『ハンティング・パーティー』

April 21 [Mon], 2008, 1:29
『ハンティング・パーティー』@よみうりホール(試写会)

実はこのブログ映画情報サイト、シネトレ公認ブログになっているのです。といっても映画の感想を書くだけなのですが(笑) というわけで活動第1弾として『ハンティング・パーティー』試写会に行ってきた。ちなみに掲載画像はシネトレからご提供いただきました。

「人気戦場レポーター、サイモンは内戦中のサラエボからの生放送中キレてしまいクビになり表舞台から姿を消す。彼とチームを組んでいたダックは局を代表するキャスターの専属カメラマンとして、コネ入社の新人プロデューサー、ベンと共にボスニアにやって来る。そこでサイモンと再会し、彼の持ち込んだ特ダネを追うことになるが・・・」という話。これはなかなかおもしろかった。冒頭の戦闘シーンでのサイモンとダックのコミカルなやり取りなど、コミカルさと重いテーマのさじ加減がいい。ボスニアで起きたことを思えば重くてやり切れないけれど、3人のチームのコミカルなやり取りがそれを救っている。

サイモンは一見いいかげんで自分勝手で、ムチャなことをするのがかっこいいと思っている鼻持ちならない人物に見える、大部分はあっているけど(笑) でも、それだけではない。彼が持ち込んだネタは国連やCIAが捜査するも未だ発見されていないフォックスの潜伏先。彼には500万ドルの懸賞金がかけられていた。彼を生け捕りにしたいとムチャを言うサイモンには、ある理由があった。ダックはサイモンのブチギレ事件で逆に株をあげて出世し、今では仕事にもお金にも女性にも不自由しない生活。常に冷静で暴走しがちなサイモンを上手くコントロールする彼が、再び行動を共にすることにしたのは単に特ダネが欲しかっただけではない。ハーバード卒で頭でっかちな副社長の息子ベン。父親に認められたい彼は足手まといになるだけかと思いきや、意外に役に立ったりする。

この3人のキャラクターや関係ってありがちだし、こういうタイプの映画ではよく見てきた気がする。ハリウッド映画はこういう王道なキャラを組み合わせてコミカルな感じに描くのが上手い。ただ大半はコミカルな感じだけで終わってしまいがちだけど、そうはなっていない。伝えたいメッセージはちゃんと伝わった。3人が核心に迫っていくと、いろいろ個性的な人物が出てきたり、危険な目にあったりするけど、緊迫感の中にもコミカルさがあっていい。『ランボー』のパロディとか(笑) サイモンの辛い過去も、ボスニアの重い過去や現状も重くなり過ぎずに見れた。

旧ユーゴスラビアの内戦で起きたことについてはNHKの特番を見たので、ある程度の知識はあった。でも、フォックスのモデルとなったラドヴァン・カラジッチという人物は知らなかった。映画の中で「この国をこんなにした極悪人」と言われるけれど、あの戦争から10年経った今でも、建物に残る生々しい銃弾の跡・・・。イスラム教徒が去り、いわゆる「民族浄化」がなされた街・・・。目に見えるそうした傷より深刻なのは人々の心に残された傷。サイモンが最初に対峙した時の得意げなフォックスの顔を見た時、激しい怒りを感じた。「民族浄化」という名の下に幼い子供達まで無残に殺害された。女性達は何時間も何度もレイプされ続けて殺された。「民族浄化」って一体何? お前はそんなに高潔だとでも言うのか! でも、フォックスがしたかったのは「民族浄化」ではない。権力を掌握したかっただけだ。なおさら罪深い。だけど、「浄化」された人々や第三者から見れば極悪人で許せない人間だけど、同胞の人々からみれば偉大な指導者なのだ・・・。この辺りもきちんと描いている。

役者達はよかったと思う。サイモンはあまり好きなタイプではないけど、リチャード・ギアはイヤなヤツになりがちな彼を上手く演じていたと思うし、ちょっとキザな感じと合っている。ベン役のジェシー・アイゼンバーグも良かった。’80年代か?というような風貌もいい(笑) そしてテレンス・ハワードの佇まいがいい。恋人のことでは取り乱すのに、どんな危険な状況でも落ちついていて、でも生き生きして見える。知的な感じもいい。

ボスニアで起きたことは、これまでもどこかで起きてきたし、今もどこかで起きている。日本でも起きたし、他の国にもした。こんな悲劇は2度と起きてほしくないし、早くなくして欲しい。でも、フォックスいやカラジッチのような人間がいるかぎりなくならないし、彼を本当は捕まえようとしていない国連やCIAなどの「事情」があるかぎり終わらない。私達の考える単純な正義は行われていない。伝えられていることが全てでないのは、最近話題のあの国だけではないのだ。

冒頭「この映画ではありえない所が真実である」とクレジットされるけど、これは実話を基にしたフィクション。映画ではある程度スカッとする部分はあるけど現実は違う。ラストおそらくボスニア語(?)と思われる言葉で”I fought the law”が流れる。「法と闘ったけど結局法が勝った」という事でしょうか・・・。

笑えるところもニヤリとするシーンも"I fought the law”を含めてたくさんある。重いテーマだけど社会派サスペンスとして楽しめた。エンドロール中に「真実」部分の種明かしがある。なかなか楽しいので、普段はエンドロールを見ない人も残って見る価値あるかも。


(C) 2007 IM Filmproduktions GmbH All Rights Reserved
5/10(土)よりシャンテ シネ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
『ハンティング・パーティー』Official site
『ハンティング・パーティー』Official blog
  • URL:http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/550
Trackback
Trackback URL
フジテレビの開局50周年記念作品になってて、
8月8日のフジテレビの日に公開初日を迎える「HACHI 約束の犬」。
主演のリチャード・ギアがプロモーションで来日・・・
「笑っていいとも」にご出演してたので、
彼の出演作を観ることに・・・。
★☆ひらりん的映画ブログ☆★  July 11 [Sat], 2009, 2:58
ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-


¥3,058
Amazon.co.jp


(2007)


製作国 アメリカ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

出演 リチャード・ギア (サイモン・ハント)
    テレンス・ハワード (ダック)
    ジェシー・アイゼン
ベルの映画レビューの部屋  February 03 [Tue], 2009, 10:02
ありえない所が真実。本当にどこまでだよ。 いい加減あらすじ かつて数々の賞を獲得
映画感想メモ  May 27 [Tue], 2008, 21:22
☆「ハンティング・パーティ」
監督:リチャード・シェパード
出演:リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・クルーガー、ジェームズ・ブローリン、ジョイ・ブライアント、マーク・イヴァニール、ゴラン・コスティッチ、ディラン・...
りんたろうの☆きときと日記☆  May 26 [Mon], 2008, 3:02
「ハンティング・パーティ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・クルーガー、他 *監督:リチャード・シェパード 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログ...





【ハンティング・パーティ】2008年5月10日(土)公開



監督 : リチャード・?...
MoonDreamWorks★Fc2  May 19 [Mon], 2008, 0:18
人気ブログランキングの順位は?


狙った獲物は《最上級》

アメリカを出し抜いたのは、
わずか3人のジャーナリストだった・・・









【gooブログの方へ】
アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、
http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/63fc865fcab639b788cf53815d29dcf0

の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。

ミー...
いい加減社長の日記  May 17 [Sat], 2008, 20:00
☆誰も誘えなかったので、久し振りに一人で映画を観に行った。

閉店間際の昭島の<エスパ>で、値引きしていた海鮮丼を購入し、開演間近の<MOVIX昭島>になだれ込む。

本当は、館内で買った飲食物しか飲み食いしてはいけないのだが、予告の間に内緒で食った^^

...
『甘噛み^^ 天才バカ板!』  May 17 [Sat], 2008, 11:01
 Yahoo!Moviesによりますと、リチャード・ギアは2007年に5本も映画
eclipse的な独り言  May 14 [Wed], 2008, 17:16
妊婦チャンなのに2日連続で1日に映画二本鑑賞という無謀なことをしてしまいました。ラストのこの映画を鑑賞しているときはお腹の中でベビがボコボコお腹を蹴っていたのですが『いい加減にしろー!』って怒っていたのかな?

かつて紛争地域から、伝説的なレポートを送...
Alice in Wonderland  May 13 [Tue], 2008, 2:36
リチャード・ギア! お久!(個人的に) あらすじを簡単に サイモンは、カメラマン・ダックとともに世界中の戦場でテレビニュース映像を撮影してきた花形リポーター。 だがサラエボの虐殺で恋人を失い、直後の生本番で「キレ」てしまう。 テレビ局から解雇され、激烈な戦場
2000年のサラエボを舞台に、実在ジャーナリストの体験を描いた作品です。
水曜日のシネマ日記  May 12 [Mon], 2008, 10:02

The Hunting Party(2007/アメリカ)【劇場公開】
監督・脚本:リチャード・シェパード
出演:リチャード・ギア/テレンス・ハワード/ジェシー・アイゼンバーグ/ダイアン・クルーガー

狙った獲物は《最上級》

3人のジャーナリストがスクープを求めて、重要戦争犯罪...
小部屋日記  May 11 [Sun], 2008, 21:55

監督:リチャード・シェパード 
CAST:リチャード・ギア、テレンス・ハワード 他

かつて著名なジャーナリストだったサイモン(リチ...
Sweet*Days**  May 11 [Sun], 2008, 18:44
「ハンティング・パーティ」の試写会に行って来ました。
シネトレ公認ブロガーをさせて頂いているので、有り難い事に「王妃の紋章」に続いて御招待して頂きました。
更に、文庫本まで頂いて、どうもありがとうございました。
映画鑑賞後に読ませて頂きました。
この小...
アートの片隅で  May 05 [Mon], 2008, 14:23
(原題:The Hunting Party)

----「アメリカを出しぬいたのは、
わずか3人のジャーナリストだった」。
思わず観たくなるキャッチコピーだニャあ。
この映画、実話に基づいているんだって?
「うん。
紛争終結後、2000年のボスニアで
実在のジャーナリスト3人が
『民族浄...
ラムの大通り  April 28 [Mon], 2008, 13:20
JUGEMテーマ:映画

4月18日(金)◆779日目◆

この日は天気予報通り一日中雨。
それでも黙々と仕事をこなし、
午後6時前には終業させる。

さあ、映画だ!
試写会だ!
「シネトレ」さん、ありがとう!

会場は有楽町にある「よみうりホール」。
あれ?今回...
            April 27 [Sun], 2008, 16:57
久々、リチャード・ギア主演の映画で面白い作品、「ハンティング・パーティ」を見まし
犬も歩けばBohにあたる!  April 22 [Tue], 2008, 10:30
  ☆公式サイト☆実在のジャーナリストが体験した驚がくの実話を基に、命知らずな報道マンたちのきずなを描く社会派エンターテインメント大作。監督は大人気ドラマ「アグリー・ベティ」の第1話を手掛け、エミー賞監督賞に輝いたリチャード・シェパード。紛争から5年、未...
きららのきらきら生活  April 21 [Mon], 2008, 21:52
映画サイト「シネトレ」さんの公認ブロガー枠で、有楽町のよみうりホールにリチャード・ギア主演の『ハンティング・パーティ』の試写会に昨日行ってきました。
もっともっと、社会派ドラマ然としたシリアスなだけのドラマなのかなと思っていたら、シリアスさを感じさせる...


1990年代、深刻な内戦を引き起こし、多くの死者を出したボスニア紛争。
その中で国際的にも大きな問題になったのが8000人が殺害された「スレブレニツァの虐殺」
その虐殺の首謀者であり、ラドヴァン・カラジッチをモデルに、
実際にカラジッチの居所を突き止めるためボ...
我想一個人映画美的女人blog  April 21 [Mon], 2008, 9:37
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
maru♪
>テクテク サマ

こんばんわ!

テーマ自体は重いのに3人の軽妙なやり取りで重くなり過ぎず良かったですよね。
ありがちなキャラ設定ではあるのに、ハマっていてよかったです!

何故フォックスのような人物が存在してしまうのか理解できませんし、
まして様々な方面の利害関係で野放し状態だなんて・・・
でも、こういう理不尽は間違いなく存在するんですよねぇ。

そして、被害にあった人達は苦しみや悲しみを抱えて、
それでも少しずつ笑顔を取り戻して生きていくんだろうなぁと、
サイモンを見ていて思いました。
May 17 [Sat], 2008, 1:59
こんにちは
TB&コメント、ありがとうございました

この映画に登場する3人は、各々のキャラクターがハッキリしていて、
それを演じる俳優陣も、上手く雰囲気を出していましたよね

実話をベースに描かれる映画の多くは、
それに基づく出来事を淡々と描いただけの
起伏もなく、退屈な作品になりがちなのですが、
この映画は、最初から最後まで、
ハラハラ・ドキドキ感がありました

どこまでが本当で、どこまでが創作なのか、
実際のところ、誰にも分からないと思うのですが、
内戦の悲惨さや悲劇ばかりを押し出すのではなく、
ブラックユーモアも利いていて、とても楽しめた作品でした
May 14 [Wed], 2008, 12:49
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
http://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる