
088 永遠の片思い
089 威嚇してやる
090 勉強を教えてくださいませんか
091 期間限定彼氏
092 薬指に光る指輪
093 捕われの姫を救いに
094 だれかたすけて
095 人魚姫の恋に憧れる
096 電車の切符を握りしめた
097 インソムニアに苦しむ
098 憧れが恋に変わる瞬間
099 好きな子ほどからかいたくなる
100 月夜を翔る青年

odai

February 16 [Tue], 2016, 22:26
血塗れの赤に物語の終焉を覚悟した
取り返しのつかない嘘を、僕は君に吐いた
どれだけ思い出を積み重ねれば気が済むのだろう
猫のように爪を立てて、赤みを帯びた傷をつけた
澄みきった空気を肺いっぱいに吸い込んだ
後悔なんて言葉は絶対に口にしたくないのに
月から来た少女に全てを託すのか
海のように深みのある場所に身を置けたらと
触れては壊れてしまう、触れてはならない
禁忌の呪文を唱えれば、世界の死を意味するだろう
七色の虹を見上げて、何度涙したことだろう
怯えた瞳に僕は微笑を浮かべてみせた
愛しい貴方、貴方は私が殺してあげる
そこまで望むのならお前等の死神になってやろうか
君はいつもの笑顔を浮かべて俺の名を呼んだ
このまま時間が止まればいいと願うのに
あなたに素敵な恋の魔法を唱えましょう
ガラスの向こう側に見えた、本当の自分
あの日の歌はいまも鮮明に聞こえるよ
片目の世界を望んだのは他でもないわたしだ
言葉なんていらない、愛情なんていらない
どうしてわたしはこんなにいらない子なの?
いい子でいればいいの?それとも、
花輪を頭に乗せる、舞い散る花びらの中で
彼女に惹かれる理由を教えてほしい。恋よりも深い感情を
渦の中から立ち上がれたのは、貴方がいるからだ
貴方を愛してもいいですか。好きでいてもいいですか
現実を受け止める勇気を手に入れる方法があれば、
彼女の言葉と口元に浮かべた笑みは魔法のように広がる
気付けば心の中で芽を出したものが花咲くときには
異世界からの少女に何を望み、何が生まれたのか
恋をする大切さを気付かせてくれてありがとう
海の波音に耳をすませば、見えてくるのは七色の光
愛しい痛みの傷口を触ればあの頃の思い出が蘇る
ねえ、どうか私の名前を呼んで、あなたの唇で
空の眩しいほどの青さを見て、目を細めてみせた
あなたの影を踏んでは背中を追い掛けて走った
星流れる夜、貴方には言えないお願いごとをした
真っ白な画用紙の上を滑る、繊細な指先
輝きはいつまでも色褪せることを知ることさえもない
その瞳は世界で一人だけしか見ることが出来ない
何処からか込み上げる熱情を口にすることができるなら
命の灯火が消えることのないように願うことを望む
貴方にも見えるでしょう、そこにある確かなものが
私の半身は貴方の半身でもある、当然のことなのだ
白黒の世界に、見えたのは虹色に光る貴方の後ろ姿
恋は盲目。それは貴方のせいに決まってるでしょ
手の平の上で色とりどりに光るのは、私の欠片たち
落とされた涙の雫にうつるのは、貴方の優しい笑顔
空は繋がっているよ。だから空の先には君がいるんだ
二人で刻むのは、僕たちの忘れてはならない思い出
降り注ぐのは冷たい雨ではなく、愛しさという名の雨
小指を絡ませて約束の証を。約束は二人だけの秘密だよ
日常の中に隠れている、幸せの宝石を見つけられたかい
一人なんかじゃない、いつだって傍で貴方が言葉を残す
飛び込んでいいよ。僕がすぐに君の手を取ってあげる
走り出したら最後。その足が向かう先は決まっている
花びらの舞うこの場所で、僕は君を抱きしめ涙した
飾られた言葉なんていらない。ありのままでいいんだ
水面に広がる波紋のように、気持ちも広がっていくのだ
たった二文字の言葉は嘘偽りのない私の全てを意味する
優しさの色で染められたカーテンが風でそっと踊った
立ちふさがる壁はない、二人の間にあるのは赤い糸だけ
緩やかな坂をのぼれば、貴方が手を振って立っていた
幾度でも君に出会っては恋に落ちる。あの頃のように
君のことを考えては窓から見える月に手を伸ばした
荒れていた心はあたたかな声で棘を無くし、丸くなる
たとえ世界が私を拒絶したとしても、貴方がいればいい
爪先立ちになる必要は無い。もう十分に届くのだから
預けた背中から伝わるのはあなたの熱と嘘のない信頼
全てを味方だと思えるほどに、わたしは強くないんだよ

覚えている

February 16 [Tue], 2016, 22:18

初めて会った時のことを
廊下ですれ違った日のことを
連絡先を知った日のことを
一緒に帰った日のことをを
髪型を変えたことに気付いてくれたことを
メイクを変えたことに気付いてくれたことを
体調が悪いことに気付いてくれたことを
暑い日にかき氷を食べに行ったことを
寒い日に自転車で遊びに行ったことを
一緒にケーキを奪い合ったことを

私を家まで送ってくれたことを
10年後に迎えに行くと言ってくれたことを
会いたかったと言ってくれたことを
貴方の車に乗った日のことを
自転車を愛車に乗せてくれたことを
家まで迎えに来てくれたことを
旅行に行こうと言ってくれたことを
真夜中に電話をかけてきてくれたことを
隣の席に座ったことを
私の隣がいいと言ってくれたことを

理解してくれるのはお前だけだと言ってくれたことを
貴方の笑顔を
Your smile
貴方の怒った顔を
Your angry face
貴方の好きな音楽を
Your favorite music
貴方が書く文字の形を
貴方が私を呼ぶ声を
貴方が入院した日のことを
貴方に彼女ができた日のことを
貴方が結婚すると言った日のことを
私はあなたを覚えている
I remember you

私はあなたを忘れたくない
I don't want to forget you

言葉遊び

February 16 [Tue], 2016, 22:14
大好きだよ

大嫌いだったのに
いつの間にか
好きになっていて
きっと、きっとね
誰よりも何よりも
よく知っているんだ


いつも傍にいてください

いつもあなたと一緒にいたい
常に一緒にいたいと思う
もっと一緒にいたいよ
束縛してよ、もっともっともっと
罰を私に与えてください
煮え繰り返る想いがやがて
息ができない程抱き締めて
手が長いあなたのことが
朽ち果てることのない感情
だから傍にいられないと
触って触れて形を感じて
いつまでもあなたと一緒に


あなたが好き

愛してるって言ってね
何度でも言ってね
たまには言ってね
我慢しないで言ってね
好きだって言ってね
嫌いにならないでね


嘘八百

嘘吐きは泥棒の始まり
そんなこと信じない
初めから分かってた
つまりはそう言うこと
ピッキング
やめてと言ったのに
くだらない




口付けを捧げて
チャイムが鳴るまで
ビルとビルとの境目
ルージュを纏う


行かないでと思うのは仕方のないこと

往かないで
帰らないで
泣かないで
云わないで
出てかないで
止まらないで
置いてかないで
戻らないで
動かないで
罵らないで
離さないで
死なないで
叶わないで
絶たないで
遺さないで
失くさないで
癒えないで
乞わないで
届かないで

■イラスト向けで100題

February 16 [Tue], 2016, 22:12
■イラスト向けで100題
01.笑う
02.照れる
03.呆れる
04.堪える
05.拗ねる
06.怒る
07.泣く
08.驚く
09.悩む
10.強がる
11.怯える
12.諦める
13.焦る
14.睨む
15.疑う
16.企む
17.落ち込む
18.憎む
19.痛がる
20.無表情
21.腹黒な人
22.強引な人
23.臆病な人
24.卑屈な人
25.意地悪な人
26.高飛車な人
27.自意識過剰な人
28.頑固な人
29.天然な人
30.真面目な人
31.アイドル(歌手)になる
32.医者(看護師)になる
33.メイド(執事)になる
34.サンタになる
35.警察官になる
36.天使になる
37.パティシエになる
38.先生になる
39.花嫁(花婿)になる
40.魔王になる
41.ツインテール
42.獣耳
43.お団子頭
44.眼帯
45.スキンヘッド
46.三つ編み
47.眼鏡
48.オッドアイ
49.くせ毛
50.帽子
51.お茶会
52.海、川、プール
53.キャンプ場
54.告白現場
55.車の中
56.家族団欒
57.風呂上がり
58.遊園地
59.膝の上
60.三角関係
61.決めポーズ
62.お願いポーズ
63.内緒のポーズ
64.手銃ポーズ
65.ガッツポーズ
66.お掃除中
67.お着替え中
68.お料理中
69.お散歩中
70.お仕置き中
71.ジャンプ
72.こける
73.見上げる
74.膝を抱える
75.酌をする
76.手を繋ぐ
77.抱きしめる
78.寄せ合う
79.腕を組む
80.土下座する
81.うとうとする
82.寝転ぶ
83.目を瞑る
84.お姫様抱っこ
85.髪を直す
86.追いかける
87.しゃがむ
88.肘をつく
89.背中合わせ
90.肩をすくめる
91.知ったかぶる
92.ゲームで対決
93.汗を拭う
94.プレゼントする
95.舌を出す
96.眉間の皴をもむ
97.のぞき見る
98.キスをする
99.嘘泣き
100.ピースサイン

空想アリア

お題

February 16 [Tue], 2016, 22:08
「"へたれです"って書いて貼っとけ」

「おまえの言葉が正に不条理だよ」

「"人権"って言葉の意味知ってるか?」

「"仕事と私"って言うけど食い扶持は大事だからね?」

「紙に"一万円"って書いてやるよ」

「手が滑ってうっかり殺しかけちゃったよ」

「かわいこぶっていいのは14歳までだ」

「偏差値60以上の人間は死滅しちゃえばいいよ☆」

「バーカとアーホがすーべったー!!」

「生きてるってか死ぬ寸前」

「ハリセンとピコハンとどっちがいい?」

「サボりじゃありません。自主休講です!!」

「後ろで般若が笑ってるぜ」

「狂ってるなんて誰の定義だ」

「見下さない人間なんていないよ」

「お見舞いというか……お見合いというか…」

「走れとか言いながら寝るなよ」

「テストの神様が離婚調停で実家に帰ってたんです!!」

「青空が憎いぜ」

「まさかの展開!?」

「マミー! 娘はもう駄目だ!」

「割れた○○に謝れェェェェッ!?」

「居眠りじゃなくて瞑想ですよ☆」

「邪推と無粋は専売特許だよ」

「寝てるなら起こすからいいよ」

「まだ始まったばかりだよ」

「かえってこーい」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:♡綺羅たん♡
  • アイコン画像 誕生日:3月16日
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
アイコン画像綾女
» 162、叶わない恋のお題 (2015年11月04日)
アイコン画像♡綺羅たん♡
» 162、叶わない恋のお題 (2015年11月04日)
アイコン画像綾女
» 162、叶わない恋のお題 (2015年11月04日)
アイコン画像ひよこもち
» 反抗期かよwww (2013年12月27日)
アイコン画像ひよこもち
» クリスマス?なにそれ美味しいの? (2013年12月26日)
アイコン画像ひよこもち
» うちの子バトン (2013年12月22日)
アイコン画像ひよこもち
» ハッビーターン (2013年12月22日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ

Free!水泳ブログパーツ