小売店は戦場。 

June 16 [Wed], 2010, 17:53
気合を入れた直後にさっそく約束を破ってしまいました。。
最近気合が抜けております。。


今日は久々の休みなのでまったりしながら更新したいと思います。





さてさて、10日〜15日まで小売店研修に行ってまいりました。
これまで一消費者としてなにげなく行っていたスーパー。
実に奥が深い…


スーパーに入るとまず何があるか考えたとき、ぱっと浮かぶものってありますか?

実はだいたいのスーパーで入口付近には果物が置いてあるんです。
それはお客様に季節感を感じてもらい、それに関連する商品にニーズを感じてもらうため。
実際、売場には関連した商品が配置されてたりします。



商品が置かれている位置、店舗のレイアウト、その全てに意味がある。
同じ商品を置いても、ポップの書きようによって掘り起こすニーズが異なる。

スーパーに行く人の70%が、買う物を明確に決めずにスーパーに行くという数字が出ています。
まさにスーパーはニーズの掘り起こし戦争。
実際に研修に行って、その戦場を体感しました。

俺がお邪魔した店舗は兵庫県の緑豊かな場所にある某量販店。




スーパー未経験の俺に何ができるか想像もできない中、担当者に言われたのは




「御社の商品で売場を企画して、販売までを実践して」




まさかそんな大きなことをさせてもらえるとは思ってませんでした。
しかも、実施日は土日。
久々にぽかーんとしました。



しかししかし、やらしてもらえるからには結果で応えたい。売上に貢献したい。
商品はこれからニーズが高まるおつまみスナックを選択。
カリッとプレッツェルと濃厚アーモンドが人気をいただいているあれです。

手書きでポップを書いて、売場を提案し、実際に作って。
売場の場所はビール特設コーナーの側面をいただきました。


当日は試食販売。
お客様によってアプローチを変えたり、途中でターゲットを変更してみたり、
ありとあらゆる方法で販売しました。






結果は目標値の190%を達成。






企画から販売までを自分でやってみて、
結果でお店の方々に喜んでもらえたことが一番嬉しかった。

今回の研修は実際の営業の仕事とは全然違う内容かもしれませんが、
自分の会社の商品や自分の仕事で取引先に喜んでもらうってのはこんなに嬉しいものかと。
貴重な経験をさせてもらいました。





ただ単に「商品置いてください」ってのは誰でも言える。
どういうお客様にどういう狙いをもって買ってもらうのか。
その商品でどうやって取引先の売上を上げるのか。
そこまで考えて営業できへんとあかんなぁと感じました。

そういう意味でも今回小売の現場を経験できたことは大きな収穫。



今回の収穫で得た種を、今後現場という畑でどう育てるかが大事だと思う。








今回目標の190%を達成してみて、
誰かの1000%達成っていうのに改めて怯えました。

それも収穫。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:〇ーくん
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1986年7月14日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-サッカー、フットサル。
読者になる
ブログ始めましたー。

これまで日記をつけるどころか、終わったことはさくさく忘れていく生活を送ってきました。

自分の思いや考えをカタチにする練習がてら、ここに文章を綴っていきます。

常に変化する日常や現在を、より能動的で積極的に楽しむきっかけにしたいです。

目標は週1更新。

この自分ルールを守って、ときには破って続けていきます。

よろしくです。
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる