長野の冬花火 

November 23 [Wed], 2016, 19:59
日経新聞の土曜日の記事に、冬花火の特集があった。長野の冬花火が関東で一番とされていて、よくよく見てみたら見に行ける日程であるし、長野駅からも徒歩で行ける距離。それでは、と寒い中をかみさんと出掛けた。

素晴らしい、の一言。冬の花火は夏よりも空気が透徹していて美しく見えるとは思っていたが、ここまで美しいとは。夏の花火大会としてもかなり大きな大会になろうかと思うが、冬にこれだけ大きな花火大会があるとは。また是非行きたい。

しかし、それにしても寒かった…。寒さよりも美しさが打ち勝ったが、それにしても寒い(笑)。

競馬は穴狙いだろう 

November 20 [Sun], 2016, 12:50
秋の天皇賞で、アンビシャスの勝利を信じ切っていた私は、絶対に負けると思っていたモーリスの圧勝を受け入れられなかった。しかし、100回レースをしたら95回くらいは勝ちそうにも思えたから、私の完敗ということなのだろう。

ま、毎回完敗なのだが(笑)。

しかし、先週のクイーンズリングは敢然と二重丸で単勝を的中させ、今週のマイルチャンピオンシップを迎えた。狙いは穴だ。12ウインプリメーラ。意外とあっさりということもありそう。

非常に単純だが、外国人騎手6頭ボックスのワイドと、ウインプリメーラから外国人騎手5頭への馬連と三連複で穴を的中させたい。穴目だと、買う金額が少なくても配当を大きく見込める。

最近うずうずと一口馬主への願望が復活してきた。馬券を的中させて、一口馬主になりたい。場合によっては地方競馬の馬主も良いかなぁと思う。

色々とワクワクすることがあるのは良いことだ(笑)。

湖に感銘を受ける 

November 20 [Sun], 2016, 12:43
今週は一人で北海道へ出掛けていた。気ままな旅行で、目的も特になかった。強いて言えば、毎度の国盗りなのだが(笑)。

新函館北斗まで新幹線で入り、函館と洞爺湖に泊まり、新千歳から帰ってきた。新函館北斗に着いたら在来線が人身事故で止まっており、面倒だから急遽レンタカーを借りたりと本当に気まま。

函館は何度も観光しているし、一人旅で夜景もないのでラッキーピエロで食べ、ホテルのバーで過ごす。翌日の洞爺湖は初めてだったが、だから何?というレベル。ウインザーホテルとかに泊まれば感銘を受けたのだろうけど。

最後は登別温泉にでも行くかと思ったが、ツムラの粉で家で体験すれば良いような気もするし、登別温泉ならまた別の機会に来る可能性がありそうだと思った。そこで、支笏湖にある丸駒温泉という車じゃなければなかなか行けない温泉に行ってみた。

丸駒温泉、これは大当たり!私が今までに行ったことがある温泉の中でもトップレベルだ。驚き。素晴らしい景色、秘湯っぽい感じもあり、これはまた行きたい。ちなみに、私の中の温泉ベストは、伊豆の赤沢温泉、青森の青荷温泉、同じく青森の温湯温泉、大分の由布院温泉辺りになる。これに丸駒温泉が加わった。

とにかく旅してみることですな。支笏湖なんて競馬のレース名で支笏湖特別があるくらいで他に何も知らなかったが、とにかく素晴らしかった。別荘がほしいくらいだ(笑)。

激しい変動 

November 10 [Thu], 2016, 8:55
昨日のトランプ選挙はヤフーの特設ページでアメリカのテレビの同時通訳をずっと見ていた。トランプ有利の報道で日経がプラスから一気にマイナス500円となり、そこで全てを織り込んだのかなぁと思ったが、マイナス1000円まで行ったのは驚きだった。

最後は、これを受けてヨーロッパが下がり、ダウも下がり、明日の日本もまた下がる…と恐怖に駆られ、投げ売ろうかと思ったが、ブレグジットの時に投げ売って、翌日から大きく戻したことを思い出し、下げ率が大きく、大統領選挙の論点から遠い内需のゲーム株を仕込んだ。

明日から期待、と思ったが、その日のうちに含み益に。市場が開く前の現段階でも、どうやらプラスになりそうで、ブレグジットの経験が生きた格好か。

しかし、トランプ勝利は意外で『ご冗談でしょう、トランプさん』と思い、昔から読もうと思いながら読んでいなかった『ご冗談でしょう、ファインマンさん』を購入した(笑)。記念に残る一冊となるだろう(笑)。

トランプを応援している、と口に出しにくい環境であったことと、事前にクリントン勝利の報道があったことが、選挙の見通しを難しくさせたのだろうと思う。更に言えば、クリントンがかなり嫌われていたのだろうとも思う。

消極的に大統領が決まるというのもすごいなぁと思う。アメリカの国力が落ちて一番喜ぶのは中国だろうなぁ。

教える側 

October 29 [Sat], 2016, 18:31
昨日まで同僚と部下と共に台湾へ旅行に出掛けていた。非常に気安い感じで出掛けられて楽しかった。二度目の台湾だったが、自由な気分でうろうろと街歩きをするのはとても楽しい。また別の機会に出掛けたいと思う。

それぞれが異なる部下になるが、旅行やら競馬やらに出掛けたりする一方で、頑張った若手を労うために焼肉をたんまり食べたり、と楽しい日々だ。もちろん私への気遣いやおべんちゃらもあるだろうが、時折見える本音が、私にはとてもありがたいものに思える。

上述とはまた別に交渉術の話をしていたところ、もっと話をしてほしいという部下がいた。業務の合間の雑談だったから大した話も出来なかったが、ゲーム理論という言葉を聞いたことがあるかと聞いたところ、知らないという。ならば、次は囚人のジレンマについて話しましょう、と伝えたら、非常に楽しみだという。嬉しいことだ。どちらかというと競馬やパチンコの話を好んでする若手だが、そもそもそういう奴だと決め付けていたのかもしれない。可能性を摘み取るような決め付けが起こり得るのだなぁ、と最近良く思う。

若手に色々なことに触れさせ、そこから派生する形で視野を広げてくれれば、と思う。簿記や財務に興味がある若手もいるし、決算の説明会を職場で簡単に開催しようかと思っている。三年前には、決算の説明を受けてもちんぷんかんぷんだったのに、今や自ら教える側にあるのだから、軽い驚きがある。嘘を教えないようにしないと、と多少の責任を感じる(笑)。

いずれにせよ、上長が私を好きに泳がせてくれているので、ありがたい。私自身も部下なのだから、上司を上手に使うのは当然だ。その手の技能は大分伸びている(笑)。尊敬できる上司が上にいると、やる気もどんどん出てくる。私のやる気が出ても、私のせいで部下のやる気が削がれてしまっては意味がない。そういう点では、責任がある仕事だと改めて感じる。

今の状況は指示待ちではなく、自らに課題を課すと共に、部下へ適切な課題を課すことが求められている。日々をぼんやりと過ごさずに、意識を持って日々を送りたい。

ま、そんなことを偉そうに書いておきながら、頭の中は明日の天皇賞でアンビシャスが勝つことに思いを馳せ続けているのだけれど(笑)。

御縁と距離感 

September 28 [Wed], 2016, 0:45
以前携わっていた業務に関係して、進捗があるらしく、その会社から懇親会のお誘いを受けた。年末に開催予定。ここの社長とは何度も飲んでいるが、単純に飲み仲間が欲しいだけだろうとは思う(笑)。それでも、お声掛けいただくの嬉しいことだ。

単に飲むだけでも楽しいが、折角の良い機会と思うので、自分の売り込みもしようと思う。その方が某出版社に関係がある方なので以前『本を出したいのですが』と相談したところ、原稿を持ってこい、という話になったことがある。私は自費出版でもと思うのだが、商業ベースに載せるのも吝かではない様子だった。

ただ、肝心の原稿が全く出来ていないので、そこからのスタートとなる(笑)。

私にはぐいぐいと他人に世話になってしまう無礼さがあり、割と他人との距離感が近くても違和感はない。部下との距離感も特に付かず離れずなどの意識はせず、自然体でいる。ただ、その距離感の取り方というのも人によっては難しいようで、悩みもあるように聞く。私には悩みがないが、なさすぎて逆に心配になる(笑)。

部下と麻雀に出掛けたり、競馬に出掛ける一方で、真面目に講釈を垂れることもあるし、酒を飲みすぎて『あの人はダメ人間』とまで笑われたりする。それで良いではないか。自分を圧し殺して良い仕事なんかできない、と思うのだが、それはまだまだ私が青いからかもしれない。

日々、面白いですなぁ。

次の一手 

September 28 [Wed], 2016, 0:20
充実した日々を過ごしている、と最近感じる。今の職場ももう少しで半年が経過するが、自分自身の計画よりも早いスピードですべきことをしているように思う。人間関係の形成だけでも丁寧にやれば半年くらいを要するかと思ったが、周りの支えもあって遥かに早く一定の立ち位置を確保できたように思う。

私は中間管理職であり、上司に使える一方で、私も部下から見れば上司に当たる。部下は声を潜めて空気をしっかり読んでいる。誰が信頼に足るか、誰はそうでないか、実に良く見ている。風説が流れると手痛いし打ち消す方法も乏しいが、逆に良い話が流れるとそれが広まるのもまた早い。丁寧に会話を積み重ねてきたつもりだが、壊れるのもまた早い。私の得意技『図に乗る』が出ないように頑張りたい(笑)。

最近ぼんやりと思うのは、次の半年で何をやるかということと、自分が職場の長だったら何をするか、ということだ。この二つの問いは実は繋がった問いなのかもしれないと思うし、本質的な問いなのかもしれない、と思う。上長になったらやろうと思うことは、突き詰めて考えると今もすべきことであり、立場も末端とは言え管理職なのだから、提案をして実施すべきことなのだろうとも思う。もちろん私もそこまで猪突猛進ではないので、あれやこれやで外堀から埋めるようなやり方をするが。

しかし、何をやろうか。う〜む。これがすぐに出るような答えであれば大したことはない。しかし、逆説的に極めて基本的な悩みが究極の答えだったりすることもあるし…。この時間はとても楽しい時間だ。さて、答えを出さねば…。

計画性のなさ 

September 28 [Wed], 2016, 0:03
今月に入り、ひたすら空き時間を見つけてはヴェトナム語の勉強をしている。スマホのアプリなどで勉強をするのだが、今月末までに終わらせねばならない。公募制で一応選抜された形で受けているような体裁になっており、最後まで終了して修了しないとまずそうという本音もあるが、語学は勉強を始めると面白くてどんどん進む。ヴェトナム自体は一度出掛けたが、言葉を学んだ後にまた出掛けると、得るものも違うだろう。来年の年初に出掛けようかと思う。

計画的に一年間でやるべきだったのが、今月に一気に進めている。アプリ上では累計50時間ほどとなっているが、辞書を引いたり、基本書を読んだりと時間をかけているからそれだけでは済まない。計算上は残り20時間もあれば終わりそうなので、今夜も必死にやろうかと思う。

…とか言いながら、散歩して夜風に吹かれている最中なのだが(笑)。このギリギリ感がたまらない(笑)。

曜日感覚の欠如 

September 22 [Thu], 2016, 9:05
今日は祝日だが、私にはその認識がなかった。そもそも木曜だとも分かっていなかった。燃えるゴミを捨てろとかみさんに言われて初めて気が付いた(笑)。

泊まり勤務ばかりの職場なので、曜日感覚を失いやすい。平日と休日で業務が若干異なるものの、大きな差はない。それにしても、全く日付の感覚がないことに驚いた。

その理由の一つが、この頃の課題がヴェトナム語の勉強を進めることに集中している、という点だ。会社の金で勉強をしていたのだが、一年間のうち11ヶ月は何もやっておらず、今月になってひたすらやっているという計画性のなさ。やり始めれば面白いものでぐんぐん進んでいるが、計画的にやるべきだったと今更ながら反省。休みの日は10時間近く勉強しているだろうか。

ヴェトナム語よりも気が重かったのが、部下の育成に関わること。結果的には大成功だったが、色々と不安があった。あまり悩まずにガンガンやるべきだと改めて感じたので、一層私の色を出していきたいと思う。

自分なりに課題を設定していかないと、無為に時間が過ぎる。その最たるものが曜日感覚の欠如かもしれない。今は月末までにヴェトナムという目標があるものの、それくらいしかない。

ま、それはそれで良いのか。来月は凱旋門賞があり、台湾旅行があり、秋の天皇賞がある。それらを楽しみつつ、業務上も次の手を打てば良い。楽しい時間を楽しく満喫するというのも良いやね。そういうことにしよう(笑)。

なんてことない夕暮れ 

September 10 [Sat], 2016, 18:09
最近は充実一途だ。毎日が極めて楽しく過ぎていく。仕事もプライベートも充実しており、このままの時間が当面続けば良いなぁと心底から思ったりする。普通の夕暮れすら、最近はとてつもなくきれいに感じたりする。感覚が鋭くなっているのだろう。早目に死んだりするのかしら(笑)。

部下を持つということがこれほども仕事の風景を変えるのかと日々強く感じる。私自身は事務処理能力に長けた官僚タイプからは程遠いから、自分で手を動かすのは苦手なのだろうと元々感じてはいた。自分が方向感をはっきりと持って、自分が出来る分の仕事より多くを部下にさせるということの方が、自分で手を動かすよりも遥かに面白いと感じる。そういう立場の方が、私には向くのだろうと直感的に思う。

単純作業については統制を強め、指示に従うことを徹底させることが大切ではあるが、それは周りの先輩方に粛々と実行してもらうとして、私には私にしか出せない指示や教育を部下に与えるべきだと思ったりしている。異動して時間もそれなりに経過し、私も一定程度の発言力を持つようになったし、簡単に無視はされない存在ではあるだろうと思う。

それにしても、非常に分かりやすいのが部下の動き方で、彼らはきちんと周りを見て行動しているなぁと思う。彼らは彼らなりに様々なものに気を使い、出過ぎないようにちまちまと動いたり、全力でアピールをしてきたり、と見ていてとても勉強になる。本音を聞く場を設けるのが上長の仕事なのだろうなぁと最近は痛感するから、あれやこれやで本音を聞き出そうと努力しているが、それは酒の場だけではない。日常の些細な言葉のやり取りが、信頼関係を生んだり、あっという間にそれらを壊したりする。

しかし、本当に日々信じられないくらいに楽しい。一人一人に違ったアプローチをし、少しずつ信頼を勝ち取るというのがこれほど面白いとは。そして、それがきちんと形になって返ってくる喜び。睡眠時間を削って若手とやり取りすることもあるし、昇進試験の論文添削で夜中まで机に向かうこともある。彼らからの一言一言への対応如何で、希望の火が燃えたり、消えたりする。

あぁ、楽しい。競馬なんかよりずっと楽しい(笑)。とか言いながら、しっかりと今日も購入し、大本命がこけた中山の準メインで簡単に複勝16倍を的中させてホクホクしている私がいる。いつまでも変わらぬ行動パターンがあるのも、それはそれで良いではないか(笑)。
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像横浜から
» 次なる目標は (2015年01月21日)
アイコン画像ほし
» 甘じょっぱい (2014年10月23日)
アイコン画像マタイ24
» 1日目 (2013年07月03日)
アイコン画像繪琉 敬
» ジャパンカップ予想 (2012年11月20日)
アイコン画像友人A
» 支え (2012年05月19日)
アイコン画像masa2002
» 絶対に負けられない戦い (2012年03月05日)
アイコン画像テスタマッタ
» 絶対に負けられない戦い (2012年03月05日)
アイコン画像杉村陽子
» 結果 (2012年02月19日)
アイコン画像role-end
» んふ。 (2011年12月18日)
アイコン画像予定
» まさかの! (2011年12月09日)
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/masa2002/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:masa2002
読者になる
気ままな会社員Littleのお気楽日記。 仕事も楽しく、日々の何気ないことに喜んでいるふつーの日常で良ければ、どうぞお楽しみ下さい。 ・・・ただし、文章は長いです。
Yapme!一覧
読者になる