『バベル』

May 13 [Sun], 2007, 2:57
'07.05.09 『バベル』@日比谷スカラ座

「モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦。バスで移動中、ヤギ飼の少年兄弟が戯れに撃った銃弾が妻に当たってしまう。銃の持ち主の娘で聾唖の女子高生チエコは孤独をつのらせていた・・・」という話で、アメリカ人夫婦の2人の子供とメキシコ人ベビーシッターのアメリアも加えて、夫婦・兄弟・チエコ・アメリアの4つのエピソードが同時、もしくは時間を少しずらして描かれる。でも混乱はしない。非常にしっかりと考えて描かれているので良く分かる。そもそも、事件自体を描きたいわけではないし。

「バベル」というのは旧約聖書に出てくるバベルの塔のあった都市。ノアの洪水の後、人々は天に向かって塔を築いた。それに怒った神は人間の言葉を分けてしまう。結果、人々は各地に散らばって住むことになり、未だに言葉が分かたれたままである。言葉が分からないということはコンタクトできないということ。映画の主題もそこにある。

登場人物たちは全員心に傷を持ち、人とコンタクトを取ることに対して臆病になっている。でも、やっぱり人と関わりたい、分かって欲しいと思う。でも上手くいかない。彼らは何かしらの形でコンタクトを取った相手に拒絶される。話を聞いてもらえない。ある者は言葉の違いによって、ある者は言葉自体が聞こえない。ある者は聞くことすら拒絶される。言葉を聞いてもらえない、理解されないのは辛い。それは心が通じないということだから。心が通じていないと思ってしまうと上手く話せなくなる。素直になれなくなる。心が拒絶されるのは一番辛い。

いわゆる悪人は出てこない。アメリアが「悪いことはしていない。愚かなことをしただけ」と言うけど、正にその通り。みな愚かなことをする。メインキャストだけでなく、モロッコの警察や同じツアーの客など正しい事をしていると思っている者ですら愚かな事をしている。それはコンタクトが成立していないから。ブラピとガイドとも心が通じたかに見えたが、彼の感謝の気持ちはお金を払うということ。それも拒否される。でも皮肉な描き方ではない。ブラピにしてみればそれしかできない、ガイドにしてみれば当然のことをしたまで。

アメリカ人夫婦はブラッド・ピットとケイト・ブランシェット。ケイト・ブランシェットは相変わらず上手い。離れかけた心を重症を負ったことにより再び夫に寄り添わせていく感じを、ほぼ身動きのできない状況で見事に演じた。ブラピは普通。アメリア役のアドリアナ・バラッザが良かった。アメリアは愚かだったけれども、彼女を責める気にはならない。荒野を彷徨う姿は素晴らしい。お調子者でキレやすい現代っ子サンチャゴ役のガエル・ガルシア・ベルナルも良かった。ガエルは好き。

ヤギ飼いの兄弟達のエピソードも良かった。何もない土地で父親に命じられるままヤギを放牧している。退屈で刺激のない生活。図らずも狙撃犯になってしまったけれど悪人ではない。父親役の俳優は良かった。彼も愚かだったけれど悪い人物ではない。生活に追われ問題が見えていなかったけれど家族を愛している。でも・・・。少年達の演技は正直上手くはない。でも弟の決死の覚悟には涙が止まらなかった。

注目の菊地凛子。良かったと思う。彼女のエピソードが実は一番辛い。彼女のキャラクターは感情移入しずらく、嫌悪感を抱く人もいるかもしれない。でも、彼女の痛いほどの孤独はとても伝わる。母親の死が心の傷になっていて、それ以来人とコンタクトを取るのが極端に苦手になっている。実の父親に対しても素直になれない。分かって欲しい、愛して欲しいと思えば思うほど、拒絶されることの恐怖が大きくなる。それで逆に敏感になり過ぎてしまい、自分を傷つけることになる。耳のことに対して相手は戸惑っただけかもしれない。でも彼女は「バケモノ扱いされた」と感じてしまう。理解できない人もいるだろうけど、私には気持ちが良く分かった。誰かに決定的に拒絶された経験のある者にはとっても良く分かる。彼女の行動は常軌を逸していく。それは心の叫び。「誰か助けて欲しい」という気持ちが痛いほど伝わる。でも、相手には受け止めきれない。



真宮という刑事の前に裸身を晒す。あまりの孤独に自分を必要として貰うには体を差し出すしかないと思っている。やせ過ぎの体は魅力的ではない。それが逆に痛々しい。真宮役の二階堂智が良いのでこのシーンはホントに心が痛い。ほんの数分会っただけの真宮にはチエコを受け止めることは無理。でも突き放すことも出来ない。でも優しくしては罪だ。優しくして欲しいけど、救ってくれないなら優しくしないで欲しいというのは矛盾しているようだけど真理だと思う。チエコの心にそれがきちんと落ちてるかは分からないけど。そして真宮はチエコの父とコンタクトを取り拒絶され傷を負うことになる。この辺りはホントに辛くて、彼らに感情移入したとかいうことではなく、自分の記憶や心を揺さぶられて気付いたら泣いていた。

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの作品は『21g』もそうだったけど、人間の本質的な罪や傷をえぐる。見ていていい気持ちはしないし、見終わった後もずっしり重くて感動どころではない。でも心を揺さぶられる。映像も美しい。東京もキレイに撮りすぎることもなく、作りすぎることもないのが良かった。上映前にメッセージが出るけど途中画面がチカチカするので気持ち悪くなる人が出たらしい。それほど映像にこだわったみたいだけど、チエコの父のハンティング写真はちょっと・・・(笑)

手放しでオススメという映画ではない。でも、数ヶ月前心に傷を負った私はこの映画を見たことにより、整理がつかなかった気持ちに説明がついた。心が通じなかったことが一番辛かったのだ。「届け心」というのはめずらしくいいキャッチコピーだと思う。ラストで少し救われた。その画が美しい。


『バベル』official site
  • URL:http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/448
Trackback
Trackback URL

【関連記事】
バベル(ブラッド・ピット) 壁紙



解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が...
サーカスな日々  September 23 [Sun], 2007, 11:30
[ バベル ]を吉祥寺で鑑賞。

きくりんこと菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞ノミネートで俄然注目を浴び、今なおロングランで劇場上映されている[ バベル ]。
監督は、これがまだ長編3作目のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。1作目[ アモーレス・ペロス ]から...
アロハ坊主の日がな一日  June 27 [Wed], 2007, 21:04
 公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。
よしなしごと  June 10 [Sun], 2007, 0:17


「バベル」ってタイトルとポスターの図柄だけでは
どんな映画なのかあまりイメージ出来なかったんですけど、
実際観てみると、なるほど、こういう映画なのか・・・
確かにこれは簡単に説明しずらい映画かもしれません。
大きくはモロッコ、東京、メキシコの
ほぼ...
It's a Wonderful Life  May 30 [Wed], 2007, 20:24
バベルを公開初日に観てきました。 話題性のある作品で、楽しみにしていましたが、私が行ったTOHOシネマズ川崎は2シアター制を取っているせいか、2割も入ってないガラガラの状態でした。おかげでゆったりと観られましたが、肝心の作品はストーリーが「つながっているよう...
地方競馬情報品質向上委員会  May 29 [Tue], 2007, 1:45
4月27日(金)◆424日目◆

最初に言う。

点数は10点満点、いや、それ以上である!

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!!

映画とは世界を見ることだ。

それをイニャリトゥは、
『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリ...
            May 26 [Sat], 2007, 5:59
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。
なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ー...
銅版画制作の日々  May 25 [Fri], 2007, 22:38
基本情報 「バベル(BABEL)」(2006、アメリカ) 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(アモーレス・ペロス、21グラム) 脚本:ギジェルモ・アリアガ(アモーレス・ペロス、21グラム、メルキアデス・エストラーダの三度の埋葬) 製作:スティーヴ・ゴリン(エ...
Production Rif-Raf  May 24 [Thu], 2007, 5:47
全てはモロッコで放たれた一発の銃弾がきっかけだった。 「バベル」(アメリカ 2006年)
壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、対応
映画な日々。読書な日々。  May 20 [Sun], 2007, 23:41
あたしは 思ったより 楽しめました ^^    モロッコ> モロッコ人の三人の子供の父親が「この恥さらしどもが!!」 モ
さくらの映画スイッチ  May 19 [Sat], 2007, 0:37
『バベル(BABEL)』


前評判に違わず面白かった。けどかなり悲しい物語。

モロッコ、アメリカ、日本、メキシコ。
バラバラの地域で繰り広げられる人々の物語がやがてつながっていく。

言葉や言語が違うことによってうまくコミュニケーションがつながらない。
...
chaos(カオス)  May 18 [Fri], 2007, 10:16
この映画を観ている最中、僕は思った。

「今まで、何百何千、数多と報道されてきた世界のニュース。そのうち、一体どれだけのものに関心を持っていたのだろう?」

2割? 3割? いや、違う。きっと、1割どころか、1%にも達していないだろう。そして、これは報道さ...
Diary of Cyber  May 18 [Fri], 2007, 7:17
 昨日主人と観に行ってきました。
 ちょっとネタバレもありますのでまだの方は御注意を!
 それと 菊池凛子さん演じる高校生がクラブで踊るシーンは 光が点滅するシーンが多いので気をつけて!
 それが原因だとは思わないのですが途中でお腹が痛くなり 暫し外に...
華待月  May 18 [Fri], 2007, 6:03
製作年度 2006年
製作国 アメリカ
上映時間 143分
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
脚本 ギジェルモ・アリアガ
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、役所広司 、菊地凛子 、
ガエル・ガルシア...
注! 同じ記事がわたしの別ブログLeidende Fruchtにも載っています。バベル(2006年/仏・米・メキシコ/アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督/公式サイト)「伝わらない」をテーマに、複数の物語が同時進...
辛口だけれど映画が好きです  May 18 [Fri], 2007, 1:47
 名古屋駅前に高層ビルが次々と建設されています。先日オープンしたばかりの天下のトヨタ様のミッドランドスクエアがその筆頭と言えるでしょう。そのせいで随分と名古屋駅前の景観が変化したものです。
 そんな高層ビル建設ラッシュの名古屋駅周辺でなかなか独創的な形...
映画大陸  May 17 [Thu], 2007, 21:29
話題の「バベル」を観てきました。
ちょっと重過ぎるかな、とは思ったんですが、チケットが安く入手できたこともあり、観てきました。
公開3日目ということでわりと人は入ってました...
Black Pepper's Blog  May 17 [Thu], 2007, 21:12
「バベル」 BABEL/製作:2006年、アメリカ 143分 PG-12指定 監
映画通の部屋  May 17 [Thu], 2007, 20:19
製作年:2006年
製作国:フランス、アメリカ、メキシコ
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
脚本:ギジェルモ・アリアガ
音楽:グスタボ・サンタオラージャ
出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ガエル・ガルシア・ベルナル 菊地凛子
ジャパ...
amapola  May 17 [Thu], 2007, 20:01
バベル (2006 アメリカ)

原題   BABEL   
監督   アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ   
脚本   ギジェルモ・アリアガ      
撮影   ロドリゴ・プリエト                   
音楽   グスターボ・サンタオラヤ ...
映画のメモ帳+α  May 17 [Thu], 2007, 9:55


モロッコの山間の村で暮らすアブドゥラは、生活の糧である山羊を襲うジャッカルを撃ち殺すため知り合いから一挺のライフルを買った。アブドゥラの2人の息子、アフメッドと弟ユセフが試し撃ちをする。ユセフは眼下の山道を走るバスを狙う。

アメリカ人夫婦、リチャ...
しまねこ日記  May 17 [Thu], 2007, 7:23









監督 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ


出演 : ブラッド・ピット  /ケ?
MoonDreamWorks★Fc2  May 16 [Wed], 2007, 11:35
荅??篌???????????

???????紫キ???腱???h????篏??
?≪???????????<??激?????違??画??????????篋や?????臂ゅ????

?祉?????潟????筝???≪????篋阪か紿??????c???????????祉????鐚???鴻??吟?鐚???ゃ??祉?????激????鐚??????純????祉?????潟?絮援?蕋若????????????若?
?...
??????荐?験  May 15 [Tue], 2007, 23:38

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
評価:★6点(満点10点) 2006年 143min
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット 、ケイト・ブ...
映画「バベル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、アドリアナ・バラッザ、エル・ファニング、二階堂智、他 *監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イ...

モロッコに暮らす一組の家族がある日猟銃を手に入れる。子供達がその銃を遊び半分で発砲し、その弾がアメリカ人旅行者を直撃した。そして物語はその家族から、弾を受けた旅行者夫婦、夫婦の子供達と家政婦、そして猟銃の出所である日本へと広がっていく。
2006年...
5125年映画の旅  May 14 [Mon], 2007, 7:03

143分という長さながら飽きることなく楽しんでみることができました。ただ、鑑賞後にモヤモヤ感が...。
B級パラダイス  May 13 [Sun], 2007, 22:35
» BABEL
「バベル」監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ Alejandro G
pinkopaque/weblog  May 13 [Sun], 2007, 14:46
聾唖(ろうあ=耳が聞こえなくて言葉が喋る事が出来ない)少女を好演した”菊池凛子”
Wilderlandwandar  May 13 [Sun], 2007, 14:12
原題:Babel
我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・



アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(東...
今年一発目は、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「バベル」を。
一言で言えば、「クラッシュ」のお金かけた世界版という感じです。そういえば、クラッシュの鍵屋の人(ワールドトレードセンターにも出てる?
ポコアポコヤ 映画倉庫  May 13 [Sun], 2007, 12:12
凛子フィーバーひと段落で、なんだか忘れられそうだけどTHEパーフェクトだよ『バベル』4月28日公開。モロッコで起きた発砲事件。撃たれたのはアメリカ人女性。モロッコ、アメリカ、メキシコ、そして日本。1発の銃弾が世界中の壁に、バベルの塔に、風穴を開ける。脳みそブ...
APRIL FOOLS  May 13 [Sun], 2007, 11:47
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。

Akira's VOICE  May 13 [Sun], 2007, 11:00
「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描...
オールマイティにコメンテート  May 13 [Sun], 2007, 9:44
(原題:Babel)

----アカデミー賞ノミネートが発表されたね。
この『バベル』って7部門でノミネートでしょ?
「うん。
今日は最初は『ロッキー・ザ・ファイナル』のお話にしようと思ったけど、
急遽、こちらに」
----『バベル』って「旧約聖書」にも出てくるよね。
確か...
ラムの大通り  May 13 [Sun], 2007, 9:33
こんにちは。
やや雲が多い休日、日曜日です。
今日は、昨日 中野サンプラザにて行なわれた試写会で観させて頂いた、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ氏の新作映画について。

『 バベル ( BABEL ) 』 ( ‘06年 アメリカ/メキシコ/フランス )
《 ST...
** Paradise Garage **  May 13 [Sun], 2007, 7:43
BABEL
 4/19(木)@品川プリンスシネマ
(試写会)

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、菊池凛子 他
音楽:坂本龍一
配給:GAGA


言葉が通じない
シュフのきまぐれシネマ  May 13 [Sun], 2007, 7:22
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ
CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他

ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞
アカデミー助演女優賞他ノミネート

STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを...
Sweet* Days  May 13 [Sun], 2007, 7:07
「バベルの塔」のエピソードが出てくるのは、旧約聖書の創世記。 聖書によれば、人類
はらやんの映画徒然草  May 13 [Sun], 2007, 5:37
  「重い。」この映画を観た後に誰もが持つ感想だろう。確かに重い映画だった。しかし私の場合はむしろ、普段からいつも自分の脳ミソで考えている要素がすべてこの映画の中に入っていて、かなり驚いた。このブログのカテゴリでいうと、IT、国際、医療と...
エコノ研究所  May 13 [Sun], 2007, 4:12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
・ プロフィール ・
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:maru-a-gogo
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-映画全般
    ・音楽-ROCK♪
    ・アート-美術鑑賞
読者になる
http://yaplog.jp/maru-a-gogo/index1_0.rdf
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
・ 最新記事 ・
・ 最新コメント ・
アイコン画像maru-a-gogo
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月15日)
アイコン画像rose_chocolat
» 『ゴーン・ガール』(試写会) (2014年12月13日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月13日)
アイコン画像tomoco
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月12日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像maru-a-gogo
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『インターステラー』(試写会) (2014年12月02日)
アイコン画像mig
» 『オオカミは嘘をつく』 (2014年12月01日)
・ 最新トラックバック ・
アイコン画像新米刑事モース (2016年03月21日)
アイコン画像パシフィック・リム (2016年03月21日)
アイコン画像ウォーム・ボディーズ (2015年11月08日)
アイコン画像アウトロー (Jack Reacher) (2015年06月20日)
アイコン画像馬々と人間たち (2015年06月14日)
アイコン画像インターステラー (2015年06月08日)
アイコン画像レッド・ファミリー (2015年05月26日)
アイコン画像プリズナーズ (2015年05月22日)
アイコン画像西遊記?はじまりのはじまり? (2015年05月09日)
アイコン画像サンシャイン♪歌声が響く街 (2015年04月06日)
・ Yapme!一覧 ・
読者になる