『大日本人』

June 24 [Sun], 2007, 15:59
'07.06.20 『大日本人』@東劇

記念すべきCinema☆100本目は尊敬する松ちゃんの初監督作品『大日本人』 ちょっと狙いました(笑)

基本的にネタバレは避けたいと思っているので感想を書くときにはいつも言葉選びなどが難しかったりするけど、この映画の場合は特に難しい・・・。正直に言うといわゆる一般的な映画とはやはり違っていると思うから。この映画にもオチがあって、そういうシーンはきちんと存在する。だけどそのシーンっていうのはいわゆる映画のオチとは違っている。いや映画としてもオチてるんだけど、ただ松本人志のコントを見てきて、その感性とかが好きだったり分かっていたりしないと、このオチはまるで理解できないと思う。オチ部分についてはっきり書けないので何を言っているのか意味不明だと思うけど・・・。

多分、松ちゃんのコントの中でも「トカゲのおっさん」とか「ミラクルエース」とかああいった感じのコントが好きな人じゃないとキビシイと思う。あの気まずい、どこか切ない感じの言葉のやりとりとかその感じ。世間一般からは理解されず、どちらかといえば虐げられている存在。その人物がとつとつと自己主張しているのを聞かされる。言っていることは分かる、でもやっぱり違うかなと思う。その感じを笑う感じ。切ない笑い。それが松ちゃんの本当の笑いなんだと思う。でも実は、その感じは最後の15〜20分のシーンとエンドロール部分を見せたいためのフリだったりする。なので、そこまで耐えられないとオチまでもたない。だけど、フリの部分で感じていた切なさや共感していた部分とオチがあまりにもギャップがある(ように見られると思われる)ので、理解不能になってしまう人もいると思う。

正直に言うとオチ部分だけを見せたかったのだとすれば映画である必要はなかったのかもしれない。以前から松ちゃんがしてきたようにDVDで発表するのでもよかったのかも。でも、敢えて映画にしたのはやっぱり自分の笑いというものを世間にアピールしたかったということはあるのだろう。ただ、やっぱり松ちゃんの笑いは少し高度なのだと思う。ひねりが効きすぎている。自分が優れていると言っているわけではないけど、昔から松ちゃんのコントを見てきたものとしてはラストまでのあの感じと、コメントが出てからのあのオチは全く違和感がないのだけど、最近のダウンタウンしか知らない人は理解できないと思う。カンヌでは新しいタイプの映画と称した記者もいたらしいけど、映画として新しいとは感じなかった。

松ちゃん演じる大佐藤大(だいさとうまさる)は大日本人という世襲制の仕事をしている。防衛庁の命を受けて電波を浴びて巨大化し、獣と呼ばれる怪獣と戦う。最盛期の4代目の頃はゴールデンで生中継されるくらい人気だったが、今は深夜枠においやられ、世間からはむしろ迷惑がられてさえいる。その感じは人気がある時だけ持ち上げて落ちてくれば徹底的に叩くマスコミや世間に対する皮肉だろう。大佐藤はテレビ番組と思われる密着取材を受けている。かなり突っ込まれた質問にもとつとつと答える。答えにくいところでは言葉に詰まったり、娘に会いに行く時にはうきうきと自分から話しかけてきたりする。その感じがおかしいし切ない。全ては書けないけれど大佐藤は悲しい人物だ。ただ大佐藤も頑なな部分があって、やっぱりその状況に陥るのは仕方がないのかと思う部分もある。その辺りも客観的にみればおかしくもあり切なくもある。大佐藤の家に石が投げ込まれるシーンの松ちゃんの表情は秀逸。何かを諦めて、でも決定的なことから逃げている人物にも見える。

CGで作られた獣も板尾創路、竹内力、神木隆之介などキャラ自身も楽しいしデザインがスゴイ! このデザイン感覚はトカゲのオッサンとか、浜ちゃんの部屋で卵を産むトカゲみたいとか以前からの松ちゃんテイスト。グロといえばグロだけど発想が素晴らしいと思う。特に板尾さんと原西の匂ウノ獣オスメスはエログロでおかしい。こういうデザインも理解できないとダメかも。巨大化する際に紫のパンツを用意する感じがおかしい(笑) 大佐藤の住んでいる家や中年男の1人暮らしの感じも切なくていい。とつとつと自分の仕事や生活を語る大佐藤。時に自分を少し大きく見せたりする。その仕事内容が変身してからの戦いなのだけど、それが上記のキャラとの対戦なのだからおかしい。でも、そのコントラストをおかしいと思えないと辛いと思う。

松本人志を尊敬している身としては久々に松ちゃんのコントを見れて楽しかったし、大佐藤のインタビューから感じた「世の中に受け入れられない自分」というのに共感したり、切なくなったり、疑問を持ったりと映画としても楽しめた。ただ、話題の映画しか見ないタイプの人(バカにしてはいません!)には松ちゃんの映画だからと話題性だけで見に行ったら全くつまらないと思う。私は多分DVDも買う(笑)

大佐藤の服とか髪型とかすごいかっこよかった。ちょっと'70年代な感じで。MJは多分それも狙いと言っていたらしいけど、私もMJ同様カッコイイと思ってしまった(笑) 雨のシーン(画像)での中村雅俊の曲の使い方も笑えた。ダイソンもツボ(笑)



↑大佐藤の手形とパンツ

『大日本人』Official site
  • URL:http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/457
Trackback
Trackback URL

ワケもなく訪問介護


毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの中村雅俊担当、ブロッケンです。

松本人志監督・主演の映画『?...
中川ホメオパシー   January 29 [Fri], 2010, 19:20
ダウンタウンの松本人志が、企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。映画配給会社の松竹とタッグを組み、映画製作に乗り出した吉本興業の第1作目でもある本作は、松本自身の考える“ヒーロー像”を描いた異色作。脚本は松本の盟友で人気放送作家の高須光聖との共同執筆。出演は竹内力、UA、神木隆之介、後輩芸人でもある板尾創路。あくまでテレビの延長線上と位置づけ、面白さを追求するコンセプトで撮られた松本ワールドに注目。[もっと詳しく]

コメディの解体を目指し、残念なことに見事に空中分解した作品だが・・・。

「大日本人」は、カンヌ映画祭の監督週間部門の正式招待作品となった。
ヴェネツィア国際映画祭でも話題を呼んだビートたけしの「監督・ばんざい!」とあわせての招待で、日本の「大物」コメディアンふたりの監督作品ということで、松本人志の「思惑」をも超えたところで、話題を呼んだ。
事前に作品内容をほとんどリリースしなかったことも、注目を浴びたひとつの要因であった。



発表後は、この作品に対して、さまざまな評価が渦巻いている。
多くの雑誌で特集も組まれた。テレビで監督松本人志として、コメントも求められた。
「映画芸術...
サーカスな日々  September 13 [Sun], 2009, 22:25
監督 松本人志 製作総指揮 白岩久弥 脚本 松本人志 、高須光聖 音楽 テイ・トウワ 、川井憲次 出演 松本人志 、竹内力 、UA 、神木隆之介 、海原はるか 、板尾創路 、街田しおん ほか ダウンタウンの松本人志が、企画・初監督・主演を務めて撮り上げた長編映画。映画...
どうせ誰も見てませんからっ☆★  April 19 [Sat], 2008, 20:23

監督: 松本人志
出演: 神木隆之介、竹内力、UA、松本人志、板尾創路

評価:70点

んん?神木隆之介ってどこにでてた?
あの赤ん坊怪獣か?

松本人志の初監督作品と言うことで期待して見たのだが、結論から言えばDVDレンタルにしておいてよかったというとこ...
デコ親父はいつも減量中  January 23 [Wed], 2008, 0:44
 {amazon}<br />
 「大日本人」をようやく先月末頃DVDにて鑑賞。<br />
周りの知人などの評価だと板尾さんが出てくるところは<br />
面白いが内容自体は微妙とのこと。<br />
24時間1人ごっつを観に行った程の
悩み事解決コラム  January 09 [Wed], 2008, 20:47
吉本の元祖男前・板尾創路のお笑い動画です。クールでシュールなギャグを飛ばす板尾さんが好きです。
お笑い動画  August 26 [Sun], 2007, 0:53
(2007 年・松竹/監督:松本 人志) お笑い芸人が映画を作るのは、私は悪くないと思う。北野武が最も成功した例(ただし、お笑いと全く違う世界にアプローチした稀有な例ではあるが)で

製作年度 2007年
製作国 日本
上映時間 113分
監督 松本人志
製作総指揮 白岩久弥
脚本 松本人志 、高須光聖
音楽 テイ・トウワ 、川井憲次
出演 松本人志 、竹内力 、UA 、神木隆之介 、海原はるか 、板尾創路 、街田?
ぐるぐる回る映写盤  July 05 [Thu], 2007, 17:35

松本人志 第1回監督作品 大日本人 公式サイト

監督:松本人志

脚本:松本人志 、高須光聖

音楽:テイ・トウワ

出演:松本人志 、竹内力 、UA 、神木隆之介 、板尾創路

2007年/日本/113分

おはなし goo映画

ひっそりと平凡に暮らす大佐藤は、...
Rabiovsky計画  July 03 [Tue], 2007, 22:08
北野武監督の次に期待される人物として名前の挙がっていたダウンタウンの松本人志の長編映画初監督作品がついに公開です。吉本興業の映画製作第一作目でもあり松ちゃんのTV露出も最近かなり多くてかなり気合いが入ってるのが伝わってきますね。先日「笑っていいとも」に出...
カノンな日々  July 02 [Mon], 2007, 8:31
愛国戦隊

これは紛れも無い"松本人志の映画"である。

即物的な笑いではなく、哀愁を前面に押し出し、そこから醸し出される不条理な悲喜劇を味わわさせられた『トカゲのおっさん』コントに似た方向性、あるいは『頭頭』や『ビジュアルバム』など、ダウンタウンから浜...
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
アッー
松ちゃんは好きだし映画も面白い部分は有ったけど、もう少し練ったほうが良かったようなそんな映画
December 15 [Sat], 2007, 22:35
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
http://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる