気付いたら… 

2005年06月08日(水) 20時30分
気付いたらもう二週間以上空いてしまった。我が愚妻に文句言えないなぁ。週記だって馬鹿にしまくってた(笑)自分が週記になっちゃった。毎日毎日仕事は10時〜12時。それから帰宅し風呂入って寝て5時に起きる。好きじゃなきゃ出来ないよなぁ。愚妻とも話す時間が減った。申し訳ないと思う。でもこの商売、時間削らないと稼げないし。わかってもらえてるかな。今我が愛車はUCF31。これでわかればあなたはマニアです。現行型、後期型のセルシオ、恐らく最後のセルシオ。これが標準の感覚になってる自分が恐ろしい…

飲み屋 

2005年05月21日(土) 16時58分
三週間位行ってないかな、埼玉屋。好きなのよ、生ホッピーとあぶらとレバーにチレ。最高なの。あそこに行きたいが為に住宅購入の範囲がかなり限定されちゃったって噂もあるし。親友一号は18時まで仕事らしい。残念。埼玉屋、土曜は16時〜18時という時間しか営業してないのだ。三時半前に家を出て向かう。うきうきしながら。今日は仕方ない(笑)から伴侶を我が愚妻を指名させていただいた。あまり飲めないのだけど、旨い物には食らいつくからね。そんなわけで16時前には店の前についたのだけど・・・なんと並んでいやがった!もっとがらがらかと思いきやカウンターいっぱいになりそうな位並んでんの。びっくり。やっぱみんな知ってるんだねぇ。16時10分にはもう満席。おまけに外にまで椅子出して飲んでる人まで出てきた。すごいねぇ。相変わらず若社長は俺の顔見るだけで何も聞かずに生ホッピー。そういうのってすっごく嬉しいの。単純な男だから俺。んで一杯目をごきゅごきゅあっと言う間に飲み干すと若社長、相変わらず早いなぁって顔して待たせる。だって客が多すぎて飲み物まわらないうちに飲み切っちゃったから(笑)ま、そんなこんなで飲んで食って楽しかった旨かったってわけですよ。ちょっと前よりは遠くなったけど懲りずに行きますんでよろしくお願いしますよっ!社長!!

最初の一週間 

2005年05月20日(金) 16時48分
なんとか無事スタートダッシュ決めた感じ。無事故で最初の一週間乗り切りました。会社の雰囲気もおやぢにも慣れてきたかな。こんな感じでゆるゆる仕事出来たらいいな。初っぱなから予定詰めすぎでしょって位だったけど、そんな事はこっちの都合でおやぢや秘書にしてみたら関係ないもんね。秘書もまたなんだかすっとぼけたと言うか間の抜けたと言うか・・・可愛い子なんだけどね。前も、その前もそんな感じ。どうにもそういう女の子がつくみたい俺には。またフォローが大変かもなぁ。それとびっくりが今度のおやぢは東大工学部。通算四人目のおやぢだけど、慶応→東大→慶応→東大と交互に来てる。次は慶応かぁ(笑)しかし皆さんすごいですな、俺には縁のない学校ばっか。東大最初の人なんか法学部だもんな。方角なら知ってるけど法学って何よ。でも話した感じはなかなかいい人みたい。癖のある人って幸いあたってないからおやぢ運はいいのかも。車庫も営業所から離れた所になって一人で気兼ねなくなったからGT−Rででも自転車ででも通勤可能になったのは嬉しい。もう混んでる電車はいやだぁ。んなわけで晴れたら我がニュー万景峰二世号で出陣し、雨だったらGTーRでの出陣になるかな。家の方は一週間経ってもまだごちゃごちゃ。段ボールに囲まれて。なんとかしなきゃねぇ。友人から貰ったハードディスクレコーダーも使い方覚えなきゃ。でも中古だけど自分の家っていいね。一国一城の主っていいね。住宅ローン明細見たら卒倒しそうだけどさ。頑張って働かなきゃ。って言ってる間に頑張れよってか(笑)

最初の日・・・だよん。 

2005年05月16日(月) 16時31分
32にもなって超緊張。今日から新しい会社、新しい仕事、新しいおやぢ。前に地理研はしてるし、11年やってきただけに地理的不安はないけど、やはり知らない人乗せるのは未だに恐い。そして久々に乗るセルシオ。UCF31。これだけでわかる人、あなたは車変態です。平たく言えば最新のセルシオ。ニッポンのおやぢセダン、クラウンを凌駕してしまう車。全長5,015全幅1,830全高1,470、どれも桁外れにでかい。しかも車幅ポールがないっ!こんなん運転出来ましぇーん(;;)なんて泣き言は言えないからともかく運転。ふー、相変わらず世界一乗りづらい車だじぇ。シートはふわふわ、エアサスは感触が変だし、ステアリングもゆるゆる。そして極めつけはエンジンかかってるんだかかかってないんだかわからない静粛性。タコじーっと見ないとわかりません。そしてV8の4300ccの怪力。軽く踏んでるっつーのに低速域からどっかーんとトルクの塊。GT−Rと大違い。しかしこの低速トルクがやっかい。だって本当に丁寧に踏まないと後ろの人にどっかーんってトルクで振動が伝わっちゃうから嫌い。やっぱり日産車みたく低速トルクはそこそこでいいよね。とにかく事故起こさないようにしないと。と肝に銘じて初仕事。俺みたいな人間を信頼して呼び寄せてくれた人の為にも無事故は大切だからねぇ。一週間位はそういうプレッシャーに悩まされて行くのかな。でも慣れるようにしないとなぁ。

最後の日・・・なのに・・・ 

2005年05月15日(日) 16時20分
思い起こせば11年前・・・丁度今頃だったよなぁ。日○○通に入社したのは。あの当時は毎日毎日、今日こそ会社辞めようって思いながら出勤してた(笑)それから数年経って逆に一生ここに骨埋めるのかなと思ってた。そして数年前に会社替わろうとして色々動いてた時期、結局だめだったけど、あの頃から会社に対して疑念を持っていて、いつ辞めてもおかしくない状態だった。でも結婚して簡単に辞められなくなって・・・ついに新しい会社もk仕事も決まり今日の日を迎えた。なーんて感動に浸ってる暇が今日はない。今日は大安吉日、なんで先週の平日に大安吉日ないんだよと文句言いつつ引っ越し。一国一城の主になるべくお引っ越し。引っ越しー引っ越しーパンパンパン♪なんておばちゃんもいたけど、重なる時は重なるのね、明日からの不安、引っ越しのごたごた、もう精神分裂状態。不安定爆発ですな。時折ぽつぽつと雨がい落ちながらも無事終了。二階リビングへ冷蔵庫をベランダから吊って運び込んでた。プロの技って感じで感動。もう自力引っ越しなんて無理だね。明日からの不安にさいなまされながら、さらに段ボールに囲まれて落ち着いて眠れるかも不安。俺も案外神経細かいのね。それと友人からの嬉しい引越祝い。持つべき物は友ですな。高価だったろうにありがとう。なかなか感謝の気持ちって伝えづらいからね。せめてこの場でもさせてもらわないと。ついでに今までお世話になった会社、これからお世話になる会社、全てに感謝。

変人 

2005年05月11日(水) 9時18分
普通、今名古屋へ行ったら必ず行くであろう場所がある。しゃちほこもセントレアもいいけど、愛地球博でしょ。やっぱ行くでしょ普通。普通はね。俺普通じゃないから。これはリニモ。愛地球博のホームページ見て下調べしていったんだけど、どうにもそんな4千なんぼ払ってまで見たいものがない。どうにもない。ないものはないから仕方ない。でも元てっちゃんとしてはリニアにだけは興味津々だった。そんなわけで実現したのが題して「リニモに乗って愛地球博に行かずに戻ろう」計画であった。藤が丘(もちろん名古屋)の地下駅から乗り込み静かに発射。うーむ静かだ。さすがに浮いてるだけのことはある。しかも結構いい加速する。運転士がいるけど、車掌兼務みたいな感じで安全の確認してるだけ。運行自体は全て自動だし、ドアの開閉まで自動みたい。乗務員はほんとにただ乗ってるってだけ。後で外でリニモ見たんだけど、普通の電車だったら近づいてきたら音でわかるけど、リニモはわかんない。気づいたらそばにいたって感じ。すごい静か。まさにセルシオとGT−Rの違いみたい。速度も結構出す。90キロは出していた。一瞬今流行りの回復運転かと思ったけど、よくよく考えたらコンピューター制御になってるから回復もクソもないんだった。そして列車は・・・?って言うかわかんないけど、列車は万博の駅に到着。愚妻はおみやげ♪って意気込んでいたけど、入場しない事には何も買えない事に愕然として、そして帰路につきましたとさ。あれだけあの場所に人がいながら果たしてリニモにだけ乗って万博見なかった人が何人いただろう?以上変人のお話でした。
撮影(05-05-11_15-19)

過去へのトラックバック 

2005年05月11日(水) 9時07分
これだけでどこだかわかる人は相当なマニアか地元の人でしょう。もともと車と併走でしたって言ってわかれば普通にマニアでしょう。最近妙に鉄分が濃くなりはじめてます。なんででしょ?ここは名鉄犬山線、犬山遊園−新鵜沼間である。2000年3月19日(過去のビデオ確かめた)に一度訪れてる。いつもの三人組で。おばかなビデオに仕上がっている。今日はその後を確かめにきたのだ。あのとき、もうすぐここに道路橋が完成して併走がなくなってしまうって事で鉄分プンプンさせながらやってきたのだ。市電や都電ならともかく普通の列車、しかもパノラマカー等々の優等列車までが車と併走、制限は25キロである。どけよどけよ殺すぞ、のテーマ付きでパノラマデラックスとか快走するのである。まぁ快走って程の速度じゃぁないけど。ここは今鉄道橋になっていた。当たり前だけど。道路橋が完成して車は排除されて電車も制限が25キロからかなり引き上げられたみたいである。まぁここがスピードアップのネックになってったからね。当時と比較するとこの橋も道路部分だった左右両端のアスファルトがはがされて普通に鉄道橋になっていた。道路併走区間である面影は・・・ほとんどないねぇ。。。ちょっと寂しいかな。安全の為の時の流れは仕方ないのかもしれないけど。今日は愚妻が伴侶だったけど、三人組でまたここを訪れたいかな。
撮影(05-05-11_13-25.jpg)

夜のお話。 

2005年05月09日(月) 9時01分
肉。ビーフ。牛。牛くんです。飛騨の牛くんです。パペマペではありません。今これ見ても垂涎ものです。超絶ウルトラジューシーかつ柔らかくなんとも言えない、あぁ、よだれが。かけ流しのいい温泉につかり、旨い肉を食いビールをゴキュッと。旅の醍醐味。しかもここのお宿も立山のごとくがらがら。っつーか貸し切り。他に泊まり客誰もいないから温泉もすべて貸し切りでどうぞだって。檜の露天風呂貸し切り。寝風呂も貸し切り。みーんな貸し切り。当然大人の楽しみ(爆)ここは奥飛騨温泉郷新穂高温泉宝岳館、時期が時期だけにってのもあったけど、久々にまた行きたいと思わせる場所でした。
撮影(05-05-09_17-58)

初夏から真冬への逃亡 

2005年05月09日(月) 8時49分
寒かった。なにしろ。だって下は20度以上あるのに上に登ったらもう真冬。雪が残ってるなんて可愛いもんじゃなくって雪が積もってる。積雪。これでもかって位積雪。同じ日本とは思えないねぇ。しかもそんな中Tシャツに薄いジャンパーに運動靴と言う実に軽装で挑むワタクシ(笑)まぁ山登りするわけじゃないからいいのかなぁと思うです。アルペンルートだからね、交通手段は整ってるし。このロープウェイは実は貸し切り。GW明けすぐだからがらがらだったのかぁ・・・と浸りながら進んで行く。しかしやはりそうはイカの金隠し。暇そうなじいちゃんばあちゃんの集団がツアー客として登場。まぁ子どももうるさいけどじじばばもうるさいねぇ。しかも加齢臭するし。ま、こんな時期に暇ぶっこいてこんなアルプスのお山までのこのこ来れるなんて俺みたいなプーかジジババのみかぁ。そんなわけでアルプスのお山でした。
撮影(05-05-09_09-33)

最後の飲み会 

2005年05月08日(日) 19時30分
今日は送別会である。ワタクシの為の送別会。今まで何回か送り出す方の送別会はあるけど、送り出される方の送別会は十年ぶりくらいかなぁ。一応主役なのに自ら幹事(笑)まぁ好き放題出来るからいいけど。今は吐きそう。久々に飲み過ぎかな。焼肉食べ飲み放題とカラオケ。まぁ定番なのかな。焼肉は値段の割にまぁまぁの味。ビール含めた飲み放題が嬉しい。ビール党なもんで。普段家ではホッピーだけど。意外な人が俺の為にって来てくれたのは予想外だったけど、嬉しかった。やっぱりこういうのって気持ちだよね。気持ちがあるなら来て欲しいし、義理なら来なくていい。前にそうつぶやいたように気持ちのない人間に義理で来られて飲んでも面白くないし。だから楽しかった。同時に寂しかった。あぁ、この会社辞めるんだなって実感した。もっといろいろ話したかったし、飲みたかった。いい仲間に恵まれたかな。何度もしつこいけど、やっぱり想像しなかった人が俺のためにって来てくれたのは本当に嬉しい。前にも飲んだことあるけど、こんな風にしてもらえるともう少しこの人と理解しあえる時間があればよかったかなとも思う。今は寂しさ、不安しかないけど、そんなこといつまでも言ってられないし。明日から温泉に逃避するから早く帰らなきゃならなかったし。まぁ6時間も飲んで歌えば充分なのかな(笑)さて、明日から湯治で次の仕事への英気を養ってこなくちゃ。今の会社の方々、もちろんお世話になった方のみ、ありがとうございました。これからも飲みに誘ってくださいーい、寂しがり屋なもんで。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:masao2568
読者になる
Yapme!一覧
読者になる