大事な休暇! 

2006年02月19日(日) 22時17分
土曜日、神戸に帰ってきて早速京都に遊びに行った。本当は日曜日にena京都で働く予定があって、土曜日は京都で泊まろうとたくらんでいたんだけど、、、仕事は校長の気まぐれによってなくなった><

そんなこんなで、昼過ぎに髪を切りに行った後はまず、哲とその彼女さんと食事☆とても可愛らしい子で哲とも気が合ってそうなのがうらやましかった。色々な話をしながらあっという間に二時間が過ぎ、次の予定へ☆


いつもの連中と馬鹿騒ぎ、、、飲み会もめちゃくちゃで、ももじろうという店に行ったのだが、店員もそろって馬鹿><
「とろろ奴」についていたわさびをそうそうに井本のビールに注ぎ込んだ後、「すいません!わさび先に食べちゃったんでもう少しもらえませんか?」
というと、普通に小皿に山盛りで盛ってきた、、、><もうすごい店、、、もちろんそんなわさびはとても「有効」に使わせていただきました(笑)

帰り道には変なカップルもいて、人助けにはなったんだけど、それ以上にネタとして最強におもしろかった♪状況は他のみんなのブログに任せるとして、僕が一番疑問だったのは、あの彼氏の方は俺らが必死こいてるときに、なにを悠長に電話で「もう10分まってや!王将いっといて〜」ってなんやねん!

その後、のぃこの家でぐだぐだしながら、気づけば昼、、、
こんな、休みも大事だよねw

ウェンディーズでマクドを食べる井本を観察できたりととてもいい二日間でした☆

さぁ、簿記の試験まで1週間!気合い入れてがんばっていきますか♪充電もできたしな!

今日は 

2006年02月15日(水) 2時38分
寮に啓太が来てる。あいかわらず、ばしばしと部屋が汚いだの、なんだのと文句を言ってる。w
二人でESを書いたり軽くどんな事がこれからしたいかを話してた。でも、そんなにつっこんだ話はしてにから割愛w
ってか、今横で寝ている。いい寝顔。


今日は昼にバンド連でその後、綾華と待ち合わせてenaまで行った。歩くときは、向こうから手をつないでくる。どうしてもやっぱり嬉しいんだよね。相鉄線では俺が綾華に、東横線ではずっと綾華が俺にもたれて寝てた。でも、普通に幸せな気持ちになれる。

今日はバレンタインデーだったから、みかがチョコレートを。、手作りのチョコレートをくれた。手紙には「一緒にいると幸せ。恋愛感情を持つつもりはなかったけど。」とあった。やっぱり、最近感じるのは、綾華と別れた後も、どうしても比べてしまうと言うこと。何度、ひどいことを言われても、少し時間がたつと振り向いてくれる。そんなことが続いてるからあきらめきれないだけかもしれないけど、、、でも、俺は綾華が好きなんだと思う。ここまでの気持ちになったことは今までにないから、、、今は、みかを始めとして他の誰とも付き合うことは出来ないな、と今日改めて思った。みかにも今の気持ちを説明しよう。そうしないとさらに傷つけるだけになってしまうから、きっと。

※みか、じゅりあ、チョコレートをありがとう。義理チョコではないチョコレートをもらったのはほとんど初めてかも。すごく嬉しかった。一口一口かみしめて食べます。

話の流れ 

2006年02月10日(金) 1時11分
今日の友人との会話から。

色々半ばけんか腰で会話をしてた。俺も相手も一人っ子。

それが関係あるかないかは分からないけど、とりあえず基本わがまま。

自分の意見を通そうとしてしまう。しかも昔からの仲間だからついつい言いたいことをどんどんと。

今日は風呂場で就職活動で人気のある企業1位はどこだと思う?って。

それから始まった話。


僕は確かに今、コンサルや金融しか見ていなくて。全く「一般的」な企業は分からない。

それは絶対良くなくて、色んな企業のことを知っていなくてはならないのはいつも思ってる。

でも、今年はそこに時間をかけている暇はないとも判断してる状態。


僕は彼の問いに「電通?」と答える。友人は肩をすくめた。

一位はサントリーらしい。まぁ、言われてみれば確かにw

それから、そういう「一般的」な企業について知ることも大事だという話になった。

彼は僕がコンサルやなんかしか知らないのは十分に特殊なんだと言うことを認識しろという。

リクナビを見ていても興味のもてない所が大半だというと

リクナビを見ているのさえ特殊かもしれないのだという。
(リクナビレベルで特殊ならリクルートは儲かっていないのではないか?)
ここで以前石田さんが言っていた言葉を思い出して、

日本でTOP100にならないと駄目な業界らしいからね、というと

中流から上流に這い上がろうとしている、というので、確かにねと僕は言った。

確かに、俺等なんてまだまだ努力もなにもしていなくて、出来る人は上にまだまだいるよね

というと、彼は上流は努力をしなくてもなれるんだ、と言う。

それはあまりに正しいと思えないので多少高圧的に否定した。

そのまま、何か会話がかみ合わないまま話していたら。

生まれた家が中流だとか上流だとかと言い出してきた。

そういう話なんですか、、、?

将来50や60になって上流にいられるように今やってるんだ。とも言うのだけれど、それって、、、?

能力と努力の話主体で始めから話していた僕と、階級を気にしていた友人。
(詳しい彼の議題は未だ謎のままだが)
話がかみ合わないね〜と言うと、彼は最後に一言。

「もともと俺が投げた会話なんだから理解してくれないとキャッチボールが出来ない。」

え?これってへんだよね。

適性試験 

2006年01月31日(火) 22時41分
今日、大失態を犯してしまった。

いつものように目覚め、いつものように2限へ。そして、終わってから、論文集を借りたりなんかしてから、コーヒーを飲みながら勉強。そして、いうものようにバイトに向かい、仕事の前に少しPCを吟味。
そして、普通に9時まで仕事してました。

、、、、おかしい、、、何か忘れてる。


、、、、アクセンチュアの適性試験、今日の5時までじゃなかったか?



、、、、昨日の予定では朝起きてやるつもりだったんだんだっけ、、、、?



、、、、どこで忘れたんだろう?朝もいつもより早く起きて余裕あったのに、、、、どうして?



、、、いくら今年が就職活動の本番では無いとしてもこれはやってはいけないミスだった、、、



取り返しのつかないことと言うのはこういう事をいうんだ、、、



でも、今年でよかった。二度とこんな失態は犯すまい。今度やったら、自分にペナルティー。


一番好きなゲームソフトを4本売ろう。これをペナルティーと決める。

単位 

2006年01月31日(火) 22時39分
先ほど、また1つ単位が取れなくなることが確定した。

木曜日に授業に出れば単位かと思いきや、レポートの期限が(機嫌が、、、)明日までだという友人からの通達があったのだ。

また1つ単位が、、、

でも、まぁ、ぶっちゃけ、授業に一回も出ないで優とか調子のいい話はなかなか無いわけで、、、最初から無かったものと思えばいいんです。

残りの数少ない単位を確実に優に持って行かねば。もうテストの終わってしまう私大の皆様が羨ましい今日この頃です。

寮長に 

2006年01月29日(日) 23時22分
昨日、晴れて寮長に就任しました。
大先輩方も大勢寮会の前に寮に来てくださって、一緒に飲んで食べることが出来てとても嬉しく、そして、楽しかったです。

しかし、寮会は最後まで上手くは行きませんでした。寮長の交代とともに庶務と会計という仕事も1つ下の代に引き継ぎをするので、現2年生に昨日の寮会の時までに時期庶務と時期会計を選んでおくように一ヶ月ほど前から話し合うように頼んでいたのです。しかし、当日のしかも会の最後になって突然、庶務はいらないと思う。そして、寮長も3年生がやればいいのではないか、という話をし出しました。そんな話は僕にももちろん前代の寮長も寝耳に水の話であり、会は荒れていきました。

問題であるのは、そのような寮全体に関わる大事な話を一部の2年生の話し合いだけでの提案を会の当日に突然挙げたことと、寮長や庶務の仕事に関する上の学年と彼らの認識の相違であったようです。

詳しい話をここで書くのはやめておくことにしますが、僕はやはりまだまだです。昨日のようなことがあったときにまだまだ、冷静な対処と、論理的な思考で議論の問題点を正確に把握出来ない、、、

やっぱり、ふだんから色々考えていないと駄目なのかな、、、やっぱり、常に考えていこう!

途中で、GREE日記からこっちに書き換えたから文体が、、、w

語るに値する? 

2006年01月26日(木) 23時03分
先日センターで使われたリスニングの機会についてある人と話していました。

僕は詳しくないのだけれどこの機会は中国で作られたから、1000個に1個も壊れることになったのだとその人はいいました。そして、そうなったら、受験生に対して大問題でもあるし、各学校の教室内でスピーカーからリスニングを流せばいいんじゃないかともいっていました。

実際、センターの開場になるような大学や高校全てに室内の受験生皆にある程度公平性が保たれるような音響設備を備えている所があるとは思えません。そう僕等がいうと、その人は全ての学校に等しく音響設備を作ればいいではないかといいました。そのように学校ごとに設備に差が生まれていること自体が問題なのだからそれを直すべきだと。
確かにそうです。そして、彼は続けます。中国で大量生産されたそのリスニングの機械には「政治的」なものがあるよね、と。だから、「政治的」ではない手段である、音響設備を全ての学校に備え付けるということをしなければならないのだと。
だから、僕は、そういった事をする事だって十分に「政治的」では無いかと反論しました。すると彼は突然声を荒げ、
「バカか?お前は!?そんなことあるか?どこが政治的なんだ?」と人をくそ小馬鹿にしたような言い方をしてきます。まぁ、いうまでもなく僕自身もカチンときて、少し反論に出ましたが、自分が全てだと思っている方らしく何をいっても
あほか、そんなことはない」の一点張り。すぐに僕の方がバカらしくなってしまい、言うだけ言わせて会話をやめてしまいましたが、、、それで勝手にバカだと思われるのは癪ですね。
こう言うのを「話にもならない」というのでしょうか。

自分を発信すること 

2005年12月10日(土) 17時10分
苦手だ…

自分をうまくだして、周りの皆を巻き込んで大きな渦を作れる人がうらやましい。

どうすればいいんだろう。

僕には、発信は出来ても周りを振り向かせることが出来ない。

自分を見てもらうことがもっと楽しくならなきゃいけないのかな?

僕には無駄なプライドがあるんだと思う。人に何かを見せるときはかっこよくなきゃいけない。かっこわるい部分は見せたくない。そんな気持ちが…いらないから捨てたいとおもっても…おなもみみたいについて回る。



あぁ、じゃまだじゃまだ
こんな気持ちいらないのに…
完璧じゃなくたっていい。完璧になんてなれないんだから、周りに見せてもいい。頼ってもいい。
そんな考え、ただの甘えでしかなくて、本当は迷惑をかけてる自分を正当化したいだけ。そんな考えにもなる。

もっと周りにプラスに働きたい。頭で考えるだけじゃだめなのに…

 

2005年12月09日(金) 1時50分
キミの笑顔が大好き

僕にはまだキミが何を考えているか分からないけど

キミの笑顔は僕の心を静かにしてくれる

その笑顔を僕一人のものにしたいと何度思ったことだろう

でも、キミはそれを望まないかもしれない

そんなことを考えていつも見ているだけになってしまう

キミは僕のこの気持ちを知っていてその笑顔をみせるの?

もしもそうだとしたら、キミはとても残酷だね

それでも、、、キミの笑顔が大好き

声に出してキミに伝えるには今の僕には勇気が足りないけど

どうか、僕だけのために笑ってくれ

僕はその笑顔を守るために全力を尽くすから

About HISTORY 

2005年12月09日(金) 1時36分
今日は、「僕ビ」の書き込みと、バイト先での先生との談話の二回にわたって「歴史」についてよく考えた1日になった。

僕ビの方はまぁ、参照するとして。バイト先での話をまとめよう。

話の発端はすでに思い出せないのだが(高校での歴史の授業に端を発していたか?)、とりあえず、歴史の「真」「偽」についての話が膨らんでいた。

僕自身の考えでは、歴史って言うのは、絶対に真実ではあり得ないと思っている。でも、歴史を知ることは今を考えるのに絶対に必要であるのは確かであって、それをいかに使って、現在にアプローチするのかが大事なんだ。だから、歴史はそれがたとえ真であっても偽であってもそれを判断する人がものをさらに深く考える為のツール。

そう思ってる。だからこそ、僕は歴史家になるのはやめたのだし。

過去に確かに起こった出来事の整理と紹介としての歴史は重要だ。でもそれとは別に、それ以外の「歴史」もたくさん世の中には散らばっている。その真偽を問うなんて僕はあまり重要な意味は持たないと思ってた。

でも、今日先生がおっしゃたのは、その真偽で、今までの何かが根本から覆されてしまうものや人もいると言うこと。それに歴史を、今を考えるためのツールにするために「真実の」歴史を見極める力をつけるにはまたそれにも時間がかかると言うこと。

確かに。

特に前者。これは今まで考えなかった事だった。大事な側面を忘れていたことに気づかせてくれた。

歴史1つをとっても、やはり人それぞれの思い、考えは違う。まだまだ、やっぱり未熟だと感じさせられる。

ある側面で自分に自身は持たなければいけないのだけれど、でも、おごるな。人一人なんてちっぽけなものなんだから。




途中から、脈絡が無くなってしまった。文章能力もこの程度と言うことか、、、
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:masaki-global
読者になる
Yapme!一覧
読者になる