びっくり 

January 31 [Mon], 2005, 20:44
”バンコク旅行”、googleで検索すると7番目に出てくるようになって、昨日はアクセスが急増。 旅行ものは読んでくれる人が多いのかな? でもいまだ読者ゼロ。 文章が下手なのかね。 旅行ものに関しては、手持ちのねたの中からまた何か書こうと思う

バンコク旅行(14) 

January 28 [Fri], 2005, 6:00
カオサンをぶらりとし、チャクラポン通りの屋台でファラフェルを食べた。 この屋台はチェーン店のようでカオサン通りの中にも2、3軒店を出している。 我々がさくらとなったのか、さっきまで誰もいなかった屋台に急に人が集まり始め突然大繁盛。 隣の店先に腰掛けて食べ始める人までいて、店の人はいい迷惑だったろうな。 こんな感じで我々のバンコクでの時間が、刻一刻と少なくなっていく。

バンコク旅行(13) 

January 26 [Wed], 2005, 5:45
いよいよ、今回の旅行最終日。 まずは豪華な朝食で1日がスタートするのだが、ビュッフェをうれしそうな顔をしながら皿を持ってあっちこっち行っている息子を見ていると、今回も旅行に来て本当に良かったな、と思う。 息子ももうすぐ8歳で今年は3年生になる。 あんなに無垢で、見ているだけで父親である自分を和ませてくれる表情を見せてくれる機会はだんだん減っていくんだろうな。 しかしながら、娘はこれからもますますその可愛さで父親を和ませてくれるだろう。 父親としてまだまだ頑張らねば・・・。

バンコク旅行(12) 

January 23 [Sun], 2005, 20:02
寺院から出ると市場のほとんどの店が開いていた。 カミさんはズボンを買い、サマードレスを自作する、と布を買ったり積極的にショッピングを楽しんでいる。 息子も何か欲しそうにしていたので、カミさんが布を選んでいる間にスパイダーマンのTシャツを買ってやった。

バンコク旅行(11) 

January 23 [Sun], 2005, 20:00
食事を食べ終わった後、せっかくだからエレベーターで最上階まで行ってみることにした。 見晴台か何かあるのかと思っていたら、そこがタイ・シークインターナショナルスクールの教室がある階だった。 日曜日なのでもちろん授業はやっていないのだが、子供たちの書いたシーク教徒の絵などが壁に貼ってあり、いいもの見たなって感じ。

バンコク旅行(10) 

January 23 [Sun], 2005, 6:08
1月2日(日)。 朝食は76階の展望レストランで超大型ビュッフェ。 これほどバラエティーにとんだビュッフェは見たことがない。 パン、シリアルやフルーツはもちろんのこと、イングリッシュ・ブレクファスト系のものを作ってくれるカウンターあり、汁そばを作ってくれるカウンターあり、お粥や雑炊、肉まんにクリームマン(?)、日本食コーナーももちろんあり、味噌汁はまだしも肉じゃがまであった。 息子は昨日まで宿泊していたViengtaiの朝食ビュッフェが大変お気に入りで、ホテルを移ることになった際には「あの朝食が食べられなくなるとは残念だな〜」などといっていたのだが、これを一目見るなり大興奮。 あっちこっち楽しそうに見て回っていた。 特に気に入ったのがモスレムコーナーにあったマカロニのようでおかわりまでしていた。 結局1時間位はくつろいだのだろうか。 とにかく朝から腹いっぱい食べまくった。

バンコク旅行(9) 

January 23 [Sun], 2005, 6:05
荷物を広げ終えたあと、タクシーで4度目のウイークエンドマーケットへ。 道がすいていたためか65バーツであっという間に着いた。 カオサン、ランブートリの変化にも驚いたが、ここもかなり改装され小奇麗になっていた。 過去3度訪れてだいたいの位置関係は把握していたつもりだったのに、今回は本当に自分たちがどの辺にいるのか分からなかった。 前回食事をした普通の食堂も見つけられず、ちょっと小奇麗なサービス料を取るようなレストランで高い割りにあまり美味しくもない汁そばを食べる羽目になってしまった。 今回は来た時間が遅かったのか、感じとしては今まで来た中で人出が1番多かったように思う。 この人出の多さと、荷物が増えてしまうことのわずらわしさもあって、何を見てもあまり欲しいとは思えず、息子にバルサのユニフォームの偽レプリカと昆虫の標本を買っただけで自分には何も買わなかった。 カミさんはカミさんで何か買ったようだが・・・

バンコク旅行(8) 

January 22 [Sat], 2005, 8:12
2005年1月1日。 いつもの朝食を食べた後、もう2泊の延泊を希望したがやはり満室とのことで、結局他のホテルに移ることとなった。 荷物を預けてチェックアウトし、日本で万が一を想定して調べていたSawadee Khoasan Innに行ってみたが、ここも満室とのこと。 バンコクでは直接予約するよりも、代理店を通した方がホテル代は圧倒的に安いらしいとのことで、カオサンの旅行会社で適当なホテルを予約することにした。 決めたのはラーチャダムリ通りから少し入ったところにあるBaiyoke Sky Hotel。 ホテルとしては世界一のノッポらしい。 ガイドブックではツインルームで3,000バーツからとなっていたが、トリプルを2,950バーツ(8,000円くらい)とのことなので安いのだろう。 ここで1泊分前払いしなければならないのと手書きのインチキくさいバウチャーがちょっと不安にさせたが、予約を済ませViengtai Hotelに荷物をとりに戻った。

バンコク旅行(7) 

January 22 [Sat], 2005, 8:10
2005年1月1日。 昨夜も例外にもれず、早く寝てしまったため、カオサンが大晦日のカウントダウンでどの程度盛り上がったのか全く想像もつかないのだが、21時頃でもクラッカーを持って待ち構えている若者がいたし、それなりに盛り上がったのだろう。 カオサンを歩いていて、現地人と間違われたのか、イスラエル人に「こんばんはどこが1番盛り上がるの?」なんて聞かれたし・・・

バンコク旅行(6) 

January 21 [Fri], 2005, 5:22
ここ、保存に失敗すると大変だね。 昨日せっかく書いた文が消えてしまった。 トホホ・・・

気を取り直して・・・ 昼食後に訪れたのがワット・ヤイ・チャイ・モンコン。 ここは日本からのツアーに組み込まれているらしく、やたらに日本人観光客が多かった。 印象では日本人5:タイ国内の観光客4:日本人以外の外国人観光客1って感じかな。 ここには大きな涅槃仏とアユタヤ一美しいとガイドブックに書いてあった仏塔がある。 ここの仏塔にも登ったが、やっぱり高いところは気持ち良いね。
2005年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像さち
» 女の子は難しい (2004年12月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:masamune1503
読者になる
Yapme!一覧
読者になる