『ダークナイト』

September 21 [Sun], 2008, 22:42
'08.09.14 『ダークナイト』@サロンパスルーブル丸の内

これは気になった。ヒース・レジャーがジョーカーを演じて、その演技が絶賛されていること、そして本作が彼の遺作になってしまったことが理由。特別ファンではなかったけれど、演技派俳優の最期の演技を劇場で見ておきたかった。

「バットマンの活躍により犯罪率は減少したが、より凶悪な犯罪が増加してしまったゴッサムシティー。マフィアが街を支配し、警官の汚職も横行していた。新任検事ハービー・デントは不正を一掃しようと立ち上がるが、新たな犯罪者ジョーカーが現れる。」という話。これは面白かった! 前作『バットマン ビギンズ』は未見だったのでレンタル。TUTAYAのお兄さんが「このシリーズ面白いっすよ!」と言っていたとおり面白かった(笑) クリストファー・ノーラン作品は前作と『プレステージ』、そして『インソムニア』しか見ていないけど、バットマンってこんなだったっけというくらい全体的にダーク。映画全体、画面全体からただよう倦怠感のような暗さはクリストファー・ノーラン独特の世界観なのかな? それがとってもいい。

現代なのか近未来なのか不思議な雰囲気。場面によっては'50〜60年代のように見えたりもする。この感じはいい。マネーロンダリングとか、企業の合併とかこれは大人向け。アメコミ原作のヒーロー物とはいえ、子供が見てもあまり面白くないかも。そもそもヒーローがあんまりヒーローっぽくない(笑) 真っ黒な衣装で口数も少なく低い声で難しい事を言う。ヒーローらしい分かりやすい明るさはない。表の顔ブルース・ウェインである時も、正体を隠すため性格の悪い金持ちを演じているし、バットマンもあえて汚名を着る。実はバットマンは絶対に殺さないし、汚名を着るのは自己犠牲。でも、それが理解できないと面白くない。バットマンという名前はもちろん、アメコミ原作のヒーローでアニメや映画になった事も知ってる。"Batman"が入ったTHE JAMのアルバム「IN THE CITY」 も持ってる(笑) でも、内容についてはあまり知らない。こんなに孤高のヒーローなのだろうか。たしかロビン少年とかバットガールという仲間がいたような? 世界観を変えたのだとしたら成功だと思う。

ゴッサムシティーのデザインがいい。ウェイン・タワーのある中心地は、前作より近未来的になった。郊外の少しレトロな街並みの中、前作で父が寄贈したモノレールの高架下をバットマンカー(?)で走る感じがいい。バットマンのデザインもいい。面白かったのは前作で着用したバットマンスーツ(?)が改良されるのだけれど、重いとかバックする時に首が回るようにしたいとか、けっこう庶民的でグチっぽい。まぁ、たしかに切実(笑) そういうやり取りを真面目にクリスチャン・ベイルがマイケル・ケインやモーガン・フリーマン相手にするのはおかしい。バットマンカーも装甲車だし(笑) もうカッコイイとかいうんじゃなくてバカ! しかも今回バイク状になる。これはもう素晴らしいバカデザイン! これは感動。もちろんホメてます! でも、この映画がアメコミっぽいのは、バットマンの超人的パワーとコスチューム、あとは武器やバットマンカーくらい。そしてトゥーフェイスが文字通りトゥーフェイスになってしまう辺りくらい。だからバットマンがありえない衣装を着て、超人的パワーで敵と闘っているにも関わらずとってもリアル。

ジョーカーを怪人とはせず異常犯罪者として描いたのがいい。現代には幽霊や怪人などより、よっぽど理解不能な怪物がいる。普通の人間の仮面を被って。だからジョーカーの行動や犯行は常軌を逸してはいるけれど、超人パワーを使ったものではない。これはバットマン vs ジョーカーの対決ではなくて異常犯罪者との闘いの物語としても十分おもしろい。多分その辺りを描きたいんだと思う。あとは善 vs 悪。悪であるジョーカーに対し、ハービー・デントやゴードン警部など正義が立ち向かうけれど、正義は実はもろい。トゥー・フェイスのように。善には自己犠牲がともなう。その象徴はバットマンだけど、船の乗客と囚人達の行動も同じ。罪なき人と罪人が同じ選択をしたことがそれを表している。このシーンは感動。

豪華キャスト達の演技が素晴らしい。この映画のもう1人のヒーロー、ハービー・デントはアーロン・エッカート。この人物が一番アニメ・キャラっぽい。後半は完全にアニメなので、ちょっと大味に見えてしまうけど、前半の熱血検事ぶりはいい。絵に描いたようなヒーローを演じても嫌味がないのは演技の上手さと、本人の個性によるものかも。いい意味で隙があって、キャラによってはそれが大人の余裕に見える。後半の姿はジョーカーの望んだ人間の脆さを表しているれど、そうなってしまう危険性は後から考えると前半の姿にも潜んでいる。彼もまた自らを犠牲にして人々を救おうとするけれど、それはブルース・ウェインのそれとは違う。あまり書いてしまうと面白くないけど、彼のは実はヒロイズム。自分では気づいてないと思うけれど自己陶酔。もちろんそれだけではないけれど。その自己陶酔と高潔な男のバランスが絶妙。だから後半やはりと思える。

バットマンが思いを寄せるレイチェルはマギー・ギレンホール。正直、アメコミのヒロインとしては手放しで美女とは言いがたいけれど、演技が上手いのでよし。レイチェルは強い信念を持って行動する女性。時にはその正義感から危険な目にあったりもする。でも、ひるまない強い女性。マギー・ギレンホールの少々オバさんっぽい容姿(失礼(笑))と抑えた演技のおかげで、ムチャをして主人公に迷惑をかけるウザイ女にはなっていない。今回、レイチェルはブルースとハービー・デントの間でゆれる。『スパイダーマン』のMJよりも大人で自己確立できている彼女の選択は納得できる。嫌な女になっていないのはマギー・ギレンホールのおかげ。前作ではケイティー・ホームズが演じていた。変更になった理由は不明だけど正解だと思う。このキャスト達の中でケイティー・ホームズでは役不足だったと思う。

ベテラン俳優達が素晴らしい。前作に引き続きルーシャス・フォックスを演じるモーガン・フリーマンはさすがの存在感。前作ラスト副社長になったので、今回はその立場を利用していろいろ活躍するけれど、役の感じとしては前作のスゴイ人なだけに閑職みたいな方がおもしろかったかも。でも彼がゆすり男リースに言う一言はカッコイイ。ゴードン警部役のゲイリー・オールドマンもいい。この役、意外に難しいと思う。フォックス、ゴードンと執事のアルフレッドはバットマンの協力者であり、心の支えとなる人物達。でも、ゴードンは利害関係がある。その辺、バットマンを利用するようにも描けるし、逆に崇拝してしまうようにも描ける。後者の要素が強いけれど、そうなり過ぎていないのはゲイリー・オールドマンの演技によるもの。バットマンを理解したうえで尊重している。そして、彼のことを気遣ってもいる。だからラストのセリフが生きる。

そして、アルフレッド役のマイケル・ケインが素晴らしい。いかにも英国の執事という佇まい。主人を守るということに徹底する。でも職務に忠実な機械のような人物ではない。そこには主人に対する愛がある。いつも執事服に身を包み姿勢正しく威厳に満ちているけれど、その表情や身のこなし、そして態度は品が良く柔らか。いろいろ、ホントにいろいろ多忙な主人ブルース・ウェインを優しく包み込む。この人はホントにアルフレッドなんじゃないかと思わせてしまう。とにかく素晴らしい。彼が「見捨てないのか?」と聞くブルースに「NEVER!」と答えるシーンがいい。この言い方が絶妙。気負いもないし、過剰すぎもせず、少しおどけた感じですらある「NEVER!」は主人公を救い、そしてプレッシャーにならない。それがスゴイ。多分、アルフレッドはこの状況を楽しんでると思う(笑) そういう雰囲気すら感じさせる。マイケル・ケインのアルフレッドに救われているのはバットマンだけではなく、この映画自体も大いに助けられていると思う。

そして主役2人。まずはバットマン=ブルース・ウェインを演じたクリスチャン・ベイル。神経質そうな感じがちょっと苦手。出演作は『ベルベット・ゴールド・マイン』『マシニスト』『プレステージ』しか見ていないと思っていたけど、『コレリ大尉のマンドリン』と『ある貴婦人の肖像』も見ていたようだ。でも、出演シーンを覚えていないので、あくまで3作品に限るけれど、どれもクセのある役ばかり。私生活でも暴力問題を起こしたりと、どうもあまり良いイメージがない。でも、いつもわりと無表情で淡々と演じている気がするのに、どの役もリアリティーがあるのは彼の演技が上手いからだと思う。バットマンがここまでリアルに感じられるのは彼のおかげ。実は大富豪ブルース・ウェインという人物も、そして彼が作り上げたバットマンも現実離れしたキャラ。でも、リアル。大袈裟に感情表現することはないのにブルースの苦しみが伝わる。それはスゴイ。彼が本当に存在しているかのような気になってくる。多分、前作の時点ではバットマンをずっと続けるつもりはなかった。でも、今作で彼は続けるために自分を犠牲にすることを決心する。それがタイトルである『ダークナイト』に繋がるのだけど、その辺りが多弁でないのにきちんと伝わってくる。プレーボーイを装う時ちとキモイのもいいと思う(笑) バットマンの時の声をすごく作ってるのが妙にリアルで笑える。もちろん褒めている。このシリーズのダークで大人な感じって、主人公が明るい人物ではないことと、苦悩しつつもかなり自分をコントロールできているということが大きいと思うけど、それはクリスチャン・ベイルの個性によるところが大きいと思う。この配役は素晴らしい。

そしてジョーカー役のヒース・レジャーがスゴイ! 狂気というけれどジョーカーは狂っているわけではない。イヤもちろん狂っているんだけど、絶対に彼の頭の中は冷静なんだと思う。そしてきちんと自分のしていることと、するべきことが見えているんだと思う。でも、その全部が狂っている。だから罪悪感はない。でも「神の声が聞こえた」とか言う狂気とは違う。彼は彼なりの信念に従って行動していて完全に正気。でも狂っている。だから怖い。理解できないものは怖い。でも、得体が知れないから逆に魅力的。圧倒的な悪って実は魅力的だったりする。ジョーカーはその1歩手前みたいな感じ。その感じも絶妙。魅力的であってもいいのだけれど、皆が魅了されてしまうほど魅力的じゃいけない。見る側に気になるけどやっぱり狂ってるという視点を持たせないといけない。見ている側は何とか理解しようとするから、何が彼をこうしてしまったのか原因を知りたいと思う。口から頬にかけての傷は父親の虐待によるものだと聞けば、やっぱりそうかと思う。でもその後、彼はいとも簡単にこれを覆す。その演技がスゴイ。父親の話を真実のように語った後、レイチェルに別の理由を語るけれど、その言い方には何の思い入れもないし、悪びれた様子もない。彼が語ることのいくつかは真実かもしれないし、どれも嘘かもしれない。理解できずに不安な気持ちがずっと続く。そして明確な答えは得られない。sex pistolsのジョニー・ロットンをイメージしたという衣装と、シロウトがしたとしか思えないメイク、そしていつもウェットなウェーブ・ヘア。喋る時にベチャベチャ舌を鳴らす感じが全て悪趣味で印象的。だけど大味じゃないのがスゴイ。メイクが時々はげたりしてリアル。彼が人間なのだと実感させられる。ジョーカーの狙いは結局よく分からないけれど、無理やり理由をつけるとすれば自己証明とかいう事になるのかな。間違った自己実現とか・・・。とにかくジョーカーを理解不能な人物として描きながら、理解したいと思わせる。適度に魅力的だけど共感は全くできない。正気でありながら狂気という感じが素晴らしい。このダーク感はいい。ヒース・レジャーは前から演技が上手いと思っていたけれど、これはスゴイ! 本当に惜しい才能(涙) ご冥福をお祈りします。

バットマンはマスクで、ジョーカーはメイクで素顔を隠しているけれど、多分2人にとって本当の自分はマスクもしくはメイクをしている時なんだと思う。少なくともバットマンではないブルース・ウェインの公の顔は本当の彼ではない。でも、多かれ少なかれ人は自分を守るため仮面を被っているところはある。主題はそこにあるのかなと思う。2人の真実の顔が正反対で、実は表裏一体なのもいい。どちらも異端であり孤独。だからこそ『ダークナイト』なんだと思う。そしてこの映画が最も言いたかったことは人間の本質は"善"であるということ。これは様々な人物達が見せる自己犠牲に象徴されている。それをこんなダークな感じで見せるのがいい。

戦闘シーンなどいくつかのシーンはIMAXで撮影されたとのことで、その映像はスゴイ迫力。そしてスピード感がスゴイ。これIMAXシアターで見たらすごいと思う。とにかく、独特のダークな世界観が好き。おもしろかった!


『ダークナイト』Official site
  • URL:http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/590
Trackback
Trackback URL

色々な意味で話題であったこの作品、ようやく観ることができました
ヒース・レジャーの遺作であり、彼のジョーカーは言葉に言い表せられないほど、本当に素晴らしかった。観ているこちらが圧倒された。彼の演技がもう観られないのが、本当に本当に残念です
アメコミものの中ではバットマンはもともと好きなんです。でもこれは単純なアメコミヒーローものではないと思う。非常にテーマが重くシリアスな作品でした。暴力を暴力で押さえつける正義への矛盾、ヒーローであるバットマン自身が闇を抱えているこのバランスが、従来の作品よりもかなり色濃くでていました
見ている間、途中までは、ジョーカーの凄さもいわれるほどでもないかなと思っていました。ですが。後半、思い知ったよ…
これは面白い。トゥーフェイスを布石とするジョーカーの悪意は背筋が寒くなる。悪意というのは少し違うか…悪という塊そのもの。動作、たたずまいそういったもの全てを、完全に演じきって見せていました。
原作でのトゥーフェイスは、マローニに硫酸を浴びせられそれを機に悪に染まるわけですが、映画での解釈のほうが納得がいきましたね。アーロン・エッカートさんも相変わらず上手...
いやいやえん  July 18 [Wed], 2012, 6:27
『バットマン ビギンズ』に続く、クリストファー・ノーラン監督(『メメント』『プレステージ』)とクリスチャン・ベール(『ザ・ファイター』『ターミネーター4』)主演の21世紀バットマンシリーズの二作目です。 新たなる敵、最凶なる愉快犯・ジョーカーの繰り出す命懸けの…
シネフィルも萌えヲタも  March 07 [Mon], 2011, 6:18
監督:クリストファー・ノーラン(バットマン次回作にも期待)
出演:クリスチャン・ベイル ヒース・レジャー(素晴らしい)アーロン・エッカート 
出演:モーガン・フリーマン マギー・ギレンホール(ヒロイン役には無理がある)



ゴッサム・シティに現れた史上最悪の
おそらく見聞録  November 08 [Sun], 2009, 16:11
あらすじ悪のはびこるゴッサム・シティーを舞台にゴードン警部補やハービー・デント地方検事の協力のもとバットマンは街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあったがジョーカーと名乗る謎の犯罪者の台頭により街は再び混乱と狂気に包まれていく。感想東洋人スターを冷遇する...
全米で5億ドル突破、歴代2位の興業成績を収めた本作品。
もちろん、1位は「タイタニック」
鳴り物入りで日本公開となったけど、これまでの
アメコミヒーロー物と同じく日本ではさっぱりの成績でした。
気ままな映画生活  March 08 [Sun], 2009, 18:48
実験映画風なタッチで鬼面人を驚かせた「メメント」や「インソムニア」「プレステージ」などの作品で知られる英国出身の映画作家、クリストファー・ノーランが2008年にメガホンを執ったサスペンス・アクションムービー「ダークナイト」(米、ジョナサン&クリストファー・ノーラン脚本、152分、ワーナー映画配給)。本作はノーラン作品「バットマン・ビギンズ」に続くアメリカン・コミックを映画化した第2作で、宣伝文句のようにアメコミの領域を超えた内容となっている。それは、人間にとっての正義や悪とは何か、などを追...
シネマ・ワンダーランド  March 01 [Sun], 2009, 9:34
2008 アメリカ 洋画 アクション ヒーロー
作品のイメージ:カッコいい、ドキドキ・ハラハラ、スゴイ、ためになる
出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲーリー・オールドマン

「バットマン・ビギンズ」でクリストファー・ノーラン監督のバットマンにすっかり魅了され、本作を鑑賞する日
あず沙の映画レビュー・ノート  February 18 [Wed], 2009, 18:26
洗車をすると翌日高確率で雨{/kaeru_rain/}が降るピロEKです{/face_hekomu/}

先程、夜勤から帰ってきました{/ase/}
私の会社は夜勤があります。ほとんどの生産現場の従業員さんは夜勤で働いている訳で…とはいえ私の場合、ここ数年間は夜勤なんてしていなかったんですけどねぇ。昨今の色々な厳しい世間の状況が回り回って…何故か私が夜勤シフトに入らないとどうにもならない状況に{/face_hekomu/}…。ちょい辛いですわ{/down/}



さて、そんな深夜(早朝)の更新ですが、本日も映画鑑賞記録です。



「ダークナイト」
(監督:クリストファー・ノーラン、出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、2008年アメリカ)

TSUTAYAさんで「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」、「ザ・マジックアワー」と一緒にレンタル。
2009年1月26日(月曜日)の深夜、翌27日(火曜日)のAM1:30頃までかけて鑑賞しました。
面白い作品だったので二度観ようと思ったのですが、時間が無くて断念。



ストーリー
アメコミ「バットマン」の映画化。映画「バットマン・ビギンズ」の続編。
犯罪の蔓延るゴッサムシティ。バットマンとなった大富豪ブルース・ウ...
『ダークナイト』を観ましたバットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作第2弾です>>『ダークナイト』関連原題:THEDARKKNIGHTジャンル:アクション/サスペンス/アドベ...
おきらく楽天 映画生活  January 12 [Mon], 2009, 21:42
狭めの小屋とはいえ、劇場は満員!
前作「バットマンビギンズ」の出来が良かっただけに、期待が集まるのもよく理解できるところ。
多分前作を劇場で鑑賞した人はほぼ全て?かけつけているのではないだろうか。


映画の立ち上がりとともに、たちまちのうちに狂気に曝され、その狂気はじわじわと拡大していく。
どの登場人物も少なからずこの狂気に影響を被る。
ここでお勧めしておきたいのが、前作をDVDででも鑑賞しておくこと。
(ジェイソン・ボーンシリーズほど決定的では全然ないが)
サブキャラの立ち位置を理解した上で、彼らに訪れる運命を感じ取るべきだろう。

そして観客も完全にその狂気に取り込まれる。
なぜなら2時間半もの間、ぶっすり釘づけにされてしまうからだ。

この世界感を作り上げた監督を中心としたスタッフに感心。
もちろんヒース・レジャーの怪演は評判に違わず、異様なリアリティをこのキャラに吹き込んでいて揺るぎない。
いかにも演じているニコルソンとも全然違うし、今までにヒース・レジャーが演じた人物には明らかにないキャラが出来上がっている。
しゃべり方からして違う。
結論:今年の夏必見の一作といいたい。
またこの世界をみ...
日々 是 変化ナリ ? DAYS OF STRUGGLE ?  November 15 [Sat], 2008, 8:49
この物語には対立的な概念が繰り返し現れてきます。 善と悪。 光と闇。 表と裏。
はらやんの映画徒然草  November 03 [Mon], 2008, 11:51
久々の試写会でした。ちょうど午後出張だったので。

悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上
CINEPHILIA〜映画愛好症〜  October 05 [Sun], 2008, 21:17
ブログつながりの皆さんにはまだ観ていないってことがとっても意外だったみたいなんですが、ここまで観ずに過ごしてしまっていたバットマン最新作『ダークナイト』をやっとのことで鑑賞してきました。
観たのは新宿ピカデリーで21:20の回。終わったのは0時過ぎ。本当に駆...


ヒース・レジャーの遺作・・・こんなことにならなくても
絶対に観に出かけた作品。

だけど、やはり、
ヒース・レジャーの死によって特?...
映画館で観ましょ♪  October 04 [Sat], 2008, 16:10
『ダークナイト』





THE DARK KNIGHT










(2008年・アメリカ/152分)





公式サイト











ジャパンプレミア試写会にて鑑賞





★『ダークナイト』ジャパンプレミア試写会・舞台挨拶/レポ
ひょうたんからこまッ・Part2  October 02 [Thu], 2008, 21:38
アンチヒーローはやっぱりダーク。 ぽちっとプリーズ。 ダーク・ナイト
キマグレなヒトリゴト  October 01 [Wed], 2008, 16:13
人気ブログランキングの順位は?


最凶の敵が、来る




DEPOTのおすすめ度:★★★★★
公開日:2008年8月9日
配給:ワーナー・ブラザース
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール,ヒース・レジャー,アーロン・エッカート
鑑賞日:2008年8月9日
MOVIX三郷 シアター10(座席数229)

【ストーリ...
CINEMA DEPOT's BLOG  September 28 [Sun], 2008, 21:39

バットマン(クリスチャン・ベイル)は、ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)と新しく赴任したハーベイ・デント地方検事(アーロン・...
心のままに映画の風景  September 28 [Sun], 2008, 18:44

【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン/ヒース・レジャー/マギー・ギレンホール/アーロン・エッ...
シネマをぶった斬りっ!!  September 28 [Sun], 2008, 18:30
映画「ダークナイト」特集の最終回。
鑑賞1回目は、ただ圧倒されました。2回目は少し落ち着いて観ることができましたが、それでもやっぱり凄?...
映画、こんなん観ましたけど…  September 28 [Sun], 2008, 11:10
 『バットマン・ビギンズ』の続編。タイトルに「バットマン」の名前が入ってないのは何故だ?『バットマン・ダークナイト』で良いではない?...
闘争と逃走の道程  September 28 [Sun], 2008, 2:14
『ダークナイト』 
公式HPはこちら
←クリック

●あらすじ
ゴッサムシティでは、バットマン(クリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)が日々の犯罪に立ち向かっていた。
しかし、白塗りの顔に裂口の“ジョーカー(ヒース・レジャー
映画と秋葉原と日記  September 27 [Sat], 2008, 14:11
こんな悪役見たことない・・・!
映画とワンピースのこでまり日記  September 27 [Sat], 2008, 9:32
哀悼・・・・。
迷宮映画館  September 27 [Sat], 2008, 9:19
今年の1月、ヒース・レジャーの訃報をきいたときから
絶対観ようと思っていた作品です。{/m_0058/}
前作の「バットマンビギンズ」が素晴らしかったので
同じクリストファー・ノーラン監督
クリスチャン・ベイルなら期待できますね。

152分の長尺ですが、緊張の連続で全く...
ふぴことママのたわ言  September 27 [Sat], 2008, 8:09
バットマンの新シリーズ第2弾。撮影終了直後にジョーカーを怪演したヒース・レジャーが亡くなり惜しまれています。好評だった前作もとても良かったので、ヒースの怪人になりきった演技は遺作になってしまいました。ぜひ観るべきと映画館に足を運びました。評判にたがわな...
ももママの心のblog  September 27 [Sat], 2008, 7:57


監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン

評価:96点

恐ろしいまでの完成度。
2時間30分が瞬く間に過...
デコ親父はいつも減量中  September 27 [Sat], 2008, 0:03
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


徹底的に現実社会にヒーローを溶け込ます事に成功している。実際にはヒーローが活躍する映画でもなくなっているのだが。
バットマンは悪人を殺す事はしない。ジョーカーという常識が通用しない悪に対しても捕まえるだけである。そして他の犯罪...
NOHOHONブログ  September 26 [Fri], 2008, 23:14
先行上映ですね。見てきました。今年映画館で観た映画で最高に満足した映画になりました。また見に行こうかな??。☆ダークナイト☆(2008)クリストファー・ノーラン監督クリスチャン・ベイルヒース・レジャーマイケル・ケインゲイリー・オールドマンアーロン・エッカー...
ぷち てんてん  September 26 [Fri], 2008, 19:00



 映画を観るペースが週に1度に激減。さらに観たいと思う映画が上映されてからすぐに観ることもできずにいつも終わりに近づいて駆け込みで。。。映画ブログを名乗る資格がないんじゃないかと思うような今日この頃、今回も駆け込みでダークナイトを観てきました。
よしなしごと  September 25 [Thu], 2008, 23:22
? 夜明け前の闇が一番暗い… ?

バットマンシリーズ最新作でありながらバットマンの冠を脱ぎ捨てた『 The Dark Night 』 ならぬ 『 The Dark Knight 』(もちろんダブルミーニングなんだけどね)。
冒頭の『ヒート』、『インサイドマン』、そして『V・フォー・ヴェンデ...
俺の明日はどっちだ  September 25 [Thu], 2008, 23:04
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、マギー・ギレンホール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマン、アーロン・エッカート

「バットマンのお陰でゴッサム・シティは犯罪が少なくなってきてい
日々のつぶやき  September 25 [Thu], 2008, 15:52
お前がわたしを殺すか。わたしがお前を殺すか。
ひるめし。  September 25 [Thu], 2008, 10:30
★★★★  前作バットマンビギンズの続編であるが、タイトルに『バットマン』という文字が出てこない。確かに主役は、バットマンというより、凄いオーラを放っていたジョーカーと言ってもよいくらいだ。 そのジョーカー役は、今年1月に急死したヒース・レジャーなのだが、
ケントのたそがれ劇場  September 25 [Thu], 2008, 8:40
ヒース・レンジャーの
遺作となった作品です。
彼のジョーカーは、
リアルでかなり怖いですよ?。
ダークナイトとは、
「闇の騎士」のこと
ラストにその意味が
よくわかります

ゴッサムシティは、相変わらず犯罪が多発し、
ジム警部補(ゲイリー・オールドマン...
ルナのシネマ缶  September 25 [Thu], 2008, 1:02
観終わった瞬間、鳥肌が立った。
7月18日の全米公開以来、あらゆる興行記録を塗り替えているとか、IMDbのユーザー評価で歴代1位に躍り出たとか?...
ノラネコの呑んで観るシネマ  September 25 [Thu], 2008, 0:37

ゴッサム・シティは、バットマンことブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)がゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)の助けを得て犯罪集団をおさえこみ、平和を取り戻したかのように見えた。しかし、バットマンの登場は「悪」の進化を促進し、ジョーカー(ヒー...
ビター☆チョコ  September 24 [Wed], 2008, 23:39
こ、これほどまでに重くシリアスとは・・・・・

ダークナイトとは「闇の騎士」

バットマンといえば、スーパーマン、スパイダーマンと並ぶ
アメコミ界の人気キャラクターだが、
コウモリをモチーフにしていることからダークヒーローのイメージが強い。

バットマ...
愛情いっぱい!家族ブロ!  September 24 [Wed], 2008, 22:26
先行上映にて「ダークナイト」


『バットマン ビギンズ』の続編。監督はクリストファー・ノーランが続投。

おはなし:悪のはびこるゴッサムシティ。ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バット...
ミチの雑記帳  September 24 [Wed], 2008, 22:26
光と闇の新たなる伝説。何より物語の厚みに驚かされた。これまでは光と闇の話といえば、何と言ってもスターウォーズシリーズであり、ダークサイドの誘いに打ち克たんとする主役の葛藤が中心であった。しかし本作では、世の中すべての事象が光と闇の二面性を持つものとして...
☆ EL JARDIN SECRETO ☆  September 24 [Wed], 2008, 20:47
「ダークナイト」って 「闇夜」だと思っていたら
「騎士」のことだったんだねぇ・・・(今頃)
2008 映画観てきましたっ!  September 24 [Wed], 2008, 20:28
試写チケットを譲ってもらい、「ダークナイト」を見てきました。今回の試写はジャパンプレミアということで、レッドカーペット&舞台挨拶つき。レッドカーペットには時間が合わず行けませんでしたが、ホール内で行われた舞台挨拶と試写はちゃんと見てきました。

バット...
今日という一日。  September 24 [Wed], 2008, 20:09
「ダークナイト」監督クリストファー・ノーラン出演*クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)*マイケル・ケイン(アルフレッド)*ヒース・レジャー(ジョーカー)*ゲイリー・オールドマン(ゴードン警部補)*アーロン・エッカート(ハーベイ・デント検事...
だめ男のだめ日記  September 24 [Wed], 2008, 17:19
 10日「ダークナイト」@109シネマズ川崎 シアター6 109シネマズは毎月10日に1000円興行を行っていて、昨日は日曜日に重なり劇場は大混雑。私の見たシアター6は7割ほどの客入り。 映画の話 悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、ジム警部補(ゲイリ...
masalaの辛口映画館  September 24 [Wed], 2008, 13:53
JUGEMテーマ:映画


全米BoxOfficeのチャートで4週連続No.1という偉業に驚いています。
確かにクオリティは高いです。
俳優陣の素晴らしさと編集の巧さに唸る152分でした。

観ている間も複雑な思いで胸がいっぱいになりましたが
やはりヒース・レジャーの演技...
ハピネス道  September 24 [Wed], 2008, 13:10
『ダーク・ナイト』のMOVIE 8月9日(土)より丸の内プラゼール他 全国ロードショー 映画を鑑賞しました。秊 2008-58『ダークナイト』(更新:2008/08/10) 評価:★★★★★ 『ダークナイト』は評価高いですよね。 ...
はっしぃの映画三昧!  September 24 [Wed], 2008, 12:10
決め台詞とお約束の気持ち良さ。アメコミヒーロー映画の醍醐味が満載! 新型モービル・バットポッドの爽快感と、現実的にはあり得ない漫画的な動きの面白さにニヤリ。「ヒーローと正義」というものの定義とは? 悪と戦い愛する物達を救う為に、どこまでならやっていいも...
試写会帰りに  September 24 [Wed], 2008, 11:59
評価★★★★


ジョーカーの両頬の雑な縫い傷は誰が縫ったのか。
映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ?  September 24 [Wed], 2008, 11:53
映画「ダークナイト」の感想です
ジャスの部屋 -映画とゲーム-  September 24 [Wed], 2008, 11:53
「ダークナイト」TOHOシネマ六本木ヒルズで鑑賞

原作がアメコミ…なんてバカにしちゃあいけない超大作。
今までのどのバットマンよりもクリスチャン・ベイルってスマートでセクシーで素敵だと思うのですが、そういう意味ではジョージ・クルーニーよりもポイント高...
てんびんthe LIFE  September 24 [Wed], 2008, 11:15
109シネマズ木場。

試写会も当たったのだが、かぶったため行けず。
というか、この映画は試写会でなくても「絶対観る」ので、
敢えてもう一本の方の試写会を選んだ。

そして、時期は遅れたが、予定通り鑑賞。

「バットマン・ビギンズ」の続編になる。

バットマン(...
ITニュース、ほか何でもあり。by KGR  September 24 [Wed], 2008, 9:33
  
ヒース・レジャー、これが本当に最後の作品に・・・・・。
8月11日、MOVX京都にて鑑賞。昨日も映画館は多くの人でした。「ダーク・ナイト」もお客さん多いです。いい席はゲットできず・・・・。端っこの前の方でした。まあいいか主役のバットマンは前作に引き続...
銅版画制作の日々  September 24 [Wed], 2008, 8:54
 嗚呼・・・本当にもったいない
極私的映画論+α  September 24 [Wed], 2008, 7:38
今日、本国でも傑作との呼び声も高い『ダークナイト』観てきました。



あらすじは

バットマンの活躍により、ゴッサム・シティでは、街のマフィア達はバットマンを恐れ活動が弱体化してきていたが、それでも警察内の組織的腐敗は、根強く残っていた。
そんななか、地方...
Matthewの映画日記?  September 24 [Wed], 2008, 7:17
観てきました。
<新宿バルト9>

監督:クリストファー・ノーラン
キャラクター創造:ボブ・ケイン
原案:クリストファー・ノーラン デヴィッド・S・ゴイヤー
脚本:ジョナサン・ノーラン クリストファー・ノーラン

ゴッサムシティ。バットマンの活躍は、新たな...
お萌えば遠くに来たもんだ!  September 24 [Wed], 2008, 2:41

The Dark Knight(2008/アメリカ)【先行上映】
監督・原案・脚本: クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ヒース・レジャー/マギー・ギレンホール/ゲイリー・オールドマン/モーガン・フリーマン/エリック・ロバーツ/アーロン...
小部屋日記  September 23 [Tue], 2008, 23:00
ダークナイト’08:米

◆原題:The Dark Knight◆監督・脚本: クリストファー・ノーラン「バットマン ビギンズ」「プレステージ」◆出演: クリスチャン・ベール、 ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン...
C'est Joli  September 23 [Tue], 2008, 22:48


【映画的カリスマ指数】★★★★★

 光当たらぬ孤独な正義

 
カリスマ映画論  September 23 [Tue], 2008, 20:47

先行公開初日。

前回のビギンズはなんというか、グダグダで敵もあんまり魅力的じゃなかったのに対し、今回はジョーカーが初っ端から飛ばしてくれてる。
しかも、その引き立て役はマホーン捜査官。

ショットガン連射で途中まで頑張ってたんだけど、あえなく口に手...
メシ屋!  September 23 [Tue], 2008, 20:14
この映画は超大作ではなく、間違いなく超「超大作」です!全米で歴代最速の10日間で3億ドル突破も納得してしまうほどに上映時間152分、一切ダレることなく見れる期待以上に大満足な映画でした。そしてこの映画を見終わると同時に思うことは2つ。早く続編が見たい!そし...
めでぃあみっくす  September 23 [Tue], 2008, 17:32
楽しみにしていた、バットマン新シリーズの第2作「ダークナイト」(原題:THE DARK KNIGHT)先行上映で見てきま
Wilderlandwandar  September 23 [Tue], 2008, 17:27
バットマン・ビギンズから3年。
映画感想つれづれ日記  September 23 [Tue], 2008, 17:25
JUGEMテーマ:映画


2008年8月9日 公開

悲しいほどの執念





観てきました。

なんかねぇ、スクリーンからスパークする火花が飛び出してくるみたいな、そのくらいの衝撃でズンズンと何かを感じました。


何も語れないですね、ここまで完璧だ...
UkiUkiれいんぼーデイ  September 23 [Tue], 2008, 15:37
【THE DARK KNIGHT】2008/08/09公開(08/02先行にて鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン...
映画鑑賞★日記・・・  September 23 [Tue], 2008, 14:56
監督 クリストファー・ノーラン
キャスト クリスチャン・ベール マイケル・ケイン ヒース・レジャー
   ゲイリー・オールドマン マギー・ギレンホール アーロン・エッカート
   モーガン・フリーマン

 題名にバットマンでなくダークナイト(暗黒の騎士)を用い...
You got a movie  September 23 [Tue], 2008, 14:27
 ☆公式サイト☆映画『バットマン ビギンズ』の続編で、バットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げるアクション大作。監督は前作から続投のクリストファー・ノーラン。悪のはびこるゴッ...
きららのきらきら生活  September 23 [Tue], 2008, 12:27
故ヒース・レジャーの形見は、バットマン、バットマン…あれ?タイトル変えたのね、と思ってから約半年。
ようやく公開になる『ダークナイト』、タイトルの意味も気にしつつ先行で観てきました。
★★★★

前作『バットマン ビギンズ』で、完全リニューアルした新シリー...
そーれりぽーと  September 23 [Tue], 2008, 12:06
昨日、国際フォーラムの「ダークナイト」ジャパンプレミア試写会に行ってきました。
招待状には15時からレッドカーペットの入場券を先着で引き換えられるとありましたが、めでたく先着になるにはいったい何時から並ぶのか・・・と考えただけで気が遠くなります。灼熱の...
まぁず、なにやってんだか  September 23 [Tue], 2008, 11:50
ヒース・レジャーの圧倒的な演技力に飲み込まれました〜 ゴッサムシティで銀行強盗が発生した。 表には出し難い悪の組織の資金を狙ったという計画的な犯行で、 しかも、儲けを増やすために役目を終えた仲間を次々と殺していく残忍さも兼ね備えていた。 首謀者はジョーカ...
とりあえず、コメントです  September 23 [Tue], 2008, 11:44
何だか前評判がとんでもなくイイみたいですね。たしか劇場予告編だけでもちょっとゾクゾクしちゃって、特にこのシリーズのファンというわけでない私も今回は楽しみにしてました。今回はあえてタイトルから「バットマン」をハズしたところに、何か強い思いを感じます。

...
カノンな日々  September 23 [Tue], 2008, 10:40
バットマンの最新作「ダークナイト」を先行上映で見てきた。
前作に引き続き同じ監督&キャストである。原題にも邦題にも「バットマン」はつかないんだよ、ということはかなりの自信作とみた。

前作も結構好きだったけど、本作は監督のこと忘れてて、
そうくるか、そうき...
萌映画  September 23 [Tue], 2008, 10:36
ダーク・ナイト◆プチレビュー◆闇のヒーローの苦悩を描く人間ドラマが秀逸。故ヒース・レジャーの鬼気迫る演技は必見だ。 【85点】
 ゴッサム・シティは、正義漢の新任検事ベントらのおかげで平和な街に。だが、そこに悪のカリスマ・ジョーカーが現われる。暴挙を繰...
ダークナイト(2008 アメリカ)

原題   THE DARK KNIGHT   
監督   クリストファー・ノーラン   
原案   クリストファー・ノーラン デヴィッド・S・ゴイヤー   
脚本   ジョナサン・ノーラン クリストファー・ノーラン     
撮影  ...
映画のメモ帳+α  September 23 [Tue], 2008, 9:29
2008年。アメリカ。"THE DARK KNIGHT".



















  クリストファー・ノーラン監督。



















 この映画を先行公開された初日に見逃した「映画ファン」の人々をかわいそうに思う。それほど...
映画の感想文日記  September 23 [Tue], 2008, 9:27
 そういえば本作のタイトル”バットマン”って入ってないんですね?
 ただの「ダークナイト」です。


 待望のバットマン・ムービー新シリーズの第2作。
 今回も監督のクリストファー・ノーラン、主演のクリスチャン・ベイルやマイケル・ケイン、ゲイリー・オールド...
内容ゴッサム・シティを1人守り続けるバットマン。ある日、ゴードン警部補の協力を得て、マフィア壊滅のためマネーロンダリングを行っている銀行を摘発。だが、それでも無くならない犯罪。そんななか、ひとりのヒーローが現れる。新任の検事、ハービー・デントだった。デ...
レベル999のマニアな講義  September 23 [Tue], 2008, 8:18
映画撮影直後にジョーカーを演じたヒース・レジャーが急死した事で、話題性が増したクリスチャン・ベールのバットマン第二段。ゴッサムシティーに、平和は来るんでしょうか?

確かにヒース・レジャーの死によって本作品に対する注目が増した事は否定しませんが、そうでな...
勝手に映画評  September 23 [Tue], 2008, 7:47
原題 THE DARK KNIGHT
上映時間 152分
製作年度 2008年 製作国 アメリカ
初公開年月 2008/08/09
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン、ジョナサン・ノーラン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード、ハンス・ジマー
出演 クリスチャン...

 『シリーズ最高傑作!この夏、あなたは史上最凶のジョーカーを引く――!』
 コチラの「ダークナイト」は、コレまでの映画化された「バットマン」とは違う切り口と世界観を提示した「バットマン・ビギンズ」の続編となる8/9公開(2・3先行上映)のアメコミヒーロー...
☆彡映画鑑賞日記☆彡  September 23 [Tue], 2008, 7:05

ゴッサム・シティの平和を守る仮面の男・バットマン。彼の活躍によって犯罪数は減少し、気鋭の検事デントによって、主だった犯罪者は街から一掃された。しかしそこに新たな犯罪者ジョーカーが姿を現す。ジョーカーはバットマンに対し、正体を明かすまで猟奇殺人を続け...
5125年映画の旅  September 23 [Tue], 2008, 7:03
はじめて“バットマン”の名前を冠さない題名となった、
バットマンシリーズ、最新作。

監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、...
(原題:THE DARK KNIGHT)
【2008年・アメリカ】ジャパンプレミアで鑑賞(★★★★★)

2005年に公開された「バットマン ビギンズ」(原題:BATMAN BEGINS)の続編。

犯罪多発都市ゴッサムシティ。白塗りの顔に裂けた口の男ジョーカー(ヒース・レジャー)は銀行を大胆...
ともやの映画大好きっ!  September 23 [Tue], 2008, 5:37
『The Dark Knight』を、アメリカ上映の2週目の週末に、ハズと観に行った。ハズは、IMAXで観たいと言ったのだけど、私は、IMAXで映画を観ると、画面全体を観れない事が多々あって、細かい所を見逃してしまう事があるので、それは、多分、画面が大...
犬連れ国際結婚  September 23 [Tue], 2008, 5:07
普通に、面白い作品でした、が、上映時間が長すぎで、でも、「何処を切る?」と問われると、うーんとなる、そんな作品で、悪くはない出来でした。しかし、邦題の「ダークナイト」の下に原題を書かなくて良かったね、てっきり、「漆黒の夜」とかそんな感じで解釈していまし...
Beinthedepthsofdespair  September 23 [Tue], 2008, 4:28
ランボルギーニが地味ですかぁ・・・
ネタバレ映画館  September 23 [Tue], 2008, 3:59
映画 「ダークナイト」 THE DARK KNIGHT を観ました

        クリストファー・ノーラン監督 2008年 アメリカ

物語の始めから終わりまで、黒い一本の糸がピンと張り詰めてるような映画でした。

悪を証明するために人間をもてあそぶジョーカー。
堕ちていく人...
cocowacoco  September 23 [Tue], 2008, 2:39
☆二日続けて、アメコミヒーロー映画を観た。

私は、最も好きな映画の一つとして『バットマン・リターンズ』があるので、その後の「バットマン」シリーズには、ちょいと厳しい眼を持っている、と言うか、その後は『バットマン&ロビン』くらいしか見ていなかった^^;

...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』  September 23 [Tue], 2008, 1:59
 08/9/11、シネパレスにて鑑賞。9.0点。 以下の記事中では、本作がシリーズものの一作であることを強調しているのだが、しかし前作『バットマン ビギンズ』('05)は未見で、さらに正直に言えばティム・バートンによる旧シリーズもまだ観ていない。それでも、IMAX用カメ...
第八芸術鑑賞日記  September 23 [Tue], 2008, 1:40
原題:THEDARKKNIGHT監督・脚本:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン公式サイトはこちら。<Story>ゴッサム・...
NiceOne!!  September 23 [Tue], 2008, 0:10
【THE DARK KNIGHT】【監督・原案・脚本】 クリストファー・ノーラン   【原案】 デヴィッド・S・ゴイヤー    【脚本】 ジョナサン・ノ?...
+++ Candy Cinema +++  September 22 [Mon], 2008, 22:58
■動機
バットマン ビギンズを見ていたから。
■感想
いやもうビックリ!
■満足度
★★★★★★★ びっくり

■あらすじ
悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力の...
新!やさぐれ日記  September 22 [Mon], 2008, 22:25
「ダーク・ナイト」を観てきました?♪

犯罪が蔓延るゴッサムシティ、バットマン(クリスチャン・ベイル)とゴードン警部補(ゲーリー・オールドマン)と地方検事ハーベイ・デント(アーロン・エッカート)との協力により、犯罪組織の壊滅に明るい兆しが見えてきていた...
観たよ?ん?  September 22 [Mon], 2008, 20:54
映画『ダークナイト』を見たよぉ〜

メディア 映画
上映時間 152分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ワーナー)
初公開年月 2008/08/09
ジャンル アクション/サスペンス/アドベンチャー









解説・・・
「メメント」「プレステージ」の...
オタマ・レベルアップ  September 22 [Mon], 2008, 20:13
バットマンの宿敵ジョーカーと死闘を繰り広げるアクション大作。「ダークナイト」公式サイトなんとも凄まじい映画でしたー2時間半、飽きるどころか肩に力入りっぱなし。ありがちな勧善懲悪でなく、バットマンはヒーローでもない。善悪の境界線があいまいな上に、新しく現...
かいコ。の気ままに生活  September 22 [Mon], 2008, 19:11

『バットマン ビギンズ』の続編。

今回は悪徳非道のジョーカーが登場。

ゴッサムシティが危機に陥る。
バットマンとジョーカーの壮絶な争い。

監督は前作と同じく、
クリストファー・ノーラン。

バットマンを演じる主人公も
前作同様、クリスチャン・ベイル。



凶...
花ごよみ  September 22 [Mon], 2008, 17:08
ダークナイト(クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー出演)
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイ?...
ひめの映画おぼえがき  September 22 [Mon], 2008, 13:41
昔のバットマン映画は暗くてあまり好きじゃーなかったけれど、前作の『バットマン ビギンズ』で大好きなクリスチャン・ベールがバットマンになってから、豪華キャストも手伝ってかスッカリ魅せられてしまった。今作は、今年1月に急逝したヒース・レジャーのジョーカーも物...
★YUKAの気ままな有閑日記★  September 22 [Mon], 2008, 13:17
原題は「The Dark Knight」
邦題はカタカナだからてっきり「Dark Night」だと思ったよ。
紛らわしい。

あ、タイトルには表記されてないけどバットマンシリーズです、はい。

いや?、コレは凄いわ。
前作は序盤の退屈っぷりが凄まじかったけど、今作はダレるところが...
時間の無駄と言わないで  September 22 [Mon], 2008, 12:33
(原題:The Dark Knight)


----これって『バットマン ビギンズ』の続編と考えていいの?
「うん。いいと思うよ。
バットマンことブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)は、
レイチェル(マギー・ギレンホール)と一緒になるためにも
早くこの“闇の守護者”役を降...
ラムの大通り  September 22 [Mon], 2008, 11:47
  

  「ダークナイト」 (2008年・アメリカ)

今年1月22日に急逝したヒース・レジャー(関連記事はこちら)の出演作「ダークナイト」がついに公開された。レジャーが死の直前まで撮影中だったテリー・ギリアム監督の新作「The Imaginarium of Dr. Parnassus」は、代役...
好きな映画だけ見ていたい  September 22 [Mon], 2008, 10:50
なんですか,このテンションの高さは!!!
 
Akira's VOICE  September 22 [Mon], 2008, 10:39
         


好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら
「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/}

『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリス...
我想一個人映画美的女人blog  September 22 [Mon], 2008, 9:22

2008年夏休み!(..もう終わろうとしてますが..)、内外のアニメーションが凌ぎを削り、コミックを原作とするバットマンにハルクにアイアンマン、さらにはマッハGoGoGoやハンコックなどがほぼ同時にスクリーンを彩る、...いや、ハンコックは違ったか...と、こんな混乱を招...
L'ATALANTE  September 22 [Mon], 2008, 9:14

監督:クリストファー・ノーラン 
CAST:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート 他

犯罪都市ゴッサムシテ...
Sweet*Days**  September 22 [Mon], 2008, 8:45
ついに観てきてしまいました。「ダークナイト」でございます。もちろん言わずと知れた「バットマン ビギンズ」の続編で、アメリカで公開し?...
生まれてから今まで観てきた映画全部  September 22 [Mon], 2008, 7:21
今年の1月22日、ヒース・レジャーは複数の薬物摂取による急性中毒で亡くなった。28歳の若すぎる死。
その後「ダークナイト」の予告編で...
或る日の出来事  September 22 [Mon], 2008, 6:41
「ダークナイト」を鑑賞してきました新生バットマン・シリーズ「バットマン・ビギンズ」の続編。もちろん監督は引き続き、クリストファー・ノーラン。バットマンと、最凶の悪党ジョーカーとの攻防を描く。今年1月に休止したヒース・レジャーが新たに作り上げた、狂気のジ...
日々“是”精進!  September 22 [Mon], 2008, 6:34














ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介 (366) ダークナイト -悪人なおもて往生をとぐ、いわんや善人をや

「インクレディブル・ハルク」「アイアン・マン」「ハンコック」「ダークナイト」
今年の夏は、この手の映画が例年になく...
ヒューマン=ブラック・ボックス  September 22 [Mon], 2008, 6:26












ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介 (366) ダークナイト(ネタバレ編) -純粋であることが必ずしもよいことではない

この前公開したレビューは、この映画がまだ先行上映で正式公開前ということで、ネタバレなしで書いたのだが、こ...
ヒューマン=ブラック・ボックス  September 22 [Mon], 2008, 6:25
得てして、悪党というのは、欲望を目の前にすると、手元が狂う、目的がかすむ。その欲望を満たしたいがために、課された目的を台無しにしてしまう。
真の邪悪というのは、そんな欲望すらもそぎ落とした存在なのだろう。だから迷いが無く手元が狂わない。目的を見落とさな...
Diary of Cyber  September 22 [Mon], 2008, 6:17
今週の週末レイトショウは・・・
「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズまで遠征して来ました。
夜中のショッピングモールは、通路の閉鎖が多くて駐車場までたどり着くのが大変・・・でした。
ちょっと考えもの。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  September 22 [Mon], 2008, 2:33

あなたは息をのみ、そして言葉を失う__これほどまでにイカレた<悪>と出会ってしまったら。
理由もなく、理屈もなく、退屈を紛らわすために、極悪非道な犯罪で遊び狂う男。
平和を蔑み、愛を嘲笑い、破滅してゆく世界をみることだけに唯一の悦びを感じる男。
_...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ  September 22 [Mon], 2008, 1:37
 クリストファー・ノーラン監督による、“バットマン・シリーズ第2弾”「ダークナイト」(ワーナー・ブラザース)。『アメリカでの興行成績が、トンでもないことになっている』とか、『ヒース・レジャーの遺作になっちゃった』とか、日本公開前から随分ニュースが飛び交っており...
シネマ親父の“日々是妄言”  September 22 [Mon], 2008, 0:43
公式サイト。クリストファー・ノーラン監督、クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン。ばっとまん・シリーズなのにタイトルから「バットマン」が抜けた理...
佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン  September 21 [Sun], 2008, 23:45
THEDARKKNIGHTおまえが私を殺すか。わたしがお前を殺すか。最凶の敵が、来る映時間152分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/08/09ジャンルアクション/サスペンス/アドベンチャー【解説】「メメント」「インソムニア」のクリストファー・ノーラン監...
CinemaCollection  September 21 [Sun], 2008, 23:40
主役を食うヒースの怪演


【Story】
悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅をして?...
Memoirs_of_dai  September 21 [Sun], 2008, 23:32
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maru♪
> ピロEK サマ

こんばんわ♪
ご丁寧にありがとうござました。
返信遅くなってしまってごめんなさい

2年以上ですか それは記憶にないかもしれないですね(笑)
月日が経つのは早いです・・・

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします
March 27 [Fri], 2009, 3:20
おじゃまします。

>はじめまして・・・ ではないような気がします(笑)

これは失礼いたしました。
ってことは2年以上御無沙汰していた…って感じですかね。
ここ2年ぐらいはコメントのやりとりは記録しているつもりなので…

改めて今後とも宜しくお願い致します。
March 21 [Sat], 2009, 21:51
maru♪
>ピロEK サマ

はじめまして・・・ ではないような気がします(笑)

このシリーズはいいですよね!
『ダークナイト』を見る前に『バットマン ビギンズ』をレンタルしましたが、
TUTAYAのお兄さんにも「このシリーズいいっすよ!」と言われました(笑)

ティム・バートン版は見てみようと思ってます。
ティム・バートン好きなのに何故か未見でした。
これはわりと評判がいいですよね。
他の方のブログでジョーカーのジャック・ニコルソン大絶賛でした。
とっても気になってます!

こちらこそ、よろしくお願いいたします!
March 16 [Mon], 2009, 2:13
はじめまして(ですよね?)。
おじゃまします。
私のブログにコメントいただきありがとうございました。
反応が遅くなってしまい申し訳ありません。

「ビギンズ」から続くこのシリーズは重厚で見ごたえがあります。
昔のティム・バートン版にも良い部分は多々あったのだけど、全く違う映画のようです。
ティム・バートンなら良い所もたくさんあるのですが…
…その後のジョージ・クルーニーとシュワ知事が出てたイタイ作品なんかに比べると、ホントこういうバットマン(ビギンズ&ダークナイト)が作られて良かったと思えます。
…もし未見でも「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」はチェックしなくていいですよ。「ダークナイト」からバットマンに出会えたのなら幸せだと思います。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
March 15 [Sun], 2009, 23:13
maru♪
>hyoutan2005 サマ

これはすごく面白かったです!
いろんな書きたい事があって、すごく長文です(笑)

私も今年見た映画の中ではかなり上位です。
間違いなくベスト3には入ると思います!

戦闘シーン、ゴッサムシティやバットマンのデザインなど、
どう考えても作り物の世界なのにすごくリアルでした。
見終わった後、本当にブルース・ウェインの物語を見ていたようでした。

エンターテイメントでありながら、ダークで切ない。
主人公の自己犠牲がものすごく崇高であることが、きちんと伝わってきました。
だからとっても切なかったです
October 04 [Sat], 2008, 2:45
こんばんは。
文章の分厚さに驚きました。
力作ですね。
この作品は私にとっては今年のベスト1になるかもしれないくらい、私にとっては大きな存在の作品になりました。
キャストも監督も本当に良い仕事をしましたね。
ヒース・レジャーさんの才能が惜しまれます。
October 02 [Thu], 2008, 21:57
maru♪
>サテヒデオ サマ

こんばんわ。
MESCALIN DRIVEのサテヒデオさんですよね?
コメントありがとうございました。
yaplog時々調子悪いですよね

漫画の件、教えていただいてありがとうございました!
なるほど! アメコミって何となく明るく常にヒーローが勝つ!
みたいなイメージがありましたけど、ダークなものもあるんですね。
この世界観はいいですよねぇ。
コミックで読んだら、また印象が変わっておもしろいかもしれません!
September 27 [Sat], 2008, 3:21
トラックバックしていただきましてありがとうございます。
なにがどうしてだかわからないのですけれども、同じyaplogだというのにトラックバックを返せないようなのです。幾度も挑戦しましたけれども撥ね返されます。
申し訳ないですけれども、このコメントでトラックバックのかわりとさせていただきます。
DCコミックのキャラクターが勢揃いする『キングダム・カム』という1巻もの、大判の漫画があります。今では入手困難かもしれませんけれども、スーパーヒーロー物の傑作です。
重いテーマの内容は今日的で、勿論「ダークナイト」に通じます。
ご一読をおすすめします。
September 26 [Fri], 2008, 14:51
maru♪
>春生 サマ

こんばんわ♪
コメントありがとうござました。

21回ですか 素晴らしいです!
気持ちとっても分かります。
DVDになるまで待てないし、大画面で見たいですよね!

映画は前から好きでしたけど、数年前辛かった時期に心の支えになってくれました。
それ以来、映画を気軽に酷評することは出来なくなりました。
たとえ大味な娯楽大作だとしても、それで誰かが楽しめればありなんじゃないかと思ったり(笑)
そういう視点や気持ちを持てたのも映画のおかげなんですねぇ・・・

ヒース・レジャーは本当に残念です。
噂が本当だとすれば、この映画が間接的に死因となってしまった・・・。
優れた俳優というのは芸術家だと思っているのですが、
文字通り芸術家として心血を注いでいたのですね。
もちろん亡くなってしまったことは、ご本人にとって本意ではないでしょうけれど、
この役を演じきれたことに達成感はあったんじゃないかと思います。
真に満足できないのは芸術家の宿命ではあると思いますが・・・。

とにかく本当にスゴイ映画でした。
続編があって欲しいような、欲しくないような(笑)

私もまた遊びに行かせていただきますね♪
September 24 [Wed], 2008, 1:21
maru♪
>rose_choclat サマ

おぉ〜褒めていただいて嬉しいです
ありがごとうございます!
細かく書きすぎて長文になってしまうのが目下の課題です。

マイケル・ケインはいいですよね!
アルフレッドがただ忠実なだけの執事ではないのは彼のおかです。
適度に茶目っ気があり、そして何より色気があります。
大人の男性にしか出せない色気。
究極の男の色気ってこいうことよねぇ〜 と感動しました(笑)

ヒースの熱演には、もちろん俳優としての挑戦や野心という側面もあったと思います。
でも、この映画というか『バットマン』を貶めるわけにはいかないという気持ちはあったと思うんです。
それは、主役のクリスチャン・ベイルはもちろん、他のキャストも同じだったろうと思います。
もちろん監督はじめスタッフの方々にも。

映画を愛する者として、愛情込めて作られた映画を見れることは至福の時です
September 24 [Wed], 2008, 0:55
maru♪
>hychk126 サマ

こんばんわ♪
コメントありがとうございました。

う〜ん・・・ 深いですね。
確かに、私がいままで思っていたアメコミ的解決方法の中に、
現役警部補から取調べを引継ぐという画は浮かばないです。
そして、感情を爆発させて殴ってしまうというダークさも・・・。
それを納得させてしまうすごさがこの映画にはあるということですよね。

そして、それはジョーカーのキャラ設定やヒースの演技のおかげでもあるんだと思います。
「人を落とすこと」にしか心を動かされないジョーカーから、
答えを引き出すことなんか不可能だと刷り込まれているので、
観客はバットマンの行動に不快感がないのだと思います。
これはスゴイことで、怖いことかもしれません・・・。

記事に書き忘れてしまったのですが、もう一つスゴイと思ったことがありました。
この映画、ヒドイ暴力が振るわれている決定的なシーンは映ってないんですよね。
ジョーカーがマフィアの1人を自分と同じ顔にしようとしますけど、
口にナイフを突っ込んでいる手に力がこもる所までしか映りません。
でも、口が裂けた映像が頭に残っていたりします。
その感じがスゴイと思いました。

熱く語ってしまいましたが・・・(笑)
私もまたおじゃまさせていただきます!
September 24 [Wed], 2008, 0:39
maru♪
>ひろちゃん サマ

こんばんわ♪
コメントありがとうございました。

いえいえ、ぜひmaruちゃんと呼んでください!

キャスト達の演技がスゴイのも脚本がいいからなんですよね。
ところどころ辻褄が合わなかったりする部分もありますが、
そんなこと関係ないくらい全体的によかったです。

ヒースが亡くなった時、薬物過剰摂取という噂を聞いて、
あぁまたか・・・ と正直思っていたのです。
でも、いろんな方の感想を読ませていただいて、
あまりにこの役に入り込み過ぎて、薬物に頼ってしまったと知りました。
本当だとするとあまりに切ないです・・・
September 23 [Tue], 2008, 23:56
はじめまして、こんばんは
コメントありがとうございました!!
ずっしり濃厚な感想に、映画を追体験しているようでした(´∀`)
何を隠そう私、この映画、21回も劇場で観てしまったほど入れ込んでまして…。
これほどの感想を読ませてもらえるのは、「ああ、この映画を愛しているんだな」というのが伝わってきて、すごく幸せな気分になれます
どうにも洋画に残念な思いをさせられることの多かった昨今、この映画は映画の持つ魅力や、映画の芸術性を再認識させてくれた作品でした。
ヒースのファンだっただけに、それが誇らしかったり…。

では、またお邪魔させて頂きますね!!
September 23 [Tue], 2008, 1:30
いつもながら臨場感たっぷりのレビューですね♪
ここに来ると映画の細かいディテールを思い出せるのがうれしいです。これはきっとmaruちゃんの才能だわ〜

マイケル・ケインが!! ますます好きになりました。 はい、おやじが好きなんです(笑
そしてこの映画に出てくる全てのキャストが、この映画を心底愛しているのがよくわかります。そんな作り方ですよね。
September 23 [Tue], 2008, 0:14
はじめましてmaruさん、TBありがとうございます。

わたしが感じるこの映画の只事ではない凄さというのは、いくつかあって、まずひとつは、
>でも、この映画がアメコミっぽいのは、バットマンの超人的パワーとコスチューム、あとは武器やバットマンカーくらい。

...と書かれている、本来なら闇に潜んで弾丸を跳ね返すはずのアメコミっぽいはずのコスチュームそのままに、公的機関の取調室で無防備な犯罪者を感情的に殴り倒したりしてしまうという凄さだろうと思うのですね。

もうひとつは、ヒース・ジョーカーについてmaruさんも書かれているように、
>魅力的であってもいいのだけれど、皆が魅了されてしまうほど魅力的じゃいけない。見る側に気になるけどやっぱり狂ってるという視点を持たせないといけない。

...という努力がありながら、それがいくぶん空しく、やたらと理由や成り立ちに必要以上のこだわりをもって動けなくなってしまう私たちが、過去さえないジョーカーのアナーキズムにどうしようもなく魅せられてしまう、ということだろうと思います。

この2つの要素だけでもドキドキさせられっぱなしでした。

レイチェル役のマギー・ギレンホールの容姿が、少なからずイヤな女にならないことに貢献しているだろうことは同感です。「只事ではない」物語の中で、薄くなく濃くなく、存在感が適度で良かったですね。

では、またあらためておじゃまさせてもらいます。
September 22 [Mon], 2008, 9:18
初めまして^^こんばんは♪
TBとコメントをありがとうございました^^

HNからするとmaruちゃんってお呼びしたくなりますが
あまりにも感想がすごいので、maruさんと呼ばせて
頂きます(笑)

たった1回の鑑賞でここまで書けるなんてビックリですσ(^◇^;)
本当に映画がお好きなんですね(^_-)-☆

このシリーズはキャストも豪華ですが脚本も良くできて
いますよね^^本当に面白かったです!
ヒースは本当に残念です(T^T)彼の演技もっと観たかった・・・
私は前売り券があるので、もう1度観に行く予定です(^_-)-☆
September 21 [Sun], 2008, 23:56
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
http://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる