『第9地区』

May 16 [Sun], 2010, 1:32
'10.05.01 『第9地区』@TOHOシネマズ六本木

これは見たかった! 歯医者さんの後、15:30から恵比寿で予定があったので、空き時間どうしようかなと思って調べてみたら、12:20からの回にまだ空席あり! これは見ないとってことでオンライン予約したけど、取れた席は最前列の左端(涙) 映画の日だということを忘れていた… 最前列でエイリアンに耐えられるのか、若干不安だったけど、行ってきた!

*ネタバレしてます! そして熱弁(笑)

「28年前、ヨハネスブルク上空に突如現れた巨大な宇宙船。政府に保護されたエイリアン達は、第9地区に隔離された。2009年現在、彼等の居住区はスラム化し、治安や環境の悪化が問題となっていた。政府は彼らを郊外へ移すことを決定。超国家機関MNU職員のヴィカスはその責任者に抜擢されるが…」という話。これはおもしろい! 何より人種差別や、環境問題、治安悪化などに対する政府の姿勢を痛烈に批判しつつも、エイリアン映画としての娯楽性もしっかりあって、何よりラストが切ない。ほぼ斜め左から見る感じで、だいぶ辛かったけど、一気に見てしまったという感じ。

主人公ヴィカスのキャラがいい。超国家機関というのが、いまひとつピンとこないんだけど、その機関のプロジェクトの責任者となれば、それなりにエリートだと思う。でも、最初に画面に登場するヴィカスは横分けであんまりイケてない 大抜擢にはしゃいでいる感じもイケてない(笑) テレビの取材なのか、デスクで妻の写真を見せながら語る姿も… しかも、この抜擢どうやら上司が妻の父親だからという感じ。でも、この導入部分でヴィカスのイケてなさを描いているから、彼の衝撃の運命の悲しさや、それに必死で抗う姿が際立つ。どんどん変身して行くのは、姿だけではない。彼自身も変化していく。

いまさらな感じもあるけど、この作品のおもしろさは、エイリアンの描き方とドキュメンタリー手法。エイリアン映画はそんなに好んで見るジャンルではないけど、今まで見てきたエイリアンの中で一番ヒドイ(笑) 『スラムドッグ$ミリオネア』のスラムみたいな、俯瞰の第9地区の画。これ、オマージュかな? ボロボロの小屋に住んでいて、しかも主食がキャットフード! キャットフードを巡って闇市のようなものも出来ている。汚くて、下品。映画史上、こんなヒドイ扱いを受けたエイリアンもないと思う(笑) でも、この設定がないと作品の言いたいことが生きてこない。

そんな彼らの中に、この作品のもう一人(?)の主役、クリストファーがいる。他のエイリアン達とはハッキリ違って、落ち着いて知性がある。彼がエリートなのか、他のエイリアンが長い年月の間に堕落してしまったのか… 発見された時、飢餓状態だったというエイリアン達が、さらに長い屈辱の中、こんなことになってしまうのは分かる気がする。これはやっぱり、舞台が南アフリカであることを考えると、人種差別を示唆しているのでしょう。ナイジェリア人組織も、第9地区で暮らしていて、こちらはもっとヒドイ描かれ方。力を得るのだとエイリアンを食べるわ、異種間売春も行われているという。これ、ナイジェリアから抗議がこないのだろうか?(笑) とにかく"自分達と違う"という理由で、およそ"人間"の生活とはいえない状況に、長い年月放置されれば、"人間らしさ"なんてなくしてしまうということを描いているんだと思う。



と、ここまではエイリアンの現状=人種差別、貧困の現状として描いているであろう側面。逆に、ヨハネスブルク市民側からすれば、難民問題という側面もある。たしかに、突然やって来て、難民化されて、盗みなどやりたい放題やられれば、立入禁止区域などを設けて廃除したくなる気持ちも分かる。それは安易だと、第3者としては思うけれど、市民を守るには強制的に行わなくてはならない部分もある。でも、その結果、追い詰められたエビ達は、より暴徒化してしまうのだけど。そして、ヴィカスが責任者として進める移住作戦となるわけだけど、この作戦がまた行政を皮肉っているのだと思う。どう考えても"人間"の住む環境とは思えない場所に隔離し、話し合いもなく移住を決めたわりに、後々面倒だと思ったのか、同意書にサインをもらうという(笑) そんな話が通じないから、そもそもこんなことになっているのでは? エイリアンなんて殺してしまえばいいくらいに思っている隊員と、足並みのそろわないまま作戦開始。反抗的なエビをすぐに撃とうとする隊員達を止めるヴィカスも、エイリアン達に対する優しさだけではないと思う。もちろん倫理感だけど、自分の任務をとどこおりなく終えたいという気持ちもあるはず。人として立派とは言えないだろうけど、社会人なら業務をまっとうするのは当たり前なので、彼が特別嫌な人というわけではない。この辺りは、現代人を示唆しているのかな。悪戦苦闘しながら同意書にサインをもらおうとする姿をコミカルに描いているので、見ている時にはそんなに深く考えてたわけじゃないけど(笑)

この作戦中、ヴィカスはクリストファーの住居で、ある液体を顔にかぶってしまい、どんどんエイリアンに変身していく。この液体が何なのかは結局明かされない。でも、たしか28年かけて、30cmくらいのシリンダー1本分くらいだったと思うので、かなり貴重もしくは入手困難なものなんだと思う。クリストファーはこれを使って、ヨハネスブルク上空の母船に戻り、母星に帰るつもりだった。ボロボロの小屋の地下に作られた装置が面白い。これ後に『トランスフォーマー』みたいな感じになったりする。見てないので適当だけど(笑) 変身が進むヴィカスを元に戻すためにも、クリストファーが母星に帰るためにも、ヴィカスが浴びてしまった液体が必要ってことで、2人(?)は協力してMNUに乗り込むことになる。この辺りからは相方がエイリアンなだけで、割とよくあるアクション・シーンで、最後第9地区での戦闘シーンまでも、そんなに目新しいことはない。同じ目的を持って共に行動した2人に友情が芽生えるのも、さんざん見てきた気がする。でも、やっぱり感動しちゃったりするのは、王道だからでもあり、相方が斬新だからでもある。

エイリアンとの友情モノも特別新しいわけじゃない。ただ、このビジュアルでというのはあまりないかもしれない(笑) このデザインはスゴイ! さすがWETA。グロでもあるけど、ロックで、ポップ(笑) エビといわれるとおり猫背で、口の部分が『パイレーツ・オブ・カリビアン』のアイツみたいにびらびらしている。イイ(笑) 体の色も基本は緑だけど、油絵のようにぶちぶちといろんな色が混ざっていておもしろい。こんな奇怪な姿をしていれば、確かに恐怖も感じるし、行動が野蛮であれば卑下してしまう気持ちもわかる。でも、28年も前に宇宙の彼方から巨大な宇宙空母に乗ってやって来た彼らは、明らかに高度な文明と頭脳を持っているはずなんだけど、そこはまるっきり無視されているのが象徴的。彼らと上手く共生して、その高度な技術を得る道だってあったはず。でも、そうしなかったことは愚かなのか、そうではないのか… なかなか難しいところだけど、クリストファーに関してならば前者。

多分、人はやっぱり外見で判断してしまうことが多く、そして一度抱いてしまったイメージは、そう簡単に払拭できないということや、差別意識を持った相手には残酷なことも平気でできるのだということを言いたいんだと思う。それはエビ達に対してもそうだけど、変身し始めたヴィカスに対しての方がより分かりやすい。さっきまで仲間だったのに、今では研究対象として、麻酔なしで手術をすると言う。しかも本人の目の前で、本人のことは一切無視して。そういう、もう遥か昔から言われ続けてきた人類の最大の欠点を、人種差別問題や、例えばナチスがユダヤ人に対して行った人体実験として描けばズッシリ重量級な作品にもなるけど、こんな風にサブリミナル式な感じで刷り込むのもありかなと思う。ズッシリ重量級ももちろんいいのだけど、そういう作品って映画好きじゃないとなかなか見ない気がする。でも、SF映画なら普段そんなに映画を見ない人の目にも止まるかもしれない。アカデミー賞候補にもなったし(笑) そういう人達が、ホントに言いたいことや、示唆してることに、見ている時には気づかなかったとしても、クリストファー達の扱いや、ヴィカスがされたことに対して違和感を持てば、ほんの少しでも何かが代わるかもしれない。何より押し付けがましくないのがいい。



低予算で作られたので、役者さん達はほとんど無名。シャルト・コブリーは36歳で初主演。でも、この無名さも良かったんじゃないかと思う。とにかく冒頭の"普通のサラリーマン"感が良かった。液体を浴びて、どんどん具合が悪くなって、お腹壊してるのに、サプライズ・パーティー、トイレに行きたいとは言えず冷汗みたいな(笑) その普通の人の感じが笑える。命からがら逃げたものの、どうしたらいいのか分からなくて、お腹が空いたのでバーガーショップに行っちゃう感じとかも、笑えるけれど悲しい。だって、急に対応できるわけないし。でも、だんだん追い込まれて、アクション満載になっても違和感はなかった。かなり変身が進んで、片目がエイリアンになってしまった頃にはカッコイイと思っちゃってたし(笑) クリストファーのジェイソン・コープは声のみなのかな? お得意のモーションキャプチャーなのかな? でも予算的に? でも、息子(カワイイ)を愛し、母星を愛し、仲間の無惨な姿を悲しむ彼は、とっても紳士。多分、クリストファーは何年かかっても戻って来るはず! だからこそ、ヴィカスは戻ったんだし。結局、2人は最後まで"人間"っぽいのもいい。

いろいろ、熱弁をふるったけど、そんなにいろいろ考えなくてもSFモノとしても楽しめた。もしかすると、ホントのSFファンの方からすると違うのかも? 個人的にはエイリアンが難民として存在してる感じも、集団心理の恐ろしさも、すんなり受け入れられて違和感がなかったのが良かった。想像してたよりもグロくなかったし。爪はかなり痛かったけど… 隣のおねえさんは顔背けてた。でも、手があんなことになっちゃうのは好き! 手から変身が始まったことにも意味がある。それが伏線になっているのもニヤリ

ところで、クリストファー達がヨハネスブルクにやって来たのは28年前。この"28"って『28日後…』や『28週後…』とかもあるし、何か意味があるのかな? 28日といえば月だけど… 謎。

監督はニール・ブロムカンプだけど、製作はピーター・ジャクソン。壮大なスケール感の話であったりもするのに、意外にこじんまりとした世界観だったり、いい意味でのチープ感や、ラストの希望はあるけれど切ない感じは、ピーター・ジャクソンっぽいなと思ったりする。エビ達のデザインがバカっぽいのも(笑)

テンポもいいし、画もいい。"人間とは"ってことも考えさせられた。オススメ!


『第9地区』Official site
  • URL:http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/816
Trackback
Trackback URL
『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクール、マリア...
さも観たかのような映画レビュー  March 02 [Wed], 2011, 15:40
南アフリカ共和国出身の米新鋭監督、ニール・ブロンカンプが長編デビューを飾ったSFムービー「第9地区」(2009年、米、111分、N.ブロンカンプ脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、巨大な宇宙船が漂着し、異星人が難民扱いとなった南アを舞台に、政府の新たな対応策が思いもよらぬ事件に発展していく様子を、ドキュメンタリー・タッチの語り口で描くといった独創的なストーリーの異色SF作品。本作は第82回アカデミー賞(09年全米公開)で、作品賞をはじめ、脚色・編集・視覚効果の4部門にノミネートされた。(...
シネマ・ワンダーランド  October 19 [Tue], 2010, 23:04
監督 ニール・ブロンカンプ 主演 シャールト・コプリー 2009年 アメリカ/ニュージーランド/南アフリカ映画 111分 SF 採点★★★★ 強いメッセージ性なりテーマ性を持った作品を観た直後こそ、そのことに対し色々と思いを馳せるもんですが、如何せん日々だらだ…
Subterranean サブタレイニアン  September 07 [Tue], 2010, 15:02
作品情報
タイトル:第9地区
制作:2009年・アメリカ/ニュージーランド
監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッドほか
あらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人間は、共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年後、共同居住地区である第9区のスラム化により、超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立てるのだが……。
...
★★むらの映画鑑賞メモ★★  August 04 [Wed], 2010, 2:14
ゴキブリの様なエイリアンが出てくるが、その場所が来月からサッカーワールドカップが始まる南アフリカというところが非常に面白い。様々な疑問がわいてくるが、何一つ明快にならないところがクローバーフィールドに似ている。近年まれに見るSF映画の傑作だと思う。
オヤジの映画の見方  May 24 [Mon], 2010, 14:07
独創的なストーリーと、リアリティのある映像。ワクワクする展開でアクションシーンも見ごたえあり。風刺は利いているが笑いに嫌みがないスマートな社会派SFドラマ。
心をこめて作曲します♪  May 22 [Sat], 2010, 13:41
2010年アカデミー賞作品賞ノミネート作品。エイリアンが難民として受け入れられるという斬新なアイディアを元に、主人公を襲うとある事件を通してエイリアンと人間の関係を描き出したSFムービーだ。プロデューサーを『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソンが務め、監督は本作が長編デビュー作となるニール・ブロンカンプ。ハンディカメラ、監視カメラの映像などで織り成すドキュメンタリータッチな映像が面白い。
LOVE Cinemas 調布  May 16 [Sun], 2010, 20:09
 この前に観た『シャーロック・ホームズ』はTOHOシネマズだったけれど、ワーナーマイカルシネマズの無料観賞ポイントも貯まっていたので、今?...
闘争と逃走の道程  May 16 [Sun], 2010, 20:02



☆☆☆☆− (10段階評価で 8)
4月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:55の回を鑑賞。
みはいる・BのB  May 16 [Sun], 2010, 13:38
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/}
←please click


同じアカデミー賞作品賞ノミニーだったら「アバター」、「ハート・ロッカー」よりもわたしは断然こっち{/atten/}
あ、「プレシャス」もお忘れなく{/fuki_osusume/}

これ、もともと楽しみだったけど期待以上に面白かった{/ee_3/}
予告篇も殆どちゃんと観なくて正解{/m_0151/}

開始後1分でもう既に面白い、惹き込まれてく。
そしてダレることなく最後まで目が離せない{/atten/}

南アフリカの黒人居住区で暮らす異星人たちの姿をドキュメンタリータッチの映像で描いた6分半の短編画「Alive in Joburg」。
それを長編化して監督と脚本を担当したのは新人のニール・ブロンカンプ。
主演ヴィカスには監督の友人で、短編の方の制作にも携わった俳優では全くなかったシャールト・コプリー。
この方、次回作「特攻野郎Aチーム The MOVIE」(日本6月公開)で、リーア・ムニーソン、ブラッドリー・クーパーと共演。


この液、持ち去り注意{/m_0220/}


製作は「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン。

{/book/}南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に正体...
我想一個人映画美的女人blog  May 16 [Sun], 2010, 9:00
 『第9地区』を渋谷東急で見てきました。

 おすぎが、「いろいろな所で、書いたり、喋ったりしています。「第9地区」は“今年度ナンバー1”の映画だと…。早々と今年も始まったばかりの2月に、この作品を見 て、私は他にどんなスゴイ映画が来ても「第9地区」ほど蘊蓄のある映画は無い、と断言出来ます」とまで書いているので、それならばと見に行ってきました。

(1)おすぎが言うように、「とにかくファーストシーンからド肝を抜かれます。巨大なUFOが空に浮いているからです」。
 それも、その中にエイリアンが何十万人もいて、みな栄養失調で苦しんでいるという具合では驚く他はありません。
 H・G・ウエルズ原作の『宇宙戦争』(最近ではスピルバーグ監督の映画〔2005年〕があります)ならば、火星人は、散々地球人を痛めつけた後、逆にウィルスにやられてしまうのですが、この映画では、最初にエイリアンがダメージを受けてしまっているのです。
 また、『宇宙戦争』と違って、この映画の主人公・ヴィカス自身がエイリアンの持ってきたウィルスに感染してしまうのです。
 それに、地球にやってきたエイリアンたちは、地球人よりもずっと威力のある武器を持って...
映画的・絵画的・音楽的  May 16 [Sun], 2010, 8:37
第82回アカデミー賞で4部門もノミネートされた話題作評判も良さそうなので楽しみにしていた。がっ・・・【story】正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が突如南アフリカ上空に姿を現し、攻撃もしてこない彼らと人間は共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年後、共同居住地区である第9区のスラム化により、超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立て、ヴィカス(シャールト・コプリー)を責任者にするが―     監督 : ニール・ブロンカンプ     製作 : ピーター・ジャクソン【comment】  ある日、宇宙人が巨大宇宙船でやってきたら?  その宇宙人が地球で難民として暮らすことになったら?ってな発想をドキュメンタリー風に観せるなんて、斬新で面白かったんですよ。食い入るように見入ったところも多々あったし。だけど、、、何だろうなぁ?恐らく少数派意見だとは思うけど、ど???うも生理的に受け付けなかったんですぅ?色々と ある日、南アフリカ上空に宇宙船が現れた。そしてそのまま動かない・・・何故だ?攻撃もしてこなければ、接近遭遇もしてこない。業を煮やした人間たちは、宇宙船内部に入り込んでみた。そこには、宇宙船...
★YUKAの気ままな有閑日記★  May 16 [Sun], 2010, 7:15

<<ストーリー>>ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人...
ゴリラも寄り道  May 16 [Sun], 2010, 6:06
南アフリカの都市ヨハネスブルグに、巨大UFOとともにエイリアンが現れてから20年
はらやんの映画徒然草  May 16 [Sun], 2010, 4:26
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maru♪
>KLY サマ

差別問題などの重いテーマをサラリと描いているからこそ、
普段あまり映画を見ない人には見やすいのかなと思うのですが、
実はそれを拾うのって、見慣れていないと難しいんですよね・・・
個人的には重いテーマをサラリは大好きなので、
これはかなりヒットしました!

立退き同意書はスゴイですよね! なぜそこだけ人道的?(笑)
それをヴィカスが生真面目にやればやるほどダメなのがイイ!
あのやることなすことダメな感じはイライラしつつも笑えました。

そうなんですよね!
サラリとしていますが、意外にストレートに描いているんですよね。
でも押し付けがましくなくて良かったです!
May 17 [Mon], 2010, 0:32
maru♪
>mig サマ

多分、文字数的には『アリス〜』より少ないと思うんですが、
内容的にはスゴイ熱弁となっております(笑)
SFモノは普段そんなに見ないのですが、コレは良かった!

ヴィジュアルは大変なことになってますが、
クリストファー達がエイリアンとは思えなくて(笑)

評判がすごく良かった割りに、上映館数も少なかったし、
スクリーンも小さかった気が・・・
2度目間に合うといいですね♪
May 17 [Mon], 2010, 0:10
KLY
この映画、極一般的な人より、ある程度映画好きな人の方が受けがいいように思います。斬新で秀逸なアイディアだからこそ、多くの映画を観ている映画ブロガーに面白く思えるのかも。実際うちの嫁さんは普通に面白いかなって位でした。(苦笑)
でも設定だけでもなんじゃそりゃ!と思っちゃいますよね。だってエイリアンに立ち退き同意書求めて、それに「違法だ!」とか答えてるんですよ?(笑)「スター・ウォーズ」とか「スター・トレック」とかいわゆる話が普通に出来るタイプのエイリアンじゃなくて、完全に異形の者としてのエイリアン相手にこんなシーンは見たことないです。
そんななかにアパルトヘイトや、ホロコーストのような人間の過去の罪悪を詰め込んでくる。それももってまわってではなくてストレートに。全てが斬新でリアルでした。
May 16 [Sun], 2010, 20:16
maru♪ちゃんおはよー★

すっごい熱弁!!(笑)
ハマったっていうのと愛が伝わります〜♪
わたしもこの映画今年のベスト3入り候補なんで嬉しいナ。
昨日実は二度目観ようとしたら夜の1本のみに渋谷は変わっちゃって
(新しい映画はじまったから)
行けなかったんですがまたゼッタイやってるうちに観ようと思いマス♪

とにかく変わってて面白い映画でした
May 16 [Sun], 2010, 9:03
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
http://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる