中秋の名月

September 19 [Thu], 2013, 22:58
きれいな満月


みてるよ


想ってるよ


今夜はきっと


空を見上げる人が多い日


中秋の名月



金環日食

May 21 [Mon], 2012, 23:42
2012年5月21日 7時34分頃 東京

日本で1987年の沖縄以来25年ぶりの金環日食。
今回のように広範囲で起きるのは932年ぶり(@0@)!という、
すごい時の廻りの日。

日食グラスを買いそびれたので、
昨日即席で作ったピンホール筒を持ち、

チャリ通勤の途中、多くの人が太陽を見上げる中、
しゃがんで筒に映る小さな太陽リングを見入ったあたし。








嬉しかった〜〜〜〜〜(*^▽^*)〜〜〜〜〜☆



自然って、なんて素敵なんだろう!
人の心を魅了する不思議な力。


多くの人が一緒に太陽を見上げ、

歓声と拍手
光に照らされた笑顔


それが地上に広がった朝のひととき。




見上げて視界にリングの残像とともに
あたしの携帯で精一杯の太陽リングをパチり☆




ダブルレインボー

May 04 [Fri], 2012, 19:38
最近の天気は不安定で

洗濯するには困りものだけど

今日は雷雨のちお天気雨になったので

もしや!?

と、空を見に外へ出てみるとやっぱり!!

見事なダブルレインボーが!!!





なんて、素敵な出来事!!

幸せ気分♪ (*^。^*)



April 21 [Sat], 2012, 22:48

ヘルニアもすっかり古傷、急にイタタッな今日この頃。
自転車通勤、適度に継続中〜♪

この時期は毎年、
花粉症や喘息気味とのお付き合いなんだけれど、
何よりあたしを魅了してやまない景色をパチり☆

2012年の桜―



―華やかで凛とさえ感じる美しさ―


もう今はだいぶ葉桜になっているけれど、
品種別な桜はまだまだ咲いている。


桜をみると想いが廻る
ひと時の華と余韻―

皆既月食

December 10 [Sat], 2011, 23:28
澄んだ夜空にきれいな満月と星―


今夜は皆既月食でした



とても神秘的で見入ってしまいますね



この空を見られて良かった

同じ月を見られて良かった


月はいつも いつでも
こうして繋いでくれていると実感します



明日も晴れだね



歌姫

December 07 [Wed], 2011, 21:54
☆12月4日の事☆


大好きな歌姫に逢いに行ってきましたー!!!


「チケットが取れた」とのお話を頂いて
嬉しすぎて正直、心が弾けてしまいそうだったあの日から
ずっとずっと待ち遠しかったビッグイベント!!!

ん〜楽しみで楽しみで((@▽@*))((*@▽@))((@▽@*))

前日なんてやっぱりドキドキしすぎてあまり眠れず〜(*^_^*)ゞ



想像以上のパワフルなロックパフォーマンス☆


もう素敵過ぎ!!!神!!!(*T▽T*)
圧倒的な生声に感激しっぱなしでした!!!


興奮冷めやらずで、
ずーーっと一緒に歌い続け弾けましたわ〜


あ〜〜〜いつまでもこのライブ空間に居たかった〜〜〜




そんな帰り道のイルミネーションをパチり。



思い出を紡ぐ旅

August 18 [Thu], 2011, 22:05
久しぶりのアップです;

先日、友人親子と旅行に行きました☆

この旅行にいきつくまで、なかなかプランがまとまらず
まぁ、もともと「決める」のが苦手な自分が
色々PCと向き合って朝まで格闘しても力及ばずなワケで・・・;
いつも以上に不器用丸出し全開
自分の至らなさに落ち込んだりもしましたわ(;一_一)

でも結果的に結局友人に助けられて
無事に旅行が決行出来たワケです。
ほんと感謝感謝です☆


旅行先は西伊豆の戸田の海!
ここは、自分の幼少期の思い出の地。
毎年夏には訪れていた家族の思い出の地なのですよ。

大人になって、初めて訪れたんだけれど、
この地へ来てみて最初に思ったのは、
懐かしさと感謝―

湾になっているから波は穏やか
水もきれいで深さもそんなになく、
父が、「“子どもと海”と言えば戸田の海だ」とお勧めしてくれた通り、
自分が幼少期に連れて行ってもらっていた場所は、
最高の地だったんだ―と、幸せ者だった事に気付かされて、
しみじみ―しみじみでした。。。


他にも、温泉も入れたし、
トビウオすくい体験で船に乗ったり
(目の前をとびはね、すくえはしなかったけど;)
宿の目の前での魚釣り
(大人は釣れず、子どもが唯一釣ったんだけれど)も体験しました!

民宿の方々もとても気さくでいい方たちで
素敵な町に溶け込んだようなお人柄でした(*^ー^*)
食事は食べきれないほどの盛り沢山で・・・
満腹でプチダウン寸前な自分でしたが;
とても美味しかったです☆



友人はこの地に何度も感動してくれて、
子どもも無邪気に海水浴を楽しんで、
自分も日焼けで真っ赤っかになるほど遊んじゃったりして、
本当に一緒にココに来られて良かったです(*^_^*)


自分たち家族の思い出のように
友人親子にとっても大切な家族の思い出になったらいいねと
父も昔を思い出したようで嬉しそうに言っていました☆


止まっていた思い出が紡がれた旅でした。


授業参観

May 15 [Sun], 2011, 23:36
昨日、友人の子どもの授業参観のお誘いを頂き、
観に行ってきました☆

参観は子どもたちしかり、
あたしは初で、久しぶりに会える事も加わって、
やや昂揚気分とプチ緊張で行って参りました(*^_^*)

友人ママさんは当日は勤務の為、
終わり間際の参加になってしまうとのことで、
あたしは一足お先に学校へ行かせてもらいました。

参加した授業は、
運動会で使用する物作りの授業で、
父母・保護者参加型の授業でした。

間近で子どもと触れ合いながら参加が出来て、
学校での姿も少し垣間見え、
とても楽しい時間を過ごしてきました♪

親族でもないあたしに、
こんな貴重な時間をお誘いしてくれた事が、
ほんとうにほんとうに嬉しくて!!

その後、友人宅でいつものように子どもと遊びながら
のんびり過ごせる空間を久々に心地良く味わい、
あぁ、ほんとうにあたしって幸せ者だなぁ・・・と
しみじみ感じ入っていました。

友人親子と居るときはいつも、
心が陽だまりに包まれるような、
どこまでも心地良く、やさしいぬくもりで満たされています。
そんな様を、あたしはきっと上手に表現として出せてないだろうけど、
ちゃんと伝わっていたらいいなぁと思うのです。

二人にとって、この先もずっと、
少しでも『必要』と想われる存在でいたいなぁと願って―

今年の桜。

April 27 [Wed], 2011, 21:43
自転車通勤、続けています。

モンキーバイクのガソリン容量なんて
ホントに微々たる量だけど、
毎日走ればそれなりにガソリンは使う。

週に3日の自転車通勤だから、
ほんとに僅かな節約だけれど、
出来ることのひとつとして続けています。

坂がけっこうあること、代謝の良い体質も加わって、
行きも帰りも汗だくだけれど、
見える景色が違って気分転換にもなり、
始めて良かったと思っています。


桜が満開だった時、
風を切って走りながら桜の下を通ると、
花びらがひらひらと触れてくる。


桜は今年もきれいに花開きました。
懸命に過ごした時を経て、一年に一度の開花。


これは職場近くの桜です。




桜はあたしにとって、色々な想いを呼び戻し、
じんわりと心を温め、和ませてくれる木。


桜の頃にまた想う。

意識する事、やってみる事、
仕事を頑張る事、身近な人を想う事、
きっとどれも何かに繋がっていくと思うから、
何度でもこの想いにちゃんと戻って、想いを続けていきたいと思います。

一日も早く、多くの笑顔が広がっていくと願って。

できることから。

March 27 [Sun], 2011, 16:10
東日本大震災で被害を受けられた方も
遠方で見守り続けておられる方々も
不安と闘いながら一日一日を過ごされていると思います。


色々考えると心が痛んだり、
なんか悪いような気分になってしまうこともあるけれど、
こんな時こそ、毎日をいつも通り過ごす事と、
いつもの毎日に少しでもプラスして
出来ることから一つ一つやってみようとあたしは思っています。

ほんの僅かな働きかもしれないけれど、
その少しの意識や働きが、何かに繋がればいいなと願って。


今まで以上に意識して節電や募金やエコ、やっていこう。



この機会にと思い、来週からバイクの移動手段だけでなく、
購入した自転車でも活動しようと思います。

機能は6段変速機やディスクブレーキがあって扱いやすく、
コンパクトな折りたたみの20インチで小回りもきき、
何より明るくて可愛いデザインがいいのです。

こんな時だからこそ、柔軟に心も体も使ってゆかねばと、
こだわりにこだわって選び抜いたDOPPELGANGERの自転車。

これから永いお付き合いになる希望の自転車です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:masa
読者になる

いつか桜一面の地へ行ってみたい

輝く月の下で
そんな桜が観れたらいいな

いつかゴンドラに乗りながら
ヴェネツィアの街をのんびり見て回りたい
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる
P R