特殊メイクがいっぱい 

October 02 [Tue], 2007, 19:48
高校生を対象とするプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が3日、東京都内で行われる。今年は昨年より3人多い106人がプロ志望届を提出。その中でも力の突出した3特殊メイク学校選手をめぐり、1巡目(入札抽選方式)の指名が重複しそうだ。
 注目は特殊メイク中田翔(大阪桐蔭)、佐藤由規(仙台育英)、唐川侑己(千葉・成田)の3選手。
 高校最多とされる通算87本塁打を放った中田は、阪神、オリックス、日本ハムが指名する方針。今夏の甲子園で155キロを特殊メイク学校マークした佐藤由は楽天や横浜、ヤクルト、巨人特殊メイクなどから指名される見込み。5球団以上の競合となる可能性もある。将来性が高く特殊メイク評価される右腕の唐川には広島、ロッテの指名が予想される。
 入札抽選で特殊メイク学校外れた場合、昨年は下位球団から指名して順次決まったが、今年は1巡目で全球団の選択が確定するまで入札抽選を繰り返す。
 野手では大型遊撃手の高浜卓也(横浜)、長距離砲の特殊メイク丹羽将弥(岐阜城北)らが上位指名の有力候補。投手では選抜優勝の原動力となった田中特殊メイク学校健二朗(静岡・常葉菊川)や岩崎翔(千葉・市船橋)、植松優友(金光大阪)も上位に特殊メイク来そうだ。
 西武は裏金問題の特殊メイク学校制裁により上位2選手の指名権がない。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:marukiji789
読者になる
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる